生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

「悟り」とは 2016/12/27


 惑い、迷いもし、考えに無理や矛盾をさえ感じ、己の未熟さを知る。
 そんなときは、他者との関わりを離れ、自分の心を文章化することで整理する。
 今回は「悟り」をテーマにして行ってみた。いまだに、納得するには至っていないことだからでもある。でも、やる都度、理解が深まるからでもある。その遥か彼方に、大願はある。
 ところが、24日、親戚から訃報が届いた。25日火葬、26日通夜、27日埋葬。
 ブログ更新の予定内に、当記事を書上げることは無理になった。
 でも、「悟り」ということでは、もともと完成は無理だ。
 というわけで、当記事は未完のまま投稿し、後日、理解が深まる都度に書き込んで完成度を上げてゆく記事とする。


目 次 (◆大見出しはファイル内の本文へのリンクです)


「悟り」って、どういうことだろう?
「悟り」をWeb検索をすると、次のようなこともヒットする。
 感じること・気づくこと・知ること・理解すること・納得すること、等々。
 でも、これらも、説明は不十分だ。
 この程度では、「悟り」とはどういうことかを具体的に理解することはできない。よって、納得もできない。もちろん、「悟り」とはどういうことかを悟った状態には至れない。
 相応の思考力や理解力や判断力を日常的に発揮して、相応の行動や生活をしているわけだから。
 つまり、相応の知能が備わっているからこそ、「感じ」「気づき」「知り」「理解し」「納得する」。



 知能の構成要素や基本的な能力は、共通だ。
 感じなかったり気づかないこととは無関係に近い状態にある。
 本人が、「感じ」たり「気づく」ことから、その対象との関係や展開が始まる。
 気づいただけでは、曖昧なこともあり、適切な判断はできなかったりする。
 不明な部分は知ろうとし確かめもし調べるなどして、「知る」
 あるていど「知る」からこそ、必要性や価値も明らかになる。
 価値判断しだいでは、更に具体的に「理解する」努力もする。
 根拠や理由などを具体的に「理解できた」からこそ、「納得する」
 基本的には、知能が備わっていて、本人は直に経験し続け、記憶を参考にした識別や思考などの情報処理を学習し、観察し確かめ試したことは上達し、日常的に繰り返し実用する基本的なことは条件反射的な速さでできるほど熟練する。
 よって、「感じる」こと、「気づく」こと、「知る」こと、「理解する」こと、「納得する」こと、いずれも「悟り」なのだと考えられる。

 ただし、「感じる」、「気づく」、「知る」、「理解する」、「納得する」、これらは、情報処理の各行程や展開でしかない。
 この情報処理上で、どういうことを理解し納得し「悟る」か、それは別問題だということになる。


 知能も、目には見えない。
 でも、各感覚器官や意識や記憶力などで構成されていることは、誰でも直に経験し続ける。
 気になることを意識する。相応の印象が記憶に残る。
 記憶に残っていることは、何時でも思い出すことができ考えることもできる。
 つまり、知らなかったことを憶え、随意にはできなかったことを随意にできるようになる。
 相手が話すことを、自分の記憶にあることを参考に識別し思考し理解して、それに対する自分の気持ちや考えなどを文章化して応答できるようになる。
 よって、自分の実力を超えた協力をしてもらえるので、上達し、記憶を参考にするだけに条件反射的な速さでできるほど熟練する。
 これらは、自分で記憶を参考に考え、整理をして理解し、相応の気持ちや考えを文章化して話せることだから、具体的に理解することも可能だ。
 しかも、経験や記憶を基に理解できることなので、何時でも理解でき、何処でも理解できることでもあり、学歴や資格や資金などは必要ないことであり、精通できるほどの条件が整っている。
 むしろ、本人が理解することが重要なことだけに、売っていないし、お金では買えないことでもある。
 言い換えると、誰でも精通できるだけの条件が整っていることことでもある。

 もちろん、普遍的なことに基づいた法則的なことであり、誰にも共通することだけに、理解し合うことも可能だ。
 約束やルールなども目には見えないが、理解し合えるからこそ守ることもできる。それが、信用や信頼や恋愛感情や尊敬や尊重を左右さえする。


 自分が記憶を参考に識別や思考や予想や価値判断などを行っているとはいえ、頭の中で行っていることだけに、目には見えない。
 つまり、記憶を整理して理解する必要があり、理解するほどに明らかになることである。
 よって、そうしなかった場合は、理解しそびれることもあり、未理解な場合は重視するとも限らない。


 もちろん、詐欺も無くならない。
 むしろ、情報処理能力の理解や重視を阻止するかのように、それ以外のことを尤もらしく見せかけ、優れたことであるかのように競い争って見せもし、褒めたり脅したりさえする。

 結局、誰にも共通で重要なことを理解できず、理解し合うこともできない。
 となると、見た目を基に判断しがちになり、見映えや、見た目の優劣を気にする。つまり、想像しているに過ぎないのに、そうだと勘違いし、やがて思い込みもする。
 しかも、上辺だけでは、騙し欺く類でしかない。
 知られれば困り、認め難いからこそ、不都合なことは隠し偽り、尤もらしく見せかける悪循環に陥り、優れたことであるかのように競い争ってまでみせ、褒め脅し、自分がされて嫌だったことを仕返す。
 ついには、暴力的に相手の口封じをして片付ける。
 つまり、事実関係を理解することや改善することを困難にすることに固執する。
 そんな悪循環の世界に迷い込んでしまったりもする。


 でも、目には見えない意味や理由や法則などにも、「気づき」、「知り」、「理解し」、「納得する」などの基本的なことは日常的に行って行動し生活している。
 約束やルールなども目には見えないが、理解し合えるからこそ守ることもできる。それが、信用や信頼や恋愛感情や尊敬や尊重を左右さえする。

 つまり、感じ気づき知り理解し納得できる情報処理自体が、健康的に機能していることが重要なのだ。
 そのためには、情報処理自体に関することを理解し納得するていどは知能を発揮していることが重要なのだということになる。


 それを重視するようになったからこそ、その浄化もし続け、むしろ目を奪い心を奪うようなことには、かなり惑わされなくなった。


 情報処理自体の浄化や、いわば情報処理自体の健康管理ができるほど、目には見えないものごとが観えてくる。

 もちろん、まだまだ未熟なのだということも観えてくる。
 いわば、他界へのルートとか、他界への扉に相当するものも、まだ観えていないわけだから。





背景画像より





◆知能が備わっているからこそ



「悟り」って、どういうことだろう?

「悟り」をWeb検索をすると……。
 感じること・気づくこと・知ること・理解すること・納得すること、等々たくさんヒットする。
 自分の考えを自分で整理する都合上、自分も「そういうことだろう」と思うことを選んだ。
 言うまでもなく、違う方へ迷い込んでしまいそうな記事は避けた。

 でも、これらも、説明は不十分だ。
 この程度では、「悟り」とはどういうことかを具体的に理解することはできない。よって、納得もできない。
 もちろん、「悟り」とはどういうことかを悟った状態には至れない。

 相応の思考力や理解力や判断力を日常的に発揮して、相応の行動や生活をしているわけだから。
 つまり、相応の知能が備わっているからこそ、「感じ」「気づき」「知り」「理解し」「納得する」。


 猫も、現在地からは見えない目的地に向かうが、小急ぎに行きもし駆けても行くし近道もするし帰っても来る。
 つまり、相応の感情や気持ちや考えがあるからおそであり、記憶を参考に識別や分別をしているからこそできることでもある。

 山間地にある当畑までは、車では3キロ以上(直線距離でも1キロ以上)あり、その間に川があり高速道路もある。
 その畑に毎日のように通うので、幾度も、夏の間はその畑で猫を飼い、冬になる前に車に乗せて家に連れて帰る。
 ところが、翌春、その畑まで自分で行った雄猫がいて、人よりも先に家に帰っていた。
 その後にも、同じ行動をした雄猫が2匹いた。

 猫は、言葉で尋ねることはできないので、独自に識別し判断して行動する。
 人も独自に行動するが、現地で尋ねたりするだけ、容易に到達できる。
 しかも、繰り返し行くほど、記憶は確かになり、それを参考にした識別も的確になり、容易に到達できるようになる。よって、現地に行かなくても、記憶にある道順を言葉で教えることも可能になる。
 更に、距離的な最短ルートを探したり、時間的な最短ルートを見出すことなども可能になる。
 つまり、最低限の具体的なことを知ることによって、可否や是非などの判断も的確にできるようになる。

 道を教えてもらった場合も、その際に記憶に残った最低限の目印や辻褄が、実際に行った道に合っていると目的地に到達できる。
 教えてもらい記憶に残った内容に、目印が不十分だったり、曲がる所が間違っていたりした場合は、それだけでは目的地に到達できないし、むしろ道に迷う。
 言うまでもないが、途中で諦めた場合は、それらも無い。
 その基本的なことは、何をやった場合でも同じだ。

 だからこそ、「悟り」とはどういうことかにしても、具体的に理解し納得し悟りたいからこそ、調べもする。

 できれば、具体的に理解でき納得できる(具体的に悟れる)内容であることが望ましい。
 そうであってこそ、「悟り」の説明としても成立し、「悟り」の説明にふさわしい。

 もちろん、「悟り」とは、簡単なことではないのだ……。
 言葉で尋ねることが無い猫を見習うなら、「悟り」たい人が自分で模索して悟ってこそ「悟り」なのだ、とも言える。




◆知らなかったことを憶えることができる


知能の構成要素や基本的な能力は、共通だ。



 備わっている各感覚器官や意識や記憶力などの知能の構成要素は、犬や猫なども共通だ。
 構成要素上で成立する識別能力や学習能力なども、基本的には共通だ。
 そんな知能が備わっているからこそ、「感じ」「気づき」「知り」、人の場合は言葉を介して「理解し」「納得する」ようになる。

 もちろん、経験や学習の性質上、習熟(上達)には段階がある。
 その段階の中でも、「感じ」「気づき」「知り」「理解し」「納得する」。

 また、経験や学習の性質上、知る内容には個人差がある。
 例えば、自分が誕生時には知らなかったことを、その後に経験して憶える。
 なのに、そうであること自体を、かつては未理解だったどころか、忘れてしまっていた。

 学習し、実用し、微修正や微調整を繰り返したからこそ上達したことでもある、意識し識別し思考し理解する情報処理や、それを基にした動作や会話などは、行動上の基本的なことでもある。
 しかも、記憶を参考にするようになると(探したり確かめたりする必要が無くなるだけに)条件反射的な速さで情報処理ができるほど熟練する。
 かつても、すでにそうだったのに、理解はできていなかった。

 よって、そんなことに、「気づき」「知る」こともある。
 自分にとっては、理解が必須だった。
 よって、更に具体的なことを「理解し」「納得した」ときは30歳を過ぎてからだった。

感じなかったり気づかないこととは無関係に近い状態にある。



 基本的には

 経験相応の印象が記憶に残る。

 初めて会った人なのか、以前に会ったことがある人なのかは、以前に会った時のことが記憶に残っていて思い出せるかで決まる。
 つまり、記憶に残っていても、思い出せない場合は、会ったことが無いと判断する。が、後で記憶にあることを思い出したりする。

 自分の記憶に残っているだけに、思い出したり考えたりすることもできる。
 あの時はこうだったのだから……、今度はこういうこともできるのではないか、などという予想もできるようになる。

 相手が話すことを、自分の記憶にあることを参考に識別し、事実関係に適った整理をし、不明な部分は尋ねるなどしてでも、理解でき納得できるようにもなる。
 もちろん、相応の自分の気持ちや考えなどを文章化して応答でき、具体的に説明できるようにもなる。

 つまり、目には見えない言葉を使って、目には見えない記憶に残っていることや気持ちや考えや意味や理由などを伝え合い理解し合えるようになる。
 その思考上で理解し記憶に残っている、道順や目的地・約束やルール・計画や目的・などに基づいた行動や活動や努力もでき、好結果にすることもできる。
 よって、信頼もし合い協力もし合い尊重もし合う。

 それらの基本的なことも日常的に繰り返されるが、頭の中で行っていることなので、本人でさえ目で見ることはできない。
 つまり、記憶に残っていることを参考にした思考上で整理をすることによって理解できる。
 よって、気づかず知らず未理解な場合もあり、そんな場合は、知り理解し納得することとは無関係に近い状態にある。

 お互いに知らない(記憶に無い)人のことは、通常は話題にすることも無い。
 名前も顔も知らない人のことは、名前も顔も識別できないわけだから、そもそも話題にすることができない。
 そんなことも、無関係に近い状態といえる。

本人が、「感じ」たり「気づく」ことから、その対象との関係や展開が始まる。



「感じなかった」とか「感じた」などと言う場合は、五感(触覚=皮膚感覚・味覚・嗅覚・聴覚・視覚)のいずれかで刺激を感じたか否かを重視しているのだと考えられる。
「気づかなかった」とか「今、気づいた」などと言う場合は、刺激を感じたか否かではなく、あることを意識できたか否かを重視しているのだと考えられる。

 誰かに刺激されて感じたにしても、他から指摘されて気づいたにしても、本人が「感じていなかったことを初めて感じ」たり「気付いていなかったことに初めて気づく」ことになる。
 よって、情報処理上では、「感じる」とか「気づく」ことは初期(始まり)の段階に該当する。
 そんな性質上、新鮮なことでもあり、感動したり、驚いたり、大変なことだったりもする。

 かつて、肝心な自分のことを、勘違いし思い込んでいたことに気づいた。よって、肝心な自分のことをほとんど未理解だったことにも気づき、孤独の世界に落ち込んだ。
 それゆえに、実は新たな勘違いをしはじめたのだが、そうであることにも気づけず、死んだほうがましだと思い詰めた。
 でも、実行できず、よって考えには無理や矛盾もあることに気づき、更に想像や勘違いや思い込みに過ぎなかったことを具体的に理解できたことで、その日のうちに気持ちや考えも一転し、「死にたくない。生きていたい」と思ったどころか、生きることを大切にすることに必死になった。
 そして、「自分のことを勘違いしていたことに気づいたあの日から自分の本当の人生が始まったのだ」とさえ考えるようになった。

 つまり、「感じ」たり「気づいた」場合は、該当する情報が、記憶に無いか曖昧だったりし、適切な識別はできなかったり、思考や判断も限られる場合が多い。
 それゆえに、慌てたり、とんでもない勘違いをしたり、そっちの方に向かったりもする。

気づいただけでは、曖昧なこともあり、適切な判断はできなかったりする。



 基本的に、経験相応の印象が記憶に残る。
「知らない」とか「知っている」とか「憶えている」とか「憶えていない」などとも言うわけだから、記憶にあるか否かを確認していることになる。
 しかも、記憶にあることを参考にして識別や思考や判断なども行っている。
 例えば、初めて会った人だ、時々会う近所の人だ、登校するたびに会う同級生だ、そこそこのことを知っている親友だとか、よく知っている家族などを判断できるのは、自分と接した際のことが記憶に残っているからだ。
 つまり、その接したことや記憶が、どれだけ有るかとか、どれだけ具体的で詳しいかとか、などの違いに因る。
 日常的に、好いことであれ悪しきことであれ、記憶に具体的な情報が多いほど、それを基に具体的な識別や思考や判断ができる。

不明な部分は知ろうとし確かめもし調べるなどして、「知る」。



 具体的なことを知るほど、的確な判断が可能になる。
 ただし、簡単には確かめられないことこそが宇宙規模で存在する。
 家族といえども、本当の気持ちや考えは確かめられなかったりする。
 家族や親子や兄弟姉妹だからこそ、大事なことを理解し合えているか否かだけではなく、大事なことを理解し合える関係か否かも分かりやすい。
 具体的なことを知るほど的確な判断が可能になる性質上、教えてくれなかったり、明らかに隠されると、疑問や不信感さえ抱く。

 日常会話でも、不明な部分があっても、大事だと思わないことは、想像で片づけもし、確かめもしない。

 でも、相手が知らない(記憶に無い)人のことを話題にしても、盛り上がらないが、名前や顔などを知ると、名前でも顔でも識別できるようになる。
 会話でも、知らない部分があると展開が滞るが、必要に応じて知らない部分を尋ねたり確かめたりし、知ると、会話も展開する。

あるていど「知る」からこそ、必要性や価値も明らかになる。



 衝動買いは、無駄だったり損だったりする。
 日常でも、必要に応じて観察し確かめもし、試食したり試着したりもする。
 観察し確かめるほど、良かれ悪しかれ確かで詳しいことを知ることになる。
 確かなことや詳しいことを知るほど、そのことに関しては具体的な思考や判断ができるようになり、可否や是非の判断も的確にできるようになる。
 よって、試すほど上達する。
 もちろん、悪しき結果になることは避けることができるようになり、着実に好結果にすることが可能になる。

 知りたいと思うほど、尋ねもする。好結果を期待できることや、大事だと思うことほど、確かめもする。
 だからこそ、親友ができたり、恋をしたりする。

価値判断しだいでは、更に具体的に「理解する」努力もする。



 未熟だと損をしたり事故を起こしたりもするが、上達したり熟練してこそ有意義になる。
 そのために、研修所だとか教習所だとか学校などが設けられている場合さえある。必要なことを教え、勘違いや思い込みや間違いの指摘や修正も指導し、正しく習得しているかを試験したりもする。

 確かで詳しい具体的なことが記憶にある場合は、細部に及ぶ具体的な識別や思考が可能なので、相応の可否や是非などの判断も可能で、相応の行動もでき、相応の結果にもなる。
 場合によっては、証書を作成したり、自署したり、押印したりさえする。

根拠や理由などを具体的に「理解できた」からこそ、「納得する」。


「理解でき」「納得でき」たからこそ、「あのとき気づいて好かった」とか「具体的に理解する努力をして好かった」などと省みもする。
 一貫したことを、良かった、と判断できる。

 つまり、「感じる」ことも、「気づく」ことも、少し「知る」ことも、具体的に「理解する」ことも、「納得する」ことも、密接な関係にある。
 段階的な違いでしかなく、最終的に納得するには、いずれも欠かせない重要な行程である。

 基本的には、知能が備わっていて、本人は直に経験し続け、記憶を参考にした識別や思考などの情報処理を学習し、観察し確かめ試したことは上達し、日常的に繰り返し実用する基本的なことは条件反射的な速さでできるほど熟練する。

 よって、「感じる」ことも「気づく」ことも「知る」ことも「理解する」ことも「納得する」ことも、「悟り」だと言っても過言ではないと考えられる。

 ただし、「感じる」、「気づく」、「知る」、「理解する」、「納得する」、これらは、情報処理の各行程や展開でしかない。
 この情報処理上で、どういうことを理解し納得し「悟る」か、それは別問題だということになる。
 当記事では、この情報処理上で「悟り」とはどういうことかを理解し納得することを目指している。
 でも、ここまで分かると、「悟り」とは情報処理自体に関することなのだも考えられる。




◆見えないことでも理解することはできる



 理解が深まり次第、挿入します。




◆むしろ目に見えないことこそが重要だ



 理解が深まり次第、挿入します。




◆重要な物事は物体ですらないのだ



 理解が深まり次第、挿入します。


 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR