生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは誰でも直に経験し続けるわけであり、生きていることがどういうことかは人生の理由に相当する。
 感じ意識し識別し思考し、経験し学習し上達し、共通の約束やルールなども理解し合えるようになり、相応の行動も可能になり、信頼し合い尊重し合うようにもなる。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、経験や学習や理解の性質上、誰でも直に経験し続けることを理解しそびれもし、経験や学習や理解の内容は十人十色にもなる。
 知らないことは想像もし、勘違いもするし思い込みもし、他に目を奪われ心まで奪われもし、肝心な自分や人生を見失いもし、好みや価値観は個人毎に千差万別になる。
 そういうことは、理解し合うことも困難になる。
 千差万別になり、理解し合えないので、競い争いもし、暴力的に片づけさえする。
 つまり、知能を、誤用もするし、悪用するようにさえなる。
 そうなることは、むしろ避けたいです。
 生理面は、自律しているわけですから、絶妙にできている。
 が、学習し理解した内容には、間違いや勘違いや思い込みもある。
 そうであることは、歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

疎遠

 
 どうしたことだろう……
 創作も予定していたのに……

 野良仕事に限ったことではないが、行動的なことは、目の前の事実に基づいたことを行う。
 形態だったり、音だったり、匂いだったり、味だったり、感触だったりするが、それらを逐次、識別し思考し予想し、相応の振る舞いをし、相応の結果も伴う。
 だからこそ、山菜採りに行ったり、キノコ採りに行ったりもする。

 パソコンの修理・再生も、同じことだ。
 安価で部品取にもなる壊れたパソコンを主に入手して、不具合個所を見出し、直して再生する。
 素人の自分には無理なこともあるのだが……

 山菜やキノコを探し出して獲得するのに似ていて、そこが魅力でもある。
 かつて、3年間も葛藤を余儀なくされ、そんな自分の考えの無理や矛盾に気づき、考えや記憶を整理したことで解消した。あのことにも、似ているからだと思う。

 それらと比べると、文章だけの世界は、「口先だけなら何とでも言える」のと区別し難い世界でもある。
 内容が個人的なことだとなると、尚更だ。
 記事を書くことから、離れがちになるのは当然なのかもしれない。

 そんな自分の個人的な考えが影響しているだけなのだろうか……
 やってみたいと思うようになり、アイデアや構想も用意するようになった創作に、臨めない。
 もちろん、実力が無いことも要因だ。

 でも、まずやってみて、不具合を修正し、その結果を確認するなど、そういうことを繰り返したことこそ、実力も得られる。


 自分のパソコンのハプニングに備えて、可能な限りのことは憶えておこうと思って、パソコンの修理・再生を始めたが……
 入手したものには、修理が不要だったものもあり、リカバリやUpdateするだけで再生できたものもあった。
 壊れている個所が、液晶画面だったりすると、目に見える。
 ところが、パソコンの不具合の理由は、電気的なことが主で、壊れている部分が見えない場合が多い。そんな不具合個所は、五感を駆使しても直に捉えることはできない。
 でも、相応の症状は生じる。
 その症状を手がかりに、電気的にはこういう順序で起動するように作られていると言われるわけだからという電気的構造的なことに関する知識を基に推察や推理して、不具合の箇所を推定して、直す。
 的外れだった場合は、やり直すし、直るまで繰り返す。
 その結果が良くても悪くても、見ることはできない電気的構造的で基本的なことに関する知識は確かになってゆく。
 電気的構造的なことに関する知識が確かになるほど、不具合個所の推察や推理は容易になる。

 しかも、心の整理に似て、五感で直には捉えることはできないことことが対象であることに、魅了された。
 魅了されたことで収入が得られるのなら、魅了されたことにどっぷり浸かれる。
 ここまで憶えたんだから、黒字にできてこそ実力を実証でき納得できる、とさえ思った。
 結局、再生して売った数は50台を超えた。

 が、次々に高性能化されて発売される新製品には圧倒される。リカバリしUpdateした再生品を売っても赤字が増える。
 趣味だ教材費だと考えるには限度があり、縮小が必須だ。
 が、時代遅れなので諦めたこともあり、2011年以降発売のパソコンに絞ったが、まだ直せないこともあり、まだ知らないこともある。
 新製品には追いつけるはずはないが、修理・再生は簡単には止められない。

 知らなかったことを憶えることができ、できなかったことも随意にできるようになれる。
 日常的に実用する基本動作や会話などは上達したわけだし、そのための内面的な情報処理が熟練したからにほかならない。


 そもそも、中学に進学した頃は勉強しなくなっていた。
 中卒後は、活字には縁が無い肉体労働をしていた。
 が、心の整理が必須になった。
 要だったのは、「知らなかったことを憶えることができ、できなかったことも練習相応の随意にできるようになる」という事実だった。
 会話できるだけの理解力もあり、日常的に、辻褄が合わないと納得できなかったり、辻褄が合っていると納得していたからでもあった。

 やっと判ったことも、忘れがちだったので、メモをし始めた。
 想像 勘違い 思い込み そんな程度のメモで、当時は文章にはならなかった。

 やがて、精神面を文章化することによって、精神面も整理されて理解も深まることに気づいた。
 そこで、文章を書く練習も兼ねて、文章化することを以て心の整理をするようになった。

 そこに、ワープロ専用機が手の届く価格で発売され始めた。
 これが、単なるメモを、文章らしくすることを加速させてくれた。
 キーボードが、人間工学に基づいたもので、左手側が母音で、右手側が子音で、キーの配列がアルファベット順に並んでいたので、寝床に入ってからでも記憶を頼りに入力の練習ができたので、短日間でブラインドタッチも可能になった。

 当時は、フロッピーディスクに保存されたが、書きかけの文章を後で書き上げることはしたことがなかった。
 毎回、新規に書き始めるのが常だった。
 文章を書く練習も兼ねていたからだった。
 が、書き上げられなかったのは理解が不十分で具体性に欠けていて行き詰まったからであり、それは勘違いや思い込みが多々あることを物語っていたからでもあった。

 つまり、メモを始めた3年ほど前に、自分のことを勘違いし思い込んでいたに過ぎなかったことに気づき、肝心な自分の心に関することはほとんど未知だったことを知ったからだった。
 しかも、葛藤を余儀なくされ、自分の考えの無理や矛盾を把握できないからだと気づき、自分の考えに関することを具体的に把握し心が晴れたが、それまで3年も要した。
 まさに、自分の考えに関することをすら把握できなかったがゆえに葛藤を強いられ、そうであることを3年間も思い知らされていたんだということも、やっと理解できた。
 何かを知る度に、いかに無知で愚かだったかを思い知らされた。
 もちろん、自分のことを知ることで救われる。自分のことを具体的に理解するほど救われる。
 そんなことをやっと理解し始めた頃だったからでもあった。

 メモは、文章になった。
 心に関することを文章化することは、心に関することを再検証することでもあることに気づき、理解を深める手段として欠かせないものになった。
 理解できたことは、識別でき自覚できるようになり、応用も活用も可能になった。
 理解が、更に理解を深める手助けをしてくれた。


 そういう背景があるからこそ、今、こんなことを書きながら、書く妨げになっていることを見出して解消しようとし、突破口を見出そうとしていることにもなのだが……

 待てよ?!
 書き始めると、滞りながらも、書き進む。
 通常、疎遠になったことほど、親密さを回復するのが難しくなる。
 単に、それだけのことなのか?

 かつて、考えただけで分かったことがあった。
 不思議だったので、考えてみたら、相応のことが記憶にあったからだった。
 つまり、それまでは、考えなかったから、記憶にあることにさえ気づかなかったのだった。
 更に考えたら、的外れなことに目を奪われ心を奪われがちだったからこそ、肝心なことは考えもしなかったことが分かった。
 しかも、記憶にあっても、不都合なこととして認めまいとすれば、その事実関係を把握できないわけだから改善もできない。ということも分かった。

 そんなことを今更のように思い出すくらいだから、その世界に迷い込みそうになっているのだろうか?
 臨むに値しなことに、臨もうとしているということなのか……

 誰にでも共通することなら、口先だけの類にはならない。

 書き慣れるためにも、古い記事の再編集でもやるか!
 年月を経て、考え方や見方は変化したわけだから。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
FC2アクセスランキングのみ参加中です。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。

こちらからのお礼の応援アクセスは、
冬期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
350位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
60位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR