生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは、誰でも直に経験し続け相応の学習もするわけですから人生の理由に相当する。
 感じ意識し、記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合え協力し合え信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 経験や学習や思考や理解、ゆえの信頼や尊重や愛や幸福、それらは売買は不可能だ。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することでも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 好みや価値観は百人百様になる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは難しくなる。
 理解し合えず、私利私欲を貪り、相殺し競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは避けたい。
 つまり、自律して機能している生理面は高度で絶妙な秩序に基づいて成立している。
 が、経験し学習し理解する内容は、限られ、偏りもし、錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、隠蔽も抹消も偽装も捏造もし、知能を誤用もし悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

実は

 
 大晦日に不調に陥った母が、元日に入院し、9日に退院したのだが……
 当集落内で、
 11日、女性(77)逝去。
 13日、叔父(85)逝去。
 26日、選挙中に来た救急車は女性96歳を搬送。
 29日、叔父の忌明け。
 31日、26日に救急車で搬送された女性96歳の娘(次女)の夫(73)逝去。
 2月5日、次女の夫の葬式中に、26日に救急車で運ばれた女性96歳(次女の母親)逝去。その長女(75)も嫁ぎ先の他村で同日に逝去。
 2月12日、男性(78)逝去。

 かつてなかったほど死が続いた。
 
 
 1月31日に73歳で他界した人は、ある会の私の先輩だった。

 続いた死から、なにかを読み取れないものかと思い、独りで心を穏やかにしてみた。

 が、死者たちから、何かを読み取る能力など自分には無い。

 脳裏に、いまは亡き父と、生前に話したことが浮かんだ。

 あの頃よりは、詳しくなっているが……
 誰でも、知能も備わっていて、学習し、言葉を介して理解できるようになり、相応の行動もできるようになり、能力を発揮している。
 根拠や理由が有って辻褄が合っていると、納得するし、相応の結果にも通じる。根拠や理由が欠けていたり辻褄が合わないと、納得できないし、冗談だったりもするが、騙されている可能性もあり、好結果は望めない。
 詳しく憶えたことは細部の認否や可否や是非の判断も具体的に確かにでき、練習を重ねてコツを多く憶えたことは着実に結果を出せる。

 でも、検証し整理したことしか具体的には理解できない。そういう性質上、直に経験し続けている自分に関することであっても検証し整理したことしか具体的には理解できていない。
 つまり、生存上の基礎的なことや本質的なことは、自律しているだけに普遍的で共通で誰もが直に経験していることでもあるのだが、具体的に理解するとは限らない。
 普遍的で共通することを理解しそびれると、他人を気にしがちにり、上辺を気にし、相応の配慮もしがちにもなる。
 が、個人は、多数の他人に対しては上辺を繕うていどのことしかできない。
 上辺だけでは、騙し欺くようなもので後ろめたいから、尤もらしく見せかけ、本当らしく工作もし、その優劣を競い、勝ち負けを争いもする。
 そういうことに心を奪われるほど、そういう情報処理をしている自分の心をすら理解し難くなり、自分の心を見失うだけに、的外れなこともする。

 知能を誤用していることに気づけないから、自ら災いを招きもする。
 知能を悪用していることにも気づけないから、強行もし処罰されたり処刑されたりさえすることになる。
 自分が考えて行って結果まで出ていても、そんな結果にした自分の考えの無理や矛盾を把握できなかったりする。
 となると、死ぬ際の準備などできているはずもない。

 結局、生後に学習し理解したことは的外れなことばかりだったとか、生後に学習し理解したことではどうすることもできないことを、死に直面してから気づくことなり、相応の苦悩を余儀なくされる。
 もちろん、死んでからは何かができようはずがない。
 だから、腐敗がはじまる。
 だから、火葬される。

 最期の苦悩は、生前の知能の使い方しだいで異なる。
 最期の苦悩を減少させることは、生きているうちに知能をより健全に発揮することでしかできない。
 
 
 2月12日には男性(78)逝去。
 
 
 死者たちからは何も読み取れないでいるうちに、現実的なことの方が気になりだした。
 Windows XP と Microsoft Office 2003 のサポートは、2014/04/09日に終了だという。

 2年前、野暮用用に買って使っていたノートPCは、Windows XP で Microsoft Office 2003 だ。
 野暮用の任期は3月末日までだが、その後に総会の準備をして開催し、引継ぎをして実際に開放されるのは5月だ。

 インターネットに接続しなければ、大丈夫なのだろう……
 サポート終了後に、大事なソフトをアンインストールする必要もあるが、その程度ならかまわないのだろう……

 が、上手下手は二の次で、引き受けたことは、やり遂げる必要がある。
 何事も、事前に準備できているほうが精神的には楽だ。
 その場になってからでもできることもあるが、その場になってできないとなると慌てもし後悔もする。

 その問題解決を始めた。
 Web検索で情報を得ながらでも、結構できることが分かった。
 が、後で、より良いことが分かったりするだけに、再度やり直したりし、いわば悪戦苦闘した。

 オリンピックは、まさに別世界のことだった。
 少なくとも3ヶ月間は雪に覆われ、積雪が1メートルを超えるのが当たり前の環境で、悪戦苦闘を始めただけに、都会の大雪も眼中に無かった。

 ご無沙汰だったブログを覗くと、広告の予告が!
 急遽、対処。
 
 
 その翌朝だった。
 夢で見たのは、1月31日に73歳で他界した先輩だった。
 胎児のような姿で横向きに寝ていた。しかも、眠っているようだった。
 が、言葉でもないイメージを伝えてきた……

 一切、他人を気にしなければ、見栄を張る必要も無く、無理をする必要も無い。だから、死ぬときも苦悩は無い。
 まして、自分自身という存在に基づいて生きれば……

 言葉にすれば、そんなことだった。

 先輩が他界して、20日も経ってからのことだった。

 実は、ある団体の先輩である彼とは、支障のある話もしたものだった。
 一昨年の盆にも、昨年の盆にも、頼み事をしに行った。
 昨年は、もう引き受けられないと彼は断ったが、その対策を指導してくれた。
 その先輩が、他界した。
 でも、大晦日以来のことがあり、叔父の三七日が過ぎたばかりで、自分は行動を慎みがちになっていた。
 見栄を張ることに紛れたり、付和雷同するくらいなら、むしろ失礼になったとしても自粛したほうがいい。そうしたほうが、相応のことを独りで噛締めることにもなる。
 とも思い、先輩の通夜には行かず、思い浮かぶままに先輩を偲んだ。
 そして、続いた死は、何かを示唆しているような気がした。
 異次元が存在し、そこの誰かがこの現実を操作し、人々に相応のことを考えさせるように仕向けているのではないかとさえ思った。
 だから、連続した死から、何かを読み取れないかと思たのだった。

 もちろん、自分が知り得たことや考えが、少しでも具体的になればと思ってのことだった。

 ただし、死に方や、その方法的なことに関すること、ではない。

 知能も備わっていて、経験でき学習でき理解できるようにもなり、相応の行動をするようになり、相応の結果になる。
 直には見えない目的地を目指すことも、到達することもでき、その道順を言葉で教えることもできるようになる。
 言葉を介して、見えないことを理解し合うこともでき、約束を果たすこともできる。
 だから、信頼もし、組織化もし、協力もし、尊重し合いもする。

 が、協力を拒否もし、対等な取引にもするが、自分に都合良く有利になるように工作もし、言葉だけでは何とでも言えるだけに巧みに事実とは違うことを事実だと思わせて騙し欺きもするし、一方のものが労せずに他方のものになる博打もするし、非協力である競争もし、強引に奪いさえする。
 敬遠もし、嫌いもし、非難もし、軽蔑もし、内容しだいでは刑罰を受けもし、処刑されもする。
 つまり、学習や理解の性質上、生存上は的外れなことも学習するし、その内容や好みや価値観は個人毎に千差万別になり、後ろめたいことでさえ強行するようにもなる。

 しかも、本質的に、生きていたいから、他の生物を殺して食べている。
 死にたくないから、他を殺しもするのだろうし、逃げ隠れしてでも生きようとするし、戦争さえする。

 でも、わざわざ殺さなくても、誰もが死ぬ。これも本質だ。

 死にたくない上に、知らなかったことを憶えることができる知能が備わっているのに、安らかに死ねるようなことは知ろうとすらしなかった場合でも、死ななければならないという事態に至ることになり、生前に想像もしなかった苦悩を余儀なくされることになる。
 まして、死が辛くなることなのだとは知らずに、そういう類のことばかりして生き、結局、死ななければならないとなると、絶望どころか発狂するほどの苦悩を余儀なくされかねない。

 そうなることは、避けたい。つまり、死ぬ際の精神的な苦悩を、解消したい。相応のことも学習し理解したい。
 死どころか、老化も、日常の健康管理でさえ、生後に学習し理解したことを以ってはどうすることもできないのが現状だが、経験でき学習でき理解でき相応のことは随意にできるようになれる。
 その内容しだいで最期の苦悩が異なることになる。その理由は、強行した経験や後ろめたかった経験や後悔したことなどからも把握できる。
 生後に学習し理解したことが的外れなことばかりだったという結果になることだけは免れたい。

 可能な限り苦悩が生じない生き方をしたい。
 それは、知的にも本来の自然な生き方であるような気もする。
 死ぬ際に精神的な苦悩が生じない、そんな生き方を会得したなら、その生き方こそが至福と言えるような気もする。
 もちろん、本人が理解し実践できてこそ、備わっている知能をより自然に理想的に発揮されることになる。
 
 
 死者たちからは何も読み取れなかったが、夢に出た先輩が後押しをしてくれた。自分が臨んできたことを……
 
 
 野暮用用のノートPCの問題解決も、十分だ。
 幾つか可能性も残されているので、それで間に合わせる。
 
 
 2月はいつも短いが、下旬になり、一昨日から好天になりだした。
 昨日は夕方から小雨になったが、今は日が射していている。
 2月は今日で終わる。
 積もった雪も、あと一ヶ月も経てば解けて消える。
 着実に展開する自然は、心に期待を復活させてくれる。
 4月下旬には桜が満開になり、その桜が散る頃には、二度目だった野暮用からも開放される。
 それだけ、自分自身という存在に基づいた生き方が可能になる。
 
 
カテゴリ : 未分類

おーーーっとと

 広告は、まった。

 まだ諦めていないんだって。

 こんなことだってあるさ。
 
 
 もう少ししたら…… 

 春には、きっと再開できるって……

 俺には必要なことなんだから。
 
 
 すっかり遅くなってしまいました。ごめんなさい。

 鍵コメさんへ
>今から終活というのでしょうか・・始めていますよ。
 応援ありがとうございます。

 鍵拍手コメさんへ
>ファイト!ファイト!
 応援ありがとうございます。

 本人が理解して実践できてこそ、備わっている知能をより理想的に発揮されることになる。
 いわば超個人的なことなのですが、当ブログに公開しつつ続けます。
 ヨロシク

 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
56位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR