生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ★草稿「おまえはボケてはいない」

Ⅰ. 「あぁ…ボケてしまったぁ…」


 一見、ボケたかにも見えるが……。
 各感覚や意識や感情などは平常どおりに機能していることが実証されていた。
 識別や思考や客観視も会話もでき、知能の高度な面も発揮できていた。
 ※ 編集上、主要な根拠や理由に相当する部分の文字色を緑色にしてあります。
初回投稿:2012/03/29
再編集 更新:2016/05/01
※ 投稿後も推敲を重ねて、創作作品として仕上げてゆきます。



 父が他界し、一周忌も秋に済んだ、あの年の冬からだった。
 自棄的に嘆き、落ち込んでしまうようになった、母。
「あぁ…ボケてしまったぁ…」

 たしかに、ボケたかに見えるが……。
 突然ボケることって、ありえるのか……。

「ボケた人が、自分がボケたことを分別できると思うか?」
「……」
「ボケたことを自分で分別できなくなったのだったら、ボケたのかもしれないと俺も思う」
「……」
「分別できるんだから、ボケてはいないだろ?」
「……」
「しかも、ボケたかどうかは、医者でも知識に基づいた検査をしないと判断できないはずだ」
「……」
「医者のような知識は、お前には無いよな」
「……」
「医者のような検査をしたわけでもないんだろ」
「……」
「なのに、おまえは『ボケた』って言う」
「……」
「知ったか振りは、いいかげんにしろ。誰にも信用されなくなるぞ」
「……」
 不機嫌な表情になった母。
 それは、ボケていない証だ。
「せっかく分別できる知能が備わっているんだから、まともな分別をしろよ」
「……」
 母の表情は気まずそうにさえ見えた。
「馬鹿か。おまえは」
 捨て台詞で母を叱咤して、私は切り上げた。

 くそ婆。
 これが実態じゃないか。
 普段も勝手に何様かのつもりでいるだけだ。
 いい加減なことばかりして、上辺だけを尤もらしく見せかけているに過ぎない。
 都合が悪くなると、どこかが具合悪いと言う。
 老いたことをいいことに、ボケたことにして、都合が悪いことを誤魔化そうとしているのだとしたら、むしろ知能犯だ。

 私には理解が無い母でもあった。
 私の心の中では、腹癒せが必要だった。




「あぁ…、ボケてしまったぁ…」
 またか……。

 ボケているとは考えられない点を、私は指摘した。
 母は、平常に戻った。
 思ったとおりだ。
 ボケているわけではない……。
「馬鹿タレが」

 おまえの裏側も日常的に見ている俺は、おまえにだけは騙されない。

 産んで育ててくれたこと自体は掛け替えがないが、それを台無しにするようなことばかり、おまえはしてきたのだ。
 俺は、自分を取り戻すだけでも相応の苦難を強いられた。が、その結果、予想もしなかった充実した生き方に替わったことも事実だが……。
 おまえは、何食わぬ顔で人生をやり過ごそうとばかりする。もちろん、おまえは、備わっている知能の高度な面を、ろくに使わないまま失うことになるのだ。

 心の中だけでは、空転するばかりだった。
 癒されなかったのは、不安もあったからだった。そのことに、ようやく私は気づいた。


 ボケたのか否かを判断する専門知識は、中学でもろくに勉強しないで肉体労働ばかりしてきた私にはあるはずが無かった。
 でも、役立つかもしれないと思い当たることはあった。

 かつて、三年間の葛藤を余儀なくされた際に、「俺は、病気ではない、異常でもない」と思ったことで好転し始めた。
 その根拠は、自分の知能を構成している各感覚や意識や記憶や識別や思考などは平常どおりに機能していたことだった。
 それは、直ちに確認できることでもあった。自覚することを以て、平常どおりに機能していることを確認した。それで、「俺は、病気ではない、異常でもない、間違いない」と確信した。
 必然的に、そんなことに詳しくなった。
 知能を構成している各器官が平常どおりに機能しているか否かなら、誰でも、日常的にチャックしているような状態になる。しかも、意識し識別や思考や理解や予想などで活用するようになることでもある。
 直に確認したり直に活用できるのは本人だけだが、知能を構成している各器官は、人工的なものではなく、普遍的な存在であり、誰でも共通で、その基本的な機能も誰でも共通である。


 母の知能を構成している各器官の状態を、母の言動や振る舞いを基に察することなら私でもできた。


 母は、かなり以前から眼鏡を使用するようになった。
 十年ほど前には、視野が狭くなったことに気づいたわけだから、平常はどうだったかを憶えていたからだったことになる。早く気づけたからこそ、網膜剥離の緊急手術を行い、成功した。
 母の視覚は、機能していた。

 母は、だいぶ前から聞こえ辛くなったと言っていたが、本来はどのていど聞こえていたかを憶えていたからだということになる。
 余計なことを考えていると聞こえなかったり、聞こうとしないと聞こえなかったりするので、私は確認を兼ねて小声で話しかけることが多かったが、母は応答した。
 特に、人の言葉は、どんなことを言っているのかを聞き取ろうと解析した場合に理解もできる。その他の人が話していることは、雑音の類でしかなく、記憶にも残らない。
 聞こえないと言うよりは、振る舞いから察して、母は勝手な考えや判断で片づけてしまうことも多々あった。
 母の聴覚も、機能していた。

 母は、匂いを云々したことは、少なかった。
 若い頃に蓄膿症の手術をしたと言ったことがあった。
 でも、戴いた線香の香りの違いも母は分かっていた。大発生し始めたカメムシも、匂いで存在に気づくこともでき、その臭さを嫌っていた。
 母の嗅覚も、機能していた。

 上辺を繕うだけの母は、台所の掃除もいい加減だ。薄暗くなっても照明も点けず、味見をしないで、いい加減な料理を作る。食べる際に、塩っぱ過ぎたとか、味が薄過ぎたなどと言う。
 母の味覚も、機能していた。

 手も器用に使えた。
 二足で歩くこともできた。
 母の触覚も、機能していた。


 知能を構成している各器官や知能の機能は、誰でも直に経験し続けていて、意識し識別し思考し理解もし活用しているだけに、普段どうなのかも記憶に残っているし、平常どおりでなかったり異常がある場合は本人は気付く。
 つまり、記憶に残っていることと、現在の状態とが、一致していれば平常どおりで、相違しているだけで平常とは違うことに気づくし、異常があれば困りもするので当然に気付く。
 猫でも、どこかが痒くなると、そこを掻く。
 知能を構成している各器官に関しては、日常生活で活用するようにもなるだけに、平常どおりに機能しているか否か(異常が無いか)を、日常的に無意識にチェックしているような状態になる。
 眠くなっただけでも気づくし、なかなか眠れなくても疑問視する。

 そういう点も、母の精神面が平常どおりに機能していることは、母の言動や振る舞いが物語っていた。


 会話ができたわけだから、相手が話したことを、自分の記憶にあることを参考に識別や解析を行い、知らない部分があれば必要に応じて尋ね、辻褄が合わないと納得できなかったり不信感を抱いたりし、辻褄が合っていると納得し理解して、相応の自分の気持ちや考えを文章化して話すこともできたし、相応の行動もしていた。
 それらは、記憶力も識別力も思考力も理解力も予想力も発揮していたことをも物語っていた。

 それらのことからは、突然ボケるとも考えられなくなった。


 でも、そういうことは知らないからこそ、母は「ボケた」と言って落ち込み、それを繰り返す。
 そんな母が理解できることも、限られている。

 知能の構成している各器官が平常どおりに機能しているか否かなら、誰でも日常的に無意識にチェックしているような状態にある。
 知能の構成要素は、誰でも共通でもある。
 これらなら、指摘も容易だ。
 指摘されれば、母でも自覚できるはずだ。


 母がボケたと言い出すと、母の平常どおりに機能している点を、私は指摘するようになった。
 母は、平常どおりに機能している点を自覚するのだろう、平常に戻った。

 母は、本当にボケているわけではない……。
 むしろ、俺が言葉で指摘したことを、母は理解できたから、自身の平常どおりに機能している点も自覚できたはずだ。
 馬鹿げたことであることも、そのうちに理解するだろう……。






テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 構って欲しいのと落ち込みでは?

ご来訪ならびに、久々のコメント、ありがとうございます。

いただきました丁寧なコメントには、思い当たることがたくさんあります。
とても参考になります。

ただし、私は、甘やかしませんでした。
むしろ、可能な限り事実を指摘して、自覚させました。
私も、理由を推理してゆき、相応の対処をしました。
その結果、落ち込まなくなり、「ボケた」と言わなくなり、数年経過しました。
というわけで、その内容を公開すべく、投稿を開始した記事になります。

ですから、本記事は、まだまだ続きます。
落ち込まなくなり、「ボケた」と言わなくなった、その理由であろうことが明らかにされてゆきます。

夏場は野良仕事優先ですが、投稿は毎月2回がノルマです。
ご支援、よろしくお願いします。
 

構って欲しいのと落ち込みでは?

「認知症」
大変です。
自分の年齢がわからなくなり、
五分毎に妻に聞き返す。
物盗られ妄想が出てきて、
実の娘に、
「お金を盗ったろう!」と怒鳴り喚き散らし、
数時間かかってやっと探し出してあげると、
「それみろ! やっぱりお前だ!」と、
さらに怒りを募らせる実母。
大人しいお嫁さんに、
つかみかかったり殴り付けたり、
噛み付いたり唾を吐きかけたりで、
たまらなくなって施設に預けるなど、
悲惨の一言です。
お母様は、
構ってほしいのでしょう。
「ボケた」と言えば、
周囲は驚きますし不安になります。
そういうことだけは、
海千山千の老人は、
よく見ておりますし、
我が子の性格を知り尽くしていますから、
どう反応するか計算ずくで、
様子を見ている事もあります。
夫の生前、我がままを言うなど夫に依存していた妻は、
夫が死ぬと一様に落ち込んで、
今度は我が子や嫁に依存しようとすることがあります。
その人が良き母であり優しい姑であったなら、
子も嫁も可哀想に思えるのですが……
ただ、
放置すると本当に、
いずれ筋肉が衰えたり、
本当に認知症を発症したり、
深刻なうつから認知症になったりしますから、
無理にでも一度、
神経内科ぐらいに受診させて差し上げるのが、
良いかと思います。
今なら抗鬱剤も良い物があり、
認知症のお薬も初期なら効きますから。
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR