生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 趣味の写真「普遍に臨む」

失敗は成功の基

当記事は6画像につき、重いかも……。


 めったに見ることができないほど見事な夕焼けを、撮り逃した。それがトラウマになったかのように、車の燃料消費も増えた。
 が、理解済みだったトラウマに関しても、再確認できた。
 撮影に関しても、それだけ多く事実確認ができた。
 いずれも、反面教師的で、「こういう場合は好結果にならないんだ」という情報ばかりだが……。

 失敗の理由を具体的に把握するほど、同じ失敗は繰り返さずに済む。
 失敗が減少するだけ、好結果が着実に増えてゆく。
「失敗は成功の基」とも言われる。

 反面教師的な情報収集ばかりだが、決して無駄ではない。





撮影も今一だが、久々の朝焼けだった。20161002-朝





この雲には、あの時の夕焼けを期待してしまう。20161002-昼





格好の雲だが、夕焼けの気配も無く暮れた。20161002-夕



 トラウマも、安易に毛嫌いすべきではない。
 期待が萎えそうにもなりかけたが、失敗を恐れるあまり何もしないと、期待する楽しさも無いし、進歩も喜びも無い。

 本来は、知らなかったことを憶えることができ、詳しくもなれるし、詳しくなったことほど細部の識別や判断や予想なども可能になる。
 よって、できなかったことも、随意にできるようになり、上達もし、誰でも記憶にあることを参考に情報処理ができるようになるだけに条件反射的な速さでできるようになり、基本動作や会話は熟練する。
 だからこそ、日常でも、不具合があると、その理由を知ろうとし、解決しようとする。
 事実関係を具体的に理解するほど、その具体的な理由が分かっているので、支障はなくなる。

 逆に、失敗を隠し偽ったりすることは、知能の誤用であり、知能の悪用に通じる。
 そんな事実関係でさえ、具体的に理解するほど、隠し偽り難くなるわけだから。
 当然に、もっと詳しく知ろうとするようになる。


 思えば……
 小学生の時、川で遊んで、溺れた。
 知られると叱られるので、親には知られまいとした。
 自分でも思い出すまい考えまいとし、いつしか溺れたことは忘れた。
 社会人になってから、海の水に異様な恐怖感を感じた。が、理由を知ろうともしなかった。
 会社で海水浴に行った際も、海水浴場に有ったプールの水にさえ異様な恐怖感を感じた。具体的なことは不明なので、不思議だった。

 その後、知られれば不都合だと思うことを隠し偽ることの悪影響を知った。よって、想い出すまい考えまいとしていることが記憶にありはすまいかと探した。
 その際に、単純に、自分は水恐怖症だったと気づいた。意外にも、小学生の時に溺れたこともありありと想い出し、溺れたことを知られまいとしたことも想い出した。
 そのまま自分でも思い出すまい考えまいとし、忘れたのだと考えられた。が、実際には記憶に残っていたわけだから、想い出さなくなっただけだったことになる。
 つまり、水が目の前に迫ると、溺れたときの恐怖感だけは生存に関わることだけに想起されてしまったのだ、と考えられた。
 そんなことが分かったことによって、そうであることを、実際に水を見るなどして確認することができるようになり、水恐怖症が改善されていった。
 その改善されたことを以て、水恐怖症だったんだと確信し、その理由にも納得した。

 ○○恐怖症も、トラウマも、同じようなことだと考えられた。
 つまり、嫌なことも、記憶に残る。その記憶に残ったことは、心理や気持ちや考えを左右し、行動や結果も左右する。
 が、想い出すまい、考えまいとすると、そのことは想い出さなくなる(いわゆる忘れる)。が、記憶には残っているし、生存に関わる恐怖感などは心理や気持ちを左右し、行動を左右する。
 そうだったからこそ、その事実関係が分かったことに因って、解決した。


 ちなみに、記憶にあることを思い出して考えて事実に基づいた整理をして理解することと、思い出すまい考えまいとすることとは、情報処理としては逆のことだ。
 まして、知られまいとし隠し偽ることは、まさに理解を困難にすることでしかない。

 もちろん、把握や理解や改善は、隠し偽ろうとするのではなく、考えまいとか思い出すまいとすることでもない。
 むしろ、思い出して考え、事実関係に基づいて整理をするから、具体的に解明でき、理解することにもなり解決もできる。
 精神面は、考えの無理や矛盾を解明できただけで解決することも少なくない。

 頑なに隠し偽り否認していた場合、誰かを相手にするから、否認したり隠し偽ろうともする。それ自体が、無理なことであり、理解や解決とは矛盾することだから、葛藤も生じる。
 むしろ、一旦、人間関係を断ち、謝罪や償いなども一旦おいといて、単に個人的に自分の記憶にあることを想い出して考えるだけなら比較的容易にでき、解決もできる。
 他者と関わること無く、薬も要らず、すでに記憶にあることを省みることだけに実際には痛みすら伴わないからこそできることもある。
 すでに記憶にあることを整理することであり、極めて個人的なことに臨むわけだから、本来は実に容易なのだ。
 具体的な改心には時間と努力を要するが、改心しない状態では、口先だけの謝罪や見せかけの償いにしかならない。それでは、踏んだ上に蹴っているようなものでもある。
 むしろ、謝罪や償いよりも、同じことを繰り返さない改心こそが重要なのだ。





雲は多いが、朝焼けが始まった。20161003-a





太平洋側の雲の間から日が射しているのだ……。20161003-b





惜しいが、これはこれで味がある朝焼けだ。20161003-c



 有意義な手掛かりも得ようと、Web検索してみた際。
 赤い色は屈折しにくいので、日の出の前や日の入りの後でも太陽の赤い光は上空には射し込むのだという。
 つまり、朝焼けの場合は東側(太平洋側)の上空が晴れていることが絶対条件で、夕焼けの場合は西側(日本海側)の上空が晴れていることが絶対条件だったのだ。
 次に、太陽に向かった際の自分に近い上空に、赤い色を反映する雲が有る必要がある。その雲は、できるだけ上空にあり薄雲であることが理想的だということになる。
 その条件が揃うと、日の出の前や日の入りの後に太陽からの赤い光が上空に射し込み、雲を下側から照らす。

 そうであることは、反面教師的な情報も逆説的に裏付けている。
 撮り逃した「めったに見ることができないほど見事な夕焼け」の場合もそうだった。
 気象衛星(高頻度)画像では、日本海の中間あたりまで雲で覆われていた。が、その西側には雲は見られなかったので晴れていたのだ。
 当地の上空も、白く雲で覆われていた。が、かなり上空の薄雲だったと考えられる。

 これからは、車の燃料費も減るはずだ。
 むしろ、慢心することや怠け癖が付くことに注意しなきゃ。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR