生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは誰でも直に経験し続けるわけであり、生きていることがどういうことかは人生の理由に相当する。
 感じ意識し識別し思考し、経験し学習し上達し、共通の約束やルールなども理解し合えるようになり、相応の行動も可能になり、信頼し合い尊重し合うようにもなる。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、経験や学習や理解の性質上、誰でも直に経験し続けることを理解しそびれもし、経験や学習や理解の内容は十人十色にもなる。
 知らないことは想像もし、勘違いもするし思い込みもし、他に目を奪われ心まで奪われもし、肝心な自分や人生を見失いもし、好みや価値観は個人毎に千差万別になる。
 そういうことは、理解し合うことも困難になる。
 千差万別になり、理解し合えないので、競い争いもし、暴力的に片づけさえする。
 つまり、知能を、誤用もするし、悪用するようにさえなる。
 そうなることは、むしろ避けたいです。
 生理面は、自律しているわけですから、絶妙にできている。
 が、学習し理解した内容には、間違いや勘違いや思い込みもある。
 そうであることは、歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 趣味の写真「普遍に臨む」

意識の切り替え中

 
 沢山の応援アクセス、ありがとうございます。
 きわめて個人的な内容の当ブログだけに、恐縮しております。

 応援アクセスに励まされて、草稿「おまえはボケてはいない」の書き出しを終えることができました。
 もちろん、自分には勘違いや思い込みもある。勘違いし思い込む理由や性質も分かっている今では、それをあえて利用したりもします。
 なので、当草稿からは、一旦、離れます。
 いずれ、再編集や推敲を重ね、分かりやすく整理し、完成度を上げます。


 意識の切り替えが必要だと思い始めた頃、天候はまだ好転しなかったのだが、ヤフオクの中古のデジタル一眼を覗いてみた。
 かつて、写真は早々に諦めたのだが……、私の人生は学習が基本でもある。
 八年前後前に発売された中古だと、思っていた以上に安い。それでも、使いこなせないほど高性能だ。
 意識の切り替えには好都合だということで、買った。
 届いたデジタル一眼レフを久しぶりに手にし、雲間から青空が見えた日、野良仕事もサボった。
 しかも、衝動的に出向き、家から25キロほど先を目指した。


現地-2016(拡大表示)

 現地は、標高700m余のブナ林。
 かつては、下見にまで来た場所だった。

山アジサイ-2016(拡大表示)

 なんと、ちょうど開花中。
「お久しぶりです。すっかりご無沙汰して恐縮です」
 っていう感じでした。

山アジサイ-2016(拡大表示)



 意識の切り替えのために、次の構想も開始しました。
 カテゴリー◆無知の悟「俺は、病気じゃない、異常でもない」
 この内容は……

 かつて、自分が精神的に深く落ち込み(当時の名称では精神分裂病)見えない壁に直面しているような状態を3年間も余儀なくされた。
 が、それは、好ましいことではなく、望んでいることでもない。
 しかも、知能を構成している各感覚器官や意識や記憶力や思考力などが平常通りに機能していることに気づき、「俺は、病気じゃない、異常でもない」かもしれないと思った。
 つまり、それまでは、「俺は、病気かもしれない、精神面が異常かもしれない」と思っていた。が、逆に、そうではないかもしれないというイメージを意識し始めた。
 もちろん、知能を構成している各感覚器官や意識や記憶力や思考力などが平常通りに機能していることを今更のように確認し、「俺は、病気じゃない、異常でもない」んだと実感した。

 そのことを基に、それまでの3年間のことを考えると、「俺は、病気かもしれない、精神面が異常かもしれない」と思っていたのは、それを否定したり覆すだけの具体的なことを知らなかったがゆえだったということも判った。
 もちろん、逆に「俺は、病気じゃない、異常でもない」かもしれないと思ったことの方が的を得ていたことになる。

 それらを更に整理して具体的に解明してゆき、「俺は、病気じゃない、異常でもない」んだと納得し確信した。
 それどころか、未理解だった肝心な自分に関することを、いよいよ具体的に理解しはじめただけに自信を得ていった。

 結局、超個人的な世界に入っていったわけだが……、
経験や学習上は個人毎に千差万別になる面が整理されたことで、
「経験や学習以前に存在し自律して機能している生存上の基礎や基本的なことこそ普遍的で共通なのだ」ということまで理解を深めます。

 その根拠や理由で構成された内容になります。
 今度の冬に、書き出す予定で準備を進めています。


 夏場は、野良仕事優先&老化には厳しい暑さが続いております。
 でも、投稿のノルマは毎月2回、これは守ります。
 応援アクセス、よろしくお願いします。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
FC2アクセスランキングのみ参加中です。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。

こちらからのお礼の応援アクセスは、
冬期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
350位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
60位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR