生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは、誰でも直に経験し続け相応の学習もするわけですから人生の理由に相当する。
 感じ意識し、記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合え協力し合え信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 経験や学習や思考や理解、ゆえの信頼や尊重や愛や幸福、それらは売買は不可能だ。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することでも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 好みや価値観は百人百様になる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは難しくなる。
 理解し合えず、私利私欲を貪り、相殺し競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは避けたい。
 つまり、自律して機能している生理面は高度で絶妙な秩序に基づいて成立している。
 が、経験し学習し理解する内容は、限られ、偏りもし、錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、隠蔽も抹消も偽装も捏造もし、知能を誤用もし悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 趣味の写真「普遍に臨む」

霧は……

 
 せっかく見つけた新たな撮影ポイントだったのに、ここまで、霧は登ってきたりする。
「山頂へ行け」と追い立てるように……。

 霧の上空では、久々に朝焼けしている。



下界では(拡大表示)



 急いで、山頂(標高700余m)へ向かった。
 距離、15㎞弱。ほとんど上り坂だ。
 推定所要時間は、30分。



山頂より-a(拡大表示)



 雲海の下と上とでは、まさに別世界だったのだ。

 もしかして、上空が晴れていると、下界で霧が発生するのか……。
 思えば、下界では、晴れていて期待した朝に限って、日の出が近くなると霧が発生した。
 下界では朝霧が発生したり、濃霧にまでなっていた日に限って、上空はこんなに晴れていたということか。
 あっちゃー。

 でも、意識する対象を切り替え、行動して確かめたから、心のモヤモヤも晴れた。



山頂より-b(拡大表示)



 かつて、自分のことをすっかり一人前になったと勘違いして思い込んでいたに過ぎなかったことに気づき、実際には肝心な自分のことをほとんど知らなかったことが分かった。
 そんな自分に絶望したに等しかったあの日、泣き寝入りした際に見た夢までが精神状態を物語っていた。
 夢の中で目覚めたら、ぼんやりと明るいだけで濃霧の中にいるようだった。そして、まだ幼い自分だけが残され、他の誰もがどこかへ行ってしまったんだということに気づいた。
 あまりにも孤独で、実際に目が覚めた。

 その後、深く落ち込んでゆき、その理由の把握もできず改善もできないまま三年も経った。
 当時の精神状態は、見えない壁に直面しているようだと思った。

 三年後に、三年間も解明できず解決できなかった理由も明らかになり、解決できた。
 つまり、不本意だらけで自分の精神面に関することだったのに把握すらできず、自分の考えの無理や矛盾なのに解消できなかったがゆえに三年も経ったのだった。

 その後、写真を撮り始めた頃、霧が晴れて隠れていた木々が現れたのを見て、実態を把握し始めた頃は、この状態に似ていたと思った。
 自分が知らないだけで、実際には何もかもが存在していたのだから。


 そんな経験が脳裏に浮かんでは消えしたのも、今日こそはと期待して臨んだのに、霧が発生して濃霧に包まれてしまうからだった。

 また、あの三年間は、直そうとか、改善しようとか、解決しようとかはしていなかった。
 見知られれば精神異常者扱いされる(不利で都合だ)と思い、それゆえに隠そうとし、尤もらしく見せようとか、偽ろうとさえしていた。
 が、騙し欺く類のことだけに抵抗があり、結局、人と会わずに済む夜型の生活に変わり、自室から出ることさえ大儀になった。
 精神異常者扱いされるよりは、病気扱いされた方がいい。などと、自分が、わざわざ勘違いするようなことを考え、無理に思い込もうとさえしていた。
 つまり、受け入れ難いことなのに、受け入れざるをえないだろうとまで思っていた。
 もちろん、そんな実態をすら把握しようとしていなかった。直そうとか、改善しようとか、解決しようともしていなかった。
 だからこそ、三年間も解決も改善もできなかったのだ。やっと、そうだったことに気づいた。
 省みると、把握を困難にするようなことに囚われ、解決を困難にするようなことをさえしようとしていたことも判った。
 実態に対して、考えていた内容に無理があり矛盾さえしていた。
 そんなことさえ把握できなかったからこその三年間だったことを、ようやく把握し始めた。

 上辺を繕う必要すら無い。
 まして、競い争うことに囚われている人たちとは、理解し合えない。
 他人を、気にしている場合じゃない。
 自分が、彼らに対しては悪いことをしたわけでもないんだから。
 むしろ、尤もらしく見せかけ優れたことであるかのように見せかけているに過ぎないことを見抜けず、そんなことに惑わされ目を奪われ心まで奪われたからこそ、肝心な自分のことをほとんど知らないまま見失い、自分のことを勘違いし思い込んだことになるんだから。

 人と会うのを避けたのも事実を出るのが大儀になったのも、理に適っていた。それゆえに、自分を省みれるようになったわけだから。
 あえて、他人を気にしなくても済む努力をしたことによって、更に自分のことを省みやすくなった。
 考えて、自分の記憶にあることを整理するだけで、自分のことを具体的に理解できることも分かった。
 自分のことを具体的に理解するほど、心の中の霧は晴れていった。


 そんな経験もあったからこそ、せっかく見つけた新たな撮影ポイントにも拘らず諦めて、意識を山頂に切り替えた。
 それを、行動して確かめた。だからこそ相応のことが判り、心のモヤモヤも晴れた。
 いわば、知らなかったことを憶えることが、基本だから。


 展望台の北側の支障木も、許可無しでも問題にならないであろう範囲は処理した。
 山頂は、あきらかに紅葉が始まっている。
 下界は、稲が黄金色になり始めている。
 りんご「つがる」も、すっかり赤くなった。

 空気が澄み渡るこれからこそが、たぶん、朝焼けや日の出の撮影には格好の季節でもあるのだ。

 自分は、まだヘマばっかりで右往左往しているのに……。
 情報収集の段階なので、距離3㎞余の撮影ポイントだったこともあって、毎朝のように行っていたが……。
 山頂まで登るとなると、燃料代も馬鹿にならない。
 精神面の理解に的を絞った生活をしてきただけに、絵に描いたような貧乏暮らしなのだ。
 確かな気象情報を早く得ないと……。

 人為的なことに満ちた下界を離れて、山頂から仰ぐ世界は、普遍的な存在ばかりであり、まさに天国に近い。
 普遍的なことに関する相応の情報も得るには格好の環境でもある。

 思えば、子供の頃に遠足で登った時に、聞いた。
 昔、この山で、仏教のある宗派が修業を行っていたのだと。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
56位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR