そもそも、生理面は自律して機能している。
 それは、直に経験し続けている自分自身の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 備わっている知能で、感じ意識し識別し思考し、経験し学習し理解できるようになり、相応の振る舞いをし、相応の結果になる。
 そこまでは誰でも共通だが、経験や学習や理解の内容しだいで人生の理由は変わる。
 知らないことは想像もし、それゆえに勘違いもし思い込みもし、他に目を奪われもするし心まで奪われもし、肝心な自分を見失いさえする。
 以上のうちの、誰でも直に経験し続けていて共通することや普遍的なことが、当ブログのテーマです。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

はじめに

 
 ブログもHPも幾度も開設しては閉鎖を繰り返してきましたが、今回は続けられそうです。
 そんなわけで、この内容も更新しました。

◆言うまでもないですが……
 当ブログの記事の内容は、当然に、記事の投稿者でもあり管理人でもあるkisuke(喜助)の私見です。

 主な記事は、次のようなことです。
 かつては、肝心な自分の精神面を把握できなかった。想像に過ぎないことも自覚できず、想像に過ぎないがゆえに無理や矛盾があることにも気づけず、それゆえに苦悩した。
 が、考えには無理や矛盾もあることに気づいた。つまり、自分が困っているのは、自分が考えていることの無理や矛盾に因る。
 しかも、確かめたことではなく、想像に過ぎず、根拠も理由も無いからだった。
 確かめたことなのか、想像に過ぎないことなのか、それは考えただけでも分かることだったけに、勘違いや思い込みや先入観が覆されてゆき、考えの無理や矛盾も改善されていった。
 むしろ、自分が識別し考えていることなんだから、その内容は自分だけは直に知りえる。本来は、精神的中枢に関しては本人こをが何よりも詳しく理解できることだったことも分かった。
 そんなことさえ知らなかったからこそ、確かめもせず知ろうとすらしなかった。だからこそ、考えただけで知りえることも知らなかったし、自分が困るような矛盾することも考え行おうとまでした。それでも気づけなかったのも、まさに確かめもせず知ろうともしなかったからだった。
 具体的に把握できたことほど、随時、自覚できるようになり、相応の自己管理が可能になった。よって、ここまで自分でできてこそ精神的に自立なのだと納得した。
 事実関係や理由を具体的に理解するほど、自信に替わっていった。

 ですから、記事は、まったく個人的なことばかりです。
 もちろん、社会的に公認されたものではありません。

また……
 かつて、自身のことも知らず、精神面のことも未理解で自信も無く、指図されたことをしてしか生きられなかっただけに……
 現在は、きわめて限られたことで満足したり独り善がったり慢心したりすることは、的外れである確率が高いと思う。自分で褒め殺しをしているようなものでもあり、精神的には自殺行為だと考えています。
 むしろ、いまだに、自身の健康管理もままならず、自分で考えていることの無理や矛盾も分からなかったりするわけだから、未熟なのだ、不完全なのだ、助けが必要なのだ、ということを自覚していたい。
 未熟さを自覚しているほうが、好奇心や探究心も確かになり、観察もし確かめもし試しもし、知識の吸収力もあるからです。

 どう解釈し受け取るかなどによって、読んでくださる側にも私見が生成されるかと思います。それが読んでくださった側の私見であるように、私の私見もそういうものだとお考えください。
 もちろん、お互いの私見が一致するとは限りません。日常でもそうであるように、好みや価値観は十人十色なのが一般的かと思われます。
 記事をお読みくださる方は、「私見とは、そういうものだ」と、自覚した上で読み進めていただければありがたいです。

 ただし、まったく個人的なことを理解しても、生存上の基礎的なことや基本的なことは、生後に経験し学習したことを以っては変えようが無く、普遍的で誰にも共通です。一般動物や植物とも共通することがありす。
 その点、「自分もそうだと思う」と言ってくださる方がいると、私が救われることは言うまでもありません。

管理人のkisuke(喜助)こと天野喜助

 


 
 
◆当ブログの出入りは、各自の自由です。

 出入りが自由なだけに、管理人である私の判断や対処も自由です。
 よって、管理人kisuke(喜助)の一存を以って対処し、それを原則に当ブログを維持管理します。

 ブログは、好みや価値観は千差万別であることを実感させられます。
 それゆえに、新鮮な刺激を受けたり、癒されたりもするし、励まされたりもします。
 ただし、敬遠するしかないブログもあるということです。あしからず。

 当ブログに対しても、興味がある方はごく稀かと考えられます。もちろん、批判的な見方をする方もいるでしょう。
 よって、前向きな方のコメントなどには、当方も前向きに応対します。
 ただし、原則が優先で、批判的な方には、当方は説得はしないし対応もしません。そういう方は、一度来れば来る必要が無いことが分かるはずですから、二度と来ないでしょうが、是非、そうしてほしいものです。

 なお、FC2ブログは、ランキングが優先のようで、新着記事としては表示されない場合もあります。以下FC2ブログ ヘルプより

新規エントリーに載せるための更新ブログの巡回は、180秒単位で行っており、例えば、新着記事数の枠が200とした場合、180秒の間に更新されたブログが210あった場合、余剰分の10のブログは掲載されません。

 ということですから、アクセスアップ自体も重視していました……
 よって、アクセスアップ目的のアクセスも歓迎していました……
 もちろん、アクセス解析に記録された足跡は(足跡を残さない設定の場合でも)、当方も必ず辿るようにしておりました……
 また、訪問先では、ご訪問いただいたお礼とアクセスアップや応援の意味で、ランキングか拍手をポチッとするようにしておりました……
 ですが、アクセスアップは断念します。
 

 
 
◆自己責任を自覚の上で、お願いします。◆

 好みや価値観は十人十色で千差万別なら、当ブログの内容に興味がある人は稀だということになります。
 冒頭で述べたように、受け取り方や解釈の仕方なども、個人毎にさまざまなのだと考えられます。
 しかも、せっかく興味をもって読み進めていただいたとしても、ブログでは、会話のように相手の表情などを見ながら、誤解を避ける配慮をしたりすることもできません。
 私が勘違いしていたとしても、誤字脱字があっても、即座に修正することもできません。
 もちろん、興味があって理解を深めたい方には前向きに対応します。
 ただし、当ブログの駄文を読み、むしろ悪影響を受けたとしても、当方は責任は負いかねます。
 よって、当ブログの駄文をお読みいただく際には、「自分の意思で読んでいる」ことと、「自分の解釈の仕方しだいで相応の結果が生じる」ことを自覚していただきたいです。
 つまり、自己責任を自覚の上で、当ブログを覗いてくださるよう重ねてお願いします。

 
 
◆リンクは、フリーです。

 気が向いた方は、ご自由にどうぞ。
 なお、ご一報いただければ、こちらからもリンクいたします。

 
 
◆私が思うブログの魅力は……

 テレビなどは、視聴者は受ける側に立たされます。特に、テレビドラマや映画は、大金を投じ、NGを繰り返し、編集し、CGまで駆使して、誰かの考えや意図の基に、いかにも本当らしく尤もらしく創ったに過ぎない。
 おうだと思いつつも、かつては真に受けて、失敗までしたので、今は興味が無い。
 むしろ、この身体は、どこかの名医が造ったものではない。この知能は、どこかの天才が作たのでもない。そういう普遍的なことを基に成り立っている自分の人生こそが、私にとっては大事なことです。ブログだと、そういうことを発信する側になれます。
 興味を示してくれる人が稀でも、私のように自分の心の整理を目的に個人的にブログを使っているような状態であっても、強制するものではない。自分が興味があるブログの記事だけを深読みした際でも、一方的に受ける側に立たされることも無い。

 また、ブログは、嘘を書いても無意味に近い。そもそも、ブロガー同士は現実的には関わりが無いわけですから。
 また、好みや価値観も千差万別なだけに、個人が多くの人に合わせることは不可能です。
 むしろ、個人的に納得を追求するようなことなら簡単です。それが普遍的なことなら、誰にでも共通します。
 勘違いや思い込みもあり、その修正や自戒のための恥晒し的なことも、現実では難しいが、ブログならできます。これに関しては、興味を示してくれる人も、むしろ稀なくらいのほうが都合がよい。
 千差万別なブログとはいえ、人目に晒し、恥晒し的なことをするとなると、葛藤が伴います。が、それゆえに、葛藤の理由や真因などをむしろ捉えやい状態になります。
 つまり、独り善がりに陥ることが無い。
 いわば自分の心の浄化という極めて個人的なことを行っているわけですが、私にとってはブログは至上の環境です。

 
 
◆kisuke(喜助)について

 すべての記事が自己紹介のようなものですが、まだ書いていないことも多いので、ここに書いておきます。

 大人は、子供が知りたいことは教えない。子供が望まないことを強いているだけで、子供が必要だと思うことは教えない。そう思うようになり、小学校を卒業する頃には、すっかり勉強嫌いになっていました。
 ほとんど勉強せずに中学校を卒業し、社会人になり肉体労働をしていました。
 が、冒頭で述べたように、肝心な自分の精神面を把握できないことに気づいた。しかも、想像を頼りがちだったばっかりに新たな勘違いをして3年も葛藤を余儀なくされた。でも、それゆえに、自分の考えに無理や矛盾があることに気づいた。そして、根拠も理由も無い想像や勘違いや思い込みに過ぎなかったことを把握できたことによって葛藤が解消した。
 当時、まさに小学生時代に退行したような精神状態になり、自分の精神年齢は小学生レベルなのだと実感したものでした。
 しかも、小学生の頃には理解できたであろう事実関係や理由などを、今更のように具体的に理解した。あたかも、大人に理解してもらえなかった小学生の頃の自分の気持ちを、大人になった自分が理解してあげているかのようでした。
 そうするほど、自信を得ただけに、方向付けまでされていました。

 その精神面を把握する主な方法が、記憶にあるイメージや感情や考えなどの心の中を文章化することで、現在も続いています。
「心の縺れを少しでも解こう」と思い、「心の迷路を知り尽くしてやる」という意気込みで、文章化してきました。
 もちろん、自身を解剖するわけにはいかないわけですが、むしろ実験も必要なく、経験済みで記憶にもあることを整理するだけで理解できることばかりです。これなら、単独で寝転がってでもでき、学歴もいらず資金も無くてもできます。そうであるがゆえに、未理解だと、とんでもない展開になることも思い知らされ済みです。
 当然に、知っている内容も考えや受け取り方も絶えず変化しています。
 しかも、唯一、詳しく知っていることは、自分に関することだけです。

 当ブログの記事の内容も、そういうことが主です。

 ちなみに、把握したり理解したりすることによって、相応の知識が記憶に残り、相応の自覚や思考も可能になり、対応や対処や説明や行動も可能になるだけに、確認や検証して理解することは重要です。
 なので、個人的には、それを妨げ困難にすることである隠し偽ることは愚かなことと考え、騙し欺きとおすために強情を張るのは卑劣と考え、自分の悪癖として批判視し自ら暴くような表現もします。

 でも、誤解しないでください。
 優劣を競ったり勝敗を争う状況では、反省はしていられません。他人の目を気にするだけでも、反省は難しかったりします。
 むしろ、反省は、独りのほうが楽です。つまり、他人の目を気にする必要が無いからです。反省は、誰かと競うことでもなく、まして争うことではないからです。
 つまり、誰かと競い争うことは止めて、他人の目を気にする必要すらない状況でこそ、反省が容易になります。
 ですから、対抗的に競うことや攻撃的に争う類のことは、タブーであり論外で、そういう意味での批判視になります。

 また、自分が、すでに後悔し反省を余儀なくされてきただけに、他者を責め咎める資格は失いです。

 そもそも、知らないことや間違いは、意図的なことではなく、誰にでもあるはずです。そんな心の縺れを、ほぐすことは、まさに許すことにほかなりません。
 具体的に理解することは、無理や矛盾を解消するだけではなく、救うことでもあります。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 初コメント 感謝

初コメント、ありがとうございます。

> ちょっとずつ、ちょっとずつでいいから、自分のしたいことを頑張らずにやる。
そうですね。一気にやりたいんですが、無理なんですよね?

> そう思いながらやると続いたりするかもしれないです。
そうです。一気にはできないので、できるまで続けなきゃダメなんです。

> 突然のコメントごめんなさい><
突然って、ものすごく感激するんですよ。ありがと。 kisuke(喜助)

No title

ちょっとずつ、ちょっとずつでいいから、自分のしたいことを頑張らずにやる。

そう思いながらやると続いたりするかもしれないです。

突然のコメントごめんなさい><
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
FC2アクセスランキングのみ参加中です。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。

こちらからのお礼の応援アクセスは、
冬期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
65位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR