生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 趣味の園芸

勘違いしてたか!

 
 先日、気づきはしたが……
 よく考えないままだった……

シラネアオイ

 かつては、他のことを気にかけながらも、今やるべきことに集中できた。
 今は、あることに集中し始めると、ほかの事は半ば忘れてしまう。
 つまり、精神的に余裕が無くなった。
 と、思っていた。
 しかも、悲観的に……
 それが自己暗示になったのか、インドア的なことは諦めがちだったし、春になっただけに生存上必要なことだけをしようとしがちだった。
 シラネアオイの画像も、14日頃に撮ったのだから…… すでに1週間も経っている。

シラネアオイ

 たしかに、何かに集中することを余儀なくされると、他のことになかなか移行できなくはなった。
 そういう点で余裕が無くなったことは事実だ。

シラネアオイ

 でも、かつては、今のように集中できなかった。
 かつては、他人に雷同しがちだった。
 でも、個人的にも知的内容は変化し、好みや価値観は個人毎には千差万別になる。
 個人が、多くの他人と同じようにすることは不可能だ。
 古いイメージを払拭し、誤った考えを捨てようとした。
 が、いかに他人を気にしていたかを思い知らされた。
 それは、肝心な個人的なことに自信が無かったからだった。
 それこそが、自分がやりたいことに集中できなかった真の理由でもあった。
 集中できなかったからこそ、没頭できるようになれることに憧れさえした。
 一切、余計なことは気にせずに、自分が望むことに没頭できることが念願だったのだ。
 それができてこそ、心が真底から晴れるはずだと。

シラネアオイ

 そして、今は、他のことを忘れるくらい、限られたことに集中できるわけだから、それは好ましいことだったのだ。
 その性質上、インドア的なことに限られるが、そうだってかまわない。
 悲観的なイメージだったが、こうして、可能性も開け、期待もできるイメージに変わっただけで、現にホッとする。
 やはり、自分の考えやイメージが、自己暗示にもなっていたのだ。

シラネアオイ

 残念なことは、まとまった時間があってこそ、限られたことに集中し没頭できることだ。

 でも、他のことをしなくてもかまわないのなら、まだ集中できる。
 そうであることは、憶えておかなきゃ。

 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: TSUKIKO さんへ

こんばんは
コメント、いつもありがとう。

> 他人を気にし過ぎてしまう、己に自信がない・・・やりたい事に集中出来ない。この負の連鎖が今も私の中にあります。
> 何も考えずに、自分が望むことに没頭出来れば、私も私に戻る事が出来るかもしれません。そして、それが出来れば私も、心が真底から晴れると思います。

私は、そうだと、ほぼ信じています。

田舎だけに、接する人は限られていますが……
個人的に自信が無い。だから、他人が気になる。そして、上辺だけでも繕い、他人に雷同してしまう。そういう人のほうが多いです。

冠婚葬祭が、格好の例です。
やらないからといって、悪いことが起こるわけではない。
やったからといって、良い結果になるわけでもない。
なのに、やる。

それよりは……
個人的なことだけでも、没頭したい。
そこにこそ、人生の真価があるような気がしています。

期待できる可能性が存在する限り、諦められませんよね。
 

喜助さんへ

こんばんは。

私なりにですが、納得出来ます。

他人を気にし過ぎてしまう、己に自信がない・・・やりたい事に集中出来ない。この負の連鎖が今も私の中にあります。
何も考えずに、自分が望むことに没頭出来れば、私も私に戻る事が出来るかもしれません。そして、それが出来れば私も、心が真底から晴れると思います。

喜助さんのホッした気持ちが、綺麗な写真に現れていますね♪
自然は心を癒してくれます、素敵な写真をありがとうです♪
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR