生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

しっかりしなきゃ

 
 限られたことに囚われると、いつのまにか思い込み、思い込みに過ぎないことをすら判断できなくなり窮地に陥る。
 そんなことを避けるためには、思い込みに陥っているかもしれない方を忘れてしまうくらいまで、それ以外のことに没頭することが大事なのだと思っていた。
 そんなこともあって、野良仕事の延長上でレザークラフトにはまった。

 革を裁断する前に、ベルト用の長い革をまず確保する必要がある。そうだったことに気づき、ならばと、サドルレザーやバックルも入手してベルトを作っていたが……
 正道外の世界に迷い込んでいたような気もしていた。
 レザークラフトに深入りし過ぎちゃ駄目だ、とも思った。

 叔父(母の弟)は、一昨年、入院し、その後は介護施設で暮らすことになった。が、衰弱する一方だった。

「誰でも、いつまでもこの世にはいられない」
 それが、叔父の口癖だった。

 もちろん、それは、誰も避けられない。
 そうである以上、最期が絶望になることは避けたい。
 少なくとも悔い無くこの世を去りたい。
 気になることは整理し尽くし、晴れた気持ちで人生の最期に臨みたい。
 未知の他界だが、もし可能なら期待して臨むことが理想だ。
 それらをどこまで具体的に明らかに出来るかが、生きている自分の課題でもある。
 
 
 予期せず、母が不調を訴えた。
 大晦日の朝だった。
 元旦の朝、母が入院。
 9日。母は、さいわい退院できた。
 が、母に残されている人生も目に見えるようだ。

 叔父(母の弟)も、担当医が言うには、もう片手で数える程度しか生きられないと言う。

 1月13日。
 電話が鳴った。
 起きたが、まだ暗い。
 叔父が他界したという知らせだった。

「おまえは、革細工なんかをやっている場合ではない」
 異次元から、そう言う言葉が聞こえたような気がした。

 17日、叔父の葬儀。
 叔父は、生前、重要なことは少なからず分かっていた。
 そうだったことは、残された親族の心痛も癒す。
 
 
「『全ての人が幸せ』ということも難しい」
 それも、叔父の口癖だった。

 誰でも、生理面は自律していて、知能も備わっていて、経験でき学習でき理解できるようになり、相応のことは随意にできるようにもなる。
 もちろん、生後に学習し理解することよりは、それ以前に、数百の排卵中、自分が産まれる機会に恵まれたことや、生理面が自律していることによって生きていられることの方が、理解することも容易ではなく明らかに超越している。
 しかも、生存上の本質的なことや普遍的なことは、誰もが直に体験し続けている。
 その上、記憶にある過去のことでも話せるようになり、納得したり納得できなかったりもし、相応の理解力を発揮するようになる。
 本来は、そんな、誰もが直に体験し続けている自身のことを具体的に理解すれば、それは誰にとっても共通する本質的で普遍的なことを理解することになるだけに、自信も得られる。
 もちろん、誰かに理解してもらうのではなく、自分が理解することに意義がある。むしろ、誰にも理解してもらえなくても、もともと単独で理解できることだからだ。
 それこそが、至上の幸せだとも考えられる。
 
 ところが、経験や学習や理解の性質上、その内容は個人毎に異なり、好みや価値観は個人毎に千差万別になる。
 つまり、誰にとっても生存上は重要なことや、誰でも直に経験し続けていることや、誰にも共通する普遍的なことさえ、理解するとは限らない。

 経験や学習や理解の性質上、他の影響も受けやすい。
 生後に躾や義務教育の影響を受けて学習し理解したことは、生存上は的外れだったりもする。つまり、学習し理解力を発揮するようになるのに、自分の精神管理すらままならなかったり、独自の自由な生活も思うままにならなかったり、健康管理もままならない。
 それでも生きていられるのは、生理面は自律して機能しているからこそであり学習や理解したことを超越していることは歴然としているが……
 生後に学習し理解したことを以っては、一般的に、老化は止められず、誰もが死を余儀なくされる。
 的外れなことに知能を使い、知能を誤用している。

 誰もが直に経験している普遍的で共通することは未理解なまま、それ以外の、生存上は的外れなことばかりを学習し理解することもある。
 誰もが直に経験している普遍的で共通することを未理解なほど、それ以外の的外れなことであることには気づき難い。
 だからこそ、いつのまにか死を避け、苦痛を避け、苦悩を避け、差別扱いされることを避け、嫌われることを嫌い、疑われることを嫌う。
 他人を気にし、上辺を気にし、上辺だけの優劣に劣等感を抱きもし、見返そうともし、自分を優れ勝っているように見せることを競いもし、勝敗に囚われて争いもし、そんな仕返しをし合うことに優越感を抱いてしまうこともある。
 見知られたくなくて逃げ隠れし、自分でも認め難いのに、そうであることを把握できない。だからこそ止められず、むしろ、そんなことにでも満足したり慢心してしまう場合もある。
「生命は尊い」と言うが、口先だけでは騙すようなことでしかないからこそ、親子でさえ殺し合いもし、自殺もし、国民に戦争までさせる。
 つまり、生後に学習し理解できるようにもなり、考えたことを行なうようになるが、その内容は、個人的には限られ偏りもし勘違いも思い込みもあり無理も矛盾もあるり、敬遠されるようなことだったり、嫌われ軽蔑され処罰され処刑されるようなことだったりもする。生後の経験や学習しだいで、生存上は必要が無いことや有害なことさえ行うようになる。
 そんなことさえ未理解だからこそ、むしろ慢心し、無理も矛盾もあることを強行し優先させ、もともと自律している普遍的な面を否定し強引に闇に葬ろうとする。
 それは、肝心な経験や学習や理解の本質も理解するとは限らず、その弱点も理解するとは限らず、自分の考えの無理や矛盾をさえ把握できないがゆえに自ら招いてしまう不幸に他ならない。

 どういう経験をし学習し理解したかで、好みや価値観が個人毎に異なり、本人の情報処理しだいで個人毎に生き方が異なり、相応の死に様まで決まってしまう。
 最後の審判は、誰もが自身の記憶に残っていることを基に自ら下すことになる。
 
 
 もう余計なことは、やっている余裕は無い……
 しっかりしなゃ。
 
 
 15年前後も保護養育を必要とし、その間に経験し学習し理解し随意にできるようになって精神的に自立する。
 根拠も理由も無いと、納得できず、リスクも高いので、躊躇する。が、根拠も理由もあって辻褄が合っていると、納得でき、積極的に臨むことが出来るようになる。
 詳しく知っていることほど、細部の認否や可否や是非の判断も出来るので逐次適切な対処もできるからこそ、着実に好結果にすることもできるようになる。
 そして、人生の終わりは、完全に独りで逝くことになる。
 最期は、誰もが、初体験のことに臨むことになり未知の世界に臨むことになる。
 もちろん、記憶に残っていることが推理や考えを左右し、それ次第で、未知に期待するか未知を恐れるかが左右される。
 生前、どれだけ独自性を重視し育てたかが重要になる。

 生理面は自律して機能していて、知能も備わっていて、経験でき学習でき相応のことは記憶に残っているから、こういうことも分かる。
 が、経験済みで記憶にあることでも、未整理で未理解だったり、勘違いしていたりもする。
 つまり、経験済みで記憶にあることを、整理して理解するだけで、明らかになることだってある。
 
 
 やっぱり、正道に戻ろう。
 が、この先は、超個人的なことになる……
 ブログからも、離れたほうがいいのだろうか……
 
 
 ま、とりあえず、明日は、屋根の雪下ろしをしよう。
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR