生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 草稿:読み切り

思惑

 
「ほとんど聞かなかった、お前の話は」
「……まあな」
「いつも俺が話すばかりだった」
「それでいいんだよ」
「お前の話も聞かなきゃ」
「その気持ちだけで十分だよ」
「ちゃんと聞くよ」
「そう言われても、話すこと無いんだ。
 だから、いつも聞くだけだったわけだし。

 誰にでも、知能は備わっているわけだし……
 誰でも、赤ん坊の頃、知らなかったことを憶え始めるわけだし……
 誰でも、練習相応に上達もするわけだし……
 誰でも、基本動作や日常会話などは熟練する……

 知らなかったことを憶えたわけだから、俺は、知っていることも限られている。
 この身体が形成された頃のことも、知らない。
 自身の内臓なのに、見たことすらない。
 呼吸器系だとか、循環器系だとか、消化器系だ、免疫だ、などと言われ、それらによって生きていることになる。それらこそが自身なのに、具体的なことはまったく知らない。
 病気になっても、自分が生後に憶えたことでは、どうすることもできない。
 老化に対しても、なす術が無い。
 死でさえ、拒否できない。否応なく受け入れるしかない。
 死ぬことによって楽になるのだとも考えられるが、心の準備ができていないと至上の苦悩(葛藤)を余儀なくされることは経験済みだ。
 だから、他の生き物を食ってでも生きている。
 残念だが、まだ心の準備もできていない。
 それでも、やがては死ななければならない。
 死ねば腐敗が始まる。
 翌日、焼かれ、灰にされる。
 これらのことは、生後に習得したことが実に無力で実際にはいかに無能かを物語っている。しかも、隠し偽りようが無いことばかりだ。
 かつては、こんなことすら知らなかったからこそ、劣等感を抱いていた。

 備わっている各感覚器官や意識や記憶力も、それらで構成されている知能も、どうして形成されたのかさえ、自分は知らない。
 知能が備わっていることによって、識別でき、思考でき、目には見えない理由や法則などを理解することもできる。
 偶然の積み重ねで、こんなに都合よく進化できるものだろうか。
 この知能では捉えることができない何者かの意思に因るのではないのだろうか、とさえ思う。

 知能が備わっていたことによって、知らなかったことを憶え、知能を活用するようにもなったのだが、錯覚もある。
 知らなかったことを憶える性質上、当初は曖昧だが、曖昧なままのことが圧倒的に多い。
 何かを思い浮かべてみるだけで分かるが、記憶自体も曖昧だ。
 インスタントコーヒーを準備し始めたばずだったのに、考え事に気を取られて、ウイスキーを注いでいたこともあった。
 ウイスキーのお湯割りの準備を始めたつもりだったが、考え事に気を取られて、インスタントコーヒーを入れる寸前だったこともあった。
 そろそろ始まる気象情報を見ようと思ってテレビの前に立って待っていたのに、考え事をしているうちに、気象情報が終わっていたことは珍しくない。だから、気象情報はネットで見るようになった。
 勘違いしているのに、そうであることに気づかないこともある。それが勘違いの特徴でもある。
 根拠も理由も無いのに、そうだと決めつけ、そうだと思い込み、その無理にさえ気づけなかったりもした。
 自分の考えや判断が間違っているのに、どこが間違っているのか、どう間違っているのか、そんなことさえ分からなくて困ったりもした。
 だから、惑わされやすい。暗示にもかかる。騙されもする。
 高度な知能なのに、誤用もするし、悪用さえし、自分で困ることをさえしてしまう。
 見栄を張ろうものなら、思い込まされて翻弄されているに過ぎず、愚かなことでしかない。
 優越感を抱こうものなら、悪魔の罠に嵌ったに等しい。

 経験や学習や理解の性質上、その内容は、個人毎に千差万別になり、信頼し合える相手は限られるが、個人的にでさえ選択に迷ったり決めかねたりもする。
 損するより、得をしたい。
 苦労するよりは、楽をしたい。
 不都合なことは、知られたくない。
 不利だと思うことは、認めたくもない。
 思い出したくないことは、考えさえしない。
 自分に都合よく、自分に有利にしたいとも思う。
 上辺だけ繕いもする。言い訳も言う。嘘だって言う。
 だから、他を咎める資格は無い。が、批判視し憤慨する。
 肝心な自分を見失う。自分の人生を見失ってしまう。
 なのに、見抜けないだろうと侮って、騙し欺き、そんなことで慢心しようものなら、すでに狂気と紙一重だ。そんな面も、自分にはある。だからこそ、分かる。

 いずれも、いつのまにか繰り返し練習したからこそ、随意にできるようになり上達もし熟練さえしたことだ。
 誰でも、赤ん坊の頃から知らなかったことを憶え始め、練習相応に上達もするわけだし、観察したり確かめたりするほど詳しくもなるし、基本動作や日常会話などは熟練さえするわけだから。
 もちろん、備わっている知能を、誤用していたことになり、悪用さえしていたことになる。
 理解力もあるからこそ、己の異常さにも気づく。そのとき、すでに限界を超えていればこそ発狂もするのだろう。
 そんなことは、早目に減らしたいし改善したい。
 思考力も理解力もあるんだから。

 だから他人に対して言うようなことは何も無い。
 こういうことは個人的なことなんだから。
 自分が努力するしかないんだから。
 そこに意義があるわけだし」

「もっと早く、お前の話を聞くべきだった」

「でも、俺は、自分を取り戻す必要がある。これは個人的なことだ。
 好みや価値観は、個人毎に違う。
 見栄を張ることは愚かなことでしかないという考えも、あくまでも俺の場合だ。
 そうであることに気づいたから、あえて見映えは悪くしたりして、理解や改善に取り組み、より具体的に理解できた。
 愚かなことも、具体的に理解するほど明らかになり、おのずから止めるようにもなり、むしろ抵抗があってできなくもなる。
 社会には馴染み難くなったが、見栄を張らなくなっただけ、生活は楽になった。
 雷同し迎合さえしていた頃には、それゆえに理解できなかったこともあったことを知り、そんなことも理解できるようになった。
 上辺だけ繕うことは、騙し欺く類であり、露呈を恐れたり更に繕うことを余儀なくされる。が、そうであることも、具体的に理解するほど自覚も容易になり、随意に止められるようにもなり、あきらかに精神的には余裕ができた。
 具体的に理解できたことは、具体的に肯定や否定ができるようになっただけに、そういう点では自信さえある。
 思考力も理解力も適切に発揮されていることになる。

 そもそも精神面が要なのだが……
 相応のことを知っているか否かに左右される考えや気持ちに関することだ。記憶にあることを参考にした考えや気持ちに関することでもある。考えるだけで理解できることでもある。
 学歴や資格は要らないし資金も必要ない。
 つまり、もともと誰でも理解可能なことだ。
 いわば路上生活をしてでも理解可能なことだ。
 むしろ、誰も介入できない世界でもある。
 真の自由な世界なのだと思っている。
 むしろ、目を奪い心を奪い私利私欲を貪ろうとすることには、当然に興味が無くなりつつある。
 ただし、すでに惑わされやすく騙されやすくなっているだけに、とても影響を受けやすい。その点は、十分な注意が必要だ。

 お前の振る舞いも、反面教師だが参考にさせてもらっている」

「……俺、愚かだったんだ」

「俺だって、無知で愚かだった。
 でも、思考力や理解力があるからこそ、気づく。大事なのは、こっちの方だ。
 あまりにも無知だったからこそ、むしろ、すっかり一人前になったような気がしていた。
 尤もらしく見せかけ、優れているかのように競争して見せ、私利私欲を貪っているに過ぎないのに、そんなことも見抜けなかった。
 だから、目を奪われ、心まで奪われた。
 つまり、肝心な自分を見失った。
 人生までも見失っていた。
 翻弄されていた。

 そんな経験上、見抜けないだろうと侮って騙し欺いて慢心することは狂気と紙一重だったことに気づいた。
 気づいた当初は大変だった。が、だからこそ、具体的なことを理解することができた。
 個人的な世界というよりも、更に内面の世界なので、これこそが自信なのだと納得し実感するようになった。
 個人的なことであり、本人の意思しだいなことだからこそ、意思の重要さというより意思の真価を実感することもできた。

 この身体は、どこかの名医が創ってくれたものではないんだから。
 この知能も、どこかの天才が創ってくれたものでもない。
 むしろ、彼らにも到底創れないものが、誰にでも与えられている。
 生存上必要なことは環境から摂りいれる必要があるが、人生上の重要なことは本人にすべて与えられていると考えられる。
 誰でも、自分自身を理解することで、生存上の真価を理解できるようにできていると考えられる。

 本来は、そうだった。
 そうだったことを理解し始めたわけだから、本来は体験でき発揮できるはずなのに、まだ未理解で未発揮で未体験なことがあるはずだと思うようになった。
 経過を基に察すると、心の中が整理されたり爽快になるようなことであることは間違いない」

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
23位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR