生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆無知の悟 「俺は、病気じゃない、異常でもない」

8-あれは、天使のささやきだったのだ。





自意識制御


 
 考えが、自分の意思とは無関係に、勝手に頭の中で錯綜している。そんな気がするようになった。
 それが、やがて、煩わしくさえなった。
 そして、思った。
 考えを、一切止めることって、可能なんだろうか……。

 ※「自意識制御」は、自分が適当な言葉を知らなかったことに因る造語です。
 意味は、何も考えない状態になることを指します。
 が、それは、集中的な識別や思考とは逆のことでもあり、間接的にではあるが自分の意識を制御できた際こ実現する。
 そう考えられたことから、全く個人的に「自意識制御」と言うようになったものです。

「自意識制御」の仔細は、当カテゴリ : ◆無知の悟 「俺は、病気じゃない、異常でもない」を再編集する際に、整理した上で、ここに挿入します。

 関心がある方は、投稿済みの次の記事をご参照ください。
 めまぐるしく考えてしまうあなたへ

「自意識制御」に関する、現在の捉え方は次の記事に述べてあります。
 カテゴリ : ◆無知の悟 「俺は、病気じゃない、異常でもない」の序章

 ちなみに、「自意識制御」とは。
 日常的には、精神を集中する練習ばかりしているようなものですが、その逆のことが自意識制御だと考えられます。
 よって、未経験な方は練習が必要です。
 が、集中できるようになった方なら、その集中をしない練習をするだけなので、本来は集中するよりも容易なことであり、誰でもできるようになれることだと考えられます。
 つまり、何かができるようになる練習とは逆に、考えることをすら止める練習をすることによって、できるようになれます。
 いわば、単に考えを一切止めることです。

「自意識制御」の効果は。
 何も考えない状態になれると、その時だけですが、記憶にあることや勘違いや思い込みなどとは無関係な状態になれるのだと考えられます。
 つまり、具体的な理由を解明できないことなどが記憶にあっても、解明できず解決できない勘違いや思い込みが記憶内にあっても、消したくても消すことはできないことが記憶内にあっても、それらとは無関係な精神状態になることができるのだと考えられます。
 いわば、精神面を一時的にですがリセットした状態になれます。
 なぜなら、それ自体は一時的なことなのですが、考えを一切止めることができるようになるわけですから、その後の意識や考えの切り替えなどが容易になります。
 よって、できるようになった当時の自分の場合は、気が向く都度やるようになったものです。

 また、集中的に識別や思考などができるようになったことが学習の原点だと考えると、それ以前の精神状態に戻ることだとも考えられます。よって、この自意識制御の経験を基に、やがて学習の法則や基本を理解することになります。

 また、一時的ではありますが、呼吸器系だとか消化器系だとか循環器系だなどと言われる生理面は自律して機能しているわけですが、その自律している面だけを体験している状態になれるのだと考えられます。
 つまり、記憶にあることや考えとはほぼ無関係に、もともと生理面は絶妙な構造や秩序に基づいて成り立っている。
 そうであることによって、生きていること自体が成り立っている。
 だからこそ、未学習の赤ん坊でも生きていられ、いろんな動物も植物も生きていられ、生理面が優れていることは歴然としている。
 むしろ、天才と言えども名医と言えども、生後に学習し理解することを以っては維持管理に限界があって死ぬわけですから、生後に学習し理解することとは比較できないほど生理面は超越している。
 むしろ、生後に学習し理解する内容に対して、それ以前から存在する生理面は絶対的な存在でもある。
 そんな、人工的には創れない生命生理を、直に体験している状態になれます。

 また、大人になってから体験できる、赤ん坊の頃に最も近い精神状態だとも考えられます。


あれは、天使のささやきだったのだ。


 
 あれは、自分にとっては、天使のささやきだったのだ。
 あの日、外で遊び始めた子供たちが話していたことを基に省みたことによって、気づいた。
 子供でも知っている、人生左右する大事なことを、自分は知らなかったことに気づいた。
 つまり、自分は、すっかり一人前になった気がしていたに過ぎなかった。それは、勘違いや思い込みや独り善がりの類でしかなく、むしろ肝心な自分のことをほとんど知らなかったことに気づいた。
 それまでの自分というイメージは崩壊し、その欠片が闇の底に落ちてゆくのが見えたような気がした。

 いくら記憶を探しても、自分に関する知識は無く、深い孤独の世界を彷徨い始めた。
 直に経験し続けたいたはずなのに、自分がどういう存在なのかを捉えるだけの、客観的かつ具体的な知識が無かった。
 肝心な自分のことを知らないんだということには気づいたものの、自分のことを知らないということは、どういうことなのか、それさえ把握できなかった。

 結果的に見ても、自分に関することなのに、初めて気づき、気づいたことによって確かめ、確かめたことによって相応のことを知り、再確認が容易になったことによって解明でき解決できた。
 つまり、直に経験し続けている自分のこととはいえ、気づき確かめ考えたことは、相応のことを知ることになる。もちろん、知ったことに相応する識別や再確認や思考も可能になり、更に具体的に理解することも容易になる。
 そういう性質上、直に経験し続けている自分のこととはいえ、気づかず確かめず考えたことも無いことは知らないし、知らないことは自覚できないし識別もできない。
 まさに、自分の生理面は、実験や解剖をするわけにもいかず、確かめようも無いから、具体的なことはほとんど知らない。
 直に経験し続けている自分に関することであっても、自分がどういう存在なのかを確かめたことも無く考えたことすら無かったわけだから、自分は知らなかったことこそが当然だったことになる。
 むしろ、そんなことをすら、自分は知らなかったわけだから、これこそ無知というのだろう。

 むしろ、肝心な自分のことを知らないことに気づいた頃は、直に経験し続けている自分のことだけに、わざわざ理解する必要は無いとさえ思っていた。
 イメージ的にも、直に経験し続けている自分のことであり、経験上の自分に関することは精通していてもいいはずである。なのに、実際には、ほとんど知らなかった。
 直に経験し続けている自分のことだけに、なぜ知らないのか、それが不思議でさえあった。
 つまり、自分のことに関して無知であることを、自分で把握できないほど無知だからだった。

 自分のことなのに、あまりにも知らなかったからこそ、異常ではないかと新たな勘違いをし始めた。
 とんでもない勘違いをしはじめた。が、いろんなことを知った段階だからこそ、そう思う。
 当時は、勘違いをするくらいであり、それがとんでもない勘違いだったことを把握できるはずもなく、もちろん解決もできず、むしろ困窮していった。
 いわば、自分のことを知らな過ぎるということが、どういうことなのかを、三年余りも思い知らされた。
 そうだったにもかかわらず、そうだったことに、三年余りも気づけなかったからこそだった。

 三年余りも不本意な生活を余儀なくされ、困窮しただけに、無理や矛盾も顕著になった。
 よって、無理や矛盾は把握しやすくなった。
 だから、やっと解決に通じることに気づきはじめた。

 死んだほうが増しだと思い詰めたが、実行はできなかった。
 死んだほうが増しだという思いや考えとは関係なく、生理面はひたすら生き続けるべく機能していた。
 つまり、生理面は、自分の思いや考えには関係なく、自律して機能していた。
 よって、実行できないことでも考えてしまう自分の思いや考えに、無理も矛盾もあることに気づいた。
 生きていてこそ使える知能だけに、生きるために使ってこそ発揮し続けることもできる。そんなことに、初めて気づき、確かめ、知った。
 気づき知るほどに、もともと直に経験し続けていたことであり、もともと歴然としていたことだったことにも気づき知った。そんなことをすら、自分が知らなかったのだった。
 自分のことをあまりにも知らなかったことを、具体的に知った時は、把握できていなかった自分の思いや考えに恐怖を感じた。

 でも、知能自体が平常どおりに機能していることにも、気づき、自覚して確かめ、間違いないことを知った。
 これも、もともと直に経験し続けていたことであり、その中枢に関することなのに、自分は気づかず確かめず考えたことも無かっただけに知らなかったのだった。
 気づき、確かめ、知ると、本来は日常的に目が見えないとか耳が聞こえないなどの異常があれば最も早く気づくことでもあった。
 つまり、平常どおりに機能しているからこそ、普段は異常かもしれないなどとは思いもしない。
 そんなことも、自分が知らなかったのだった。

 解明や解決すべきことは、自分の思いや考えの無理や矛盾であることは一層明らかになった。
 思えば、気づき確かめ考えるほど詳しく知ることもでき、相応の識別も再確認もできるようになる。
 直に経験し続けたいた自分に関することなのに、確認したことも無く、考えたことすら無かったからこそ、知りそびれていたのだ。
 そんなことにも、やっと気づいた。

 気づき確かめる都度、自分の思いや考え以前から存在していることで、自分の思いや考えとは関係なく自律して機能している面が、明らかになっていった。
 よって、言い訳や嘘も考える思いや考えにこそ無理や矛盾があることが明らかになっていった。
 おのずから、自分の思いや考えや記憶などに、疑問を抱き、確かめ、考えはじめた。

 他に気を取られるあまり、肝心な自分のことを疎かにしていた。
 まさに、問題の解明や解決上、それが疎かになることに気を取られていた。つまり、矛盾することに囚われていた。
 なんと、解明や解決は、しようとすらしていなかったことになる。
 そんな、自分が考えていることをすら、確かめず考えもしなかったから、把握できなかった。
 だからこそ、解決できなかったのだった。

 思いや考えの無理や矛盾だけに、解明されただけで解消し、気も楽になった。

 他者に知られれば不利だとか不都だと思うなことは隠し偽ろうとし、上辺だけを尤もらしく繕うことにも気を取られていた。
 それは、解明や解決を困難にすることだった。そうであることに、自分でも気づくことさえできなかったわけだから。つまり、問題の解明や解決とは、まったく矛盾することに囚われていたことになる。
 しかも、騙し欺く類だけに、実行は躊躇われることだっった。からこそ、むしろ人間関係を断って自室にこもった。
 自室にこもったからこそ、自分だけは直に知り得る自分の思いや考えの内容だけに、その無理や矛盾を解明することもできた。

 まさに、肝心な自分のことを、確かめもせず考えてみもしなかったがゆえに、あまりにも知らな過ぎたのだった。
 でも、気づき確かめ知り把握するほどに、精神的な軌道修正も方向転換も可能になる。
 ということで、無理や矛盾だらけの自分の思いや考えを、本格的に疑問視し確かめはじめた。

 異常云々は、自分の想像や勘違いや思い込みの類だった。
 自分の思いや考えの性質や特徴など具体的なことを知らなかったからだった。
 大事な物を失くした時なども、まだ想像に過ぎない段階でも、心配にもなるし苦にだってなる。そんなことも知らなかったからだった。
 むしろ、勘違いや思い込みであり、思いや考えの無理や矛盾だけに、解明できただけで止めることができ、解消することも分かった。

 気づき確かめ知ったことに関しては、更に具体的に解明することも可能になる。

 思いや考えに基になる先入観や固定概念があったからだった。
 記憶に関する、無理や矛盾も解明された。

 思いや考えや記憶には無理も矛盾もありえることを知り、疑問を抱き、確かめ、解明されるほどに、無理や矛盾が解明され、困窮から脱け出していった。
 いわば、直に経験し続けている自分に関することなのに、確かめず考えてみもしなかったがゆえに知らなかったことに、気づき確かめ知ったがゆえに、解決した。

 より具体的に解明でき解決できたことほど、自分で相応の識別ができるようになるだけに陥らずに済む。
 うっかり陥ったとしても、自分で識別できれば容易に抜け出せる。
 それが、解明でき理解できた証でもある。


 つまり、直に経験し続けている自分に関することなのに、気づかず確かめず考えてみもしなかったがゆえに、知らなかった。
 だからこそ、心理の悪循環に陥っていたことになる。
 日常的に、自分のことを知らないだけで自分が困ることが存在し、そこに陥っていたことにもなる。
 もちろん、自分が困ることであり、その要因が自分の思いや考えに関することだったからこそ、解明できただけで止めることができるので、即解消することも分かった。
 気づき確かめ考えただけで、より具体的に解明でき脱け出せた。

 先入観や固定概念を解明できたことで、精神状態も地に足がついているような安定感を感じるようになり、今更のように、以前は宙に浮いていたような感じだったと思うようになった。

 思いもしなかった自意識制御までできた。
 能力の未発揮だった面を発揮しはじめることまでできた。


 先入観や固定概念まで解明できただけに、自分の思いや考えや記憶の無理や矛盾からは、ほぼ脱したと思えるようにもなった。

 記憶は消せないし塗り替えることもできないが、それゆえに、悪しき結果になることは避けることができ、良き結果になることは促進することができる。


 この方向付けをしてくれたのが、あの日の、あの子供たちだった。
 あの日、外で遊び始めた子供たちの会話は、自分にとっては、まさに天使のささやきに相当することだったのだ。

 自分が無知だったばっかりに、新たな勘違いをし始め、とんでもない勘違いだったからこそ三年余りも困窮した。が、とんでもない勘違いだったがゆえに自分の無知や愚かさが顕著になり、自分の思いや考えの無理や矛盾が捉えやすくなったことになる。
 そして、知らなかった自分に関することに、気づき確かめ考え知り解明しはじめたわけだが……。
 自分が未知だったことを次々に解明できたわけであり、自分に備わっている能力では捉えることができない異次元の誰かに誘われ導かれているのではないかと幾度も思った。
 しかも、三年余りも解明できず解決できず困窮したことが、解明しはじめたら、二か月足らずで脱け出せた。
 もちろん、あの子供たちよりも、自分の精神年齢は未熟だったことが明らかになった。
 結局、かつては想像もできなかった世界にすでに臨んでいるわけだから、いつのまにか軌道修正まで完了している。

 あの日の子供たちは、自分にとっては、まさに「天の使い」そのものだったのだ。
 そもそも、幼い頃ほど、純心で、邪心や悪意が無いわけだから。
 自分が幼かった頃の大人とは、全く逆に、幼い頃の純心を取り戻すよう促してくれたことになる。


 買い漁った本は、注文してあったものが届いても読みもしなくなり、積み上げられるだけだった。
 もちろん、自分にとっては有害だっただけに、すべて焼却処分した。


まず自分を理解して育て直す。


 
 画材を出して、油絵で自画像にも取り組んだ。
 ところが、描いた自分の顔が、直しても直しても歪んでしまう。
 まだ、自分の精神面がこういう状態なのだ。そう思ったものだった。
 自分の思いや考えの無理や矛盾は、先入観や固定概念まで解明できたことで、ほぼ解決できたような気がしていた。
 が、随意に文章化して引き出して確認し納得できる状態にはなっていなくて、全体的な整理も不十分で、その整理や再確認などがまだまだ優先だからでもあった。
 もちろん、本来の自分のことに関しては、生理面が自律して機能していることと、知能が平常どおりに機能していることくらいしか、まだ分かっていなかった。
 一向に自分が思うような自画像は描けず、絵筆は置きがちだった。


 真似事で、詩を書くようにもなった。
 が、単に、イメージを言葉にした短い文章だった。
 どういう条件を満たしていると、「詩」って言うのだろう。そんなことを考えながら書いていた。
 イメージ上ではいろんなことが分かっても、それを言葉にして整理したり、根拠や理由などに基づいた具体的な文章を書くことは、まだできなかったからでもあった。
 自分を叱咤し啓発する短文が主だった。


 いつのまにか、夕陽を見る余裕もできていた。



当時と同じ窓の外の夏至の頃の日没



 ちなみに、かなり後になって、デジカメを使うようになってから気づいたので、窓外の家並みは変わっていたが……。
 この窓から見て、あの位置に夕日が沈むのは、夏至の前後なのだと分かった。
 そして、あの日の子供たちは自分にとっては天使だったと思うようになった頃にも、この窓から、ほとんど同じ辺りに沈む夕陽を見ていたことを思い出した。


 子供の頃は、いろんなことが分かっていた。だからこそ、大人の言いなりになることを、拒否し、抗議した。
 でも、子供だった自分の思いや考えは育てられることは無く、大人の理解も得られなかった。

 結局、上辺を気にするようになり、上辺だけ大人振るようになった。
 もちろん、拒否し批判視したことを、自分でするようになったわけだから、自分の意思に因る。
 誰かの所為にしたら、解決を困難にするだけだ。

 子供の頃の自分の気持ちや考えを、当時の大人は育てられなかった。むしろ余計なことをしたことは間違いない。
 結局、身体は自律的に成熟したが、学習や理解が必要な精神面は未熟なままだったのだ。
 子供ができたとしても、自分も健全な保護養育はできなかったことになる。

 でも、幼い頃の自分の気持ちや考えを、今の自分なら理解してあげられる。
 むしろ、自分以外に、理解してくれる人などいない。自分こそが、唯一無二の理解者でありえる立場にある。
 本来の自分を理解して、まず自分で育て直す。
 自分を育て直せてこそ、大人と言えるのかもしれない。


 学習って、どういうことなんだろう。
 どうだと機能や能力で、どうだと本能で、どうだと学習したことになるのだろう。

 生きているって、どういうことなのだろう。
 進化上では、産まれることや生きていることは、どういうことを意味するのだろう。

 本来は、自分はどういう存在なのだろう。


 というわけで、臨む内容が変わった。
 以降に関する記事は、次のカテゴリに、いずれ投稿する予定です。
 カテゴリ:◆自己理解:事例集


 ちなみに、以降は……。

 自分が知る以前から存在するものや、五感では捉えることができないが確かに存在するものなどを意識しながら、油絵や盆栽に臨む。
 植物も、生理面は自律して機能していることになり、世代交代もし、生き死にもあるわけだから、生命力も命もある。
 よって、管理する人の考えや知識の有無や可否や是非が問われる。


 秋になり、家の傍を通った野良猫親子を見かけ、仲良くなってもらう試みも始めます。
 猫も学習する。知能を構成する各器官も、基本的には人と同じだ。
 ということで、猫との意思疎通を通じて学習の法則や基本に関して理解を深めてゆきます。
 猫に関する記事も予定しています。

 関心がある方は、投稿済みの次の記事をご参照ください。
 カテゴリ:★草稿「おまえはボケてはいない」 Ⅴ. 御浚


 まさに根拠も理由もある普遍的なことや、その普遍的なことに基づいた法則的なことや、よって誰にでも共通することなど、そんなことを具体的に理解してゆくことになり精神的にも充実してゆきます。

 人工では創れない普遍的なことや、それに基づいた法則的なことだからこそ、もともと歴然としている。
 仮に障害が有っても、路上生活をしてでも、悟れる。
 ということで、貧乏暮らしは苦にならなくなる。

 むしろ、人工的な文明文化だからこそ変化する。
 人は、知ることは限られ、間違いや勘違いや思い込みもある。
 しかも、言い訳や嘘も言い、強情も張るし、騙し欺きもする。
 偽装もするし、尤もらしく見せかけもし、いかにも本当らしく見せかけもするし、優れたことであるかのように工作もし、捏造もする。
 隠蔽し口封じし、暴力で片づけもする。
 そんな、他者の目を奪い心まで奪い、自分を見失わせ人生までも見失わせ、命までも奪うようなことは、避ける。

 むしろ、学習の法則(学習の基本)を学習経験を基に理解し、
 学習が可能な知能(各感覚器官や意識や記憶力などで構成されている精神機構)に関しても、日常的に経験していることだけに、個々の性質や特徴や関係などを具体的に理解し、
 学習以前から存在する生理面などの普遍的なことなどを理解し、
 そういう野生動物や植物にも共通することこそが尊く、もともと歴然としていることを、理解してゆくことになります。

 かつて、すっかり一人前になったと勘違いし思い込んでいた頃には想像も及ばなかった世界に、臨んでゆくことになります。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
46位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR