生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは、誰でも直に経験し続け相応の学習もするわけですから人生の理由に相当する。
 感じ意識し、記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合え協力し合え信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 経験や学習や思考や理解、ゆえの信頼や尊重や愛や幸福、それらは売買は不可能だ。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することでも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 好みや価値観は百人百様になる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは難しくなる。
 理解し合えず、私利私欲を貪り、相殺し競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは避けたい。
 つまり、自律して機能している生理面は高度で絶妙な秩序に基づいて成立している。
 が、経験し学習し理解する内容は、限られ、偏りもし、錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、隠蔽も抹消も偽装も捏造もし、知能を誤用もし悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

フルネス・ハート さんへ

 
 はじめまして。
 ご来訪ならびにコメント、ありがとうございます。
 コメントへの当方からの返信は、この記事にさせていただきました。
 なお、秋の農繁期に突入し、拙い記事でしたので、再編集させていただきました。更新:2013/10/06
 秋の農繁期が終了する11月下旬頃からは、ブログ更新優先に移行する予定です。ヨロシク

 
 
「邪道」を「正道」だとしてきた自分の間違いに気づけたとき、
自分がこれまで何をやっていたのかが分かった自分がいました。

 私の場合は、いまだから言えることですが……
 かつては、肝心な自分に関することをほとんど未理解でした。そうであることをさえ、知りませんでした。

 知らなかったからこそ、具体的な否定や肯定ができず、想像をしがちになり、根拠も理由も無い先入観に過ぎないことにも気づけず、それを基に強行までした。つまり、「邪道」だとも知らず、それを「正道」であるかのように進んだ。
 想像や勘違いや先入観などは、自分が考えていることであるにもかかわらず、その特徴や性質に関する具体的なことは知らなかった。だから、自分が勘違いし思い込んでいることに、気づくことも難しかった。
 納得していることは極少で、不本意なことが多く、妥協もし、後ろめたかったりもした。それでも、自分の考えや行おうとしていることに、疑問を抱かなかった。つまり、「邪道」を「正道」としてしまい、それこそが邪道であることには気づけなくなっていました。
 
 
 ある日、事実は違うことに気づき、自分は的外れな勘違いをし根拠も理由も無いことを思い込んでいたことに気づいた。つまり、肝心な自分のことをほとんど知らなかったことが判明した。
 いわば、邪道を歩んでいたことには気づいた。が、肝心な正道を知らないことが判明した。
 自分が考えて行ってきたことは幻想や仮想や捏造の類だっただけに、心の中のイメージは崩壊し、絶望した。
 つまり、自分がわざわざ考えて行なってきたことは、結局、絶望することであり、自殺行為だったのです。やがて自分が困ることだとは知らずに、邪道を歩んでいたのでした。

 しかも、せっかく気づけたのに、葛藤を余儀なくされた。つまり、自分の考えに無理や矛盾があった。が、そうであることをさえ当初は把握できなかっただけに、解決できず、葛藤を余儀なくされた。

 そして、自分の考えに、無理があることに気づいた。
 が、具体的なことまで理解したわけではなく、解決できず、数年が過ぎた。

見たくないから、見なかったのか?
無智だったから、間違ったのか?

 そして、自分の考えに、矛盾があることにも気づいた。
 葛藤に堪えかね、生きるために葛藤の解消に臨み、省みはじめた。
 思えば、知られれば不都合だとか不利だと思うことは、自分でも気にすまいとしていた。
 不都合だとか不利だと思うことは、隠し偽りもした。
 むしろ、無理をしてまで上辺を繕ったりもした。
 それどころか、上辺だけを繕うために、不都合だとか不利だと思うことを隠し偽りもしていた。
 それでは、改善すべきことが覆い隠される。むしろ、理解を困難にし解決を困難にしていた。もちろん、実態を把握できないし、葛藤の理由も把握できないし、解決もできない。自分が考え行おうとしていたことが、葛藤の解決とは矛盾している。
 むしろ、葛藤を解決しようとしていなかったことになり、解決するために事実関係を把握しようともしていなかったことになる。
 そのことが判明したと同時に、闇だった心に明かりが射し込み、感動した。自分で葛藤してまで封鎖していたようなものだった心の扉は開き、長く続いた葛藤も解消していた。

 あの日も、思えば同じようなことに気づいたのだ。
 なのに、不都合だと思うことは、考えまいとし、隠し偽ろうとした。が、それでは、また絶望し、自殺行為を繰り返すことになり、せっかく気づけたことが台無しになる。
 それゆえの、葛藤でもあったのだ。

 思えば、上辺だけを繕うほうが、慣れているだけに楽だった。が、肝心なことは欠落し、上辺だけでは騙し欺くようなものでもあり、すでに絶望し、まさに自殺行為だった。でも、肝心なほうは、まったく未知で、これから模索するしかない。それゆえの葛藤でもあった。

 不都合なことや不利なことは隠し偽り、上辺だけを繕い尤もらしく本当らしく優れているかのように工作して騙し欺き、私利私欲を貪っている過ぎない、そんな悪魔の誘惑には、反旗を翻してこそ絵になる。不都合なことは口封じし抹消さえする悪魔の掟なんかは、反故にしてこそ認められ信用される。願わくば天使のささやきに耳を傾けて理性を取り戻したいが、こんな自分には許されるかすら不明だ。その選択を迫られていたがゆえの葛藤でもあった。

 あの日、勘違いや思い込みに気づき、肝心な自分のことを知らなかったことに気づけたのは、そうだった自分にとっては大発見だった。
 それまでの自分に絶望したのは、まともな自分に戻れた証だったのだ。

 自分の考えや行おうとしていたことの矛盾や、その矛盾ゆえに葛藤が生じていたことも、把握できるようになっていた。
 これこそが、自分が知らなければ困る最たることでもあった。

 事実確認をしないで、頭の中だけで行う想像は、し放題だし、的外れな勘違いも多く思い込みもある。
 そんな勘違いや思い込みに、あの日、気づけたのは、想像や勘違いには無理や矛盾はあるが根拠や理由が無いからであり、むしろ情報処理能力は日常的に発揮され磨かれていたからだ。
 つまり、気づいた時点で、もう逆らうことは許されなかった。なのに、未知だったことを知ろうとせずに、慣れたことをしようとしたが絶望した自殺行為だから、葛藤が生じたのだ。

 つい隠し偽っていたのは、不都合だとか不利だと思うからだが、その基になっている先入観があったからだ。その先入観も、根拠も理由も無い思い込みのようなものだと判った。
 自分が未熟だったから、テレビなどで放送される尤もらしく本当らしく優れたことであるかのように工作したものを、否定できるはずもなく、むしろ真に受け先入観として抱いてしまった。
 だから、自分は無理を感じ躊躇することでも、強行したりした。
 つまり、洗脳されていたようなものであり、翻弄されていたようなものだったのだ。
 経験し、相応の印象が記憶に残り、それを基に考えるようになり、相応の行動をするようになり、相応の結果になる。
 つまり、自分のことを自分で把握できないと、洗脳され、翻弄される。

 誰とでも分かり合えるわけではなく、生存を守るためには隠し偽り騙し欺くことも欠かせない。両成敗だが、正当防衛は許容される。
 それも、いま知ったばかりで、いままでは知らなかった。
 知らず未理解だったが故の、間違いだった。
 故意だったとはいえず、悪意というほどのものは無かった。
 でも、自分のことに関して無知で、自分が考え行っていたことは愚かだった。これこそが、重大事だ。

 心は開かれ、邪道から、正道の模索へと、意識改革も人生の軌道修正も実現していた。

 いずれも、自分の考え(情報処理)に因ることばかりだけに、ただ考えただけで分かることばかりでした。
 五感では捉えることができないが、理由や法則なども存在し思考上では理解でき、理解したことは一連のことで構成された知識として記憶内に形成されてゆく。記憶内のことは随意に自覚できるだけに、相応の識別や思考や検証や自制などが可能になっていった。
 心眼を開くとは、きっとこのことなのだ。
 備わっている知能は普遍的で、それが根拠だけに納得できる。経験でき学習でき発揮している基本的なことは日常的に繰り返され、脱することは不可能な法則があり、それが理由だけに歪曲させると自分が困る結果になる。むしろ、それらこそが、勘違いや先入観をも正し浄化してくれる。

「自分を知る」ことの大切さを、日々痛感している私です。

 正道は、まさに自分を理解することでした。
 この身体は、受精卵が自律して分化し形成される。誕生後も、循環器系、呼吸器系、消化器系、などなどの機構が自律して機能している。つまり、学習し理解する以前から自律していて、普遍な存在だ。どこかの名医が作ったものではない。
 各感覚器官や意識や記憶力などで構成されている知能も、誰にも備わっていて、誰もが生存上必要なことは直に経験し続けていて、経験上のことは単独でも理解でき、そのためには学歴や資格や資金は不要だ。つまり、生理面が絶妙にできているだけではなく、それに基づいた基本的なことも法則的で共通だ。生きていること自体が、本来は絶妙にできている。これも、どこかの天才が作ったものではない。

 むしろ、学習し理解したことを以っては、自律している生理面の維持管理も思うままにならない。
 自分が考えていることが想像に過ぎないことや勘違いや思い込みであることにすら気づけなかった。
 そもそも、生まれ育つ環境は個人毎に異なる。学習し理解することだけに、その内容は個人的にも年々変化し、影響を受けやすく、直に経験し続けている自分のことを理解しそびれても不思議ではなく、生存上必須なことをさえ理解しそびれても不思議ではない。

 生存上、普遍的で共通することを未理解なほど、好みや価値観は個人毎に千差万別になる。つまり、肝心な自分自身のことを未理解なほど、生存上必要ないことをも優先させる。だから、尤もらしく本当らしく工作し、競い争ってまで優れているかのように見せかけ、実は私利私欲を貪っているに過ぎないから、その妨げになることは隠蔽し口封じし、戦争までする。

 早めに気づけた私は、恵まれていた。
 かつての不安や孤独は、いつのまにか理解や納得で満たされてゆき自信に変わってゆきました。
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
56位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR