そもそも、生理面は自律して機能している。
 それは、直に経験し続けている自分自身の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 備わっている知能で、感じ意識し識別し思考し、経験し学習し理解できるようになり、相応の振る舞いをし、相応の結果になる。
 そこまでは誰でも共通だが、経験や学習や理解の内容しだいで人生の理由は変わる。
 知らないことは想像もし、それゆえに勘違いもし思い込みもし、他に目を奪われもするし心まで奪われもし、肝心な自分を見失いさえする。
 以上のうちの、誰でも直に経験し続けていて共通することや普遍的なことが、当ブログのテーマです。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

newPC 順調ならず

 
 高性能になっていることは確かだ。
 配線しただけで、ネットにもつながった。以前のような接続設定も不要になった。
 なのだが……

 Internet Explorer ではこのページは表示できません

 毎日のようにそうなる。
 新品が壊れているとは考えられない。自分の使い方に問題があるのだろう。何よりも自分で使えるようになることが必要なのだ。
 そんなわけで、Web検索しては、試す。
 が、思えば、主に、朝にそうなる。そうなると、再起動をする。が、そんなときに再起動をすると、シャットダウンしていますと表示された画面のまま5分経っても終わらない。なので、電源を切る。
 あらためて起動すると、正常に終了しなかったという表示画面になるが、通常の起動を選択すると、普通に使える。
 そして、翌朝、高性能なんだから今度こそ大丈夫だろうと思って起動する。が、また……。
 ということは、休止状態やシャットダウンに問題があるのか……

 当初よりは減少はしたものの、昨日もその状態になった。
 また、Web検索をした。
 その結果、次のような方法を知った。
[インターネット オプション]を開き、 [詳細設定]の [リセット] を実行する。
 まだ試していないが、再起動するよりは簡単そうだ。
 また、今までのように休止状態にするのは止めて、シャットダウンにすることにした。

 障害があり、その解決のために試行錯誤するのも、むしろ頭の柔軟性を取り戻すにはいいのかも……。負け惜しみか?


 キーボードのキーの位置が変わったのにも、戸惑う。
 PCも使い続けていたら、いつのまにかブラインドタッチがほぼできるようになったからだ。

 慣れ親しんだキーボードは、 Enter キーの下に ↑ キーがある。
 が、newPCのキーボードでは Enter キーの下に Shift キーがあり、その Shift キーの下に ↑ キーがある。
 つまり、↑ キーのつもりで押すと、Shift キーなのだ。

 また、古いキーボードは、テンキー側の NumLK キーの上に Delete キーがある。
 その Delete キーが、newPCのキーボードでは左に移動して Back space の上にある。
 古いキーボードの Delete キーの位置は、newPCのキーボードでは Home になっている。
 つまり、Delete キーのつもりで押すと、ソフトによっては画面自体が一変したりする。

 newPCは、透明感があり、画面の切り替えもソフトで、確かに高性能なのだと思う。が、本格的に使おうという気には一向にならない。
 思えば、この古いPCこそが、ブラインドタッチに気づかせてくれた。それを基に、繰り返し続けたことは熟練することを理解できた。
 つまり、未知だったことや、不規則にキーが並んでいるキーボードの各キーの位置を初めて憶える場合などは、模索して見つけるしかない。が、繰り返し行ったことは、記憶に残る印象も確かになってゆく。各キーがどの辺りにあるのかが記憶上で確かになるほど、目的のキーを見つけるのが早くなり、その記憶が確かになると模索する作業は不要になる。結局、模索せずに、記憶に残っている各キーの位置情報を基に、識別や思考が可能になり、相応の動作が可能になるから、短絡的にもなり処理速度が速くなる。
 誕生当初は寝返りもできなかったのに、二足で全速で走れるようになる。上手に握ることもできなかった手も、器用に使えるようになる。その象徴的なことは、相手が話すことを、ほとんど記憶にあることだけを基に識別し理解して会話できるようになったことだ。
 この事実を、見失うようなことは避けたい。


 そもそも、個人的には随意にできることは限られている。
 しかも、警戒し過ぎると蔓延りがちな、怠け心もある。
 心の中は、誰も直接は見知ることができない。そんなことを考えはじめると、狡さが優先していたりする。

 確かに他者の心の中は見えない。
 だが、自分の記憶にあることや自分が考えていることなどは、自分だけが直に知りえる。つまり、自分で何よりも詳しく理解できていても不思議ではない。

 もともと、各感覚器官や意識や記憶力などで構成されている知能は備わっている。だから、知らなかったことを憶えることができ、できなかったことでも練習相応に随意にできるようになった。それらは、相応の識別や思考や予想などの情報処理を行い、それが正しいか否かの確認し、それを繰り返して取捨選択や可否や是非の判断もできるようになったからこそ実現したことでもある。その結果、記憶に残っている情報だけを基に、会話でき、相応のことを理解できるようにまでなった。
 つまり、自分の心は、何よりも詳しく理解を深めてゆける条件は整ってゆく。
 だからこそ、ブラインドタッチができるようになり、その理由を理解することもできた。

 ただし、経験し学習し理解することだけに、その内容は、個人的にも変化するし、個人毎に異なる。そういう性質上、そんな自分の心でさえ理解するとは限らない。
 ブラインドタッチにしても、いつのまにかできるようになっていた。が、どうしてできるようになったのかは、未理解だった。未理解などころか、キーボードを見もしないで、考えていることを文章化できることが不思議だった。そんなことに気づいたことによって、記憶に残っていることを検証した結果、ブラインドタッチができるようになった理由を理解でき。
 つまり、知らなかったことを憶え、できなかったことが随意にできるようになるだけに、何よりも詳しく理解を深めてゆける条件は整ってゆく。
 ところが、学習したことが実用的になることが優先するだけに、それができるようになった理由を理解する必要は感じなくなる。

 ちなみに、そんなことをすら知らなかった、つまり自分の心を見失っていた頃の私は、事実確認をしたわけだはない想像に過ぎないんだということも自覚できなかった。理由も根拠も無い妄想の悪循環に陥っているんだということにも、気づけなかった。だからこそ、自分の考えに無理や矛盾があり、それゆえに葛藤を余儀なくされているんだということも自覚できなかったし、自分が考えていることの無理や矛盾を解消することもできなかった。
 つまり、自分が識別し思考し想像や予想や判断などしている自分の心を理解しそびれると、むしろ理解し難くなってゆく傾向さえある。

 ただし、情報処理の中枢だけに、未理解だと大変な事態に至る。

 もちろん、何よりも詳しく理解できる条件も整ってはいっている。
 実際には、的外れなことを考えるから気づくことさえできないだけで、的を得たことを考えると、考えただけで分かることも少なくない。
 冷静に確かめ、事実を認め、事実関係を整理するほど具体的に理解でき、おのずから可否や是非も明らかになり、解決や改善も可能になる。
 そんな私にとって、PCは、本来は心の整理用補助道具だ。それだけの機能があれば、十分だったのに……。
 高性能化や見映えを優先気味のIT産業に誘惑されるようでは、翻弄されかねないわけだから、まだまだ修行が足りない……。

続きを読む

カテゴリ : 未分類

暑中お見舞い申し上げます

 当地では、先月の25日あたりから暑い日が連続しています。
 7月31日だったかな、27度に達しそうでした。

 皆さんも、熱中症に気をつけて夏を乗り切ってください。

◆当ブログへの7月のアクセス数

 ユニークアクセス 746   トータルアクセス 1,131

 たくさんのご来訪、ありがとうございます。



 残してくださった足跡は、必ず辿る。これは、実行できております。
 その際に、皆さんのブログの記事に刺激されて、自分でも書き出した記事が結構あるのですが、いずれも投稿するには至りませんでした。
 そんな状態が、まだしばらく続きそうです。


 ただし、やる気だけは失くしてしまわないようにと思い、思い切ってPCは購入しました。
 購入したのは、VPCJ24AJ。お絵かきにも使えるので、古いPCと同様にタッチパネルあり。ソニーストアより購入。もちろん、分割払い。
 購入したのは前回の記事を投稿した頃で、お届け予定日は8月2日だとのことでした。
 実際に宅急便で届いたのは、8月1日の午後。
 ところが、翌日から、毎日ハプニング。ハングアップして強引に電源を切るしかなくなったり、再起動を余儀なくされる。しかも、昨日は土曜日。
 今朝も、再起動。しかも、今日は日曜日。
 新しいし、画面も大きくて、見映えもいい。性能も、確かに良い。が、中身がこれじゃぁね。
 私の使い方に問題がある……、かもしれないが……。
 そういうわけなので、このことは、別記事にします。

 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
FC2アクセスランキングのみ参加中です。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。

こちらからのお礼の応援アクセスは、
冬期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
48位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR