生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは、誰でも直に経験し続け相応の学習もするわけですから人生の理由に相当する。
 感じ意識し、記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合え協力し合え信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 経験や学習や思考や理解、ゆえの信頼や尊重や愛や幸福、それらは売買は不可能だ。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することでも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 好みや価値観は百人百様になる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは難しくなる。
 理解し合えず、私利私欲を貪り、相殺し競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは避けたい。
 つまり、自律して機能している生理面は高度で絶妙な秩序に基づいて成立している。
 が、経験し学習し理解する内容は、限られ、偏りもし、錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、隠蔽も抹消も偽装も捏造もし、知能を誤用もし悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

イメージ変更


 ブログのスタイルを変えよう……。
 野良仕事が忙しくなり、投稿は休みがちだし、この間に頭の中のブログに関するイメージも切り替えよう……。
 ということで、ブログの更新を……、実はサボり始めた。
 ところが、むしろ今まで的外れなことをしていたような気がしてきた。

 かつては、自分の考えには疑問すら抱かないくらい、いわば自分の考えを正しいと思い込んでいた。が、とんでもない勘違いだったことが……。
 自分の考えを疑問視しなかったから、想像に過ぎないことや勘違いが圧倒的に多いことをすら知らず、妄想に過ぎないことにすら気づけずに葛藤し、アホだったことを思い知らされた。
 そんな経験上、自分の考えは間違っているかもしれないと思うようになり、自ら確かめるようにもなり、間違っていることに気づいても修正も容易になり、そういうことに関しては理解も深まった。

 が、今回は具体的な理由は……、不明だ。
 生存維持のための野良仕事が優先だからか……。
 魔が差し、悪い癖に負けているだけなのか……。
 イメージの切り替えで混乱しているだけかもしれないが……。
 いずれにしても、記事を書く気にならず、すっかり更新不能状態に陥っていた。

 そんな中、訪問先の記事に刺激された。
 そうだ、気分転換も必要だ。ならば、ブログ自体のイメージだけでも変えよう!
 というわけで、思いつくまま、青空の夏バージョンに取り組んだ。
 背景は、快晴だった日に撮影した青空を使うことにした。その青空の各所の色を、随処に利用した。

 が、所詮、タグいじりは素人。過去記事には対応できない部分があることが発覚。これは……、後日、対処するしかない。

 招き子猫のトヤちゃんにも代わってもらい、チーちゃん(♀三毛)に看板娘をお願いすることにした。
 母猫は、野良のトンちゃん。今年の3月31日(まだ雪が有った頃)に家の前の物置小屋で子猫を3匹産んだ。
 やがて、2匹は死に、生き残った1匹を「チーちゃん」と私が勝手に呼ぶことにした。
 目下、「どうか、この私と友達になってください。お願いします」と、日々、交渉中。その結果、現在はスキンシップまで可能に。


 ちなみに、個人的なことなので内緒だった? のですが……。
 

続きを読む

カテゴリ : 真似句&詩擬

心の


 記憶の中にもある 青空
 自分の心の中にだってある 青空
 心が雲っているから 見えないだけなのだ

 食べたいものだけを食べ 見たいものだけを見る
 思い出したいことだけを思い出し 考えたいことだけを考え
 知りたいことだけを知ろうとすようになり 偏り いわば曇ったのだ

 好みでないものは食べない 好まないものは見ない
 気まずいと思うだけでも 思い出すことを避け考えもしない
 不都合なことや不利なことは 隠し 否認し 偽りさえしたのだから

 自分の意思で曇らせた心は 自分の意思でしか晴らせない
 あの日 自分で心の曇りをたまたま晴らせたから明かりが射し込んだのだ
 心の曇りを自分で晴らせたから いつでも見れるようになったのだ

 あれは 歓声を上げて走り回っていた幼い頃に見た青空だ
 これって 産まれてから初めて見た青空かもしれない
 赤く見えるのは…… 胎内で初めて見た光なのか

 そうだとも知らず 勘違いしていた……
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 趣味の園芸

残された道


 責め咎められることが少なくなかった俺は、他者を責め咎める資格は自から捨てたようなものだ。

 でも 理解し助け救うことなら……。それを、責め咎める資格は誰にもないはずだ。

 理解し助け救うことだけは、俺にも残され許されているのだ。

 まずは自分を理解し救わないと……。
 
 
ふき

 今頃が蕗の成長期なのに、今年は雨が少ないせいか、なかなか良い葉が撮れません。
 梅雨時に、きれいな葉が出たら、また掲載する予定です。
 
ふき

 丁度今頃(6月上旬)、当地では、タケノコが旬です。標高700メートルほどの山のブナ林の林床に育つネマガリ竹のタケノコです。
 大分前、そのタケノコを採りに行った帰り、林道脇に育っていた斑入りの蕗を発見。よく見ると、かつて自分が描いていた油絵よりも見事でした。その葉を全部切除して、根だけを持ち帰って植えたのが最初の斑入りの蕗でした。
 翌年、地下茎を切って増殖を試みたところ、小さいが増殖は成功。
 更に翌年、不思議なことに、緑色の部分が一切無い白い葉ばかりが出た。が、葉緑素が無いために光合成が行われなかったからでしょう、絶滅。
 その後も発見しては、庭植えにした。その後、分かったことは、この白い斑が入るタイプの蕗は、普通の葉だけの株も出てきて、その普通の葉の株の方が勢いが良い。それを取り除かないと、斑入りの方は葉緑素も少なく光合成も少ない所為か減少しがちだということです。
 たしかに、この白い斑入りの蕗は、山で繁殖をしているのは、見たことが無い。発見時も、1株か多いときでも3株でした。
 ちなみに、黄色い斑入りの蕗なら、路肩に1畳以上に繁殖している自生地を知っているし、良く育っている庭も3箇所は知っています。
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 趣味の園芸

真新には戻れない


 思い出すと、怒りが……。
 記憶に残っていることを思い出しただけなのに、相応の感情まで伴う。

 思い出すだけで、後悔が……。
 ああすべきではなかった、こうすればよかったのに、などと思考まで空転する。

 とっくに過ぎ去ったことなのに……。
 
 
タニウツギ(純白)

 記憶にあることは、過去のことだ。現在も同じだとは限らない……。
 思い出しただけで怒りがこみ上げたとしても、過去のことを基に、いま行動したら、とんでもないことになりかねない。
 思い出しただけで悔まれたとしても、過去の事実を覆すことは、誰にもできない。

 真新(まっさら)には、とっくに戻れないのだ。

 でも、記憶に残っているからこそ、同じ失敗は繰り返さずに済む。
 記憶は、生存を左右するほど重要なのだ。
 整理や理解が欠かせないのだ。
 諦めるしかないことだってある。
 結局、自分の無知や愚かさとして処理するしかないことも……。
 
 
タニウツギ(純白)

 もちろん、これから憶えるしかないこともある。
 必要なことは、集中しやすく、憶えやすくもある。
 救われるためには、それに縋るしかないのだ。

 知能も備わっていて、経験でき学習でき理解でき、相応のことを随意に出来るようになれ、相応の結果にすることも可能だ。
 でも、経験し学習し理解する内容は、個人的にも年々変化してきたわけだから、個人毎には千差万別になる。
 要は、産まれて生きていることは、もともとどういうことなのかだ。それは、誰にでも共通なことでもある。
 自分が生存上必要だと思うことに臨み、自分で少しでも詳しく理解し、自分が納得できることを追求する道を歩んでゆくしかない。
 
 
タニウツギ

 画像は、3枚ともタニウツギです。
 通常は、下のピンクの花が咲きます。
 上の純白は、林道脇で草刈のたびに刈られていたものが、たまたま数輪の一房を咲かせた年に私に見つかってしまいました。幸か不幸か、翌春から我が家の裏で育つことになり、今では私の背丈よりも大きくて2メートルくらいあります。

 一般的な色ではないので、普通とは違い、障害や奇形のはずなのですが、むしろ特徴的な色が無いだけに、純白に私は憧れさえ感じます。
 自分の心はすっかり歪んでしまっていて、真新にはとっくに戻れなくなっているからですよね……。
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 趣味の園芸

それは傷ではない


 尤もな事実や、それらしい理由や口実があると、ブログの更新もつい疎かにしたりする。
 悪い癖だ。

 見知られなければいい、誰も見抜けないはずだ、露呈しなければかまわない。そう思うと 躊躇し抵抗があることでさえも強行しかねない。
 魔が差す。
 
白藤

 躊躇し抵抗がある考えなら、誰も見抜けないだろうと侮って強行したとしても、その結果までも隠し偽り否認せざるをえなくなる。自分で考えて自分で行ったことを隠し偽り否認すると、自分で考えて自分で行った事実関係や理由を当然に理解できない。
 自分で考えて自分で行った事実関係や理由を未理解だからこそ、自分でも認め難いことを重ねてしまい、悪循環に陥る。

 まして、強がって開き直ろうものなら、自分でさえ認め難いにもかかわらず、強引に正当化することになる。冷静さは封じ込められ、警戒心や危機感や被害妄想などに支配されてしまう。
 更に、上辺だけ尤もらしく本当らしく見せ掛け、まるで優れたことであるかのように偽装し、そんなことで慢心しようものなら……。あの日のように 自分の愚かさに絶望することになる。
 誰も見抜けないだろうと侮っても、自分の記憶には残り溜まってゆく。しかも、思考力や理解力は日常的に磨かれてゆく。だからこそ、偽装や勘違いや思い込みに過ぎなかったことにも気づけるようになり、絶望する。
 気づいただけでも、二の足を踏むようになり、トラウマにさえなる。強行したが、実際にはそういうことだったことを思い知らされた。

 記憶は溜まり思考力や理解力は日常的に磨かれるから、勘違いや思い込みに絶望したわけであり、その具体的な理由や事実関係ももちろん理解できる。他者を巧く騙し欺けても、自分が考えて行ったことは自分の記憶には残っているからだ。
 事実関係や理由を具体的に理解するほど、失敗は繰り返さずに済む。記憶に残っていることを、活用できるようになる。
 活用できるとなると、それは傷なんかじゃない。それは、知的財産だ。知能を更に発揮することでもある。

 つまり、気づいた頃は、よく知らなかったからこそ、考えもせずに、傷だと勘違いもし、隠し偽り否認さえした。だから、ますますそうせざるをえなくなる悪循環に陥った。

 むしろ、記憶に溜まったことを、もっと整理し理解して、更に活用しなきゃ。
 そもそも、魔が差す悪癖だけは、しっかりと捕らえて、決して見失わないようにしないと……。
 
白藤

 画像は、白藤です。
 少しだけ紫色が残っているので、純白ではないです。
 当地に自生し繁茂していたものです。その、地を這って根が出ていた細い蔓を、大分前に畑の端に移植したものです。

 本来の色とは異なる白花や斑入りは、いわば障害や奇形なのですが、むしろ美しい。
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ : 趣味の園芸

画像だけでも……


 5月のアクセス数
  ユニークアクセス合計 1,583  トータルアクセス合計 2,380

 たくさんのご来訪ならびに拍手やコメント、ありがとうございます。
 ブログを開設しては閉鎖し、それを幾度も繰り返してきましたが、今度は閉鎖せずに継続できそうです。
 
ふき

 しばらくは、コンデジ画像だけですが……。
 恐縮です。
 
ふき

 画像は、斑入りの蕗の葉です。
 盛んに成長するこの時期に、雨が少ないので、葉が痛みがちです。
 ちなみに、植物は丁度良いあたりに根を張ります。なので、それを狂わすことになる人工的な水遣りは控えています。
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
56位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR