生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは誰でも直に経験し続けるわけであり、生きていることがどういうことかは人生の理由に相当する。
 感じ意識し識別し思考し、経験し学習し上達し、共通の約束やルールなども理解し合えるようになり、相応の行動も可能になり、信頼し合い尊重し合うようにもなる。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、経験や学習や理解の性質上、誰でも直に経験し続けることを理解しそびれもし、経験や学習や理解の内容は十人十色にもなる。
 知らないことは想像もし、勘違いもするし思い込みもし、他に目を奪われ心まで奪われもし、肝心な自分や人生を見失いもし、好みや価値観は個人毎に千差万別になる。
 そういうことは、理解し合うことも困難になる。
 千差万別になり、理解し合えないので、競い争いもし、暴力的に片づけさえする。
 つまり、知能を、誤用もするし、悪用するようにさえなる。
 そうなることは、むしろ避けたいです。
 生理面は、自律しているわけですから、絶妙にできている。
 が、学習し理解した内容には、間違いや勘違いや思い込みもある。
 そうであることは、歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

看板内の◆1-から◆4 について

 
 最新記事の上の自称「看板」内の◆1-から◆4 について

 これを基に、これまで理解してきたことの大整理を行います。

 つまり、私見の概要であり、かつ計画表であり、すべての記事を書き終えた際の目次になります。

 今後は、◆1-から◆4 の各小見出しの記事の編集を行います。
(◆1-から◆4 の大見出しは記事は無し。各小見出しのみ記事あり)

 今冬の雪が解けて無くなり草木が芽を吹く頃までには、全小見出しの記事を書き終えたい。と考えています。
 投稿済みの記事も、使えるものは再編集して使います。
 編集が済んだものは逐次投稿し、各小見出しにリンクを貼ります。
 
 
 私事だけに、興味がある方は稀でしょうが……
 基礎や基本は、普遍的で、多くの生物にまで共通することもあります。
 そんな基本的なことを重視して、構成しました。

 蛇足ですが、おのずから明らかになる可否には言及しますが、おのずから明らかになる是非への言及は控え気味にする予定です。
 
 
 以下も、私の心の準備に過ぎないのですが……

 文体は、独自に理解してきたことの大整理だけに、「独り言を納得する」タイルにする予定です。
 文体は粗雑だったり乱暴に感じるかもしれませんが、書き終えることを優先し、文章表現の勉強は後回しにします。

 なお、個人的な都合で、計画表だけを公開し肝心な記事が無いのでは、ちょっと苦しい。
 それを癒すべく、オンマウスで各小見出しの簡単な説明(個人的な構想の一部です)が表示されるようにしました(タグのtitle=""を活用)。
 タグとして書き込んであるだけに、画面に表示されるまでに時間を要することが懸念されます。
 恐縮することばかりですすが、あしからず。
 
 
 以下も個人的な構想なのですが、全体的な概要でもあります。

 ◆1-生存の基礎や基本は普遍的で共通だ
 生存の基礎について推察します。
 太古から世代交代を重ねて進化したであろうことだけに、もちろん推察の域を出ません。
 なお、生後に経験し学習する以前のことであるだけではなく、現代人が産まれる以前のことだけに、親がどんなつもりで子供を産んだのかなどは論外とします。

 ◆2-本来は学習し熟練し理解力も発揮する
 経験し学習し熟練し理解力を発揮するようになった基本的なことを整理します。

 ここまでの◆1-と◆2-は、以降の★3-と◆4 の経験上で理解したことを基に構築した仮説です。

 ★3-:無知の彷徨は、私の体験談です。
 ◆2-の成長過程で、▽項目の影響により、★項目のように虚勢を学習した場合、★3-のように自分が考えて行ったことで自分が困りもする。
 よって、自分の考えに無理や矛盾があることに気づきます。

 ◆4 遅れ馳せでも本人は詳しくなれる 自己理解事例集
 的外れな勘違いや根拠も理由も無い思い込みや先入観などが、決してそうではないことによって覆されてゆくと、知的中枢の基本的なことを客観的かつ具体的に理解できるようになります。
 理解したことは、自覚できるようになり、よって自制できるようになり説明も可能になります。

 こうして、知的中枢の基本的なことを理解できただけに、その基本的なことは変わっていない成長段階のことを思い出せたりもし、幼かった頃のことも検証することが可能になりました。

 つまり、子供の頃に本当の自分の気持ちを、大人に理解してもらえなかった。むしろ、望まないことを、強いられた。
 具体的な説得はできず、反抗した。が、反抗し切れず、主張を断念した。だから、肝心な学習自体に関することや自分の考えに関することは理解しそびれた。
 それゆえに、体裁を気にし、人目を気にするようになり、不都合だとか不利だと思うことは隠し、上辺を繕い、強がる大人になっていた。
 当然に、本心は、幼いままで未完成だった。
 でも、絶望への階段を登るに等しい虚勢を捨てた今、自分こそが、自分の子供の頃の本当の気持ちを理解してあげられる。むしろ、自分の幼いままの純真さを、理解し救い育てることが可能なのは自分しかいない。
 それができてこそ……

 それらを基に構築したのが、◆1-と◆2-です。
 
 
カテゴリ : 未分類

アクセスアップは断念します

 
 アクセスアップのための当方の訪問は、断念します。

 薬も、効くと思うと、効いた気もする。
 異常かもしれないと思うと心配になり、本当に異常ではないかと思うと苦にもなる。
 アクセスアップでも、勘違いしそうでした。
 ですが、そのおかげで継続できたことは事実です。
 アクセスしてくださった方々に、お礼を申し上げます。
「ありがとうございました」
 
 実は、自分が理解してきたことの大整理を始めました。
 よって、集中が必要です。
 予定は……
 当地の現在の積雪は90センチ前後ですが、例年どおりだと、これから更に同じ量くらい降り積もります。
 その雪が解けて無くなる春までには、全記事を書き終えたいと考えております。
 雪が無くなり、生存維持のための野良仕事を始めるようになると、もちろん集中できなくなるからです。
 そういうわけですので、ご了解ください。
 
 
「お前にふさわしい男は、世の中に沢山いる。俺のことなんか忘れてくれ。……無責任な奴だと……恨んでくれ」
 とは言っても、男として責任を果たしたい気もある。
 だからといって、ずるずるとつながるだけでは、むしろだらしなくなる。
「俺は、忘れない。男として、無責任だったのだから」

 と言うほどじゃぁ~~ないよね。
 けど、ここまでのアクセスアップへの感謝の気持ちは、消せるはずがない。
 その気持ちも相応の行為も、当分ひきずるはずです。
 でも、当方の訪問が途絶えた、そのときは悪しからず。

 当ブログのアクセスが激減することは、承知の上です。
 もともと当ブログの記事に関心がある人は、少なかったと考えられます。
 今回の大整理中に、アクセスが極少になったとしても不思議でもないです。

 むしろ、さまざまなブログを訪ねたことによって、関心がある人のアクセスこそが重要で自然なのだと考えるようになりました。

 特に、誰かが理解してくださっていることが分かると、私自身が信じて続けてきたことが救われます。
 当ブログは、もともと自分の心の整理がメインです。
 つまり、
「自分が考えていることに関する事実関係を整理することによって、基本的なことを理解できるとともに、考えていることの無理や矛盾も明らかになり、良かれ悪しかれ実態を理解できます。その理解したことは記憶にも残るだけに自分は随時自覚できるようになり、よって自制が可能になり説明なども可能になる」
 ということがメインです。
 そいうことを説明しているようなものでもあります。
 しかも、公開されています。
 誰かも自身の経験を基に理解して身につけてくれたら…… という期待もあります。
「自分もそうだ」と言ってくださる方がいようものなら、もちろん私は救われます。

 が、長い間、重視して行ってきたせいなのか、アクセスも気になるんだよな……

 でも、年は越し、すでに二十日だ。
 思い切って、これ投稿しなきゃ。
 人目を気にしている限り、自己確立はできないんだから。
 
 
カテゴリ : 未分類

更新をご無沙汰気味なのだが……

 
 心の整理は、もう十分だ……
 これ以上、恥晒しをしても、得られるものは何も無いだろう……

 説明するにしても、文章よりも、写真のように一見して分かるような表現方法はないものだろうかとも思うが、自分が理解を深めてきた経緯上でも、写真のようにはできない。
 そもそも、誰もが直に経験していることや学習したからこそ随意にできるようになったことを、未理解だと勘違いもし考えにも無理や矛盾が生じる。それゆえに気づけるわけだし、日常的に発揮している理解力を以って事実関係を整理して具体的に理解すれば、理解したことは自覚できるようになり、よって本人は管理が可能になることだから。

 図解は、不可能ではない。が、ブログでは無理だ。
 
 
 かつては、必要なことは十分に知っているような気がし、すっかり大人になったのだと思っていた。が、実際には、肝心なことを知らないんだということ自体も知らず、当然に知ろうともしなかった。単に、その都度に上辺だけ繕ったり、強がったりしていただけだった。だからこそ、自己懐疑や自己批判は、拒否気味だった。つまり、肝心なことを知らず、的外れなことを勘違いし思い込んでいたことには、気づくことさえできなかった。
 あのまま行っていれば、聞く耳持たなくなり、身勝手な主張ばかりするようになったはずだ。
 そうなるほど、誰も説得することもできなくなってゆく。
 そして、うっかり言及しただけでも、逆鱗に触れ逆上するようになる。
 地獄を好むかのような軍備に励む国家的な指導者もいる。
 不都合なことや不利なことは認めず、無理に自分に都合よく偽装し、強引に有利になるような工作に捕らわれると、罪を重ねるだけで、その問題解決を困難にするだけだ。
 そんなことが分かり、自分は、気づけたこと自体が恵まれていることだとも分かった。

 早めに気づけたのだが、自分の実態に気づいただけで自分に絶望したのだから、それまでは墓穴を掘り続けていたようなものだった。
 肝心な尊重し合え信頼し合える知識が、欠落していた。だからこそ、孤立を恐れ、したくはないのに雷同しがちだった。でも、上辺だけ繕い、強がり、騙し欺いているようなものだった。だからこそ、友達すら限られた。
 好みや価値観は、個人毎に千差万別だったからでもあった。そんな歴然としていることをすら、客観的には捕らえられなかったからでもあった。
 他人には尤もらしく見せ掛け本当であるかのように上辺を繕っていたが、実際には強がっていただけで不安で失態や露呈を恐れていた。
 気づけたのも、不思議なことではなかった。
 会話でさえ、知らない部分があるだけで滞る。根拠や理由があって辻褄が合っていると納得するが、そうでない場合は納得できない。当時も、そのくらいの情報処理はしていたからこそ気づけたわけだが、そんなことまでは理解できなかった。

 王家の王子で妻子もあったのに、その地位も名誉も捨ててまで、修行をはじめた人もいる。
 その具体的な動機や経緯は知らないが、その明らかな事実だけでも、人生には重大な課題が存在することに気づいたことを物語っている。だからこそ、宗教として発展したのだろう。
 そんなことを思うようになったのも、自分の場合は、絶望から復活できたことによって具体的なことが分かったからだったが、いまだに宗教とは無縁だ。自分は、まったく個人的な欠陥に気づいたのだから。
 いわば、肝心なことを知らず自信が無かったからこそ、強がって見せかけ上辺を繕い尤もらしく本当らしく偽装していただけだったのに、必要なことは十分に知っているような気になり、すっかり大人になったのだと勘違いし思い込んでいた。
 実際には、知らなかったことも憶えられ、できなかったことも練習相応に随意にできるようになれた。が、そういう肝心なことを未理解だったどころか、そういうことを未理解であることに気づけないほど無知だった。その事実を隠し、上辺だけで偽装し騙し欺くようなことをし、つまり理解や改善を困難にするような愚かなことをしていたのに、必要なことは十分に知っているような気になり大人になった気でいた。
 そうだったことに、気づき、動揺し混乱し自分に絶望した。
 肝心なことを知らないことは、明らかだった。
 単に知らないだけで、こんなに困ることがあるのだということを思い知らされた。
 が、それゆえに自分の考えに無理や矛盾があることに気づけた。
 そして、考えていることの無理や矛盾を把握できただけで、解決した。まさに、自分が考えていることの無理や矛盾を把握できなかっただけで、困惑し葛藤までしていたことが明らかになった。

 そもそも、経験し学習したことだけに、詳しいことは、個人毎に違うし、個人的には限られている。
 知ってはいるが、具体的なことは未確認で曖昧なことが圧倒的に多い。思い浮かべてみるだけで分かるが、記憶自体が曖昧なものだ。日常的に、錯覚もあり的外れな勘違いもあり根拠や理由も無い思い込みもある。
 以前は、自分が識別や思考している事実関係や因果関係をさえ未理解だった。
 自身の生理面は解剖して見るわけにもいかないので、いまだに未知なままだ。
 個人的には、未知なことこそ、宇宙規模で存在する。
 分かってみると、もともと反省や自己懐疑や自己批判は必須だった。
 思えば、仕事でも、独自に問題点を探し修正したからこそ、上達もし一人前だと言われるようにもなった。
 そんなことも、反省や自己懐疑や自己批判ができたからこそ、理解できた。理解できたことは自覚できるようになり、自分で精神面の把握や管理ができるようになっていった。
 考えの無理や矛盾を解明できたのも、傷だらけだったが本来の心を理解できたのも、自己懐疑や自己批判の賜物だった。
 具体的なことを理解するほど…… それこそ、理解した人のみぞ知る世界だ。誰もが直に経験し続けていることを基に、自分がどういう存在なのかを理解することにほかならないのだから。

 やはり、重要なことは、個人的な世界にあるのだ……
 未知なことこそ計り知れず、そこに秘められている可能性は否定できない。

 まだ、新たなことに気づきそうな気もする。
 最近、その気づくことに、つい備えてしまう。
 気づくたびに、救われたからだ。
 だから、新たなことに気づきそうなときには、つい心を備えてしまう。深く考えなくてもいいようなことに気を向け、むしろ何かを探しているときのように期待し、気づきやすくして待つ……

 すると、弥勒菩薩半跏像の姿が思い浮かぶ……
 あの姿は、考えていて、相応のことに気づいた(悟った)瞬間を彫刻したものではないのかと思うようになってからだ……
 もちろん、日常的な気づきではない。いわば、苦悩し葛藤し、その解答を得た瞬間を表現したものなのだろう。
 私見「悟り」の象徴的なこととも、重なる。

 とはいうものの、画像でしか弥勒菩薩半跏像は見たことがない……
 鋳銅の模造品も出回っているが、肝心な表情や雰囲気が違う。
 そもそも個人的なことが主の自分は、宗教とは関係が無い。
 むしろ、今回の自分の気づきが、難産気味だからだけなのか……

 新たな展開は、もう無理なのか……

 自分に明らかに残されていることは、お迎えが来たときへの備えだ…… が、それこそ、究極の個人的な世界に臨むことだ。

 やっぱり、予定通りの整理をはじめようか…… 大儀を片付けることにもなる。整理をすれば、新たなことに気づくはずだし、更に具体的に理解することになることは間違いない。理解すれば、おのずから可否や是非は明らかになる。
 
 
 そのまえに、この機会に弥勒菩薩のことを少し知ろう。画像でしか見たことがないだけに、具体的なことは知らないのだから。
 早速、ヤフオクで中古の本を2冊落札した。
 本が届くことは、輸送上の事故がない限り間違いないだけに、意外なほど新鮮な期待が生じた。
 ということは、単なる知的刺激が欲しかっただけだったのかな…… でも、必要なことでもある。
 自分は、蔵書は皆無に等しいからかもしれない……
 自分が直に経験していることや学習したことに関することは理解を深めてきたが、それは、自分の記憶に残っていることを基にできることだっただけに、学歴も資格も要らないことだし、時間さえあれば寝転んででもできることだったのだから。
 むしろ、他人をいかに気にしないかが重要だった。必須なことは、自分が直に経験していることや学習したことや考えていることなどであり、それを客観的に具体的に理解する必要があったからだった。
 無知ゆえに愚かなことをしてしまうことを思い知らされ、解明は必須だっただけに、寝つく前に気づいたことも多く、眠ってからの夢の中で解明し、起きてメモをしたことも少なくなかった。
 それ以外のことを具体的に知ろうと思ったのも、久しぶりだった……

 よし、本が届く前に、屋根の雪下ろしを済ませておこう。
 
 
カテゴリ : 未分類

新年おめでとうございます

 

◆当ブログへの昨年(2012)のアクセス数

         ユニークアクセス合計 トータルアクセス合計
  2012/3月 開設  記録なし
  2012/4月     記録なし
  2012/5月      1,583        2,380
  2012/6月      1,027        1,590
  2012/7月       746        1,131
  2012/8月       917        1,314
  2012/9月      1,035        1,479
  2012/10月      1,077        1,541
  2012/11月      1,087        1,600
  2012/12月      1,297        1,906

 たくさんのご来訪ならびに拍手やコメントに励まされて、継続できました。ありがとうございます。



 新年も、変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。
 
 
 育つ環境はそれぞれ違い、経験することが個人毎に異なり、学習する内容も理解する内容も個人毎に異なり、好みや価値観は十人十色で、現にブログは千差万別です。
「皆が、そうしている」とも耳にしますが、個人が多数の人と同じようにすることは不可能です。
 他人とは、違う。そのほうが自然です。
 むしろ、他を侵害しない限り、個人の自由なのだ。
 というわけで、kisuke(喜助)は、ほとんど個人的な目的でブログを活用しています。
 もちろん、kisuke(喜助)のブログに興味が無い人ばかりだったとしても、なんら不思議ではない……

 でも、ちょっと寂しい。

 なぜなら、十人十色や千差万別になるのは、経験や学習や理解上のことだけだからです。
 その学習や理解をする以前に、つまり生後に学習し理解したことを以っては変えようが無い普遍的な面が存在します。生きていること自体が、まさにそうです。それこそが、生存の主体です。
 誰にも知能が備わっている、これもそうです。
 誰でも経験でき学習でき言葉も憶え理解できるようにもなり、二足歩行や日常会話などの基本的なことは熟練します。つまり、相手が話すことを、自分の記憶にあることを基に識別し解析し理解し、相応のことに自分の気持ちや考えを加味して文章化して応答し合えるようになります。この基本的なことも、誰でも共通です。
 普遍的なことは、誰にでも共通することでもあります。
 kisuke(喜助)が理解を深めていることは、そういう普遍的なことや共通することだからでもあります。

 もちろん、ちゃんとやろうと思っていることが、唯一、そういうことだということです。
 それ以外は、くだらないことやアホなことをやっていて、そういう時間のほうが多いです。
 言葉では過ぎ去った過去のことでも話せるし、目の前に無い物事のことでも話せるし、口先では何とでも言えるからこそ、嘘も言えます。
 想像は、頭の中だけででき、根拠も理由も無くてもできることだけに、個人的にはし放題です。ですが、根拠も理由も無いことをし放題なだけに、想像に過ぎないんだということ自体を自覚できなくなったりします。
 そんなことも、kisuke(喜助)だけではないのでしょう。
「生きていることは尊い」とも耳にしますが、自殺をする人もいるし、殺人を犯す人もいるし、国の指導者しだいでは戦争までするわけですから。
 生後に学習した内容次第で好みや価値観が千差万別になり、それを優先し主張し合えば、理解し合えるはずがないし、個人的にも葛藤が生じる。まして、そんなものを競えば争いになり、嫌われることをわざわざし合っているようなものです。つまり、もともと普遍的で誰でも共通することが、二の次にされ、否定され、ついに闇に葬られてしまう。

 それは、不幸になるために知能を駆使しているようなもので、悲しい。

 分かり合えそうも無いどころか、とんでもない結果になりかねない。
 もちろん、他人をどうこうすることなどできない。
 しかも、そういうことに寂しさや悲しさを感じるのは、あくまでも自分です。つまり、自分の情報処理の問題だけに、癒そうと思えば、相応の努力を自分でするしかない。
 結局、そんなことを、kisuke(喜助)はやってきた。つまり、根拠や理由になる普遍的なことも、独自に理解してきた。
 もちろん、普遍的なことだけに誰にでも共通し、もともと歴然としていることでもある。つまり、理解しようと思わない内は未理解で、理解しようと思い確かめさえすれば理解できる。
 とはいえ、人生の残業をしているようなものなので、今年も頑張るしかない。
 
 
 現在は予想上のイメージに過ぎませんが、念頭にあるのは経験を基に考えることが可能な究極の心の安定です。
 これまでやってきたことの延長線上のことに過ぎませんが、誰もが直に経験している普遍的なことを根拠や理由に「揺ぎ無い心の安定」を念頭に探求し続けます。
 いわば、自身の経験を基に「産まれる機会に恵まれて、人と言われている生き物を直に体験できた」ことを可能な限り理解することで、動揺を減らして自信を確かにし、納得し確信して他界にも臨めるような心の安定を目標にします。

 根拠や理由になることはすでに分かっているからでもあるのですが……
 根拠や理由になることは、もともと普遍的なことなので、もともと歴然としているといっても過言ではない。けれども、私が未理解だったり勘違いたりさえする。
 なので、すでに分かっていることを、今年は、まず整理し直して修正や補足などをします。
 そうすることによって、おのずから可否や是非も明らかになるわけであり、徐々に心の迷いや揺ぎも減少してゆくはずですから。

 また、根拠や理由になることであり、しかも基本的なことだけに、各記事に繰り返し登場しがちです。
 なので、一旦、整理が出来しだい、各記事の根拠や理由になる看板記事として使います。
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
FC2アクセスランキングのみ参加中です。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。

こちらからのお礼の応援アクセスは、
冬期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
350位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
60位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR