生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

睡眠

 
 最も眠れなかったときは……

 かつて、見えない壁に直面しているような不本意な日々を余儀なくされていただけに、自分の考えに無理や矛盾があると思いはじめた。

 が、死んだほうがましだと思い詰め、実行しようとした。
 でも、どうしても実行できなかった。
 そのことから、一層、自分の考えに無理や矛盾があることを自覚し、自分の考えの無理や矛盾を把握しようと考えはじめた。

 そもそも、実行できないことを、そうすべきだと思い詰めたわけであり、それ自体に無理があり矛盾さえしていたことが、まず判った。

 そして、生理面は自律していることに気づいた。
 が、頭では死んだほうがましだと考え、思い詰め、実行しようとまでしたわけだから、生存上は矛盾した考えだったことが判った。

 また、備わっている知能は、生きていてこそ機能する。だから、生きていることを守るために使ってこそ理に適っていると考えられた。
 そういう面でも、死んだほうがましだと思うことは矛盾していたことが判った。

 無理なことや矛盾することまで考え、そうすべきだと思い詰め、実行しようとしてしまう。
 実際には、できないのにである。
 そんな自分の気持ちや考えが、怖くなった。

 しかも、実行しようとした際に、誰かの所為であるかのように装うとした。
 実行すれば、自分に対して、誰よりも酷いことをしたのは、自分だったことが歴然としているのにである。

 その夜、寝床に入り、眠りそうになったら、眠るとそのまま死んでしまいそうな気がし恐怖感で目が冴えてしまうようになっていた。

 まだ死ぬわけにはいかない。
 こんな状態で死んでしまうわけにはいかない。
 心置きなく死んでゆく準備は、まだできていないのだ。

 1日のうちに考えや気持ちは一転し、死にたくない、むしろ生きていたいと思うようになっていた。
 心の中の重要なものが目覚めたのだった。
 最も眠れなかったのは、あの時だった。

 もう眠いのだが、眠りそうになると、そのまま死んでしまいそうな気がして怖くなり目が冴えてしまう。
 でも、眠ったまま死んでゆけるのなら……と幾度も覚悟し、睡魔に命を委ねた。

 以降、なかなか寝付けなくなった。
 いままで、数え切れないほど眠ったが、現に生きているのは、眠っただけで死んでしまうことはなかったからだ。
 などと、あれこれ考えるようになった。
 途中で目が覚めても、眠っていたとは思えないほど目が冴えている。
 明らかな睡眠不足が日中に支障になった。

 人と接することも嫌い、自室にこもり、夜型の生活になった。
 
 
 眠るために、そのコツを憶えることが必要になった。

 どうすればいいのだ……
 どうすれば自然に眠れるのだ……
 普段はどうなって眠りに入っていたのだ……
 眠る前に、そんなことを確かめようとしはじめたが、身体のさまざまなところに力が入っていることが気になった。
 具体的にどこに力が入っているのかも不確かだった。
 余計なことが気になったり何かを考えたりするほど、眠れない。
 そこで、手や足などに意図的に力を入れて、その力を抜くことを繰り返して、力が入っていない状態を憶えていった。
 身体のどこにも気になるほどの力が入っていない状態になると、眠りに関することを確かめやすくなる。

 そして、どうすれば眠くなるのか、どうして眠くなるのか、眠りに入ってゆくときはどんな状態になるのか、そんな内面的なことを確かめ知ろうとした。
 そうしているうちに、手がかりを得ぬまま、いつのまにか眠ったことに、目覚めてから気づく。

 目覚めている状態と眠っている状態を区別できるのは、五感で感じる物事を意識できるか否かで決まる。
 つまり、意識が目覚めたり眠ったりしているのだとも考えられる。
 そんなことを考えるようになり、意識についても考えるようになった。

 毎晩、まず全身の力を抜いてから、眠りに入ってゆくときはどんな状態になるのか、意識ってどれのことか、などと内面的なことを確かめ知ろうとするようになった。
 すると、いつの間にか眠っている。

 結局、具体的なことは知ることがないまま、眠るときは、全身の力を抜いて、内面的なことを確かめ知ろうとすることが習慣になった。
 
 
 日中に眠ると、なおさら夜に寝付けない悪循環に陥ることに気づいた。
 そこで、日中に眠るのを我慢したら、あきらかに夜に良く眠れる。
 というわけで、数日のうちに昼型の生活に戻った。
 
 
 眠れるようになったからだったのか、一層、自分の考えに無理や矛盾を気にするようになり、無理や矛盾を具体的に把握できないことは改善できないのだと思うようになった。
 目も見えるし、耳も聞こえるし、記憶もあるし、分別もできる。俺は、病気ではない。異常でもない。
 そして、この前の記事でふれた、想像に過ぎなかったことや勘違いや思い込みだったことを解明し、それらの基になっていた先入観も覆すことができたのだった。

 が、やっとできるようになったに過ぎない、自分の勘違いや思い込みの解明や自分の考えの無理や矛盾の解明は、容易ではなかった。それらを覆す、理に適った新たな知識も早々には得られるはずもなかった。
 でも、自分の考えに無理や矛盾がある怖さを知り、その解明や改善が可能であることが明らかになっただけに、目まぐるしく考えてしまうようになるわけだが……

 眠りに関しては、習慣になったこともあって、睡眠不足を感じることは無くなった。その具体的な理由は考えもしなくなった。
 
 
 かなり経ってから、たまたま、頻尿症に関することを耳にした。

 通常は、自律して機能している生理面上、尿意をもようし、トイレまでは我慢する。その我慢も、体内で尿を抑止することであり、その体内での抑止を解除すると排尿される。
 でも、ここでトイレを済ませておいたほうがよいと思うときには、体内のことではあるが尿意が無いかを確認する。
 また、体内のことなのだが、尿意を促すようなこともする。そうすることによっても、尿意をもようしたり、排尿したりもする。

 それと同様のことを頻繁に行って、その都度トイレに行き、それを頻尿症だと勘違いしている人もいるのだと言う。
 しかも、そうしているうちに膀胱が小さくなって許容量が少なくなるので、すぐに出さなければなくなるのだと言う。
 むしろ、一般的に行うように、多少は我慢するようにすると、膀胱の許容量も増え、勘違いに過ぎなかった頻尿は改善されるのだと言う。

 それを聞きながら、考えていた。

 つまり、尿が出そうになったときの尿意も、体内での感覚なのだが意識し識別していることだけに、記憶に残っている。
 だから、その記憶に残っている感覚を思い出して、現にそうであるか否かを確認することで、尿が出そうか否かを確認している。
 また、体内のことではあるが、記憶に残っている尿意と、同じ状態になるように心がけることで尿意は促され、尿意をもようする。
 通常は、尿意をもようしても、トイレに着くまでは我慢して尿が出るのを体内で抑止するわけだが、その体内での抑止の仕方も記憶に残っているから、同様に随意に行える。
 もちろん、トイレに着いて、排尿するために、体内の抑止を解除することも、随意に制御しているわけだから同様である。

 そんなことを考えていたら、眠るのも、それに似ていると思った。

 仕事で疲れていて、睡魔が心地良いときは、余計なことこそ不要だ。
 でも、毎晩、眠るわけなので、どんな状態になって眠りに入ってゆくのかも実は記憶に残っていると考えられる。
 だから、支障が無いまま眠るときは、記憶に残っている眠りに入ってゆく状態を思い出しつつ、同じような状態になろうとすることで、眠る。
 対環境的な具体的な思考は止め、五感で感じていることも気にしなくなり、記憶の世界を彷徨し、意識の機能が半停止した状態になり、眠る。
 もちろん、眠りに近づくほど、記憶に残ることは不鮮明になってゆく。
 その不鮮明になってゆく記憶を辿るだけに、当然に不鮮明になってゆく。それも、睡眠状態に移行する助けになっているのかもしれない。

 逆に、車の運転中など眠ってはいけない場合は、眠りそうになると、まず状況把握ができなくなるが、そういう状態から眠ってしまうことも記憶にあるし思い出すから、睡魔を振り払おうとする。

 むしろ、気になることがあると眠れないことも、記憶に残っている。
 対環境的に思考を欠かせない緊張状態では、気を失うことはあっても、眠ることはできない。
 特別な思考は必要ないときでも、五感で痛みなどの強い刺激を感じていて、それが気になるときも、なかなか眠れない。
 最近、日中も、集中して聞くと、耳鳴りがしている。だが、日中は対環境的なことが優先されるからか、耳鳴りは気にもしない。寝床に入ると、右耳で耳鳴りがしているのが気になる。
 五感で感じている刺激は気にならなくても、記憶にある予定などで興奮したり気になる場合も、それが気になるからこそ眠れない。
 そういう眠りを妨げるものがある場合には眠れないことも、記憶もある。だから、眠ってはいけない時に睡魔に襲われた場合は、記憶内の眠りを妨げるものを思い出し、何か現実的なことを気にし(意識し)したり考えたり話したりして、睡魔を振り払う。

 もちろん、何かが気になるときには、相応の理由がある。
 眠れないときにも、相応の理由がある。
 眠りを妨げる理由だけに、捉えやすくもある。
 捉えやすいことは、解消もしやすい部類に入る。
 ということは、本来は、気持ちや考えを整理するようにできていて、よく眠れるようにできているとも考えられる。
 むしろ、快眠や熟睡こそが、覚醒時の集中力や鮮明度を左右する。そう考えると、睡眠不足で覚醒時に支障が及ぶことが無いように、本来はできているのかもしれない。
 
 
 数日前。昨年、永眠した叔父の一周忌だったが……
 自分が心置きなく永眠するためにも、当然に気持ちの整理や準備は必要だということになる。
 むしろ、その準備が整っていないと、人生の最期に相応の苦悩を余儀なくされることは経験済みだ。
 ましてや、死を恐れ拒否したまま他界するとなると、至上の苦悩を余儀なくされることは間違いない。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR