生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 草稿:BL「普通でいいんだ」

普通でいいんだ


「何のために生きるのか」
「いきなりそれでは、飛躍し過ぎだろ」

「じゃ、何のために生きているのか」
「それでも、いきなりだと、難解だ」

「じゃさ、どうして生きているのか」
「そうなると、的を絞れない」

「じゃ、生き物は、何のために産まれてくるのだろ」
「どうしてなんだろうな?」
「人には、少なくとも、そういう疑問も抱くだけの知能は備わっているわけだよな」
「生きているに値するのか、死んだほうがましか。そんなことも考えることができる知能でもある」
「それだけの知能が備わっているのに、その疑問の答えをまだ得ていないんだよな」
「大事なことは、なあ~~にも分かっていない。ということまでも分かる知能が備わっているのに、大事なことほど分かっていない」
「そういうことだよな」

「使い方とか用途とか、間違っているのかな……」
「たしかに、備わっている知能は、本来は何に使うものなのか、どう使うべきなのか、そういうことも具体的には分かっていない」
「そうだよな。そもそも分かっていないんだ……」
「分かっていないんだから、結論を急ぐのは強引過ぎる」
「急いだり焦ったりすると、元も子も無くしちゃう」
「そういうこと。むしろ、このことは、まだ知らないとか、まだ分からないとか、ありのままの状態にしておくと、その答えも見つかりやすい」
「あ、そうか。普通でいいんだ」
「だって、産まれてから、経験し、学習し、理解するわけだろ。もちろん、個人的には、詳しいことは限られているし、巧みにできることも限られている。むしろ、何でも知っている人はいないし、何でもできる人はいない」
「だよな。それが普通なんだよな」
「医者でも病気に勝てなかったり、どんな天才でも老化するし、誰でも死ぬわけだろ」
「そうだよな」

「でも、知らないし分からないと、根拠も理由も無い勝手な想像をしがちだし、それを答えにしてしまいがちだ。が、そうしてしまった場合は、その段階で元も子もなくしてるっていうことか」
「本当のことを知ろうともしなくなるんだからな」
「そうだよな」
「それどころか、肝心なことを知らないから、上辺だけ繕ったり、見た目だけを偽装したり、尤もらしく捏造したりまでする。それでも、上手くできると有頂天になったり、上手くできないと落ち込んだりするんだよ」
「ああ……悲惨だ。そんなことは、早めに教えてくれ? な? 」
「まかせとけ。そんなことだけは、俺は詳しいから」
「え!? そう言われるのも複雑だな……」
「考えることができる知能が備わっているから、想像もするし、根拠も理由も無い無理なことも考える。しかも、納得していないから実行するには抵抗があるのに、強がりもし強行もする。矛盾することも考えるし、やってしまったりもする。単純なことだ」
「たしかに……」
「けど、無理なことや矛盾することを考えているときは、空転し暴走しているから、気づけない。もちろん、具体的に知るほど、陥らずに済む。そもそも、普通にしていられれば、そうはならない」
「そうだよな。焦ったり急いだしさえしなければいいわけだ」

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR