生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは、誰でも直に経験し続け相応の学習もするわけですから人生の理由に相当する。
 感じ意識し、記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合え協力し合え信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 経験や学習や思考や理解、ゆえの信頼や尊重や愛や幸福、それらは売買は不可能だ。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することでも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 好みや価値観は百人百様になる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは難しくなる。
 理解し合えず、私利私欲を貪り、相殺し競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは避けたい。
 つまり、自律して機能している生理面は高度で絶妙な秩序に基づいて成立している。
 が、経験し学習し理解する内容は、限られ、偏りもし、錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、隠蔽も抹消も偽装も捏造もし、知能を誤用もし悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

やっぱり確かめてみるべきなのだ

 
 総会用の資料を作成し修正を重ねながら、思った。

 私が、具体的なことを知らなかっただけに、勘違いして思い込み、具体的なことを知ろうともしなかったから、補助金の申請を委任をしそびれ、補助金を貰えなかった。
 しかも、今年度は役員の改選だ。
 このままでは、補助金の貰う方法を引き継いでもらうことはできない。
 つまり、これからでも自分が具体的なことを知り、それを新役員に引き継いでもらう必要がある。

 そして、総会用の資料は整い、あとは印刷して配布するだけとなった。
 なので、昨日、森林組合に行って来た。

 すると……
 植林した際には植林補助金があり
 今回貰い損ねた下刈り補助金は植林後10年間毎年あり
 ある程度育った木の間の小木を処理する除伐補助金が数年間隔であり
 早い時期の枝打ち補助金があり
 ある程度育ってからの枝打ち補助金があり
 間伐補助金もあるのだという。
 なんと、昔から森林を育てて財源にしてきたのに、植林と下刈りしか貰っていない。

 やっぱり確かめてみるべきなのだ。

 委任状に関しても、詳しく教えてもらった。
 森林組合が申請するにあたっては、計画書や現地を測量した図面などの書類が用意されていた。が、その申請を委任することに関する書類は、委任状だけだった。
 ただし、委任に際して必要で大事なことを具体的に教えてくれた。
 しかも、必要なものさえ整えておけば、申請の締め切り前なら、問い合わせてくれれば間に合う可能性があるとのことだった。

 帰宅後、委任に関する資料も作った。
 これで、総会後の引継ぎの準備まで整ったことになる。
 
 
カテゴリ : 未分類

あっちゃー

 
 やっちゃった!
 
 
 決算書を作成した結果、森林組合からの森林下刈り補助金の収入が0円だった。
 夜の役員会で、会計担当者に私は確認した。
 会計は、通帳を確認し、「森林組合からの入金は、25年度は無い」と言う。
 その申請をするのは、庶務である私の役目だ。
 この補助金は県から貰うものらしく、県への申請を森林組合が行ってくれているのであろう、貰う側では森林組合に申請を委任する。
 省みても、25年度は、その手続きをした記憶も無い。
「24年度に森林組合に確認した際、担当者が言うには『下の方はもう該当しないが、上のほうはまだ該当する』と言っていた。24年度に届けは出したわけだし、その対象になる場所も同じなんだから、25年度からは上のほうも該当しなくなったんじゃないのか。それで、書類も送ってよこさなかったんじゃないの……」
 とは言ったが、そうだということを納得できるような具体的なことは何も無かった。

 翌日、森林組合に電話をした私は、担当者に確認した。
「森林下刈り補助金補助金を、24年度はもらえたんですが、25年度はもらえませんでした。25年度は、森林下刈り補助金補助金に該当しなくなったからでしょうか?」
 担当者は言葉を濁す。
「私が申請しなかったから?」
 また担当者は言葉を濁した。
「じゃ、26年度は該当するんですか?」
「申請すれば、たぶん貰えます」
「ということは、25年度は、私が申請し忘れたから貰えなかった。ということ?」
「……」
 というより、電話しただけで、そこまで分かるのに、なぜ25年度の書類は送ってくれなかったのだ……
 が、問題は、あくまでも自分が申請しなかったことにある。

 当補助金を貰うためのシステムについても具体的なことは未理解だった。自分が申請し忘れた具体的な理由を知りたくなった。なので、申請のシステムについて尋ねたら……
「この補助金を貰うには、貰いたい側で、もらえるか否かを、毎年、うちのほうに確認する必要があります」
「え、毎年?」
「はい」
 こっちから毎年確認する必要があることを初めて知った私は、その確認自体を25年度にはしなかった。
「しかも、こっちから確認するのか?」
「はい。その確認があると、該当するか否かをうちで調べて、該当する場合には書類を郵送します。その書類に、当該事業を実施する前の写真と、実施後の写真を添えて、うちのほうに提出してもらいます」
 それを、森林組合で県に申請し、補助金が振り込まれる。
 つまり、毎年、こっちから確認すべきことだったのに、そうであることを知らなかった私は確認しなかった。だから、この補助金に関しては、何も進展せず貰えなかったのだった。

 あっちゃー
 やっちゃった!
 この野暮用から、そろそろ開放だというのに……
 
 
 思えば、24年度には、貰えている。役員を交代した初年度だったにもかかわらずだ……
 全役員が交代して間もない頃、前々会長が、この補助金に関して、「とにかく電話でもいいから確認してみろ」と教えてくれたからだった。
 そこで、森林下刈り補助金について少し具体的なことを知ろう、電話番号だけでも見つけようと思い、引き継いだ庶務綴りから該当する書類を探した。が、何も見当たらなかった。
 かつて、森林組合に出向いたことがあり所在地は知っているのだが……
 Web検索をして、電話番号を知り、とりあえず電話した。
 あのときに、下の方はもう該当しないが、上のほうだけは該当すると言われ、申請する場合は事業を実施する前の写真と事業を実施後の写真を用意しておいてくださいと言われた。
 申請書などの入手方法などを尋ねたら、必要な書類は郵送するとのことだった。

 24年度は自分が庶務なので、24年度の庶務綴りも確認した。

 当事業は7月8日(日)に実施している。
 当事業の担当役員は自分ではなかったので、作業前の写真と作業後の写真が必要であることを当事業の担当役員に伝えた。

 その後、杉立木入札を行うにあたって、入札参加業者を紹介していただけないものかと森林組合にも電話で尋ねた。が、それは適わなかった。
 でも、その入札しだいで、森林下刈り補助金に該当することが、早ければ来年、新規に増えるので、その際にもよろしくとお願いをした。
 その入札会開催日は9月15日で、杉立木は落札された。

 その後、森林組合からの書類が前会長宛で届き、それが現会長に届けられたということで、それが私に届けられた。それに同封されていたA5サイズの小さな紙が庶務綴りに残っていた。それには、同封した委任状に会長印を押して10月5日までに提出してください云々と書かれている。
 それを私に届けられた日が10月5日で提出の締切日だったので、郵送せずに、私が出向き、急ぐあまりコピーをし忘れた。
 森林組合に出向いたのは十数年振りだっただけに、近くが新道になっていた。その新道をつい走ったが、森林組合からは離れてゆくことに気づき、旧道に戻って無事到着し、手続きを済ませた。

 辿るように思い出してみると、あの時、手続きを済ませ、その補助金の対象になる場所は変わらないので、今後も補助金を貰うに該当するのなら、何もしなくても必要な書類は郵送されてくるのだと思った。
 もちろん、「毎年、こっちから確認する必要がある」ということを知らなかった私の勝手な思い込みに過ぎなかったことになる。
 
 
 ちなみに、他に2件の申請書・報告書を作成しているが、いずれも相応の書類がまず届く。
 その手元にある書類に幾度か目を通し、相応のことを実施することが決まれば申請書を作成して提出し、相応の事業を実施して、相応の画像を添えた報告書を作成して提出する。
 書類が手元にあると、幾度でも目を通して確認できるので、手順も分かり、各期日にも間に合う。
 申請書などは、そういうものだと思っていた。

 他のことでも、町内会の役員は仕事ではなく、むしろ仕事に支障が及ぶことなのだから、「記録として残るように文書にして提出してください」とお願いすることにしていた。
 会長も同様の考えだった。

 が、森林下刈り補助金に関しては、24年度はコピーし忘れたまま提出しただけに、確認できるような書類はA5サイズの小さな紙一枚しかない。
 
 
 いずれにせよ、申請をし忘れたから、補助金は貰えなかった。
 その役目を担当している私に、その分を支払う責任があるのなら、私は支払う。
 そうしないと、私は言いたいことを言えなくなる。
 町内会に損をさせるわけにもいかない。
 それを覚悟して総会に臨むしかない。

 でも、横領や着服をしたわけではない。
 むしろ、他のことは十分にやってきたのだ。個人的な時間のほうが重要だったからだが、個人的にパソコンを買ってまで協力してきた。

 可能なら、出費は避けたい。
 任期2年の年報酬を合計しても、その半額にも達しない。年報酬の4倍以上の金額だ。
 廃車にするしかなくなった軽自動車を買い換えたばかりで、墓の補修も決まっているし、総会までに用意するのは無理だ。
 営利団体の役員は、権限を与えられ責任も課されているが相応の報酬も貰っている。それとは、むしろ逆の立場にある町内会の役員は、仕事や個人的なことに支障を及ぶ。無報酬でやろうとなれば、そうするしかない立場でもある。

 もちろん、この役員は、誰もが敬遠する。
 だから、順番制になった。
 個人的には、詳しいことや巧みにできることは極めて限られている。それが収入を得る本業であることが多いが、その本業に支障が及ぶから、この役員になることは誰もが敬遠する。仕事を優先して、役員のほうを休む人だっている。
 個人的には、詳しくないことや下手なことこそが圧倒的に多い。相応の勘違いや思い込みや誤りがあるが、その性質上、それには気づけなかったりする。だから、詳しくないことや下手なことは避けがちで、役員になることも敬遠するのだろう。やれば、ミスが伴う。
 肝心な自身の生理のことでさえ、通常は解剖できないし未知だから、健康管理もままならないわけであり、知らないことや随意にできないことこそが宇宙規模で存在することになる。現に、自身の老化は止められず、誰もが死を余儀なくされる。
 普遍的な真実を知っているか、それを知らずに勝手に無理なことを想像したり自分に都合良く考えたりするかしだいで、苦悩は異なる。

 つまり、自分に支払う責任があるのなら支払うと考えるのは、不本意で、むしろ狡い考えだったのだ。こういう場合は、法律上は支払う必要が無いような気がしていたからだったのだから。
 上辺だけ繕うことを優先させると、不都合なことは安易に隠し偽りがちになり、騙し欺くことになり、それでは解決や改善にもならない。むしろ、肝心な学習上の進歩も可能性も絶たれる。

 やってくれる人がいなくて順番制になり、役員は不慣れなことをやることになるわけだが、総会で承認された役員でもある。

 ミスをしながら、必要なことを憶え、上達するしかないのだ。
 個人的には無縁のことをやるだけに、昨年も報告書を2度直させられ、今年も報告書を2度直させられた。
 つまり、問題点を指摘された。が、直す必要があるからであり、相応の指導もあった。
 悪意に因る問題点でもないし、咎められたわけでもない。

 総会で、この程度のことは咎められないとなれば、以前より気楽に役員をやってもらえるようになる。
 知らず随意にできないことを、知ろうとし失敗ばかりを繰り返しながら随意にできるようになろうとした向上心は、赤ん坊の頃には必須だった。それを取り戻さなきゃ。
 そういう意味では、好機とも考えられる。

 が、総会で審議し判断することで、自分が決めらることではない。

 考えが錯綜して止まない。

 とにかく、総会の準備を整えよう。
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
56位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR