生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

更新をご無沙汰気味なのだが……

 
 心の整理は、もう十分だ……
 これ以上、恥晒しをしても、得られるものは何も無いだろう……

 説明するにしても、文章よりも、写真のように一見して分かるような表現方法はないものだろうかとも思うが、自分が理解を深めてきた経緯上でも、写真のようにはできない。
 そもそも、誰もが直に経験していることや学習したからこそ随意にできるようになったことを、未理解だと勘違いもし考えにも無理や矛盾が生じる。それゆえに気づけるわけだし、日常的に発揮している理解力を以って事実関係を整理して具体的に理解すれば、理解したことは自覚できるようになり、よって本人は管理が可能になることだから。

 図解は、不可能ではない。が、ブログでは無理だ。
 
 
 かつては、必要なことは十分に知っているような気がし、すっかり大人になったのだと思っていた。が、実際には、肝心なことを知らないんだということ自体も知らず、当然に知ろうともしなかった。単に、その都度に上辺だけ繕ったり、強がったりしていただけだった。だからこそ、自己懐疑や自己批判は、拒否気味だった。つまり、肝心なことを知らず、的外れなことを勘違いし思い込んでいたことには、気づくことさえできなかった。
 あのまま行っていれば、聞く耳持たなくなり、身勝手な主張ばかりするようになったはずだ。
 そうなるほど、誰も説得することもできなくなってゆく。
 そして、うっかり言及しただけでも、逆鱗に触れ逆上するようになる。
 地獄を好むかのような軍備に励む国家的な指導者もいる。
 不都合なことや不利なことは認めず、無理に自分に都合よく偽装し、強引に有利になるような工作に捕らわれると、罪を重ねるだけで、その問題解決を困難にするだけだ。
 そんなことが分かり、自分は、気づけたこと自体が恵まれていることだとも分かった。

 早めに気づけたのだが、自分の実態に気づいただけで自分に絶望したのだから、それまでは墓穴を掘り続けていたようなものだった。
 肝心な尊重し合え信頼し合える知識が、欠落していた。だからこそ、孤立を恐れ、したくはないのに雷同しがちだった。でも、上辺だけ繕い、強がり、騙し欺いているようなものだった。だからこそ、友達すら限られた。
 好みや価値観は、個人毎に千差万別だったからでもあった。そんな歴然としていることをすら、客観的には捕らえられなかったからでもあった。
 他人には尤もらしく見せ掛け本当であるかのように上辺を繕っていたが、実際には強がっていただけで不安で失態や露呈を恐れていた。
 気づけたのも、不思議なことではなかった。
 会話でさえ、知らない部分があるだけで滞る。根拠や理由があって辻褄が合っていると納得するが、そうでない場合は納得できない。当時も、そのくらいの情報処理はしていたからこそ気づけたわけだが、そんなことまでは理解できなかった。

 王家の王子で妻子もあったのに、その地位も名誉も捨ててまで、修行をはじめた人もいる。
 その具体的な動機や経緯は知らないが、その明らかな事実だけでも、人生には重大な課題が存在することに気づいたことを物語っている。だからこそ、宗教として発展したのだろう。
 そんなことを思うようになったのも、自分の場合は、絶望から復活できたことによって具体的なことが分かったからだったが、いまだに宗教とは無縁だ。自分は、まったく個人的な欠陥に気づいたのだから。
 いわば、肝心なことを知らず自信が無かったからこそ、強がって見せかけ上辺を繕い尤もらしく本当らしく偽装していただけだったのに、必要なことは十分に知っているような気になり、すっかり大人になったのだと勘違いし思い込んでいた。
 実際には、知らなかったことも憶えられ、できなかったことも練習相応に随意にできるようになれた。が、そういう肝心なことを未理解だったどころか、そういうことを未理解であることに気づけないほど無知だった。その事実を隠し、上辺だけで偽装し騙し欺くようなことをし、つまり理解や改善を困難にするような愚かなことをしていたのに、必要なことは十分に知っているような気になり大人になった気でいた。
 そうだったことに、気づき、動揺し混乱し自分に絶望した。
 肝心なことを知らないことは、明らかだった。
 単に知らないだけで、こんなに困ることがあるのだということを思い知らされた。
 が、それゆえに自分の考えに無理や矛盾があることに気づけた。
 そして、考えていることの無理や矛盾を把握できただけで、解決した。まさに、自分が考えていることの無理や矛盾を把握できなかっただけで、困惑し葛藤までしていたことが明らかになった。

 そもそも、経験し学習したことだけに、詳しいことは、個人毎に違うし、個人的には限られている。
 知ってはいるが、具体的なことは未確認で曖昧なことが圧倒的に多い。思い浮かべてみるだけで分かるが、記憶自体が曖昧なものだ。日常的に、錯覚もあり的外れな勘違いもあり根拠や理由も無い思い込みもある。
 以前は、自分が識別や思考している事実関係や因果関係をさえ未理解だった。
 自身の生理面は解剖して見るわけにもいかないので、いまだに未知なままだ。
 個人的には、未知なことこそ、宇宙規模で存在する。
 分かってみると、もともと反省や自己懐疑や自己批判は必須だった。
 思えば、仕事でも、独自に問題点を探し修正したからこそ、上達もし一人前だと言われるようにもなった。
 そんなことも、反省や自己懐疑や自己批判ができたからこそ、理解できた。理解できたことは自覚できるようになり、自分で精神面の把握や管理ができるようになっていった。
 考えの無理や矛盾を解明できたのも、傷だらけだったが本来の心を理解できたのも、自己懐疑や自己批判の賜物だった。
 具体的なことを理解するほど…… それこそ、理解した人のみぞ知る世界だ。誰もが直に経験し続けていることを基に、自分がどういう存在なのかを理解することにほかならないのだから。

 やはり、重要なことは、個人的な世界にあるのだ……
 未知なことこそ計り知れず、そこに秘められている可能性は否定できない。

 まだ、新たなことに気づきそうな気もする。
 最近、その気づくことに、つい備えてしまう。
 気づくたびに、救われたからだ。
 だから、新たなことに気づきそうなときには、つい心を備えてしまう。深く考えなくてもいいようなことに気を向け、むしろ何かを探しているときのように期待し、気づきやすくして待つ……

 すると、弥勒菩薩半跏像の姿が思い浮かぶ……
 あの姿は、考えていて、相応のことに気づいた(悟った)瞬間を彫刻したものではないのかと思うようになってからだ……
 もちろん、日常的な気づきではない。いわば、苦悩し葛藤し、その解答を得た瞬間を表現したものなのだろう。
 私見「悟り」の象徴的なこととも、重なる。

 とはいうものの、画像でしか弥勒菩薩半跏像は見たことがない……
 鋳銅の模造品も出回っているが、肝心な表情や雰囲気が違う。
 そもそも個人的なことが主の自分は、宗教とは関係が無い。
 むしろ、今回の自分の気づきが、難産気味だからだけなのか……

 新たな展開は、もう無理なのか……

 自分に明らかに残されていることは、お迎えが来たときへの備えだ…… が、それこそ、究極の個人的な世界に臨むことだ。

 やっぱり、予定通りの整理をはじめようか…… 大儀を片付けることにもなる。整理をすれば、新たなことに気づくはずだし、更に具体的に理解することになることは間違いない。理解すれば、おのずから可否や是非は明らかになる。
 
 
 そのまえに、この機会に弥勒菩薩のことを少し知ろう。画像でしか見たことがないだけに、具体的なことは知らないのだから。
 早速、ヤフオクで中古の本を2冊落札した。
 本が届くことは、輸送上の事故がない限り間違いないだけに、意外なほど新鮮な期待が生じた。
 ということは、単なる知的刺激が欲しかっただけだったのかな…… でも、必要なことでもある。
 自分は、蔵書は皆無に等しいからかもしれない……
 自分が直に経験していることや学習したことに関することは理解を深めてきたが、それは、自分の記憶に残っていることを基にできることだっただけに、学歴も資格も要らないことだし、時間さえあれば寝転んででもできることだったのだから。
 むしろ、他人をいかに気にしないかが重要だった。必須なことは、自分が直に経験していることや学習したことや考えていることなどであり、それを客観的に具体的に理解する必要があったからだった。
 無知ゆえに愚かなことをしてしまうことを思い知らされ、解明は必須だっただけに、寝つく前に気づいたことも多く、眠ってからの夢の中で解明し、起きてメモをしたことも少なくなかった。
 それ以外のことを具体的に知ろうと思ったのも、久しぶりだった……

 よし、本が届く前に、屋根の雪下ろしを済ませておこう。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: かなめこ さんへ

> おおボケこボケの私ですが、よろしくお願いします。

私も、詳しいことは限られています。
知ってはいても記憶自体が曖昧なものだけに、曖昧なことが圧倒的に多いです。
現に、健康管理すら思うままにならないどころか、かつては自分が考えていることの無理や矛盾さえ把握できませんでした。
まさに、おおボケこボケばっかりだったのです。

自分が知らないことや損をするようなことは避けていたので、明らかにもならず、気づきもしなかっただけだったのです。
そういうことも全てやらなければならないとなると、もちろんとっくに事故死してます。
そうだったことを思い知らされたからこそ、唯一、自分が考えていることに間しては詳しくなりました。
気づけた人は、恵まれています。

こんな私ですが、よろしくお願いします。


喜助さんへ

こんにちは、自宅のパソコンの調子が悪くコメント遅くなりました。
こちらこそリンクありがとうございます。
天然ボケと言ってドジを笑っていましたが、さすがに・・・・。
おおボケこボケの私ですが、よろしくお願いします。

Re: mako さんへ

今回は、難産どころか、想像妊娠に似たことだったようです……
残念です。

大事なことは、自分が直に経験している生きていること自体や、学習でき理解できる能力が備わっていることです。
これだけは、確かな事実ですから。

結局、大整理を始めています。
そろそろ細部の書き込みを始められそうです。

No title

新たな気づきの予感ですね。
kisukeさんにはきっと閃きが下りて来ると思います。
イメージで浮かぶものも、自分の中にあるものだと思うので。
雪下ろしの後は、温かい部屋でゆっくり休んで下さいね。

Re: TSUKIKOさんへ

ご来訪ならびにコメント、ありがとうございます。

なお、拍手コメントは、すべて非公開に設定してあります。ご自由にお使いください。

よしなに。

喜助さんへ

すみません・・・改めまして、TSUKIKOと申します。

私、拍手欄にコメントが書き込めることをさっき知りました・・・遅くなりましたが!こちらこそ宜しくお願いたします♪ 



応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR