生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

「テレビでは、『美味しくない』って言う人はいない」

 
「テレビでは、『美味しくない』って言う人はいない」
 テレビを見ている母が、そう言った。

 問題があっても、率直に指摘する人はいない。
 そう言った、とも受け取れた。
 もちろん、言及が可能なこと自体が限られている……

「テレビでは……」
 そう言ったのだから……
 俺に対して、お前のように文句を言っちゃいけないんだ。と言ったつもりなのか。
 他人とも、できるだけ角が立つようなことは言わず、和やかに物事を進めようとする。
 支障があることを切り出すと、嫌な態度をされたり口封じする人もいて、支障がないことばかり話す。

 母も、人の目を気にし、上辺を気にし、上辺だけ繕う。
 母に、真意を尋ねたところで、素直な応えは期待できない。
 
 
 むしろ、母は、ろくな料理を作れないのだ……
 料理に限らず、最小限のことをすら憶えようとせず、いい加減なことばかりしている。
 母が入院した際、今は亡き父が炊飯を担当したが、毎回、丁度良いご飯ができた。そして、たまたま目にしたのが、父が水の量を手首で確認していたことだった。
 そのことから、母は水加減を確かめず、いい加減だったから、ご飯が柔らかかったり硬かったりしたのだと推察された。炊飯器には、目盛りまであるのにである。
 味噌汁も、煮干を入れ沸騰した鍋に、しゃもじですくった味噌を塊のまま入れ、その味噌が自然にほぐれるのを待つ。だから、作り立てなのに、温め直したような味噌汁になる。しかも、塩辛かったり、薄財だったりする。
 つまり、調味料を控えめに入れて、その味を確認したうえで仕上げの調整をする、といった味付けはしたことがない。
 キッチンタイマーは使わない。時計も見ない。軽量スプーンも使わないし、キッチンスケールも使わない。
 インスタントラーメンは、銘柄を変えても、いつの間にか昔に食べた馴染みの物を買ってくる。そして、毎回、スープは呑まないからとお湯は少なめにし、粉末のスープの元は全部入れる。結局、塩っ辛い、喉が渇く、胸焼けすると言うのだが、自分が食うものなのに、一向に調整しない。
 俺が好きな豆腐の味噌汁も作りはするのだが、豆腐を煮込んでしまう。
 しかも、なんでも大量に作る。結局、温め直して幾度も食うのだが、温め直すたびに、吹き零れるほど沸騰させる。
 そもそも、鍋を乗せたガスコンロに点火すると、他のことを始める癖があり、鍋を焦がしたことが幾度もある。
 やってはいるが、真似事や申し訳程度のことばかりで、上辺を繕っているに過ぎないことは歴然としている。
 美味しく作ろうとする気持ちは、どこにも見られない。おいしいものを家族に食べさせたいという気持ちも、見当たらない。

「何をやるか、どの程度やるか、それはお前の勝手だ。ただ、馬鹿にしたようないい加減なことばかりしていると、おまえ自身が後悔することになるんだよ」
「一生懸命やってるでしょ」
 事実は、そうではないことが歴然としている。きわめて初歩的なことすら改善されない。
 なのに、改善点を俺が指摘すると、「一生懸命やっている」と母は不機嫌になるり、「おまえたちのために一生懸命やってきた」と怒る。
 家族が不愉快になることばかりで、喜ぶようなことは何もしていない。
 なのに、改善する気も無い。認められ信頼されるような結果を出せるようになろうという向上心も無い。まして、自分の問題点を正す気は皆無に等しい。
 改善どころか、反省をしない。歴然としている事実を認めようとすらしない。

 そんな母も、陰口は言う。もちろん、改善を促すことはない。
 母自身も、改善しないし、反省すらしないし、そもそも事実を認めようとしないのだから、言えないのだ。

 むしろ、不味いのに、「美味しい」とさえ言う。
 つまり、上辺だけ良い人を演じる。が、上辺だけで騙し欺くようなことばかりしていると言っても過言ではない。
 だからこそ、具体的に指摘されるほど、認め難いのだ。むしろ、いい加減なことばかりで、ここまできてしまうと、とても認め難いのだろう。強情を張ることはあるが、改善されたことはない。
 それゆえに、認められ信頼される好結果を出すには至らず、鬱積したものが、考え始めると溢れ出てくる。
 
 
 やはり、不味くても、文句を言っちゃいけないんだ。と母は言ったつもりだったのか……
「テレビでは、『美味しくない』って言う人はいない」
 不味くてもかまわない、それでいいのだと……
 なのに、文句を言われるから、やりたくなくなるのだと……
「わたしがやったことが気に入らないのなら、わたしはやらない。おまえが、自分でやればいい」
 結局、自分ではやらない。個人的にやらないのは勝手だが、自分が必要なことまで、俺に仕向ける。

 知らず出来なかったことも、知ることによって相応のことはできるようになる。知らないことでも、必要なら、情報を仕入れればいい。
 母は作ったことが無い炊き込みご飯も、そこそこだが様々作れるようになった。
 毎年、余るほど栗は採れたのに、一昨年、はじめて俺が栗ご飯を炊き、その美味しさをはじめて知った。
 それでも、母は反省しない。
 もちろん、個人が精通できることは限られ、優先すべきことが限られるだけに、俺は料理に精通する気も無い。
 それでも、母よりは増しだ。
 
 
「そもそも、テレビで放送するくらいだ。美味しいものばかりなんだろ」
 すっかり間が空き過ぎたが、思い付いたことで反撃した。
「……」
「不味いものを、わざわざテレビでやっても無駄だろ」
「……」
「問題点を次々に改善し尽くしたから、それだけ美味しく作れるようにもなったのだろうし」
「……」
 不都合だと、母は、とぼける。
 それとも、間が空き過ぎた上に、思いつきだけに的外れだったか。
 俺が反撃した……。だからかもしれない……。
 
 
 母は、俺の健康も心配していない。
「酒も止める。もう買ってこなくていい」
 集団検診で健康管理が指摘され、少年時代に大人振るために始めた喫煙とも絶煙した。いつのまにか、缶ジュースも止めた。いわばマインドコントロールの試みも兼ねて、禁酒もしてみたかった。
 ところが、母は自分で呑むわけでもないのに、角瓶を買ってくる。
「もう買ってくるなって言っただろ」
「だって、買ってくれば、呑むでしょ」
「早急に止める必要があるわけでもなく、習慣化しているから、あれば呑む。でも、買いに行くほど呑みたいわけではないし、無いだけで止められるし、それにも慣れるんだから」
「……」
「勝手に上辺だけ良い人振るのは、いい加減に止めろ」
 ジャンボサイズだったのが、レギュラーサイズに変わりはしたが、母の方が角瓶を買ってくることを止められなかった。
 その未開封の酒瓶を母の目の前で叩き割って見せようかと幾度か思ったくらいだった。
 そして、今春、いつも行くスーパーで母が押しているカートの籠に、いつもの角瓶が入っていた。
「それは、棚に戻して来い」
 以来、頻度は少なくなったが、忘れた頃に、いまだに買ってくる。
 禁酒を思い立ってから数年も経つというのに。
 
 
 母には、数え切れないほど指摘をしてきた。
 が、母は、すね、いじけ、泣き、ヒステリックに悲嘆し、憤慨して自棄的な言葉を吐き、逆上し、反撃さえしたものだった。
「俺は、お前を馬鹿にしているわけじゃない。むしろ、おまえが恥をかかないように、直すべきことを指摘しているだけだ。その知能を、認められ信頼されることに発揮して欲しいからだ」
 それでも、母の精神的姿勢は一向に改善もされなかった。
 つまり、不都合なことは隠し偽り、上辺だけを尤もらしく繕い、そのために強情まで張り、反撃に転じる。
 また、まるで良いことをしたかのように、勝手に都合良く想像し思い込み、何様かのつもりで振舞う。
「そんな上辺だけでは、誰も騙され欺かれちゃいないよ。上辺だけで騙され欺かれる方は腹が立つんだから」「馬鹿たれ」「くそ婆」「鬼」
 そんな言葉まで吐くようになった。

 否、俺のほうにこそ、母を説得する力が無い。それを棚に上げて、汚い言葉を吐いていたに過ぎない。
 母にとっても逆効果だったのだ。
 言及が過ぎ、糾弾になれば、強情な母だからこそ自殺もしかねない。
 というわけで、指摘は控えるようになった。

 近年、老いた母に対しては、指摘も諦め気味になった。
 が、無視はできず、言うことが変わった。
「生きたとしても、残りは数えるほどしかない。結局、こんなことばかりして死んでゆくのか。隠し偽り騙し欺くほどの知能が備わって生まれてきたのに、そんなことにばかり知能を使ったことになるんだよ」

 でも……、それらは記憶にある母であり、印象深いがかつての母だ。
 
 
 思えば、近年、母は変わった。
 悲嘆し自棄的になることは、いつのまにか無くなった。
 いじけることも減少した。すねることも根深くはなくなった。
 かつてよりは、むしろ思慮深くなった。

 想像や勘違いや思い込みによる愚かさは、あの日の経験を基に母は分かった。
 以来、ボケたと想像することも無くなり思い込み落ち込むことも無くなった。
 ただ知るだけで、相応の識別や判断が可能になるだけに、それだけ心は安定する。

 90歳を過ぎ、余命が目に見えるような歳になっただけに、強情は無用の長物でしかなかったのだと気づいたのかもしれない。
 つまり、本当に必要なものは他にあり、その肝心なことを自分は知らなかったんだということに気づいたのかもしれない。

 そうだとしたら……
「テレビでは、『美味しくない』って言う人はいない」
 と言ったあの言葉の真意は……
 むしろ、美味しくないものは、美味しくないと言うべきだ。と言ったつもりだったのか……
 
 
「テレビでは、『美味しくない』って言う人はいない」
 そういえば、最近、幾度か同じことを言ったことがあった。
 が、俺のほうこそ、記憶にあるかつての母に囚われ、指摘しても無駄だと思い込んでいた。だから、目の前の変わった母を捉えられなかったのだ。
 適切な応対を俺は一度もしていない。

 また、いつか同じことを言うかもしれない。
 肝心なことを、まだ分かり合うに至っていないのだから……
 
 
カテゴリ : 未分類

 
 
 三者三様
 十人十色
 
 なにかが違うことなど、気にする必要すら無かったのだ。
 
 
 百人百様
 千差万別
 
 それだけ勘違いや思い込みが多いということでもあるんだから。
 
 
 尤もらしく見せかけ、優れているかのように競いもするからだが、そんなものに惑わされたから肝心な唯一の己を見失ったのだ。
 
 
 むしろ、共通することこそが重要なのだ。
 生存上の基礎や基本は普遍的で誰も変えようがなく、全生物に共通なんだから。
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR