生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

笑顔

 
 特に笑顔が好きだった時期があった。
 いわゆる、こぼれるような笑顔が好きになった。
 嬉しさを抑えていたり、笑い出すのを堪えるとかしていたのが、そうしきれなくなって、こぼれてしまう笑顔が好きだった。
 つまり、作り笑顔ではないことが明確で、本心に基づいた笑顔が好きだった。
 
 
 それ以前に、自分が愛想笑いをしてしまうのを嫌いになったからでもあった。
 作り笑顔は、嘘の類だと気づいたからだった。
 笑って誤魔化したり、苦笑いだったりし、騙しているようなものだと自覚するようになったからだった。
 暴力的とは逆の強がりだったりもし、本心とは違っていたりもした。

 当時は、真面目な顔が好きになった。
 見据えたり、睨んだり、威嚇したりしているわけではなく、むしろ関心があって真剣に知ろうとして好意で見詰める表情が、こんなに魅力的だったのかと思うようになった。
 おかげで、自分も、ずいぶんいろんなことを知った。
 特に、自分に関することを、ずいぶん知った。

 そもそも、経験し、模索や試行を重ねて学習したことだから随意にできるようになり、相応の説明もでき結果も出せるになる。
 更に、不具合を微調整したことほど記憶内の情報が浄化され洗練され習熟し上達し巧みにできるようになり、着実に結果を出せるようになる。
 相手が話すことを、自分の記憶にあることだけを基に解析し理解し、応答する気持ちや考えを文章化して応えている。
 すでにそうしているだけに、そういうことに関しては、自分で熟知できる条件が整っていた。解剖や実験をしなくても理解できることだった。むしろ、お金が無くても理解可能で、学歴も要らず、どこにいても理解でき、いつでも理解できることだった。

 理解してゆくと、基礎や基本は普遍であることだと分かった。詳しく理解するほど、他人の上辺だけのことは見抜きやすくなり惑わされなくなった。
 その情報処理中枢は内面的なことだけに本人の経験や記憶を基に個人的に理解するしかないことなのだが、精神機構の構成要素は大人も子供も同じで、機能的なことも基本的なことも因果律も普遍で誰にも共通だった。
 それは、個人的に有意義な知識であり、子育てをする際には重要な知識になる。
 もちろん、本来は親子で理解し合える共通なことでもある。

 でも、事実確認や整理や検証などをしたことは、理解できる。以前の自分もそうだったように、誰もが事実確認や整理や検証などをするとは限らず、誰もが自分自身に関することを理解するとは限らない。

 むしろ、経験し学習し理解することだけに、その内容は、個人的にも変化するし、基本的なことや共通することを未理解なほど個人毎には千差万別になる。
 もちろん、生存上の基本的なことは共通なのに、親子でさえ理解し合い難くなる。
 
 
 でも、知らないことや間違っていることは、予期しないことであり、意図的なことではない。
 侵害した場合でも、予期しなかった過失もある。それは、意図的な加害とは違う。もちろん、悪意に因ることではない。

 むしろ、確かめもしない根拠も理由も無い想像に過ぎなかったりもするし、そんなことを基にした見方や判断の方が間違っている場合もある。

 子供が、お母さんのお手伝いをするのは、誠意や善意だ。
 その際に、落とした食器が割れたとしても、子供に悪意は無く意図的ですらない。そもそも、手伝おうとしたのだから、誠意や善意だった。
 なのに、お母さんが叱ったとしたら、子供にとっては誠意や善意を叱られたことになる。
 もちろん、信頼関係は揺らぐ。

 確かめず、勝手な想像を基にするがゆえに、不利だとか不都合だと思いもするし、事実を都合良く歪めもし、認め難いがゆえに決め付けさえし、それゆえに強情まで張り、逆上さえする。
 それは、誠意や善意とは言えない。むしろ、悪意の類だ。
 もちろん、理解し合えない。
 しかも、気持ちや考えに基づいて振舞うだけに、振る舞いは気持ちや考えを物語り、傍目には歴然としていたりする。

 堪えきれず、こぼれてしまう笑顔は、少なくとも本心に基づいている。

 そう思うようになり、こぼれてしまう笑顔が好きになったのだった。
 
 

 鍵コメさん、おめでとう。
 理由やコツなどを詳しく捉えるほど、陥らずに済むようになれますよ!



コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR