生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 把握できていること&用語集

把握できていることの概要


 当ブログの看板記事を、少しだけ詳しく書いてみました。
 ただし、カテゴリー「基礎」用と、カテゴリー「基本」用に書きかけた記事を一時流用したものです。なので、後日、分割して予定のカテゴリーに投稿します。



★生存上の基礎と基本的なことは、誰でも共通。


基礎的なことは

 殆どの生物は、生殖によって世代交代が重ねられ、遺伝するだけではなく、進化して形成されたと考えられる生命機構(生存の基礎)がすでに存在している。
 その生殖機構に基づいて、自律して分化し身体が形成されて、やがて誕生する。
 誕生後も、本人が未理解でも、生理面にはさまざまな機構も備わっていて自律して機能している。未熟だが、精神機構・運動機構・生殖機構なども備わっている。ここまでは、殆どの動物に共通する。
 人の場合は高度な運動機構や精神機構(知能)も備わっていて、経験でき学習でき、相応の識別や思考や理解や予想なども可能になり、相応の言動や行動も可能になり、二足歩行や会話などは熟練する。でも、直接経験し続けている自分のことでも、理解するとは限らない。すでに身体を構成し備わっていることに関しては、造るどころか変えようも無い。つまり、本人が理解する以前から存在している生存の基礎は、自律していて絶妙にできているし絶対的な存在だと言える。また、個人的には変えようが無い(普遍的な)存在であり、そういうことは誰にでも共通していることになる。


基本的には

 生理機構は、自律して分化し身体が形成されるだけに、誕生後も基本的に自律して機能している。身長はもちろん体形も、思い通りにはできない。
 経験上、最も明らかなことは、自身の各臓器などは、自分で未理解でも機能している、つまり自律している。
 また、不適切な飲食をすると、吐き出したり下痢をしたりする。怪我をしても、治癒する。風邪をひいても、治る。

 精神機構(知能)も運動機構も備わっていいることによって、基本的には、経験でき学習でき理解できるようになり、相応のことを随意にできるようになり、二足歩行や日常会話などは熟練する。
 はっきり見よう確かめようと思って意識したことは、相応の印象が記憶に残る。その記憶に残っていることを基に識別し思考し予想などをし、知らない部分は確認したりして、相応の説明や行動をし、相応の結果になる。
 その結果は意外だったりもするが、その理由は識別や思考や予想が間違っていたからだったりするので、その確認や修正もするし、もう一度確認もして結果を見ると、それらも記憶に残る。
 そういう観察や確認や試すこと繰り返すほど、確かなことや詳しいことが記憶に残り、それを基に事実関係や因果関係に基づいた細部の可否や是非などについても識別や思考や予想ができるようになるので、失敗は減少するし、できなかった動作や行動もできるようになり、着実に好結果を出せるようになり、そういうことも記憶に溜まってゆく。
 つまり、相手が話す現物が目の前に無くても過去のことでも、記憶に残っていることを基に識別し思考し予想したりもして、話せるし相応の行動もするし相応の結果にもなる。
 この情報処理に関しては、日常的に繰り返し行っている中枢的で基本的なことであり記憶にも残っていることだけに、いつでも確認できる本人だけが正しく理解することもできるし最も詳しく理解できる条件が整っている。
 ここまでに、生存上必要なこととして経験したことを具体的に理解すると、自立&子育てに有効。それが、本来の自立とも言える。
 保護養育下で生存上必要な経験をし学習し、信用や秩序の重要性も経験し、実体験を基に保護養育がいかに重要なことかを理解できるようになってから、生殖機構は成熟する。


でも順調にはいかない

 産まれ育つ環境は個人毎に異なるし、経験し学習し理解することだけに、知ることや出来るようになる内容は個人毎に異なる。家族の干渉も躾も違うし、経験し学習し理解することだけに環境の影響は絶大だ。
 誰でも直接経験し続けている自分自身のことなのに、理解するとは限らない。となると、共通なことを未理解なわけだから、千差万別にもなりやすい。
 しかも、好みは、個人毎に違う。個人毎に、好きな物事は見聞きし知ろうとするが、嫌いな物事は見聞きもしないし知ろうともしない。憶えたいことは練習もするが、憶えたくないことは練習しない。
 価値観も個人毎にことなり、自分の記憶にあることでも、思い出すまいともする。考えたくないことは、考えない。
 自分が考えて行っていることも、わざわざ客観的に考える必要はない。
 となると、単純な錯覚だったり、見た目だけで判断したことに因る勘違いだったり、事実を確かめない想像に過ぎないことだったり、先入観に左右されているだけだったり、想像に過ぎないことを自覚できない妄想だったり、独断に因る思い込みに過ぎなかったりもする。しかも、客観的に考えないから、そういうことを自覚できなくて、そうなりがちなだけに、自分ではなかなか気づけない。
 自分が考えて行っていることを未理解だと、妄想であることにも気づけないので、暴走する。そうであることに気づけないうちは、平気だし、理解したり解決する必要も感じない。
 つまり、個人別に千差万別になる。それは、誰にも共通することを、知らなかったりできない人が多いことを物語っている。
 しかも、個人毎に違う事情や理由が加わる。不都合なことは隠し否認し偽りもし、都合よくなるように工作もし、そういうことに優越感を感じたり慢心してしまったりもし、相応の言動や行動もするようになる。
 もちろん、誰にも知能が備わっていて、経験でき、学習でき、日常的に情報処理能力を発揮するようになる。が、そうであることを未理解だったり、発揮できなくなるような矛盾した学習もするし、慣れてもしまう。
 口論にもなり、争いになり、戦争にさえなる。
 
 でも、誰でも日常的に識別力や思考力や理解力は発揮している。なので、自分が考えて行っていることに関しても、疑問を感じたり、納得できなかったり、よく分かっていなかったことにも気づく。
 気づくことができ、気づいたら平気ではいられなくなり、不本意なほど、その理由を知ろうとしたり解決しようともするからこそ、未理解だったことを理解することも不本意なことを解決も容易だ。

 ここまでは、経験上、確信している。
 でも、釈然としないし、腑に落ちない。未熟なことも事実だ。
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR