生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ★草稿「おまえはボケてはいない」

Ⅳ. 保険証を失くした


 
「ああ……」
 階下で、ボソボソ言い始めた母。
 もしかしたら……。
 私は耳を澄ました。


 母は、しばらくやっていなかった。

 野良仕事を始め、現実的なことに追われるようになり、現実離れした妄想には陥らなくなったのだろう、と考えていた。

 やった場合も、毎回、一時的で終わり、平常に戻る。
 母は、自分で「ボケた」と想像し、それを基に心配し、心配するあまり思い込み、落ち込んでいるに過ぎない。
 幾度も繰り返しただけに、馬鹿げたことであることを自覚できるようになって、やらなくなったのかもしれない、と期待もしていた。


「あぁ…ボケてしまったぁ」
 そう聞こえた。
 母の嘆きは、居間のほうからだった。

 解決したわけではなかった。
 母は、自分で「ボケた」と想像し、それを基に心配し、思い込み落ち込んでいるに過ぎないことを、まだ理解できていなかった。

 母は、勝手に「ボケた」と思い込み落ち込んでいる。
 その要である内面的なことを無視して、外見だけを基に判断し、真に受けて、俺までがボケ扱いしようものなら、母をますます「ボケた」と思い込ませ落ち込ませることになる。
 そうなれば、困るのは俺なのだ。
 自ら災いを招く軽薄で愚かなことは、何もしないことよりも劣る。
 余計なことを抱え込むことだけでも、阻止したい。

 むしろ、放っておいても、母は平常に戻る……。
 そうした方が、母には分かりやすいかもしれない。
 想像が基になっているに過ぎず、実際に何かが起きているわけではないんだから。


 というより、俺が言ったことも、相変わらず、母は聞いていなかったことになる。

 それとも……、俺が憶えたことは、間違っているのか……。
 そんなはずはない。
 重要な部分は、自分の経験を基に理解した。理解できたからこそ、改善もできた。かつては想像もできなかった今の自分が在るのが、何よりの証だ。


 母こそ、憶えようとしない。
 そもそも基本的な学習能力は発揮していない。
 これだ。何も憶えようとしないことこそが、問題だったのだ。
 必要なことを憶えようとし、必要なことを憶えさえすれば、解決することなんだから。
 むしろ、そうすれば、何もかも解決する。

 ボケたか否かは、もう二の次でいい。
 想像云々も、後回しでかまわない。
 改善や反省云々でもない。
 でも、一向に憶えようとしない母に、どうやって憶えようという気にさせればいいんだ。


 母は、なぜ憶えようとしないのだ……。
 母の知能を構成している各器官は平常どおりに機能している。
 会話でき、約束事も可能なわけだから、思考力も理解力も発揮している。
 自分で想像して心配し思い込んでいるに過ぎない馬鹿げたことなのだと理解するだけで、むしろ繰り返し難くさえなるはずだ……。

 母にも、学習能力はある。
 若い頃に和裁を習得した母は、俺たち三人を育てた頃、内職で花嫁衣装や寝具などを手縫いで仕立てたものだった。


 むしろ、誰でも、誕生当初は寝返りもできない。
 誕生後に、環境上の刺激とともに、自身の各感覚器官や意識や記憶力や感情などの個別の特徴や知能の構成要素は、直に経験し続け、相応のことが記憶に残る。
 その記憶を参考に、識別や思考や理解や予想などもするようになる。
 だからこそ、それらを可能にしている知能の構成器官(各感覚器官や意識や記憶力など)に異常があれば、気づく。つまり、知能の構成器官に関しては、平常どおりに機能しているか否かを日常的にチェックしているような状態になる。
 その上で、記憶を参考に識別や思考や理解や予想などを行う。つまり、知能の構成器官を随意に活用するようになる。
 気になることを意識する。不確かなことは確かめようとする。そうしたことに関する記憶も確かになり、それだけ確かな識別や思考も可能になり、適切な振る舞いが可能になる。
 繰り返し接したり観察したり確かめたり試したりしたことほど、そのことに関する記憶は詳しくもなる。
 記憶に詳しいことがあることほど、それを参考にして行われる各部の識別や思考や予想も可否や是非の判断なども的確に行えるようになり、相応の結果にもなる。
 その、知能の構成器官を活用して内面で行う情報処理(識別や思考や予想など)が熟練するからこそ、動作や会話などの基本的なことは、記憶を参考に条件反射的な速さで行えるまでに熟練する。

 それらを以て、誰もが生活するようになる。

 動作や会話などの基本的なことは小学生の頃に熟練するわけだから、十年前後も要する。
 大人になってからでも、努力と時間さえ惜しまなければ、詳しくもなれるし上達もするし熟練することもできる。
 そんなことに期待し、楽しんで臨み、達成して喜ぶ。
 そんな面が、母には無い。

 世代を超えて進化し、文明や文化も世代を超えて進歩したのに。


 母は、一切、憶えようとしなくなった。なぜだ……。いつからなのだろう……。
 憶えようとしなくなった理由が分かれば、その解決も可能になるのだが……。
 電話の子機への切り替えも、憶えようとしない。
 備わっている知能を、母は活用していない。

 やってみようとすらしないで、「憶えられない」と即答する。
 見ただけで分かることも、見もしないで勝手なことを言う。
 考えただけで分かるようなことも、考えず、自分の愚かさを棚に上げてまで勝手なことを言う。
 火事を出しても不思議ではないほど、いい加減だ。
 だからこそ、本来の能力を発揮させるために、俺はあえてやらせてきた。
 それゆえか、一時期よりは、改善された感じがする。
 が、油断はできない。なにをするにも、ブツブツ言いながら仕方なく嫌々やるんだから。
 上辺だけや見せかけだけの、いい加減なことばかりしているのに、自分だけ大変な目に合っているような態度をする。
 炊事まで、俺にやらせる。俺は料理は趣味ではないが、学習に関しては詳しくなれるし、憶えるだけ得をする。が、母は、ますます堕落する。
 備わっている知能を、母は誤用している。
 安易にボケ扱いすることは、母にますます「ボケた」と思い込ませ落ち込ませることであることは間違いない。


 母は、必要以上に世間体を気にする。見た目だけ優先し、見た目だけを繕う。
 見た目を繕えなくなると、拗ね、泣き、強情まで張る。
 繕えなくなると、自棄的に嘆きヒステリックにさえなる。
 そんなことに、学習しなくなった要因が潜んでいるのか……。
 改善しようとしない。反省すらしない。「そうかもしれない」と言うことさえ、めったに無い。
 自分の都合しだいで、憶えていない、知らない、と即答する。
 他を疑っているような振る舞いばかりで、他を信用しているようなことが無い。
 騙し欺くことに固執しているようなものだ。
 つまり、見抜けないだろうと侮っている。
 備わっている知能を、悪用さえしている。

 思い当たる過去の母にさえ、腹が立つ。
 未解決なままだからだが、母には逆らい難いことも事実だ。
 説得する実力が無いからでもあるが、直に糾弾するには抵抗があり、葛藤が生じる。
 自分に生じる葛藤だけに、その要因を、自分の記憶の中から探す。微かに感情は甦る。それが、年々、曖昧になる。その解明は、もう絶望的だ。
 でも、それゆえに葛藤は緩和され、以前よりも言えるようになった。「馬鹿たれ」、「くそ婆」、「おまえは鬼か」、などと……。
 親子だからこそ言えるわけだが、そんな言葉を使ったところで、母は悟れない。

 むしろ、俺も着実に老化し、残り時間は無くなる一方だ。

 母は、膝がどうとか、腰がどうのと言い、月に一回は整形外科にも通院している。
 運動不足ぎみで、骨粗しょう症も始まっているという。
 好き勝手にさせておくと、本当にボケかねない。
 そうなれば、俺が困ることは歴然としている。
 そんなことは、母は考えもしないんだから。


 階下の母は、静かになった。
 物音一つしない。
 気配さえ感じない。
 その静けさが、私に腰を上げさせた。

 居間のテレビの直ぐ前に、母は座っていた。
 総入歯を外した萎んだ皺だらけの口は空いている。
 意識は内向しているのか、目は泳いでいる。
 肩からは力が抜けている。
 本当にボケたのか……。
 諦観、悲哀、初めて経験するような感情がよぎった。

 でも、内面的なことだ。見た目で判断できることではない……。
「どうした?」
「……」
「ん?」
「ボケてしまった……」
 母は俯き背を丸め小さくなった。
 絶望というより、パニック気味に見えた。
 そこまで思い込むなんて……、馬鹿か……。
 でも、会話は成り立っている。
 感情も思考力も、機能している。だからこそ、不安にもなるし、パニックに陥りもする。
 想像が基で、むしろ知能を構成する各器官自体は正常に機能していることが実証されている。
 感情も思考力も機能しなければ、不安にもならないし、パニックにも陥らない。そうなればこそ、ボケている可能性がある。
 今回も、ボケたと想像して思い込んでいるに過ぎない。

 母の前に、私は胡坐をかいた。
「ボケてはいない。落ち着け」
 とは言ったが、母は、平常どおりであることをすら識別できないし自覚できない。だからこそ、むしろボケたと想像し、想像に過ぎないことも自覚できないから、本当にボケたと思い込んでいる。
 今の母に、想像に過ぎないことを自覚させることは至難だ。

「ところで、ボケたと思う、理由は?」
「なんにも分からなくなった……あぁぁ」
「そんな演技は、要らない。大げさな演技をするほど、おまえは思い込むんだから、それは止めろ」
「……」
「むしろ、それだけ分別できるんだから、ボケているわけでもない」
「……」
「俗に言う、頭の中が真っ白にって何も考えられなくなったことは、俺も何回かある。でも、そういう状態になっていること自体は、俺は分かっていた。おまえも、なんにも分からなくなったこと自体は、分かっているわけだろ」
「……」
「なんにも分からなくなったのに、そうであることを客観的に捉えることができているわけだから、ボケていない証拠だ。むしろ、知能の高度な面を発揮できている証拠だ」
「……」
「会話だってできている。会話は、犬や猫などはできない。とても高度なことだ」
「……」
「俺が話した内容を、おまえは記憶にあることを参考にして解析している。必要なことが記憶に無い場合は、憶えていないとか知らないと言うし、必要なら尋ねたり確認したりもする。つまり、価値判断もしていることになる」
「……」
「俺が言ったことが、本当にそうか否かなども考えて、理に適っているかも判断し、応える必要が無いと思えば答えないし、応えるべきだとも判断した場合には返答する。返答する気持ちや考えなども、整理して文章化できないと応答はできないのだ」
「……」
「実際には、もっと複雑なことを頭の中で瞬時に行えるようになったからこそ、会話できる」
「……」
「相応のことが、現にできている。だから、ボケているはずがない」
「……」
 母の手が、何かを探すような小動きをした。
 思い込みからは解放されたのか……。
「誰でも、会話は、赤ん坊の頃に片言で話し始めて上達する。俺たちは、そうして育ったはずだ。そうであることは、おまえの方が詳しくても不思議ではない」
「……」
 けれども、自分の意思で頭の中でやることも、上達し熟練すれば用が足りすので、それを客観的に把握する必要は無くなり、熟練すると速過ぎて把握し難くもなる……。
「前よりも悪くなってるし……」
「……そんなことはない。それだけ分別できる。会話だってできる。どれも、ボケていない証拠だ」
「……」
「感情だって機能している。分別力も感情も機能しているからこそ、心配になるし苦にもなるわけだろ。それだって、ボケていない証拠だ。ただ、老化は、仕方がない」
「……」
「いつも言うが、まず、ボケたと思うのを止めろ」
「……」
 母は、背筋を少し伸ばした。
「『なんにも分からなくなる』って? どういうこと?」
「保険証……。どこにやったのか、なんにも憶えてない……」
「そういうことだったのか。見ているものを分別するよりも、『憶えていない』とか『知らない』とか『忘れた』とかを分別できることの方が高度なことだ。記憶にあるか否かを判断できているわけだし、自分の精神面を客観視ができているということでもある」
「……」
「保険証?」
「どこにやったのか、なんにも憶えていない……」
 保険証と言えば……。
 個人別に名刺サイズになり、郵送されてくるようになった。そうとも知らず、母はゴミとして燃やしたらしく……。
「再発行してもらってから、一ヶ月も経っていないだろ?」
「だからぁ……。はぁぁ…」
「それは、止せっ。大げさな演技をするほど悪い方に向く。むしろ冷静になれ」
「……」
「見つからなければ、また再発行してもらうしかないだろ」
「……」
「見た目だけを繕って生きてきたに過ぎないのに、何様かのつもりになっていたからだ」
 今こそ母の強情さを打開する好機であるかのような気がした。
「……」
「現に分別力があるのに、その分別力で勝手に『ボケた』と想像し、決めつけて、思い込んでいる。そんなのは馬鹿げている。俺までイライラする」
「……」
 本音だったが、母に逆効果なことは、結局、私が困ることになる。
 母は、見た目を優先する。言い訳し、強情まで張る。それが駄目だとなると、自棄的になる。
 改善どころか反省することすら無かった。
 だから、「馬鹿タレ」と言うしかなくなる。
 でも、母が、自棄的になり、会話もしなくなり、分別すらしなくなり、すでに老化している能力を使わなくなると、本当にボケてしまいかねない。
 ボケれば、母自身は苦さえ無くなるのだろうが、そんな馬鹿な母に、俺の人生が奪われてしまうなんて……。
「ボケてはいない。だから落ち着け。とにかく、一旦、冷静になれ」
 自分にも言い聞かせた。
 俺が困らないためには、相応のことを俺がするしかないのだ。

「ところで、ちゃんと探したのか?」
「思い当たるところは、全部探した」
「最後に使った病院は?」
「再発行してもらってからは、使っていないから」
「記憶を辿っていけば思い出せたりするものだが……」
「……」
「知能も備わって産まれて八十年以上も生きているのに、勝手に決めつけたり勝手に思い込んだり、いい加減さが習慣になってしまっているからだぞ……」
 母が不機嫌な表情になった。
 つい思い知らせたくなるが、この歳になって自ら負担を増やすようなことをするのも愚かなことだ。
「ボケているわけではない。しっかりしろ」
「そう言うけど、なんにも思い出せない」
 母は、テレビ台の中を探し始めた。
「俺も、記憶力は衰えている。視力や聴力が衰えると、記憶に残ることも減少する。でも、それは単なる老化だ。ボケではない。むしろ、分別力はある。なのに、その分別力でボケたと想像して思い込むのだけは止めろ」
 母は、自分の寝室に行った。
「どこにも無い」
 そう言い、母はテレビの前に戻った。
「メガネも、意外なところに置き忘れてたりするだろ」
「保険証だから、とんでもないところには置かない」
「実際に無い所は、何回探しても見つからない。だから、まだ探していないところを探すしかない」
 そう言えば、タケノコ(ネマガリタケ)を採りに行ったとき……。リュックは置いた場所にあったのに、よく見もしないで無いと思ったばっかりに、そこ以外の実際には無い場所ばかりを探した。
 いい加減なことばかりしている母にも、その可能性はある。
「いつもしまうところは、どこだ?」
「肩にかけるこのバッグ。いつものように入れていたはずなんだけど、見ても無かった」
「ちゃんと見たのか」
「何回も見た」
「じゃ、そのバッグの中のものを全部、ここに出してみろ」
「この中は入っていないって」
「いいから、逆さまにして中のものを全部ここに出してみろ。内ポケットの中のものも、全部だ」
 母は、ショルダーバッグを逆さにして中身を出した。
「それ、保険証だろ?」
「あ、あった」
「憶えていたところに実際に有ったじゃないか。記憶も確かだ。ボケてなんかいないだろ」
「よかった~、有って」
「目も見える。見るだけで分かることだろ」
「ああ~、よかった~」
「いいかげんに見ただけだったからだぞ」
「こんなに早く、また再発行してもらいに行くのかと思って、気が重かったんだ」
「そんなことまで分別していたのか」
「……」
「頼むから、ろくに確かめもしないで、勝手にボケた思い込むのも、止めろ」
 バッグから出した診察券などに紛れて、同じようなものが……。
「これも保険証だ。ほら」
「あ、ほんとだ」
「このあいだも、よく見もしないで、再発行してもらったということか、まったく……」
「やっぱりボケてきている。ひどくなっている」
「いい加減なだけだ。よく見もしない。確かめもしない。ろくに考えもしない。勝手に妄想し思い込むようなことばかりしてきたからだ。ボケじゃない」
「おまえがそう言うんなら、そうなんだろ」
「他人事みたいな言い方をするな。そうやって、不都合なことは認めまいとする。誤魔化す。反省しない。改善しない」
「我が儘だから」
「むしろ、狡いんだろ。大変な目に合うぞ」
「返した方がいいかな、一つは」
「え……。返すより、予備にすればいい」
「また失くすといけないから、そうする」
「あと、いくらも生きられないんだぞ。しっかりしろよ」
「……」
「このあいだの、何かに気を取られると他のことを忘れることも分かりやすかったが、今回は更に分かりやすいだろ」
「……」
 むしろ、今回は、勘違いや思い込みを理解するには格好の経験だ。
 こういう経験に基づいたことなら、母でも理解しやすいはずだ。
 以前よりは、俺が言ったことを聞き入れている感じがする。
 そう思ったが、その場では、自分も整理できなかった。


 自室で、整理してみた。

 実際には、いつも通りにショルダーバッグの中に保険証が有った。
 なのに、ショルダーバッグの中をよく確かめもせずに、無いと想像し、思い込んだ。
 だから、実際には保険証が有るショルダーバッグの中だけは探さなくなった。
 当然に、ショルダーバッグ以外の実際には無いところばかり探した。いくら探しても見つかるはずがなかった。だから、焦ったのだ。
 そして、今度は、ボケたのかもしれないと想像し、思い込んだ。
 つまり、精神面は平常どおりに機能していた。
 なのに、精神面は平常どおりに機能していことを確かめもしないで、ボケたかもしれないと想像した。結果的には、平常どおりではないと想像した。
 当然に、精神面が平常どおりに機能しているか否かは更に確かめなくなった。
 結局、ボケたか否かをはっきりしたいが、ボケたか否かを判断する知識は無いので、具体的な否定も肯定もできない。
 あるはずがないところばかりを探していたようなものだった。的外れなことにばかり知能を駆使したために全く空転していた。
 そうであることを自分で把握できなかっただけに、結局、何が何だか分からなくなり、ボケてしまったのだと思い込んだのだろう。

 タケノコ採りの時は……。
 現地に着き、タケノコ採りをする場所も決まった。
 昼食などが入っているリュックサックは、分かりやすそうなブナの大木の根元に置いた。
 その周りで、小袋を袈裟懸けにしてタケノコ採りをはじめ、小袋が一杯になり、リュックを置いたはずのブナの大木の根元に行った。が、リュックが無い。
 慌てて、それらしい他のブナの大木の根元を次々に探したが、どこにも無い。
 結局、諦めて下山することに決め、念のため、最初に置いたと思っていたブナの大木の根元に寄ってみた。そこに、リュックが有った。
 つまり、置いた場所を憶えていたし、そこに実際に有った。
 ところが、見る角度が違い、シダなどの葉に隠れて見えなかった。それだけで、無いと思ったので、それ以上は確かめもせず、無いと思い込んでしまった。
 だから、そこ以外の実際には無い所ばかりを探した。

 そのことを思い出したから、バックの中身を全部出させた。
 その結果、ほとんど同じだった。

 テレビで、タイムカプセルを探した番組でも、そうだった。
 実際にタイムカプセルを埋めた場所を最初に掘り当てた。が、何とかという理由で、これは違うと言って、埋め戻してしまった。
 当然に、そこ以外を探したわけだが、あるはずがない。
 結局、最初の場所を掘り直し、そこだったことが判った。
 その結果、一部始終も解明された。

 テレビの気象情報を見る時も、基本的には同じだ。
 何かに気を取られると、他のことは疎かになるのも、基本的には同じことなのだ。

 俺の気象情報も、想像に過ぎないので、外ればかりなのも同じようなことだ。

 つまり、精神面は平常どおりに機能している。だが、そうであることは確認もしない。
 それ以外の、知りもしないことに気を取られたり、有りもしない所ばかり探すことに夢中になる。
 そうであることは分かっていないので、パニック気味になる。

 いずれにしても、知能自体は平常通りに機能していることが実証されている。
 むしろ、思考力が機能しているだけに、老化を、ボケと勘違いしている可能性もある。

 もちろん、悪化すれば俺が困る。
 母にも、思考力も理解力もあるのだ。
 経験に基づいたことほど、理解しやすい。
 母のおかげで、俺だけが詳しくなっても……。
 今のうちに理解してもらおうと思い、母に話した。

 思えば、こんなに話すようになったのは、母が「ボケた」と言うようになってからだ。
 母が率直には聞き入れないからでもあるが、深刻な内容だったからでもある。
 話す内容よりも、話すこと自体に意義があるのか。
 そもそも、難しいことを母に理解させることが、無理だったことは間違いない。





テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR