生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

俺の一存

 
 俺の一存、ということなので、野良仕事の続きを……


 愛用の鉈の、鞘を覆っていた黒い人工皮革部分が裂けて壊れていた。
 牛革のハギレも安かった。それを入手し、自分で直してみた。

鉈の鞘

鉈の鞘

 あちこちに無理がある。上手とも言えない。が、出来た。

 糸を使って手縫いをするほどの知識も技術も無く、針も糸も無い。
 ハトメや革紐は所有していたものを使い、カシメは買った。


 続けて2個目を作った。

折りたたみ鋸用ケース

折りたたみ鋸用ケース

 雑用用なので、このケースは必要なかった。
 が、ケースがあれば、携帯でき、剪定にも使える。
 というわけで、作った。


 知らず出来なかったことだっただけに、実際にやってみると初めの頃は次々に知り、下手なりにも次々に出来る。
 まだ革の仕上げはできないので見栄えは良くない。だが、実用は十分に可能な品が次々に出来る。
 何事も、やり始めの頃は夢中になるように出来ている。


 次に作ったのは、折りたたみ剪定鋸用のケース。
 作りながら、世話になっている姉の旦那にも作ってあげようと思った。
 そこに、たまたま、姉が来た。
 なので、作成中のものを完成させて、旦那に使ってくれるようにと、姉に託した。
 よって、画像も無い。
 が、2個目と同じ材料で作った。2個目は中央で革の端を合わせて革紐で綴じたが、3個目は両端を重ねて革紐で綴じた。


 次に作ったのが、自分用の折りたたみ剪定鋸用ケース。
 都合の良い革ハギレは、使ってしまった。
 なので、残った革で作った。
 2種類の革を裏で互い違いに重ねて革紐で綴じて繋いで必要なサイズの革にし、それを折り曲げて両端を3個目と同様に重ねて革紐で綴じることにした。

折りたたみ剪定鋸用ケース

折りたたみ剪定鋸用ケース


 野良仕事で使う道具だけに、使っている内にケースの中にゴミが溜まりがちだ。
 なので、いずれも、ゴミは中に溜まらずに落ちてしまうように作った。


 調子づいたので、剪定鋏のケースも作ってみた。

剪定鋏用ケース

剪定鋏用ケース

 硬めの革が無くなったので、柔らかい皮だけで作ってみたが、腰に下げて使うには不向きだ。


 ペンケースも作ってみた。
 実際に作ってみたことによって、もっと上手に作れることも分かったので、翌日、もう1個作ってみた。
 これなら、3個目は、もっと上手く作れる。

 4方向いずれも開け閉めでき出し入れできるアイデアをぱくって、小銭入れも作ってみた。
 これは、正確さが重要だった。


 知らなかったことを、知る。
 出来なかったことが、出来るようになる。
 存在しなかったものが、自分が作ったことによって存在する。
 だから、楽しい。


 次は、個人的な使用目的に適ったウエストバッグを作る。
 すでに、ハギレの革を裁断して用意してある。

 野暮用用に買った中古のノートパソコンのバッグも作る。
 そのために選んだハギレの革は別に保存してある。
 材料の革はハギレなので、失敗しても小物に使える。
 下手で、見栄えは悪くても、自作&実用性が優先だ。

 ショルダーバッグも作る。
 この革も、すでに裁断して別に保存してある。
 ベルト用のDカンもナスカンもバックルも用意した。

 ついに、糸も針も菱目打ちも入手した。

 春までには、オリジナルデザインのリュックサックも作ろう。

 革靴……、それは無理か?
 サンダルくらいなら……


 高度になると……、更に期待するか、億劫になるかだ。


 が……、俺の場合、重要なことは理解することなのだ。
 産まれ、生きていられることこそ、絶妙にできている。
 知能も備わっていて、理解できるようにもなる。
 むしろ、産まれ生きていられることは絶妙にできてい過ぎて、理解し尽くせない。
 だからこそ、その理解を深めることへの期待だけは萎えることがない。

 真似事でレザークラフトをやっていた際にも、心の整理は進行していた。
 こういう場合は、心の整理の方は、思いつくままに進行する。

 最近、また、睡眠中の夢でも心の整理が行われ、枕元のボイスレコーダーも活躍している。
 作りかけのplala BROACH 「マインドナビ」の構想も、以前よりは明確になった。
 俺にとって、重要なのは、こっちだからだ。

 他のことをやっていると、重視しているが未理解なことや気にかかっていたことに気づく。なので、その都度、その理由も考えるのだが……。
 重視していることで、不明確で納得できないことは、普段も気にかかっている。むしろ、勘違いや思い込みなどの的外れなことに気を取られていたりするから行き詰まりもする。
 そこで、重視していないことに夢中になると、重視しているほうの勘違いや思い込みから開放される。
 だから、不明確だったことに気づいたり、理に適った、言わば当たり前のことが思い浮かんだりするのだと考えられる。
 これも、誰にも備わっている知能が、もともと絶妙にできているからにほかならない。

 もちろん、考えることや興味があることを具体的に理解することは、きわめて個人的なことだ。
 個人的なことだからこそ、むしろ自分の一存であることを自覚しつつ、臨むことが重要なのかもしれない。

 最期は、まさに独り歩きをして逝く必要があるのだから。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR