生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 草稿:BL「普通でいいんだ」

仮題「普通でいい」について


 題名も、登場人物名も、状況設定も、未定です。

 ちなみに、異性間では、レイプもあり、売り買いもし、痴漢もあり、騙し合いや真似事や興味本位でもセックスをする。
 もちろん、子供を産んで育てるのが主だ。
 が、遠距離でも気持ちはつながっていたり、プラトニックラブと言われる関係もあり、老化し死ぬまで添い遂げもする。
 それだけ、それぞれの勝手でいいんだったら……、単なる作文は……。
 しかも、自分の経験は、ろくでもないことばかりだった。それらは、すでに自分としては最も完成度の高い作品化を済ませてあるし、以前はWebに公開していた。
 というわけで、◆今回はプラトニックラブのBL版を想定して書いています。

 ただし、社会的信用だけでも、相応の条件を満たさないと成立しません。仕事上でも、信頼され尊重されようでないと、生活が危うくなります。信用上、その人の過去は無視できない。浮気を無視した信頼は成立しない。好みや価値観の相違もあり、仲良くなるとなると相応の条件を満たす必要があります。
 作文内の登場人物とはいえ、理解し合い仲良くなったことを明らかに表現するとなると、その具体的な理由こそが最も雄弁です。
 その理由を書ければ、それに伴って展開する部分は後でも書けます。
 むしろ、具体的な理由があって、心を開いて心の中を相手に見せて理解し合い仲良くなれたことが明らかなら、男同士だって当然に……と想像してしまうわけであり、そうなると蛇足のようなことは書く必要が無い。
 逆に、そのストーリーの中心になるものが無いと、そもそも仲良くなれたことになならないわけであり、異性間で行われるレイプや売り買いや痴漢や騙し合いや真似事の類のことをすることになり、文章上でも蛇足のようなことばかり書くことになるはずです。
 実は、自分の恋愛経験を書いたものが、その肝心なものが無かったので、まさに蛇足のようなことばかりでした。
 というわけで、◆ストーリーの中心になる、理解し合い仲良くなってゆくその理由を、まず文章化しています。


 とは書いたものの、実は尤もらしく繕っているに過ぎず、負け惜しみなのです。
 ご覧の通り、表現力も描写力も乏しいです。作品として仕上げること自体が不可能なことは、一目瞭然です。文中でも言いますが、「具体的なことを知らないことは、具体的なことは説明できない」、という状態です。だからこそ、こんな言い訳が必要なのです。
 特に、今回は、自分は未経験なことを、理論上で書いています。そういう点でも、今後、表現力や描写力を習得してからでないと、作品として完成させることはできません。ご了解をお願いします。
 理想は、はるか彼方で、まだ見えていません。

 未熟さを隠し偽り偽装し捏造することは、自重自戒します。

 仮題「普通でいい」は、まだ数回続きます。
 もちろん、書くことによって、ここまでは来れただけに、懲りず諦めずに書くことは続けます。
 そもそも、自分の考えを整理するための一つの方法として始めたことだったので、まだ止めるわけにはいきません。
 ブログを開設しては、書き、挫折して封鎖し、それを幾度も繰り返しましたが、文章化すること自体は止められなかったからだったのです。
 他人の言葉に惑わされやすく、知的には未熟ゆえに、知的成長に臨んでいる。そう、ご理解いください。

 追記
 ここに創作上の肝心なことを軽薄に吐露してしまいましたので、仮題「普通でいい」の続きは後回しにし、他を優先します。2012/03/27

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 草稿:BL「普通でいいんだ」

普通でいいんだよ


「恋ってさ……」
「具体的に説明できないことは、具体的なことは分かっていないこと」
「……それも、そうだよな。具体的に分かっていないから、具体的に説明できない」
「具体的なことは分かっていないことは、もちろん、積極的に行動することもできない」
「だよな。具体的なことが分かっていないんだから」
「もちろん、具体的に分かっていることは、その分かっていることを基に否定したり肯定したりできる。だから、それなりに自信がある行動ができる」
「結果的に後悔したりすることも少ない」

「でも、人は錯覚もするし勘違いだってする」
「それに基づいた行動だってするよな」
「でも、具体的な根拠や理由を知らないから、具体的に否定したり肯定したりできないので、錯覚や勘違いが生じやすい。当然に、納得もできていないので、積極的な行動はできない」
「具体的な根拠も理由も無いことは、間違っているかもしれないからだよな。手品を見ているときのようなものだ」
「まさに、そういうことだ。まして、後ろめたい考えの場合は、一層、積極的になれない」
「バレたら大変だと分かっていることを強行しようとするんだから、当然だよな」

「でも、間違ったイメージを正しいと思い込んでしまうと、本当は正しいことのほうを間違っていると判断するようになるわけだよな」
「根拠も理由も無いイメージや、確かめた事実でもない単なる想像に過ぎなくても、それを基に考えて落ち込んだりもするしな」
「気まずかったりするもの」
「でも、根拠も理由が無くて、しかも間違っていたから、困った結果になった。となると、普通は、反省したり、具体的なことを知るチャンスだ」
「そういうことを知らないから、気まずさが先に立つし、落ち込む。むしろ、気まずいから、隠そうとしてしまうから、なのかもしれない」
「不正が発覚すると、隠したり繕ったり偽装したりして覆ってしまう場合だってある」
「根拠も理由も無い、しかも誤ったイメージを抱いてしまうと、正しい知識が入り難くなることは事実だ。つまり、せっかくの知能が、台無しになる。お金の話だと、元も子も無くなるっていうやつだよな」
「そういうことだけど、元も子もって、お金のことなのか?」
「元金も利子も無くなってしまうっていうことらしい」
「意味は合ってたけど、具体的には、そういうことだったのか」
「もともと、個人的には、詳しいことは限られているし、巧みにできることも限られている。何でも知っている人はいないし、何でもできる人はいない。だろ?」
「そういうこと。俺の台詞だったのに、おまえも自分のものにしてきたな」
「おまえが言う通りで、あたりまえのことだから」
「誰でも、経験し学習して理解するわけだから、詳しいことは限られているし巧みにできることも限られている。憶えてはいるが曖昧なことや錯覚や勘違いなどのほうが圧倒的に多い。日常的にも、根拠や理由が無い錯覚や勘違いに気づいて、その理由や根拠を知ることによって修正されるから詳しくなる」
「よくあることだよな。日常的に、そうしているんだよな」
「具体的なことを知らないことや積極的にできないことや後ろめたいことでも、隠したり繕ったり偽ったり飾ったり捏造したりすることは邪道だ」
「うん」
「普通でいいんだよ」
「あれも具体的なことは知らない、これも自分はできない、そんなことこそ計り知れないほど多い。そんな事実を素直に認めて、つまり心を開いておいたほうがいい。だろ?」
「そういうことだけど、俺の台詞がだんだん無くなるな。でも、それも普通だし、普通でいいんだよ」
「普段は、そうなんだしな」
「普段は、不思議だとも思うし、興味も抱くし、それらしいことにも気づきやすいし、根拠や理由があって納得したときには、そういう具体的な知識が収まる」

「そんなことを知らなかったから、俺、急いだり焦ったりして……、だったんだよな」
「すでに根拠も理由も無い誤ったイメージや先入観なんかが入り込んでいるからだよ。だからこそ、普段、のんびりしているときのことを考えればいいんだよ」
「あ、そうか。焦ったときのことを思い出すから、焦るのか」
「そういうこと。だから、普段も、のんびりしているときのことを考える。つまり、知らないことは、急には憶えられない。自分ができないことは、急にはできるようになれない。むしろ、あれも知らない、これもできない、そんなことこそがまさに計り知れないほどあるんだと思うと、知能のキャパシティーは全開になる」
「心が本当に広くなったような気がするんだよなあ」
「そうしておくと、根拠も理由もあることは納得できるし、そういう確かな知識が入ってくるわけだろ」
「うん」

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 草稿:BL「普通でいいんだ」

普通でいいんだ


「何のために生きるのか」
「いきなりそれでは、飛躍し過ぎだろ」

「じゃ、何のために生きているのか」
「それでも、いきなりだと、難解だ」

「じゃさ、どうして生きているのか」
「そうなると、的を絞れない」

「じゃ、生き物は、何のために産まれてくるのだろ」
「どうしてなんだろうな?」
「人には、少なくとも、そういう疑問も抱くだけの知能は備わっているわけだよな」
「生きているに値するのか、死んだほうがましか。そんなことも考えることができる知能でもある」
「それだけの知能が備わっているのに、その疑問の答えをまだ得ていないんだよな」
「大事なことは、なあ~~にも分かっていない。ということまでも分かる知能が備わっているのに、大事なことほど分かっていない」
「そういうことだよな」

「使い方とか用途とか、間違っているのかな……」
「たしかに、備わっている知能は、本来は何に使うものなのか、どう使うべきなのか、そういうことも具体的には分かっていない」
「そうだよな。そもそも分かっていないんだ……」
「分かっていないんだから、結論を急ぐのは強引過ぎる」
「急いだり焦ったりすると、元も子も無くしちゃう」
「そういうこと。むしろ、このことは、まだ知らないとか、まだ分からないとか、ありのままの状態にしておくと、その答えも見つかりやすい」
「あ、そうか。普通でいいんだ」
「だって、産まれてから、経験し、学習し、理解するわけだろ。もちろん、個人的には、詳しいことは限られているし、巧みにできることも限られている。むしろ、何でも知っている人はいないし、何でもできる人はいない」
「だよな。それが普通なんだよな」
「医者でも病気に勝てなかったり、どんな天才でも老化するし、誰でも死ぬわけだろ」
「そうだよな」

「でも、知らないし分からないと、根拠も理由も無い勝手な想像をしがちだし、それを答えにしてしまいがちだ。が、そうしてしまった場合は、その段階で元も子もなくしてるっていうことか」
「本当のことを知ろうともしなくなるんだからな」
「そうだよな」
「それどころか、肝心なことを知らないから、上辺だけ繕ったり、見た目だけを偽装したり、尤もらしく捏造したりまでする。それでも、上手くできると有頂天になったり、上手くできないと落ち込んだりするんだよ」
「ああ……悲惨だ。そんなことは、早めに教えてくれ? な? 」
「まかせとけ。そんなことだけは、俺は詳しいから」
「え!? そう言われるのも複雑だな……」
「考えることができる知能が備わっているから、想像もするし、根拠も理由も無い無理なことも考える。しかも、納得していないから実行するには抵抗があるのに、強がりもし強行もする。矛盾することも考えるし、やってしまったりもする。単純なことだ」
「たしかに……」
「けど、無理なことや矛盾することを考えているときは、空転し暴走しているから、気づけない。もちろん、具体的に知るほど、陥らずに済む。そもそも、普通にしていられれば、そうはならない」
「そうだよな。焦ったり急いだしさえしなければいいわけだ」

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR