生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

賀正

 
 昨年は、たくさんご来訪くださいまして、ありがとうございました。
 新年は、みなさまが益々ご多幸でありますように、ご祈念申し上げます。

 未熟者の当ブログだけに、老化にも負けずに、少しでも成長できるよう、可能なら新たな芽も出るように、心を開いて新年も頑張る所存でございます。


 自律して機能している生理面(生きていること自体)は、どこかの名医が創ったものではない。
 備わっている知能や学習能力なども、どこかの天才が創ったものでもない。
 これらは、むしろ人為的に変えることができない。それどころか、生後に理解し尽くすことすら難しい。つまり、理解力を超越している。
 そもそも自律して形成され、現に自律して機能しているわけだから、普遍的な存在である。
 この身体は、どんな名医の知識よりも優っている。
 この知能は、どんな天才の知識よりも優れている。
 そうであることは、誰もが直に経験し続けている。
 そうであることは、誰にも共通する。

 しかも、大人でも教えようが無いことを乳児期に独自に学習し始め、大人が教えないことも自から憶え、大人が憶えて欲しくないと思うことも自分で憶える。
 基本動作や会話や相応の情報処理(識別や思考や予想など)は、誰でも上達するし、誰もが熟練する。

 そういうことこそが、尊い。
 そう考えるに至っており、その世界を更に具体的に明らかにすることに臨む所存でございます。


 ただ……
 そう思うのは、自分が勘違いや思い込みがどんなものかを思い知らされたからこそである。しかも、その勘違いや思い込みがいまだにあるからにほかならない。
 その払拭をどれだけ自分でできるかに左右されることに臨むことになる。
 結局、自分の勘違いや思い込みの払拭に臨むことにほかならないのかもしれない。
 でも、自分の勘違いや思い込みや先入観などを払拭するほど、もともと人為的には変えようが無い普遍的なことが明らかになり、理解も容易になる。
 よって、期待して、正すことに臨みたい。


 そもそも、生後に経験し学習し理解する内容は、年々、個人的にも変化する。よって、個人毎には千差万別になる。
 いまだに、肝心な自身の内臓は見たことすらない。自分の想像や勘違いや思い込みに関することでさえ、具体的なことを理解でき自覚が可能になったのは30歳を過ぎてからだった。

 それ以前は、想像や勘違いや思い込みに関して未理解だったからこそ、自分が想像しているに過ぎないことに気づけず、自分が勘違いし思い込んでいることにも気づくことができなかった。

 社会でも、個人毎に異なって当然なことを以て差別的なことをしたり、自分勝手な基準で差別的なことをしたり、そんなことを競い争いもし、その競い争うことを公然と持て囃しもし、痴話喧嘩、自殺、殺人、戦争も絶えない。

 そんな、尊い普遍的なものと、戒めるべき強情さや慢心とが、逆転していることにも気づかず、かつては惑わされ真に受けていた。
 惑わされて翻弄されていたからこそ、直に経験し続けている肝心な自分を未理解なまま見失っていることにすら気づけなかった。

 もちろん、そんなことは、誰もが望んでいるはずがない。
 尊重し合うことに反し、信頼し合うことに反し、理解し合うことに反し、普遍的なことに反し、共通することに反するんだから。

 そんなことに気づけたのも、自室に引きこもるようになったからこそだった。
 だからこそ、テレビを見ることをすら止め、人間関係もあえて断ち、自室に引きこもることに甘んじた。
 よって、一層、他に惑わされずに済むようになった。だからこそ、自分を理解でき、自分を取り戻すこともできた。

 幼い頃には、保護養育が必須だったからこそ、皆とも仲良くしたかったことも思い出した。あれこそが真意だった。
 幼い頃には、知的に未熟だっただったからこそ、生後に理解できることよりも生きていること自体の方が優っていることを直に体感していたからでもあったのだ。

 よって、今年あたりからは、誰かを負かすことや、誰かに勝つことなどとは、絶縁したいくらいだ。


 が、そういう一面が自分にもあってこそ、具体的なことを理解することもできる。具体的に理解するからこそ、自覚が容易になる。自覚が容易になるからこそ、自制も可能になる。

 つまり、逆に、不都合なこととして隠し偽ったり否認してしまうと、その具体的なことは理解できない。未理解なことは、自覚できない。よって、自制もできず、むしろ理解や改善を困難にさえしてしまう。
 不都合なことは隠し偽り、尤もらしく見せかけ、優れたことであるかのように見せかけ、そんなことを競い争ってまで、私利私欲を貪り、独裁を目指し、独り善がり慢心する。

 もちろん、事実を明らかにすることは、事実を隠し偽り否認する者に対しては暴くことにしかならず、逆効果にさえなってしまう。

 そういうことは、今年からは、せめて論外にしたい。
 が、自ら理解や改善に臨む場合は悟ることに通じる。

 そもそも、知能も備わっているだけに、生きていることがどういうことなのかは、生涯、誰もが直に経験し続ける。
 成人する頃には、十分に経験済みのことでもある。相応の情報が十分に記憶に残っていることでもある。
 そんなことに関して理解を深めることに、今年からは的を絞って臨みたい。


 近年、自分が書いた文章を、幾度となく書き直すことを以て、文章化の勉強をしているわけだが、もともとは、こうすることを以て心の整理もしつつ理解も深め、とても有効だと知り活用してきた。
 今回も、こうして書き直しながら、1週間ほど、じっくりと心の準備をしてきた。
 文章化は、ささやかなことで、個人的なことだが、自分の考えや勘違いや知識の修正にも有効だ。
 むしろ、これからは、五感では捉えることができないことに臨むわけであり、その手助けになるものとしては、今のところは文章化しか知らない。
 よって、こういう積み重ねこそ、自分は大事にすべきなのだ。


 いつも残念に思うことは、普遍的で共通することは、誰もが直に経験し続けていることでもあり、お金に換算できないことでもあり、時間制限も無いことだけに、つい後回しにしがちだったことだ。
 油断すると、堕落する傾向がある。
 つまり、自分の怠惰や卑劣さなどの悪癖も、改善しきれていない。
 この点は、要注意&自己管理とし、こういう意味で成長させたいところでもある。


 どんな名医も、自身の老化に勝てず、どんな天才も、やがて死を余儀なくされる。
 つまり、知能も備わっていて、生涯、生きていることはどういうことかを直に経験し続けて、最期に至る。
 しかも、数十年も生きたのに、肝心な自分のことを未理解だとなると、死を受け入れ難く、死ぬのが辛い。
 そもそも、学習し理解することであり、好みや価値観にも左右されるだけに、備わっている知能を誤用もするし悪用さえする。それがどんなことかを、最期に思い知らされることになる。
 言い換えると、知能は、本来はどういうことに使うべきだったのかを最期に問われることになる。

 これから臨むことは、お金にはならないが、精神的な充実は間違いなく得られる。それは、これまでの経験で裏付けられてもいる。
 もちろん、最期は、「この身体ももう要らない」と納得できる裏付けを得た境地に達していることが望ましい。
 いわば、その境地に達することが、即他界することだとしても、「この身体ももう要らない」と納得できる裏付けを得ているのであれば、むしろ望ましい。


 結局、年々、きわめて個人的な世界に入ってゆくことだけは間違いなが……
 個人的な世界とはいえ、普遍的な面は誰にでも共通なので、誰にでも共通することを理解することにもなる。

 よって、可能な限り記事にしたいと考えております。

 昨年と変わらぬご愛顧を、今年もよろしくお願いします。

 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 新年明けましておめでとうございます

 
皆様のご多幸をご祈念申し上げます。

本年もよろしくお願いします。
 

No title

新年明けましておめでとうございます。
今年一年が幸多き年でありますように。
健やかにお過ごし下さいませ。
今年も宜しくお願い致します。
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR