生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは、誰でも直に経験し続け相応の学習もするわけですから人生の理由に相当する。
 感じ意識し、記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合え協力し合え信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 経験や学習や思考や理解、ゆえの信頼や尊重や愛や幸福、それらは売買は不可能だ。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することでも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 好みや価値観は百人百様になる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは難しくなる。
 理解し合えず、私利私欲を貪り、相殺し競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは避けたい。
 つまり、自律して機能している生理面は高度で絶妙な秩序に基づいて成立している。
 が、経験し学習し理解する内容は、限られ、偏りもし、錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、隠蔽も抹消も偽装も捏造もし、知能を誤用もし悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

迷走

 
 まだ、勘違いや思い込みがあるのだ……

 なかなか、予定に基づいた起動ができなかった。


 今冬は、記録的な少雪で、先日の大荒れの予報も外れた。
 除雪作業は3回だけ、しかも軽く行ったのみ……
 だから、つい怠けていたのか……

 予定に基づいた起動は、しそうな気配すら無かった。


 自分にとっては、いままでよりも難しいことに臨もうとしていることは間違いない。
 自分にとっては未知だったことに臨もうとしているわけだから。
 気持ちの整理も準備も簡単ではないことなのかもしれない……
 否、それは言い訳に過ぎない。大儀だから、怠けていただけだ。
 いずれにしても、予定したことに臨む気持ちの整理や気持ちの準備が不十分なのだ……


 20日から21日にかけての夜は、今冬初の本格的な降雪で、30㎝ほど降った。
 早朝から、除雪。
 久しぶりに、汗をかいた。
 予定したことに臨む気持ちの整理や準備もしようと思い、書きかけだった、この文章化を再開した。
 が、進展なし……


 25日朝、雪が10センチ余降った。
 除雪しても、汗をかくほどでもなかったが……
 除雪で行動的なことをしたからだったのだろうか、気持ちの整理や準備も少しは積極的に行うようになった。

 昼近く、今冬初の本格的な降雪になり、視界までが白一色になった。


 思えば……
 自分が未知なことを知ろうとする際は、いつも、一般的には瞑想と言われてれるようなことを行う。

 かつて、必然的に自分が未知なことを知ろうとして、一般的には瞑想と言われてれるようなことを行うようになった。
 その結果、想像に過ぎなかったことに気づき、よって想像であるがゆえの無理や矛盾も解消し、3年間の葛藤からも解放された。
 そんなことがあっただけに、以来、自分が未知なことを知ろうとする際には、ほとんど無意識にだが、それを行うようになった……

 もちろん、見かけ上、似している例として使っているだけで、瞑想とはどういうことなのか具体的なことは自分は知らない。
 瞑想に似たことだと思いながらも、自分が行っていることを、何と言うのかも自分は知らない。
 そもそも個人的なことであり、自分の内面を省みることでもある。その方法を説明する必要が無かったし、文章化する必要も無かった。
 つまり、具体的なことを把握していたわけでもなく、ほとんど無意識に、いわば経験上そうするようになっていった。


 でも、そうするようになったからだろう、事実確認もせず根拠や理由を必要としない頭の中だけで行う想像や、それゆえの勘違いや、思い込みや、先入観など、更に具体的な性質や特徴が分かった。

 また、通常、勘違いや思い込みであれ記憶を参考にして識別や思考や予想もしていて、それに基づいて行動したりしなかったり行動したりし、相応の結果が伴うので、その結果に一喜一憂していた。そんな事実関係も分かった。

 しかも、これらのことは、自分が記憶を参考にして識別や思考や予想をしていたことに関することだけに、単に考えただけで理解できた。
 つまり、本来は、本人は詳しく理解できていても不思議ではないことだった。

 なのに、以前は未理解だった。
 想像や勘違いや思い込みに関することを未理解だったから、自分が想像し勘違いし思い込んでいることにすら気づくことができなかったわけであり、想像の無理や矛盾にも気づけなかったからこそ3年間も葛藤を余儀なくされた。
 もちろん、事実未確認の想像に過ぎなかったことに気づき、勘違いや思い込みに過ぎなかったことも分かったことで、考えの無理や矛盾も解消したわけであり、葛藤も解消した。

 つまり、自分がいかに無知で愚かだったかを、3年間も思い知らされていた。
 しかも、本人が知らなければ困る最たることが存在することを、3年間も思い知らされていた。
 なのに、認め難かった。だからこそ、把握できなかったわけだし、改善もできなかった。
 思えば、把握しようとか改善しようとは、していなかった。それだけでも、すでに無理や矛盾があった。
 むしろ、見かけだけでも尤もらしく見せようとしていた。それは、隠し偽ることでしかない。把握や改善とは、まったく矛盾する。
 上辺だけでは、騙し欺く類でもある。だからこそ、行動することはできなかった。
 無理や矛盾だらけだったがゆえの、葛藤だったのだ。
 現に、自分が考えていることが、事実確認をしない想像に過ぎなかったことに気づいただけで、無理や矛盾は解消し、葛藤も解消したわけだから。

 そんなことも分かり、いかに無知で愚かだったかも自認した。
 ところが、まさに肩の荷まで下りた。


 しかも、次々に、自分に関する未知だったことを知ることなる。

 想像や勘違いや思い込みから離れて、事実を率直に捉えるようになり、確かめるようにもなったからだ。
 無知で愚かでいいはずがないことは3年間も思い知らされ、自認したこともあって、無知で愚かでいいはずがなくなったからでもある。
 知らなければ困る最たることが存在することを3年間も思い知らされたわけだが、その要因は、肝心な自分に関することを未理解だったことだった。特に、自分の考えに関することでもある想像や勘違いに関することをすら未理解だったことにあった。その想像や勘違いに関することを知っただけでも、それらが解消したわけだから。
 自分にとって重要なことは、自分に関することを理解することに他ならない。特に、自分の考えに関することを理解することが最重要課題なのだ。
 他人がどうしているかなど、気にしている場合じゃない。

 また、記憶内は邪魔なだけの想像や勘違いや思い込みや先入観だらけだったことが分かったから、肝心なことに関しては無知だったことを自認したわけだが……
 記憶内には具体的で有意義な知識は無いことを認めたことになる。
 よって、空虚になったが、記憶領域は白紙状態に戻ったようなものだった。
 だからこそ、未知だったことを、受け入れやすくなった。
 しかも、葛藤を余儀なくされるほど無知で愚かではいいはずがなかった。
 だから、未知だった自分に関することを、次々に知ることになったのだ。


 間違いや勘違いや思い込みは、意図的なことではなく、悪意によるものでもない。
 責め咎めるべきことでもなく、むしろ正す必要があることであり、指導すべきことでもあるのだ。

 そんなことも分かり、未知だった自分の内面的なことを更に知ろうとし、一般的には瞑想と言われてれるようなことも殆ど無意識に行うようになっていった。


 記憶を参考に識別や想像や思考や予想などを行って、相応の行動をし、相応の結果になる。
 その内面は、本人だけが直に知りえることでもある。
 その内面は、常時、本人は理解可能な状態にあることでもあり、本人は何処にいても理解できる状態にあることでもある。
 思春期までには完成し、基本的なことは繰り返し実用され、成人する頃には十分に経験済みで相応の情報が十分に記憶に残っていることでもある。
 だからこそ、単に考えただけで理解できた。
 まさに、以前は、単に考えなかったから、未理解だったのだ。

 しかも、自分が記憶を参考に識別し思考していることに関することを理解することである。
 当然に、学歴も要らない、資格も要らない、資金も要らない。むしろ、路上生活をしながらでも理解が可能なことでもある。
 苦行や荒行も必要ない。解剖や実験すら必要ない。
 つまり、誰でも理解が可能なことでもある。


 かつては、就職して給料を得て、それで暮らしていた。が、他者が所有しているお金を、給料(報酬)として得るために、自分は時間的に拘束されるわけだから自由を売っていたとも言えるし労働を売っていたとも言える。
 が、そうして得られることでは無い。
 むしろ、そういうことをするほど、理解が難しくなることであることは間違いない。
 そもそも、自分のことを理解することであり、お金で買えるものではないのだから。

 生存上必要なことは、誰もが直に経験し続け、相応の学習もし、上達もするし、人の場合は理解できるようにもなる。そうであることは、誰にも共通する。
 つまり、生存上、的外れなことだからこそ、尤もらしく見せかける必要があり、必死で優れたことであるかのように見せかける工作をする必要があり、持て囃し褒賞して祭り上げ捏造してまで、私利私欲を貪っている。
 そうだとも知らず、その見せかけの見映えに、目を奪われ、惑わされ、そういうことばかり考えるようになった時点で心までも奪われたことになる。
 だからこそ、自分のことをさえ勘違いし思い込むようになった。
 つまり、誰もが直に経験し続けている肝心な自分のことは未理解なのだということをすら見失い、そうであることに気づくことすらできなくなった。
 それどころか、不都合なことや不利なことは認めまいとし、無知で愚かだとは認め難く、強がってでも隠し偽ろうとし、上辺だけでも尤もらしく見せかけようとまでした。
 当然に、省み難いことも記憶に溜まってゆき、肝心な自分の内面は理解困難になっていったのだ。
 当時は、そんな自分のことは、ほとんど知らなかった。

 そうだったことに、気づくことができた。
 動揺したのは、当然だった。新たな勘違いをするほどだった。
 生きるためには、少なくとも葛藤からは解放される必要があった。
 そして、必然的に、やり始めたことが、一般的には瞑想と言われているようなことだった。


 こうして考えてみると、想像や勘違いや思い込みに気づき、無知で愚かだったことを自認し、好転していったことと、一般的には瞑想といわれるようなことを行うようになったこととは、密接な関係があったことになる。
 そうしたからこそ、未知だった自分のことを次々に知っていったわけだから、欠かせない重要なことでもあったといえる。

 もちろん、見かけ上、似している例として使っているだけで、自分が行っていることをさえ、何と言うのか、自分は知らない。
 個人的なことであり、自分の内面を省みることでもあり、その方法を説明する必要が無かったし、文章化する必要も無かったのだが……

 いわば……
 想像や勘違いや思い込みなどが多い通常の考えは止める。そして、誰もが直に経験し続けている本質的なことや普遍的なことを理解する。
 慣れるまでは、余計な想像や考えは止める(つまり邪念を捨てる)努力をすることになる。
 つまり、事前に、想像や勘違いや思い込みなどに関することを理解し、その類のことがいかに多いかを知ったあたりから一気にやりやすくなった。

 言い換えると、想像上、心が空(から)で、記憶領域は白紙のような状態であるかのようにイメージし、いわば心を空虚にする。
 つまり、新たな情報が入りやすくなる(と思える)ような状態になるようにする。

 その上で、自分に関することで、自分が未知なことで、本質や普遍的なことはどういうことだろう、などと思いを巡らす。
 つまり、自分が未知だったことを、知ろうとする。


 ちなみに、想像や勘違いや思い込みが多かった頃ほど、雲を掴むようなことでしかなかった。
 テレビドラマは、「これはフィクションです」と言われるくらいで、想像を煽ることによって成り立っているとも言える。それおを、繰り返し見るほど、想像を頼りがちにもなる。事実確認をしない(根拠や理由を大事にしない)想像を頼りがちになると、勘違いしやすく思い込みやすくもなる。
 結局、それとは反対のことが必要になる。つまり、想像は止める必要が生じ、勘違いや思い込みや先入観なども払拭することが必要になり、生きていること自体など「本来はどうなのか」とか、「現にこうだ」とか、「普遍的で誰にも共通すること」などを、検証して整理して生存上の根拠や理由を具体的に理解する。その準備をすることでもある。
 勘違いや思い込みを払拭できて、根拠も理由も無い妄想的な想像を止めることができ、そのコツを掴むと、知能を制御する手がかりを掴んだに近い。


 蛇足だが、自分を良く見せようとか、優れていると誇示しようとか、勝っていることを誇示しようとする、それらこそが、この目的上では邪念にほかならない。
 それは、生存上的外れなことに目を奪われ、心まで奪われていることにも気づけなくなったりするわけだし、想像や勘違いに囚われているがゆえだったりする。
 つまり、自分の考えに関することでもある想像や勘違いに関することを未理解であるがゆえでもある。

 その逆で、想像や勘違いや思い込みがいかに多いかを知り、生存上的外れなことに目を奪われ心まで奪われることもあることを知り、それらを離脱することの難しさ(内面を空虚に白紙に似た状態にする難しさ)を経験すること以て、重要なことを知らずできなかったかを知る。
 そうすることによって、相応の未知だった生存上の重要なことを知りやすく受け入れやすくなる。
 そんな知的環境を整えることでもある。

 その結果、普遍的で共通なことを次々に知るようになれば、それこそが目的であり、できた証でもある。

 また、誰もが直に経験し続けていることであり、誰にも共通する普遍的なことを理解することを仮に正道とした場合は、荒行や苦行や資格や学歴や名誉や地位などは、他人の目を奪い、惑わせ心まで奪い、私利私欲を貪る世界に君臨することでもあり、邪道に相当する。
 つまり、本来は誰もが直に経験し続けていることであり誰でも理解できることを見失わせ、誰にでも共通する普遍的なことを理解し難くし、省み難くさえするわけだから、邪道に相当する。

 未理解なほど深みに陥る心理の悪循環も存在する。いわば、悪魔の掟のようなものでもある。
 それも、理解できれば、抜け出すすこともでき、反故にすることだってできる。


 こうして書いてみると、元日以降も日常的にやっていた……
 進展も皆無だったわけではない。
 だから、怠けていたわけでもなかった。

 残念ながら、邪道へと迷走しかけていた……
 勘違いや思い込みは払拭し切れていないことは間違いなく、もともと偉そうなことを言えた柄でもない……
 自らを正すとなると、自分の不都合な面を自分で暴くようなことでもある……
 普遍的なことを明らかにしてゆく場合も、おのずと、自分の不都合な面を自分で暴くことになる……
 どうせそうなんだから、と……

 まだまだ、邪念が多過ぎる。
 反省……
 瞑想擬きを行って、軌道修正しよう……
 心を開いて、少しでも自らを正すことに臨もう。

 生きているうちに見出すなり到達するなりしなければ成就しないこともある。

 未知な世界に臨むにしても、期待の方が優るくらいが望ましい。そのためには、相応の裏付けがあることが望ましい。

 思えば、「本来はどうなのか」、この基準ともいえることが繰り返し登場するようになった。
 カテゴリー「◆本来は」も、設けて久しい。
 これまでは、勘違いや思い込みを明らかにすることを以て、普遍的で共通することを理解し、勘違いや思い込みの修正もしてきた。が、そろそろ、反対に、普遍的なことを整理することを優先し、それ以て勘違いや思い込みを修正した方がいいのかもしれない。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
56位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR