生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは、誰でも直に経験し続け相応の学習もするわけですから人生の理由に相当する。
 感じ意識し、記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合え協力し合え信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 経験や学習や思考や理解、ゆえの信頼や尊重や愛や幸福、それらは売買は不可能だ。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することでも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 好みや価値観は百人百様になる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは難しくなる。
 理解し合えず、私利私欲を貪り、相殺し競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは避けたい。
 つまり、自律して機能している生理面は高度で絶妙な秩序に基づいて成立している。
 が、経験し学習し理解する内容は、限られ、偏りもし、錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、隠蔽も抹消も偽装も捏造もし、知能を誤用もし悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

未熟

 
 余裕があるんだろうな……
 美味しい料理、旅行、異国。

 でも、そんなにいいのかなあ……
 俺だけが、いまだに未熟なのか……

 否、否、テレビ画面の向こうの世界だ。
 具体的なことを確かめられないことばかりだ。
 具体的な否定もできない、具体的な肯定もできない。
 具体的なことは未知だからこそ、興味ばっかりが煽られる。
 しかも、見た目だけを参考に想像しているに過ぎない。

 だからこそ、テレビ画面の向こうでは、いかにも尤もらしく見せ、いかにも素晴らしいかのように見せているのだろう……
 デメリットの類は、ほとんど出さない。

 それを見て、自分が勝手に想像をしているに過ぎず、自分で勝手に興味を煽っているに過ぎない。

 想像に過ぎなくても、心も動く。


 財布を失くしたと思った時も、まだ想像に過ぎない段階だったので、事実は未確認だったのに、心は焦り慌てた。
 が、思い当たるところを確かめただけで、見つかった。それこそが、事実だった。事実によって、想像や心配は一掃された。


 ブナ林の中でタケノコ採りをしながら尾根に向かって登ってゆくと、平地状になっていて尾根が3方向に分かれる。そういう場所なので、迷わないように気を付けていた。が、いつのまにか下りに向かっていたことに気づいた。
「迷ったかもしれない」
 そう思ったあの時も、まだ想像に過ぎない段階なのに、焦り、パニック気味になった。
 消防団員として山岳遭難の捜索に幾度か出動した時のこと思い出し、自分で心配を煽るような想像ばかりし始めたからだった。

 でも、同じ山の違う場所で、リュックの置き場所が分からなくなったと思い込んだ時は、単なる確認不足と先走った想像に過ぎなかった。そのことを思い出したので、冷静になろうとした。
 それでも、迷ったら大変なことになる。そのことの方が気になるだけに、自から心配を煽るようなことばかり想像しがちだった。

 ところが、それに基づいた行動はできなかった。想像に過ぎなかったからこそだったのだろう。まだ、想像通りの状態になっているわけでもない。それこそが事実だったからでもあったのだろう。
 動き回らなかったこともあって、しだいに冷静になり、想像を止め、辺りを見回した。
 鉈で切り落とした小枝の切り口がある。見覚えがある、誰かが付けた目印だ。
 ならばと、少し戻ってみた。それだけで、迷っているわけではないことが分かり、想像や心配は解消した。

 想像に過ぎなくても、心も動く。
 それどころか、事実確認をせずに、むしろ自分で心配を煽るような想像ばかりしていたに過ぎず、自分で心を迷わせていた。
 もし、迷ったと思い込んで相応の行動をしてしまったら、実際に迷ったであろうことは間違いないし、想像が事実になってしまう。


 かつて、自分のことを「すっかり一人前だ」と思っていた。
 それが、根拠も理由も無い単なる勘違いや思い込みに過ぎなかったことに気づいた。
 つまり、実際には、肝心な自分のことをほとんど知らなかったことが判明した。
 あの時は、経験したことが無かった深い孤独に陥った。

 でも、どういうことを知ればいいのか、どういうことを知らないのか、それさえ知らず、孤独の世界を彷徨った。

 深く落ち込んでしまった精神状態を一向に改善できなかっただけに、「精神的に異常なのではないか」と思うようになった。
 でも、精神的に異常か否かを具体的に肯定したり否定したりするだけの知識も、自分には無かった。つまり、「精神的に異常なのではないか」と思ったのは、想像に過ぎなかった。
 ところが、想像に関する具体的な知識も、当時の自分には無かった。だから、「精神的に異常なのではないか」と思ったのは、想像に過ぎないんだということを、自覚できなかった。
 つまり、想像に過ぎなかったのに、それを解消できなかった。

 一向に解消できなかったからこそ、むしろ「精神的に異常なのかもしれない」と思い込みはじめた。
 つまり、自分で心配を煽るような想像ばかりしていたのに、そうであることも把握できなかった。

 解決できない上に不本意なことは、考えたくもなくなった。
 こんなことを、「他人に知られたら困る」、「他人には知られないようにしよう」、などという思も増した。
 よって、「精神的に異常かもしれない」という思い込みに関しても、それは想像に過ぎないんだということに関しても、自覚し難くなったことになる。

 もちろん、「精神的に異常なのではないか」という思いは、解消されず、むしろ記憶の底に封じ込め続けた。
 つまり、不本意な思いを抱え込んでしまい、それを解決することとは逆のことばかりしていたことになる。そうであることも、もちろん把握できなかった。
 だからこそ、そうし続けた3年間、葛藤を余儀なくされた。

 後に、無知で愚かだったことを自認することになるが、まさにそのものだった。
 まさに、自分のことを殆ど知らず、それがどんなことなのかを、思い知らされていたのだった。

 病院に行けば間違いなく精神面が異常だと医者は言う。
 それも想像に過ぎなかった。だから、実際に病院に行こうものなら、想像ではなく事実になったかもしれない。
 精神異常者として生きた方が楽かもしれない。否、精神異常者よりは、精神面の病気だと思われた方が楽だ。
 が、想像に過ぎなかったからこそ、相応の行動はできなかった。
 五感は普段と変わらず機能している。普段通り意識もある。いつものように考えることもできる。
「俺は、異常ではない。病気なんかじゃない。自分のことを知らないだけなんだ」

 3年も経って、やっと気づく。
「上辺だけでも、良く見られようとしていた」
 悪く見られまいとしていた。
 そのために不都合なことや不利なことは見知られまいとしていた。
 それは、自分のことをほとんど知らないことや、自分が異常かもしれないことを、隠し偽ることでしかない。つまり、解決することではなかった。自分を知ることでもなかったのだ。
 ついに自分の考えを把握できた。それだけで、明らかに心が晴れた。
 しかも、上辺だけでは、侮り騙し欺く類だ。だから、行動できなかったのだ。
 3年前に、やっと気づいたが、考えただけで分かることだった。が、それを台無しにしてしまうようなことばかりしていた。だから葛藤を余儀なくされたのだ。
 自分のことをいかに知らなかったかを思い知らされ、その自分の知らなかった面を知り初め、そのコツとも言える省みることも覚え、不本意な葛藤も激減した。
 二度と陥るまいとも思い、繰り返し、記憶に残っていることを整理して確かめた。

「そもそも、事実か否かを確かめたわけではない。頭の中だけで想像していたに過ぎなかった」
 具体的なことを知らず具体的な肯定も否定もできないからこそ、想像をする。それだけでも、具体性に欠けていて信頼性は乏しい。
 しかも、頭の中だけでできる想像は、事実確認をせず根拠や理由を無視したことなので、し放題だ。当然に、的外れの方が多い。
 現に、想像した内容には無理や矛盾さえあり、それを前提にして考えてしまう考えにも無理や矛盾があった。
 でも、具体的に否定できなかったがゆえに、更に心配を煽る想像をし勘違いし思い込んでしまった。
 が、受け入れることは不本意だった。俺は、異常ではない、病気でもない、自分のことを知らないだけだ、とも思えたからであり、相応の裏付けになる事実もあったからだった。そんな事実と想像の矛盾により、葛藤を余儀なくされた。
 想像に過ぎず具体性に欠けていたからこそ、精神科医を頼る行動もできなかった。

「俺は、異常ではないんだ、病気でもない」
 想像にばかり囚われていた。が、考えに関することであり、記憶にも残っていることだけに、考えただけで分かることだった。
 まさに、自分のことをいかに未理解だったかを思い知らされていた。自分の考えに関することをさえ未理解なことが、どんなことなのかを、3年間も思い知らされていた。
 まさに、無知で愚かだったのだ。

 無知で愚かでいいはずがなく、知らなければ困る最たることが存在することも、十分に思い知らされた。
 しかも、記憶に残っていることに左右されていることが多いだけに、考えるだけで解明できることが多いことも判った。
 具体的に把握しようと思い、目まぐるしく考えるようになった。
 そもそも、勘違いや思い込みは、そうであることに気づけないことによって成り立つ。
 そんな勘違いや思い込みに気づけたわけだから、知能自体は正常だったことが実証されたようなものだった。
 日常的にも、納得できなかったり納得したりし、理解力を発揮していた。だからこそ、根拠も理由も無い勘違いや思い込みに、気づくこともできたのだ。
 そんなことも知らずに、勝手な想像をして自分で困ったわけだが、解決や理解とは矛盾することだったからでもあったのだ。

 3年前まで「一人前だ」と思っていたのも、まさに勘違いや思い込みに過ぎなかった。そうであることに気づけなかったからこそ、平気だった。が、あの頃の方が異常的だったことになる。
 そうだったことに、気づいたわけだから愕然としたが、あれは正常なら当然だったわけであり、正常に戻れた証だったことになる。
 外見的なことだけを基に想像することを頼り過ぎていたばっかりに、異常を正常と判断し、正常を異常と判断していたのだ。

 いかに無知で愚かだったかを具体的に理解するようなものだったが、気づくことができたからこそ、遅れ馳せながら、自分に関して未理解だったことを着実に理解してゆくことになった。


 言い換えると、想像を頼り過ぎるようになったからであり、そのデメリットを思い知らされたとも言える。

 自分の考えに関することを未理解だった頃は、見た目だけや第一印象だけで判断しがちで、そうであることを自覚し難かった。だから、相応の振る舞いまでしていた。
 が、自分が想像しているに過ぎないのに、そうであることを自覚し難くなっていたわけだから、まさに自分の心を見失っていたことになる。
 見失っていることに気づきもしなかったからこそ、平気だった。

 ところが、自分の心を見失っていたことに気づいた。だから、心はパニックになった。それくらい重要なことだからだった。相応の孤独を味わったのも当然だった。が、そうであることも把握できなかった。

 早々に事実関係を具体的に把握できるわけではなく、早々に自覚できるようになれるわけでもない。
 むしろ、すっかり慣れていたこともあって想像ばかり頼りがちだったからこそ、「精神的に異常なのではないか」と想像をし、想像に過ぎないことを自覚できなかったからこそ勘違いして思い込み、そうであることを自覚できず解決できなかったからこそ3年間も不本意な葛藤を余儀なくされた。
 まさに、想像のデメリットを体験していたようなものだった。

 基本動作や日常会話や相応の情報処理が祝連するように、想像を頼ることも熟練する。
 熟練したことほど、修正が困難になる。

 そんなことも解っただけに、映画やドラマは見なくなり、やがてテレビ自体から遠退いた。


 確認もせず根拠も理由も無い想像は抑制するようになり、とりあえず否定的な考えや肯定的な考えで検証したり、根拠や理由を確かめることを促進するようになった。
 よって、根拠も理由も無い思い込みや先入観や固定概念も、事実か否かを確かめて解消するようになり、自分の未理解だった面に関しても次々に理解することになった。


 だから、想像の類は自制が可能になったつもりでいたが……
 以後、同様のことは無くなった。いつのまにか、そんなことからは遠退くようになった。
 だから、見映えに惑わされそうになっていたのか……
 想像に過ぎなくても、心も動く。
 自分の想像を自分で煽って、期待したりさえする。それ自体が、すでに翻弄されるようなものなのだ。

 見映えに惑わされちゃ駄目だ。
 優れていると思わせようとし、そのために競い争い、私利私欲を貪っている。
 ああいう世界は、俺の望みを叶えてくれるものではない。
 いかにも尤もらしく見せかけ、素晴らしいかのように見せ、優れているかのように見せかけて、想像を煽り、誘惑し、翻弄する。まさに、想像のデメリットを悪用して私利私欲を貪っている。

 が、彼らは、俺を侵害しているわけではない。
 俺にも、自殺や殺人を阻止する力など無い。
 俺が惑わされなければ、それで済むのだ。
 惑わされず、行動をすら一切止めて、ただ省み、考えただけで明らかになったことが圧倒的に多い。
 残されている課題も、そうしてしか解明できないはずだ。
 それは、余計なことに惑わされれば見失う世界でもある。
 その先にこそ、俺が目指す世界がある。


 えっ! クリスマス?
 それ、俺の人生には、もともと組み込まれていないです。
 時には祈りたくさえなる自分にとっては、浮かれるようなことは要注意でもある。

 見映えの良さに、惑わされ目を奪われ心を奪われて翻弄されてさえ、愚かだとは思われまいとし、不利なことや不都合なことは隠し偽り偽装し、素晴らしいことであるかのように振舞いがちだった。
 嘘の類は、更に隠し偽り偽装することを余儀なくされる悪循環に陥る。そうであることをさえ、隠し偽り偽装しがちだった。

 あっ、自分の狡さの解明が、まだ不十分だからだったのか……

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
56位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR