生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 知能も備わっていて、生きていることがどういうことかは、誰でも直に経験し続け相応の学習もするわけですから人生の理由に相当する。
 感じ意識し、記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合え協力し合え信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 経験や学習や思考や理解、ゆえの信頼や尊重や愛や幸福、それらは売買は不可能だ。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 けれども、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することでも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 好みや価値観は百人百様になる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは難しくなる。
 理解し合えず、私利私欲を貪り、相殺し競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは避けたい。
 つまり、自律して機能している生理面は高度で絶妙な秩序に基づいて成立している。
 が、経験し学習し理解する内容は、限られ、偏りもし、錯覚や間違いや勘違いや思い込みもあり、隠蔽も抹消も偽装も捏造もし、知能を誤用もし悪用さえするようになる。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

応援アクセスありがとうございます

 
 2016年は、たくさんの応援アクセスをいただきまして、ありがとうございました。
 ニャンちゃん・ワンちゃん・写真・文章・etc。
 純真さや若さや元気や、たくさんの好刺激をいただきました。

 好刺激をくださった皆様の、新年のご健勝と進展と発展と繁栄をご祈念申し上げます。


 FC2ブログの性質上、応援アクセスのみでも大歓迎です。
 こちらからも、可能な限り、お礼の応援のアクセスをさせていただきます。ただし、kisuke(喜助)の一存とし、アクセス解析にカウントされたアクセスを優先します。

 kisuke(喜助)も、老化に負けずに、むしろ新たな芽をだすことや育つことを目指します。


 当ブログの趣旨上、例年通り年賀は失礼し、予定しているテーマへの取り組みを開始します。


 ちなみに……
 備わっている知能の構成要素や学習能力や相応の行動が可能になることなどの基本的なことも、人も猫や犬たちも共通だと考えられます。

 人も、誕生当初の子供に、言葉で話して教えることはできません。
 つまり、子ども自身が、気づき、知り、関係などを把握し、相応のことができるようになり、本人の練習に相応した分は上達するのだと考えられます。
 もちろん、大人が教えようが無いことも憶え、大人が憶えて欲しくないと思うことも憶えます。
 そうであることは、大人になってから自分の精神面に関して考えてみると実によく分かります。

 猫や犬たちも、誕生当時はできなかったことが、やがてできるようになるわけですから、基本的には同じだと考えられます。
 猫や犬たちも、環境上のことも自身のことも経験し、感情や気持ちや考えもあるからこそ、相応の学習もするだろうし、相応の行動をするようにもなる。
 猫同士も識別しているし、人を識別しているし、家族が乗っているバイクの音なども識別しているし、いろんなことを識別するようになるわけだから、少なくとも記憶を参考にしていることになる。
 もちろん、相応の感情や気持ちもあるからこそ、相応の振る舞いをする。
 食事のたびに食器を叩いて音を出し、毎回、繰り返すと、その音だけで寄ってくるようになる。
 食事のたびに毎回「ごはんだよ」と言うと、「ごはんだよ」というと反応するようになる。
 ただ、猫や犬たちは生理的な相違があり、言葉を話せるようにはならない。
 でも、猫が「ニャー」と言うたびに、人が返事をすることはできる。それを繰り返していると、猫は人に何かをしてほしいときに人に対して「ニャー」と言うようになる。
 そうしているうちに、猫も返事をするようになる。
 つまり、人が呼び掛けたんだということを、猫は分かったと言う代わりに「ニャー」と返事するようになる。
 つまり、尻尾をピーンと立てたり、喉をゴロゴロ鳴らしたり、そっと寄りかかったり、身体のどかかで触っていたりもするわけだから、言葉は話せないが感情や気持ちを表しているし伝えようとさえしているし、人が何かをしてくれるのを待っていたりもする。
 言葉を話せないから、そこまでしている。なのに、そうであることを人が見抜けないと、人の側が猫や犬の気持ちを受け取れていないことになる。
 振る舞いから、その感情や気持ちや考えを、人の側で察することができるようになるほど、言葉は話せないからこそ猫や犬たちなりの意思疎通をしていることを捉えることも可能になる。
 よって、人が的確に応えてあげられるようにもなる。
 そうなると、猫や犬側からの意思疎通が目に見えるほど育ちます。
 言葉で教えることはできなくても、猫や犬がどういうことをしたら、人がどういう反応(振る舞い)をするか、そういうことは憶えさせることができるからです。

 さまざまな癒しがありますが、目にも見えない気持ちが、言葉無しでも通じることは、むしろ救いです。

 人の社会では、生存上重要ではないことを尤もらしく見せかけて目を奪い、競い争って優れているかのように見せかけてまで心を奪い、洗脳まがいのことをして翻弄し、私利私欲を貪る。
 そんなことが、すっかり蔓延している現代だからでしょうか。


 もちろん、経験や学習や理解などの性質上、個人が憶える内容は年々変化し、上達や精通することは限られます。
 そんな性質上、好みや価値観も、個人毎に千差万別になります。
 ニュースでは、戦争は無くならないし、殺人や犯罪も無くならず、勝者は褒賞されるだけに争い競うことも無くならない。
 でも、競い争うことを嫌うことも許されている。
 大自然に親しむことも可能だ。
 動物と仲良くすることも許されている。
 動物とでさえ信頼し合い尊重し合うことを追及することも誰にでも解放されています。
 要は、自分の気持ちや考え方しだいなのです。

 もちろん、「生きていることはどういうことか」となると、全生物に共通することが多く、生存を左右するほど重要なことでもあります。
 そんなことに通ずる、本質的なことの探求に、新年は臨みます。

 写真も、目には見えないものを写すことにトライします。

 新年も、ご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスのみでも歓迎します。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
56位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR