生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは、誰でも直に経験し続け相応の学習もするわけですから人生の理由に相当する。
 感じ意識し、記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合え協力し合え信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 経験や学習や思考や理解、ゆえの信頼や尊重や愛や幸福、それらは売買は不可能だ。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することでも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 好みや価値観は百人百様になる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは難しくなる。
 理解し合えず、私利私欲を貪り、相殺し競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは避けたい。
 つまり、自律して機能している生理面は高度で絶妙な秩序に基づいて成立している。
 が、経験し学習し理解する内容は、限られ、偏りもし、錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、隠蔽も抹消も偽装も捏造もし、知能を誤用もし悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

より良い新年にすることができますように

 
 

より良い新年にすることができますように


 
より良い新年にすることができますように

 
 
カテゴリ : 未分類

積雪 2014-12-25

 
 12月早々の大雪。
 しかも、降り続き、積もる。
 
積雪 2014-12-25

 
 12月なのに、数え切れない除雪、屋根の雪下ろし、排雪。
 15リットルのガソリンをすでに消費。
 なのに、今日も雪が降る。
 
 あ! いけねぇ……
 まぁ、いいか。
 たまには言い訳もしちゃおう。
 雪の所為にしちゃおう。
 ネタは枯渇状態なんだから。
 
 
カテゴリ : 未分類

りんご

 
 もう12月か……
 気象情報にも雪マークが並ぶようになった。
 
 
 画像、撮ったのだが、忙しかった。
 現実のほうが、事実確認の連続のようなものだったからでもあった。
 内面的なことは、確認も記憶にあることで間に合わせがちなので、瞑想どころか迷走しかねないからでもあった。
 
 
 結局、だいぶ経っちゃったけど……
 
りんご

 
 しかも、これから冬場は、現実的なことより、内面的なことを優先するわけだが……
 
 つい諦めがちになったことには、気をつけないといけない。
 上辺だけを繕いがちなことは、もちろん慎まないといけない。
 
 
 知らないことは、知らないでかまわないのだ。
 それが、事実なら、そのほうが大事だ。
 そもそも、自身の内臓は見たことすらないんだから。
 勘違いし思い込みもするが、勘違いや思い込みだけに、的外れであることには気づけない。
 自分が考えていることなのに、その無理や矛盾に気づきもしなかったりするんだから。
 
 できないことも、できないでいい。
 誰も、老化を止められない。それどころか、誰も死を避けることはできないのだ。
 社会人になっても、健康管理もままならなかったりするんだから。
 それどころか、日常生活さえままならなかったりする。
 個人的に知らないことやできないことこそが、もともと宇宙規模で存在するんだから。
 
 もちろん、自分は駄目人間なのだと、わざわざ見せかける必要は無い。
 自分は何をやっても上手にできないのだと、わざわざ演じたりする必要も無い。
 好みや価値観は個人毎に異なり、限られたことの優劣なんか、わざわざ差別をするようなものでしかなく、気にする必要すら無いんだから。
 何様かのつもりになるのだって、歴然としていることを知らないからこそであり、わざわざ嫌われることをしているようなものなのだ。
 そもそも、15年以上も保護養育が必要なのだ。競い争うこと自体が的外れなことでしかなく、産まれることとも矛盾さえするんだから。
 
 ただ、知らなければ困ることがある。できなければ困ることもある。
 幼い頃に片言で話し始めたであろう言葉も、いつのまにか記憶にあることだけを基に識別し思考し理解して話せるまでに熟練したことも事実だ。
 辻褄が合っていないと理解はできないし納得もできないが、辻褄が合っていると理解でき納得もできるんだから。
 生存上必要なことは、誰もが直に経験し続けている。
 好みや価値観が違う他者の振る舞いに、目を奪われ心まで奪われた頃は自分を見失っていたんだから。
 
 りんごも、実るまでには時間を要する。
 天候や病虫の影響を受けながらも、生きることに徹した結果なのだ。
 
 人も、存命中に自立すまいが自立しようが、誰でも最期は独りで逝かなければならないのだ。
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
56位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR