生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 真似句&詩擬

未知の彼方から

 
 母の胎内で形成されたことは自分は知らない
 15年前後も保護養育が必須だった

 望まなくても老化する
 拒否しても死ぬ

 腐敗が始まるので焼かれる
 そして葬られる


 でも 始まったのは あの日からだった
 無知で愚かだったことに気づけたからだ

 競うために産まれるのではない
 争うために産まれたのでもない

 責め咎め罰することこそ両成敗の権化だ
 自ら理解を深めることこそが真の正義だ

 なのに救いを求めてしまう
 いまだに成就できていない

 お前はその知能を何に使っていたのだ
 未知の彼方から誰かが問い続けている


カテゴリ : 真似句&詩擬

心の


 記憶の中にもある 青空
 自分の心の中にだってある 青空
 心が雲っているから 見えないだけなのだ

 食べたいものだけを食べ 見たいものだけを見る
 思い出したいことだけを思い出し 考えたいことだけを考え
 知りたいことだけを知ろうとすようになり 偏り いわば曇ったのだ

 好みでないものは食べない 好まないものは見ない
 気まずいと思うだけでも 思い出すことを避け考えもしない
 不都合なことや不利なことは 隠し 否認し 偽りさえしたのだから

 自分の意思で曇らせた心は 自分の意思でしか晴らせない
 あの日 自分で心の曇りをたまたま晴らせたから明かりが射し込んだのだ
 心の曇りを自分で晴らせたから いつでも見れるようになったのだ

 あれは 歓声を上げて走り回っていた幼い頃に見た青空だ
 これって 産まれてから初めて見た青空かもしれない
 赤く見えるのは…… 胎内で初めて見た光なのか

 そうだとも知らず 勘違いしていた……
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

詩を作るより田を作れ



 詩を作るより田を作れ
 この一節は記憶にある。が、この作者は知らない。

 本日は、その田植えの手伝いでした。午前中で終了。

 当地では、田植えが真っ盛りです。本日がピークのようです。
 山間地なので、自家用の飯米がメインです。
 
 
田植え

 
 我が家でも20アールほどの水田があるのですが、事情により、昨年から休耕田です。
 それでも、雪が融けて無くなり、生きるために必要な野良仕事に追われるようになると、ブログの更新でさえ二の次になりがちです。
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

考えを優る



 実行できない
  この考えに無理がある
   否…… 考えを優る理性が機能している

 想像や考えにこそ無理や矛盾がある
  違和感があり葛藤し緊張さえ余儀なくされる
   もちろん…… 想像や考えを優る理性が機能しているからだ

 生理的な嘔吐や下痢に似ている
  想像し考えていることを拒否し有害だと示唆してくれている
   精神的なそれこそが理性なのだ

 考えを優る理性が確かに心に存在している
  理に適っていて納得できる真実は別に在ることを教えていたのか
   そうであることを知らなかったから むしろ背こうとしていた

 ん!? ということは 悪魔の誘惑に負けそうだったのか!
  躊躇し抵抗があるのに 魔がさし 強がろうとしていた
   嫌われ軽蔑され非難されることだから躊躇し抵抗があったのだ
 
 
ガマズミ

 
 
ガマズミ

 画像は、斑入りのガマズミです。
 5年ほど前、秋にキノコを探しに行った山の、獣道に生えていたものです。一番大きい葉でも5センチくらいでしたが、斑入りであることははっきりしていました。踏みつけられて曲がった幹は、爪楊枝の太さほどしかありませんでしたが、我が家の庭で樹高1メートルほどまでに育ちました。
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

愚かな世間体



 世間体が気になる
 噂されることが怖い
 だから他人を気にする

 劣ることを恐れ
 孤立することを恐れ
 差別や疎外されることを恐れている

 だから 雷同して噂に加担し
 迎合するかのように世間体を繕って助長し
 実にくだらないことを基準に自己満足していた

 雷同し迎合し群がって騙し欺き合っていたようなものだ
 くだらない基準を捏造して差別までしようとした
 でも公然とはできないから噂の域を出ない

 そうしたことが自分の記憶にある
 だからこそ世間体が気になる
 群がって騙し欺き合い基準を捏造したほど愚かだかだったからこそ
 自分も噂されることを恐れている
 抜け出そうと思えば裏切ることになる
 だからこそ他人を気にしてしまう

 実にくだらない悪魔の掟で自縄自縛していたのだ
 そもそも自分こそ独り歩きができていなかったからだ
 もともと悪魔の掟だ 破ったところで罪になろうはずがない

 そんなくだらないものを超越しているのに
 産まれて生きていること自体が
 
クサボケ

 
 

テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

俺は……



 誰よりも酷いことを自分で自分に対してしようとした

 しかも 誰かの所為だったかのように偽装までしようとした

 自分勝手に巧く欺いたつもりでも 事実こそ雄弁なのだとも知らず


 あれは 二度とやってはいけない 意気地なしだと嘲笑われようとも

 あれだけは 秘密にしておこう 自分を嘘つきだと罵ろう

 俺は…… その程度の生き物でしかないのだ
 
 
キクザキイチリンソウ

 
雪解けの花 ひたすら天心を仰ぐ 山の中

 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

深みの花



 幼い頃はスキンシップだけでもいい
 それゆえに人見知りし好き嫌いも生じる
 損得が分かるようになると秩序も必要になる
 嘘が分かるようになると信用や信頼が重要になる
 口論するようになると納得や理由や根拠が必要になる
 行為に伴う責任を云々するようになると行動管理は必須だ
 そうであることを具体的には未理解でも説明などできなくても

 なのに 上辺だけ繕い 尤もらしく偽装し 騙し欺く類を……
 自ら わざわざ こんな馬鹿な大人になったのか……

 でも悪意ではなかった
 こんな結果になるのも知らなかった
 過ちの類だ 過ちなら誰にでもある 責め咎める対象でもない
 むしろ こういう経験を経てこそ 馬鹿なことを慎めるようにもなれる

 でも…… そんなことも知らなかった だから勝手に僻み強情を張った
 あ! だから深みに陥ったのか!
 
 
キクザキイチリンソウ

 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

やる気



やる気が…… 無い……
待てよ…… 違う……
やる気が無いのは 行動とも一致する だから俺の本心なのだ!
ということは 本心に反することを無理にやろうとしていたのか?

他人の目や 他人の気持ちを 勝手に気にしている……
悪く見られたくない…… むしろ良く見られたい……
でも…… 上辺を繕うことや見栄には抵抗がある
それは騙し欺く類で 嫌われることだからだ
実績になることでもないし信頼されることでもない
そんなことに気を奪われていたなんて馬鹿げている

じゃあ 俺の本心は 何を望んでいるんだ?
知識や技術を習得して信頼されるような確かな実績を出すことか?
そうでもない……
いずれにしても 肝心なものを見失っているんだ!
だから 見た目や他人を気にしてしまうのか!

とにかく 他人を気にする思いを断たなきゃ
上辺を気にし過ぎる気持ちは捨てた方がいい

無理してまで上辺を繕う必要など無い
そうしたからといって破綻する つまり尤もらしく見せ掛けているだけだ
それしなくても上手くやる人もいる つまり必要ないのに見栄を張ってる
そんなことも考えなかった だから上辺だけに惑わされていたのだ
上辺だけの騙し合いからは抜け出さなきゃ

上辺を気にし過ぎる 上辺だけに惑わされる そんな気持ちは捨てなきゃ
別に他人に対して悪いことをするわけじゃないんだから
なによりも 萎えてしまった自分の心を復活させなきゃ
 
かたくり

 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

相対的なこと&独自なこと



 馬鹿にされた
 悔しい

 おまえと 俺は 分かり合えない

 でも 馬鹿にされようが 仮に褒められようが 俺は変わらない

 この身体は 名医と言われる人が存在しなくても生きていられる
 この知能は 天才と言われる人が存在しなくても備わっている

 経験し学習し理解したことこそ 限られ偏りもし 勘違いもある

 俺を 馬鹿にした奴こそ明らかに馬鹿だ
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

独り歩き



 裏では軽んじられている
 裏では馬鹿にされている
 実際には翻弄されていた
 独り歩きができないから

 大人としての独り歩きがまだだ!
 愛想よくするには 相手を間違えていた
 他人の意に適うことは もう止めたほうがいい
 自分の気持ちに基づいた行動を少しずつでもしなきゃ

 方向を定めて的を絞らなきゃ
 大人としての独り歩きを始めなきゃ
 独り歩きできる自分の考えを確立しなきゃ
 大人としての独り歩きだ 自分の意思で始めよう

 それは もともと自由だったんだ
 根拠も理由も秩序もある自由を目指そう
 そこまで行くには愛が必須だ
 が 独り歩きできるようになってこそ その愛も
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

勝手



 知識や考えは個人的にも変化する
 知識や考えを共有するのは難しい
 その共有は家族でさえ限度がある

 心底気が合う人はめったにいない
 自分が良いと思ってしたことでも
 相手は迷惑でしかなかったりする

 迷惑? あ! また余計なことをしてしまったのか
 自分勝手に良いことだと思っていただけだったのか
 そもそも自分勝手が良いことであるはずがないのに
 
 
 

 ご迷惑だった方には、お詫びを申し上げます。「ごめんなさい」

 当ブログでは、「心の縺れを少しでも解こう」と思い、「心の迷路を知り尽くしてやる」という意気込みで、そのための文章化を行っています。
 把握したり理解したりすることが重要なので、それを困難にすることでしかない隠し偽ることや騙し欺く類のことに関しては、暴くような言及もします。
 ですが、心の縺れをほぐすことがメインであり、それは許すことでもあり、責め咎めることは論外です。

 なお、自分の心の縺れを解くことを優先し、専念するための自由を確保するためにも、投稿はペースダウンします。

 見てもらうための一手段だったFC2ブログランキングは、上昇すると良いことをしているような勘違いをしたり、下降すると奮起もするが気落ちしたりもします。なので、余計なことだと考え、止めました。
 クリックして応援してくださった方、ありがとうございました。


 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 真似句&詩擬

何故



 専念できない
 不能だ 心機一転
 邪心の方が勝っている
 悪魔の誘惑を振り切れない

 どうでもいいか? そんなはずはない
 会話でさえ部分的に知らないだけでも滞る
 道順を知るまでは目的地には辿り着けない
 根拠も理由もあって辻褄も合っていないと納得はできない

 あ! 根拠も理由も無い想像や妄想の世界に迷い込んでいたのか
 想像や妄想に過ぎないのに半ば勘違いし思い込んでいた
 それなら事実関係を把握するだけで開放される
 医者や手術や薬などはむしろ逆効果だ

 もちろん 大事なことを見失っていたのだ
 道順的なことか? 目的地的なことか?
 それとも まだ邪心だけだったのか!
 ん? 違う 急ぎ過ぎだったのか!

 急ぐから邪心が先に立ちたがる
 だから悪魔の誘惑にも負ける
 自分の心が見えていなかったのだ
 自分が考えていることを見失っていた

 また 一休みするか
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR