生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

PC買い替えようかな……

 昨年、フレッツ光にしたとき……
 あの頃も、やる気を失くしていた。
 ところが、光回線の斡旋業者は、懲りずに再三電話をしてきた。
「じゃ、そのやる気に、あやからせてもらおうか」
 と言って、フレッツ光にした。

 が、やる気を取り戻せたことによって分かった。
 以前は、プロバイダの乗り換えサービスを活用し、それなりに得した。
 さらに調べはじめたのも、やる気を取り戻せたからだったのだが……
 PC購入と抱き合わせでフレッツ光にすれば、4万円もキャッシュバックがある!
 希望小売価格十数万円のPCでも、実売価格8万円で、さらに4万円もキャッシュバックがあるということは、4万円で買えたのだった。
 軽率だった!

 そんなことが分かったのも、やる気を取り戻せたからであり、やる気こそ重要なのだ。

 その、やる気は、確かに貰った。
 幾度も開設しては閉鎖を繰り返したブログを、今春は軌道に乗せることもできた。
 やる気自体は、どこでも売っていないし、4万円出したからといって買えるものでもない……

 でも、希望小売価格十数万円のPCを4万円で買っていたら、もっとやる気が続いていたことになる……
 今頃になって、PCの不調を嘆くことも無かったわけだから……

 たしかに、夏場は生きるための実践が優先だ。そうしてこそ、雪で行動が妨げられる冬場に、心の整理に専念できる。
 が、野良仕事は、自由行動でもあり、何かのために時間を割くのも自由だ。現に、こうして時々記事を書くくらいの時間だって無いわけではない。
 なのに、ブログの更新を疎かにしがちだ……。その理由の一つに、PCの不調も含まれている……。つまり、フレッツ光にしたときに、やる気を失くしていた上に軽率だったことが……

 ブログの更新に集中できない明らかな理由は他にもあるのだが、やる気は、良かれ悪しかれ、いろんなことに左右されて成り立っている。

 つまり、PCが軽快になるだけでも、やる気は出る……
 このウインドウ自体は小さいが、この向こうに広がっている世界は、まさに計り知ることができない可能性を秘めている。
 自分に残されている可能性も目標(夢)も、この小さなウインドウの向こうにこそあることは間違いない。
 それを左右するのが、懲りずにやり遂げるやる気なのだ!

 
カテゴリ : 未分類

多彩なヤマアジサイ

 夏場になり、野良仕事に追われて、記事には集中できなくなった。なので、せめてと……予定していた多彩なヤマアジサイ(野生)の紹介。
 一応、アップロードし、微調整も済み、公開することに。


 Photo Gallery kisuke(喜助)

 リンク先で、Photo Gallery kisuke(喜助)をクリックしていただくと、多彩なヤマアジサイ(野生)の背景画が5秒間隔で自動的に切り替わります。
 TOPの看板に、「気休めに」ということでリンクを張りました。


 現在、画像は20です。以前に撮ったものばかりです。
 スライドショーにしたかったのですが……。
 背景画の自動切り替えでも、精一杯でした。

 つまり、kisuke(喜助)は野良仕事をしながら、頑張ったのであった。
 実際には、誰も見ていなかったので、仕事を半ばそっちのけだった。
 なぜか……。
 いい格好をしたかったから……。
 かつて、恋をしたとき、自分のバカさ加減は棚に上げて、利口振ったことを思い出しながら……。
 というより、かつて、丁度今頃の時期に、仕事を放り出し、カメラと三脚を持って山に通ったものだった。ヤマアジサイに恋をしたかのように……。

 それにしては、画像が今一だ……。
 が……、そのほうが自然か……。

 後日、画像を替えるなり、画像を増やすなり、そんなことをしよう。
 残念ながら、今年は山に撮影には行けない。でも、画像は、ハードディスク内にある……。あの頃のことは、記憶にも……。

 
カテゴリ : 未分類

ご来訪ありがとうございます

 6月のアクセス合計

 ユニークアクセス 1,027  トータルアクセス 1,590

 沢山のご来訪、ありがとうございます。

 残してくださった足跡は、必ず辿る。これは、実行できております。
 ただし、重いブログは、当PC不調につきフリーズしがちです。なので、スルー、あしからず。




 夏場は、私は生きるために必要なことを実践する、それが優先です。
 なので、ブログの方は……、殆ど休みにしちゃいます。更新は、月に数回? かな……。
 そうしてこそ、雪で行動が妨げられる冬場に、心の整理に専念できるからでもあります。

 あ! 綺麗事じゃないって。
 本当だよ。
 ま……、本当なのは気持ちだけ……、かな。
 だって、他人に迷惑が及ばない範囲内で、つまり個人的には狡いこともしているからこそ、狡さというものを理解することもできる。
 具体的に理解できたことほど、意識すること(自覚)も容易になり、よって慎めるようにもなれる。
 つまり、すでに備わっている知能も発揮される。
 ……でしょ?

 大罪を犯したわけでもないのに、いわば体裁が悪い程度なのに、つい否認したり隠し偽ったりしたら、その事実関係を自分でも理解し難くなる。
 事実関係を理解できないから、意識も(自覚)できず、自分でも認め難いことを繰り返してしまい、更に隠し偽るしかない悪循環に陥ってしまう。
 すでに備わっている知能も、もちろん発揮されなくなる。
 つまり、すでに備わっている知能の本来の機能と、その知能上で考えて行おうとしていることが矛盾さえしている。だからこそ、苦悩したり、葛藤までし、パニックに陥りそうにもなる。
 ……だよね!

 秋までには、もう少しは良い子だった頃に戻りたいとも思っている。
 もちろん、親に対して、根拠や理由を問い詰めて反抗していた頃にである。
 反抗しなくなってからの方を良い子と言われるが、あれこそ嘘だし悪い子だった。
 だから、それよりも以前の、反抗していた頃の気持ちを取り戻そうかと……。
「なぜ?」「どうして?」って訊ね、五感では捉えることができない理由や根拠を重視するようになったのは、その頃だったから。

 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR