生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 つまり、自律している生理面は、高度で絶妙な秩序に基づいて成り立っている。
 知能も備わっていて、経験し学習し理解できるようになるが、その内容は限られ偏りもし錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、知能を誤用し悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 草稿:読み切り

プリンターには異常は無い


 当記事は、当初のタイトル「プリンタには異常は無い」のままにすることにしました。
 なお、「取扱説明書」に改題後、再編集した記事は新記事として投稿します。 2013/04/01

 
 
 昼寝中に、電話が鳴った。
 母専用電話のようなものなので、階下で母が出る。
 が、私にだと言う。
「はい。替わりました」
「プリンタが使えないんですけど」
「説明書、見た?」
「見てません」
 知らず、出来もしない。なのに、知ろうともせず、説明書も見なかった。つまり、勝手なことをしちゃった、ていうことか……
「プリンタの上に説明書を置いてあるだろ?」
「見なかったけど」
 今は、説明書だけでも売れる時代だ。
 説明書を見ず、勝手なことをしたのに、自分が間違ったことをしたかもしれないとも思っていないのか……
 むしろ、俺に電話をしたということは、俺が行ったセットアップに問題があったとでも言いたいのか!
 それは違う。俺が、そんな勘違いをしたことがあった。だから、俺がそう思っただけだ……
「俺、今から行くから」

 購入とセットアップは、俺が引き受けた。1年間は責任を持つ覚悟だ。
 が、早々にこれじゃ……

 彼女が、どんなことをしたのかが気になった。

 自分がやった場合は、どこをいじったら、どうなったか分かっているから、解決もしやすいのだが……

 知らないのに、説明書も見ないで、勝手にいじるなよな……
 
 
 順番がずれて、早めに順番がきた町内会の役員を、昨年の春からやることになった。
 10年前まで6年間の庶務経験があった私は、今回も自分で庶務を引き受けた。

 町内会の事務所にしている地区公民館には、以前に庶務をしていた当時、役所から譲り受けた立派なコピー機がある。が、プリンタではないので、パソコンとはつながらない。
 近年、購入したというノートパソコンもある。10万円だったことになっているが、とても認め難い品だ。インターネットにはつながっていない。
 A4インクジェットプリンタは、間に合わせで買ったと思われる安物で、印刷が必須な町内会としては無駄遣いをしたようなものだ。

 前回していたように、公民館に行かなくても、自宅で町内会の用を足せるように、個人的にA3レーザプリンタをネットで探した。
 なんと、送料込みで1万2千円以下で売られていた。
 これがあれば、一々公民館に行く必要は無いし、早朝でも深夜でもできる。それが、1万2千円で可能になるのなら、安いものだ。
 貧乏暮らしだが、それを個人的に購入し、自室で町内会の庶務の用を足すことになった。
 購入後10年目になる自分のパソコンも、安心できない。パソコンは個人的にも必要なので、夏に、パソコンも新しいものを買った。オーナーメードで10万円以下の構成にしたが、10年前に購入したパソコンの値段の4割ほどなのに、性能は比較にならないほど良い。

 そろそろ、総会の準備をする時期でもある。
 立派なコピー機は、少し怪しくなってきている。
 A4インクジェットプリンタも、最近、不調だと言う。
 そんなわけで、私が勧め、町内会でもプリンタを買うことになった。予算は5万円以内に決まった。
 それを、庶務の私に任せた。
 早速、ネットで探した。
 A3、カラー、レーザープリンタ、発売後の年数は経っているが現行品で、メーカー希望小売価格15万円弱が、町内会の予算よりも数割も安く売られていた。安いリサイクルトナーも売られている。メーカーのサービスセンターも、そんなに遠くない。
 それを購入した。
 大雪が続いたことで、そのプリンタは翌々日の20日に届いた。安かっただけに、配達後のことは、すべて購入した側でやらなければならない。
 まず、地区公民館に搬入し、会長に報告して都合のいいときに確認をしてもらうことにした。
 24日。地区公民館で、他の団体の総会があった。その団体の役員でもある会長は、開梱されているが随所にテープが貼られたままのプリンタを確認したはずだ。

 現行品だが発売後の年数が経っているだけに、自分のパソコンで、最新のドライバをダウンロード。

 2月25日。説明書を見ながら、開封し、セットアップを完了。

 今日は、3月4日。
 今日の昼に電話をしてきた彼女は、町内会の特別な会計をやってくれている。
 
 
「オフラインだったから、オンラインにしたんだけど」
「え? オフライン?」
「そう」
「接続すればオンラインになるはずだ……」
「……」
「USBケーブルをつないでから、プリンタのスイッチをONにした?」
「よく憶えていませんけど」
 そう言った彼女は、こっちを見ない。
 都合が悪いことは、言いそうも無い。
 彼女は、そもそも不具合の原因や理由を知らない……
 だから、解決もできず、俺に電話し、俺が来たのだ。

 自分が憶えていることを基に、思い当たることを、自分で確認して理由なり原因を見つけて解決するしかなかった。
 USBケーブルは、すでにつながっている。
 パソコンで彼女が何をやっているかは、気にしなくていい。
 それだけ確認し、プリンタの電源をOFFにした。
 そして、少し待って、プリンタの電源をONにした。
 コンカン
 プリンタを、パソコンが認識したサインだ。
「オンラインになったはずだけど?」
「え……」
 彼女は、パソコン上で確認している。
「あ、はい」
 こんな初歩的なことも、彼女は知らないのに、説明書も見ずに、いわば勝手なことをしたのか……

「なにか、印刷してみて。なんでもいいから」
「あ、はい」
 ピーピー
「エラーか」
「……」
「どこか、いじったところは?」
「用紙が横向きにセットしてあったから、縦向にした……」
 そう言い、彼女はプリンタの前に行き、これ見よがしに用紙トレイを引き出した。
「なんでそんな(余計な)……ことを?」
「だって、普通はこうじゃない」
 説明書も見ないで、知ったかぶりするなよ。
「A3まで印刷できるプリンタは、A4の用紙は横にセットする。縦よりも横のほうが短いから印刷スピードが速いだろ」
「大差ないじゃん。というより、いま印刷できなかったじゃん」
 おまえが偉そうに言う台詞か。おまえがやったことが原因かもしれないのだ。

 先日、セットアップ後にテスト印刷したものをデスクの上から見つけて、それを私は手にした。
「ほら、これ、俺がセットアップ完了後にテスト印刷したものだ。A4用紙を横向きにセットしてあっただろ。その状態で印刷したものだ」
 私は用紙を横向きにセットし直した。
「何か印刷してみな」
 ピーピー
「ほら。できないじゃない」
 こんなときに、おまえは嬉しくて笑顔になるのか。
 おまえが、説明書を見もしないで、たぶん知ったかぶりしたことによる不具合を、俺が解決しようとしているんだ。俺は、普通ならしなくてもいい余分なことを、おまえにさせられているようなものなのだ。この状況把握も出来ないのか。

「これは、メーカーのホームページ中の、このプリンタのページを、俺がUSBメモリに保存し、セットアップしに来た日に持ってきて、ネットにつながっていないこのパソコンにコピーして、このプリンタでカラー印刷したものだ」
 そのネット上のメーカーのホームページを、ネットにつながっていないそのノートパソコンで表示した。
「俺がしておいたようにA4用紙を横向きにセットしてあっても、この画面のここにプリンタのアイコンがあるだろ。これをクリックするだけで、ほかは何んにもしなくても、こうして縦向きに印刷される」
 ピーピー
「ほら。できないじゃん」
 その偉そうな態度、なんとかしろ。馬鹿にしか見えないよ。
 そう言ってしまえば、楽なのだが……
 彼女の性格を直しに来たわけでじゃない。そんなことは、俺にできるはずもない。
「俺のプリンタもA3まで印刷できる白黒のレーザープリンタだが、A3まで印刷できるプリンタは、A4用紙の場合は横向きにセットしても、こうして縦向に印刷されるようにできている」
「でも、いま、実際に印刷できなかったでしょ」
「だから、セットアップした段階では、これが印刷できていたんだよ(この意味、分かるか)」
「でも、いまは出来ないでしょ」
 馬鹿なのか、おまえは。
「問題は、どうして出来なくなったのかだろ? (まだ分からない?)」
 おまえがやったことで、四苦八苦している俺を相手に、勝ち誇ったような態度をする立場じゃないだろ、おまえは。

 彼女がセットしていたように、用紙を縦にセットした。
「じゃ、これで印刷してみな」
 ピーピー
「おまえがセットしていたようにしたって、できないだろ?」
「……」

「おまえが、その故障した小さいプリンタに合わせて設定した文書に、用紙セットの縦横を設定しているか何かじゃないのか? 調べてみな?」
 が、分からない。
「だったら、その設定も、ゼーンブし直してよ」
「そんなことまで、なんで俺が…… ちょっと待て」
 メーカーのホームページも印刷できなくなったのだから、それとも違うのか……

「他にいじったところはないのかよ?」
「ないけど」

 結局、自分で原因を探して解決するしかなかった。
「メガネは忘れてきたし、こんな面倒なことは俺も分からないかも……」
 説明書を見た。
 目次から探した箇所を見ただけだが、プリンタに用紙を縦向にセットしたか横向にセットしたかに関する項目は見当たらない。

 ということは、用紙が横向きにセットされているのか縦向きにセットされているのかは、プリンタ自体が識別しているのか!
 でも、さっき、用紙の向きを変えてセットし直しても識別しなかった。
 が、さっきは、スイッチONの状態のままで用紙の向きを変えた……
 スイッチをONにする際に、セットされている用紙の向きをプリンタのドライバがチェックしているのだとしたら!
 そうかもしれない……
 だとしたら……
 一旦、プリンタのスイッチをOFFにした。
 そして、用紙は横向きにセットし直し、プリンタのスイッチをONにした。
 コンカン
 プリンタを、パソコンが認識した。
「なにか印刷してみて」
「……」
「ん! ピーピーって鳴らない」
 プリンタは印刷の準備をしている。
「エラーじゃない。いった」
 排出された紙には印刷されている。
「……」
「分かった。これで解決だ」
「……」
 事実こそ雄弁だ。
 少し熱くはなった。が、憤慨しないで、自分がやるべきことに集中できたから解決できた。

「プリンタには異常はない」
 この意味、おまえには理解できないか……
「……」
 状況把握もできない。だから、何様かのつもりでいる。そうだとしたら、自分が考えていることの矛盾さえも把握できていないことになる。それでも、何様かのつもりでいる。そんな、おまえこそ、いわば異常なのだ。
 強がる必要は無いだろ、俺みたいな爺を相手に。素直になれ。

 私物ではないので、使うなとは言えない。
 原因や理由の説明、そんなものは必要ない。
「これからは、A4用紙は、横向きにセットすること。(知りもしないのに、説明書を見もしないで、勝手なことはするな)いいか?」
「はい……」
「それと、プリンタのUSBケーブルをパソコンにつないでから、プリンタの電源をONにすること」
「……はい」
「ONにしてからつないでもいいのもあるが、一発でつながればいいのだが、もたもたすると誤認識される可能性があるからから」

 まったく、余計なことをさせやがって。
 こんなことも知らず出来ないのに、説明書も見ないで、偉そうに振る舞ったり、何様かのつもりになっていて、俺を見下しさえする。それって、馬鹿なんよ。
「知らないなら、説明書くらい見ろよ。誰が移動したのかは知らないけど、ここにある」
「はい」
 聞く耳は持たないだろうが、説明書を見て、分からない字がある場合は辞典で調べてでも、自分で解決できるようになれば、他人に尻拭いをさせなくてもいい。だからこそ一人前だと言う。後は、おのずから熟練してゆく。

「じゃ、帰る」
「……ありがとう」
 おまえに、そう言われても、ちっとも嬉しくねえよ。その言葉も、口先だけの偽装としか思えない。馬鹿にされているような気さえする。

 おまえの態度や振る舞いは、無かったことにはできない。俺の記憶に残ったことは、俺自身も消せないんだから。

 単なる見栄っ張りだの、強情なだけの女は、俺は嫌いだ。改善してあげたいとも思わない。……そんなことは、俺にできるはずがないか。
 そっちのほうが、プリンタのことより、はるかに詳しい。俺が最も詳しいことなのだが……
 肝心なことを知らず出来ないのに、知ろうともしない。むしろ、すでに何様かのつもりでいて、それを維持しようとするから愚かなことばかりする。改善が必要だとは思ってもいない。だから、改善は無理だ。

 ああなる前に気づけて自分で改善もできた俺は、やっぱり恵まれていたのだ。
 だから、改善したくて葛藤している人が好きなのか、俺は。

「あ! プリンタのスイッチをOFFにしてから、USBケーブルを外せって言うのを忘れた……」
 プリンタだから、問題は無いか?
 
 
 

 コメント、ありがとうございます。

 これは、事実を基にしていますが、
 誇張して創作にトライした作品擬きです。
 やる気や集中力を取り戻すために、いわば開き直り気味のことにトライしてみました。

 完成させるほどの実力が、今は無いのが残念です。
 なので、説明しちゃうしかないのですが……

 理不尽に偉そうに振舞う彼女は、
自分が、説明書も見ずに、つまり勝手に余計なことをしたばっかりに、
その解決を、プリンタの責任者的立場にある私にさせることになった。
 が、結局、事実関係も認めざるをえなくなり、
 偉そうなことは言えなくなり、
 個人的には反省し始め、
 謝るよりは、明るい「ありがとう」の言葉を選びます。

 それに対して、私は、
 あくまでも自分が責任を持つべきことに徹するつもりだった。
 しかも、彼女のようになりつつあったが、早めに気づいて改善したつもりだった。
 つまり、彼女の気持ちは目に見えるように分かっていたから、軽視でき、
自分がやるべきことをやり遂げることもできた。
 が、心理や考えを左右している記憶は消せるものではなく、
 些細なことを基に、つい優越感を抱きそうになり、
 帰宅する際には、彼女側の粗捜しをして見下そうとまでした。

 という設定です。

 つまり、読んでくださった方が、最後まで読むと、もう一度読み返す。
 そして、私に対して、「おまえだって、彼女と大差ないってことじゃないか」と言ったら、
「我が意を得たり」ということになります。

 アイデアが浮かぶ都度、仕上げに近づけてゆく予定です。


 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
24位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR