生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは誰でも直に経験し続けるわけであり、生きていることがどういうことかは人生の理由に相当する。
 感じ意識し識別し思考し、経験し学習し上達し、共通の約束やルールなども理解し合えるようになり、相応の行動も可能になり、信頼し合い尊重し合うようにもなる。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、経験や学習や理解の性質上、誰でも直に経験し続けることを理解しそびれもし、経験や学習や理解の内容は十人十色にもなる。
 知らないことは想像もし、勘違いもするし思い込みもし、他に目を奪われ心まで奪われもし、肝心な自分や人生を見失いもし、好みや価値観は個人毎に千差万別になる。
 そういうことは、理解し合うことも困難になる。
 千差万別になり、理解し合えないので、競い争いもし、暴力的に片づけさえする。
 つまり、知能を、誤用もするし、悪用するようにさえなる。
 そうなることは、むしろ避けたいです。
 生理面は、自律しているわけですから、絶妙にできている。
 が、学習し理解した内容には、間違いや勘違いや思い込みもある。
 そうであることは、歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 脳裏の方策協議会

これでいいのだ


 経験し学習し理解するだけに、詳しく知っていることほど限られる。
 詳しく知ることは、多くの情報を得ることであり、そのためには多くの事実確認を要し、多くの時間も要するからだ。

 むしろ、ちょっと考えただけで、分かることがある。
 知ってはいても、曖昧なことが圧倒的に多いことだ。

 記憶にある何かを思い浮かべてみるだけで、分かることもある。
 記憶自体が、実に曖昧なことだ。
 家族や知人の顔は、間違いなく識別しているのに、映像的に鮮明には思い浮かばない。
 が、冷静に集中して思い出すと、確かに記憶にあることは分かる。
 家族や知人の声や話し方も記憶に残っているから、姿が見えなくても聞こえてくる声だけで分かったりする。
 でも、単独で思い浮かべてみると、鮮明に憶えているわけではない。
 そもそも、自分が言ったことでさえ、一言一句すべてを憶えているわけではない。
 匂いや味なども思い出すことがあり、記憶されていることになるが……
 脳は数キログラムしかないと言われるだけに、多くの情報を記憶するために最小限の特徴の断片に限られるのかもしれない。
 しかも、「こんな記憶は要らないのに……」と思うことまでも記憶されている。
 記憶にあることが、思考や行動に支障を及ぼすこともある。

 が、記憶を随意に消せないことにこそ、重要な意味がある。
 感覚器官自体でも苦痛を感じ、感情もあり、経験を経て形成されると考えられる感性や知性や自尊心や理性と言われるものも存在する。
 苦痛を感じなくて、予測上、恐れや危険も感じることができなければ、とっくに死んでいるだろう。

 個人的には、確かめようが無いこともある。
 そもそも、自身の内臓なのに、いまだに見たことも無い。
 かつては、自分の考えていることの無理や矛盾も把握できず、自分が考えていることが想像に過ぎないことをすら自覚できなかったために、壁に直面しているような日々を3年間も続け、ついに葛藤を余儀なくされた。
 つまり、知らなければ困ることがある。その最たるものこそ、自分の考えに関することだったことを思い知らされた。
 その経験を基に、確かめた事実と、確かめもしない勝手な想像はし放題である違いを知り、そうであることも知らない上での想像は妄想でしかなく暴走することが分かった。
 よって、いつでも自覚できるようになり、確かめるようになったから、具体的なことが分かるようになったのだが……

 その後、長年住み慣れた家の証明のスイッチを別の場所に付け替えた。
 でも、以前にスイッチがあったところに手が伸びる。
 そのことから、記憶を基に条件反射的に行われるようになったことが分かった。

 長年続けていた喫煙を、止めようとしたことによって、分かったこともある。
 禁煙したくても、間違いなく実現できる知識は無かっただけに、思うようにできなかった。
 しかも、禁煙したいとい意思意に反して、喫煙本数が2倍になった。
 が、喉に異変を感じるようになり、禁煙の必要性も増した。
 自分の心のからくりにも関心があった
 そして、喫煙や禁煙に関して考えるようになった。
 つまり、具体的な理由や事実関係を把握したことなど無かった。
 喫煙は、習慣的に、または記憶を基に条件反射的に行われていたと考えられた。ほとんど、スイッチと同様だった。
 習慣的になった喫煙にも、考えもほとんど介在していなかったし考えが必要ないことだった。
 その、習慣とも癖とも言えることを止めるなり改善するために、今更のように考え、禁煙のコツを知ろうとしたり、喫煙の事実関係を把握しようとし始めたのだった。
 そして、喫煙し始めた理由も思い出した。
 判断のために根拠や理由を必要とするようになった少年時期に、上辺だけを繕おうとし子供にまで強いる大人が、子供を騙し欺こうとしているような気がして反抗していた。が、逆上されることはあっても、聞き入れられるはずもなく、説得力も育たなかった。むしろ。保護を要するだけに、反抗には限度があった。そこで、上辺だけの申し訳程度のことや言い訳などで、大人に対抗するようになった。そして、上辺だけ大人振るために、煙に咽ながら喫煙し始めたのだった。
 つまり、子供の頃に自分が批判していたことを、自ら行うような社会人になったわけだから、肝心な反抗していた理由は心の中に抑圧し、後ろめたいことをするようになった。
 でも、見習いで就職した仕事では、必要な知識や技術を習得するにつれて相応の成果をあげられるようになった。だからこそ信頼され、雇い主は儲かるからこそ尊重し優遇するまでになった。が、そうなんだということも、理解していなかった。
 同時期の、異性関係でも、信頼関係を築くための条件も知らず、好結果にすることなど出来もしなかったのに、上辺だけ大人振って振る舞い、騙し欺いていたようなものだった。
 むしろ、根拠も理由も無いイメージや先入観を基に、それよりも劣ると思って劣等感を抱き、その劣等感を癒すために、上辺だけ大人振って無謀なことをしていたに過ぎなかった。が、そうなんだということも、理解はしていなかった。
 つまり、具体的に判断したり納得したりすることも無かったのに、上辺だけのことを基に、すっかり大人になったのだと勘違いし、そう思い込んでいただけだった。
 それは、具体的な根拠も理由も無い、仮想や幻想の類だった。気づいただけで、崩壊し、そんな自分に絶望した。
 そのことに関しても、3年も経ってから事実関係を把握し、よって解決できた。
 安易な想像には注意をするようになった。
 もちろん、何様かのつもりになることはタブーになった。
 が、喫煙も同じことだったのだと、今更のように気づいた。
 他人はどうあれ、自分の場合は、むしろ禁煙できてこそ大人といえる。
 そう思い、即、絶煙した。

 結局、自分の動作や行為や行動なのに随意にできないことに直面し、自分の心をいかに分かっていないかを思い知らされ、その度に、心のからくりには詳しくなっていった。

 自分が考えていることでさえそうだったのだから、他者の本心となると、そもそも確かめようが無い。
 他人が見知ることができない自分の気持ちや考えを、言葉にして伝え合えるようになったのだが……

 経験し学習し理解する内容は、個人的にも変化する。
 頭の中だけでできる想像はし放題だし、的外れな勘違いもし、根拠も理由も無いからこそ思い込みもし、妄想は暴走し、言葉だけでできるからこそ嘘も言える。
 好みや価値観は、個人毎に千差万別になる。
 まったく個人的な都合や価値判断で、くだらないと思うと、聞く耳持たなくもなる。
 競い争ってでも優位に立ちたがる人もいれば、それを嫌う人もいる。
 むしろ、助け合うことを大事にする人もいるし、組織化に取り組む人もいる。
 自分が思っている他者の心の中は、もともと想像上でしかない。
 まして、画一的だと、まさに自分の勝手な想像に過ぎないことになる。

 個人的には、未知なことこそ宇宙規模で存在することになる。
 つまり、そうであることをすら知らなくても、どんなことを随意にできなくても、不思議なことではない。
 何でも知っている人はいないし、何でもできる人もいないんだから。
 健康管理も思うままにならず、老化は止められず、誰もが死を余儀なくされるんだから。
 どんな名医でも、どんな天才でも、そうだ。
 何様かのつもりになったとしたら、勘違いでしかない。
 何様かになろうとすることは、やがて絶望するための準備をするようなものだ。
 つまり、知らなければ困ることがあり、その最たるものこそ自分の考えに関することなのだ。

 生きていること自体は、絶妙にできていて、知能も備わっている。そうであることは、誰もが直に経験し続ける。相応の学習もでき、二足歩行や会話などの基本的なことは熟練する。
 つまり、相手が話すことを、記憶にあることを基に理解し、相応のことを文章化して話せるまでになる。
 が、経験し学習し理解できるようになるだけに、そうであることをすら理解するとは限らない。
 肝心なことを未理解なまま、的外れな学習もし、地球規模の環境破壊が懸念されるような勝手なことまで行う。
 家畜と称して育てて殺して食べる人と言う動物は弱肉強食の頂点にあるだけではなく、暴力的に君臨しようとする国家的な指導者もいるし、地球自体を蝕む最悪の害獣にもなりえるのだ。
 そうなることを遅らせたり阻止してくれているのが、老化や死だとも考えられる。

 外見を基に、その心を、勝手な想像で判断することは止めよう。
 まして、何様かのつもりになるようなことは、決して目指すまい。
 油断すると、見返そうとか思い知らせようと魔がさし、ミイラ取りのつもりがミイラになるんだから。

 ブログ上は、何もしないまま2月が終わるが……
 これでいいのだ。

 でも、だからこそ…… そろそろ始めなきゃ。
 
 
カテゴリ : 脳裏の方策協議会

迷い

 
 老化……だよな……

 計画したものの、心の大整理に、まったく集中できない。
 個人的には、経験を基に事実関係を理解し、すでに解決済みだからでもある。それを、整理しながら再確認するだけなのだから。

 しかも、勘違いや思い込みだったとはいえ、死んだほうがましだと思い詰めたことでもある。
 公開すると、誰かも傷つきかねない。
 このブログを向こうから覗く人は、見知らぬ相手だからこそ、傷つくような記事では困る。
 それは、記事を深読みしてくれた人だからでもある。
 そういう人にこそ、できることなら、感動をお持ち帰りいただけるような記事を書くことが望ましい。

 でも、肝心なことを未理解だからこそ、的外れな勘違いもし、根拠も理由も無いことでも思い込む。
 日常的にも、勘違いや思い込みに気づくと、肝心なことを知らなかったことにも気づく。だからこそ、動揺し、当惑さえする。
 その内容しだいでは、傷つきもする。矛盾するほど間違っていることもあるからだ。それゆえの動揺や当惑である。
 解決するためには、根拠も理由もある新たな知識や考えが必要になる。
 口先だけの慰めは、再び、勘違いや思い込みの世界に押し戻すだけだ。
 つまり、勘違いし思い込んでいた頃には必要だとさえ思わなかったことが、必要になる。
 誰も傷つかずに、すんなり理解できるような、そんな妙案は存在しないような気さえする。

 勘違いや思い込みに気づいたとしても、習慣を成り立たせている古い記憶は、消せない。
 それに替わるほどの根拠も理由もある新たな知識も、早々には得られない。
 新たなことが習慣的になるまでには、相応の時間は必須だ。

 個人的な心の大整理は、すでに書き出した記事を整理するだけでもできる。
 が、公開できるレベルには達していなかったことになる。
 不可能なような気がし、意気消沈しているような気もしていたが、心の一角では妙案が思いつくのではないかという期待が消えない。
 ということは、未知の領域にに対しても知能が機能している。
 意気消沈というよりは、安易なことはできなかっただけなのだ。

 焦る必要は無い。
 必要なのは可能性への期待だ。
 もうしばらく、この期待を大事にしてみよう。
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
FC2アクセスランキングのみ参加中です。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。

こちらからのお礼の応援アクセスは、
冬期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
350位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
60位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR