生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆自分を理解する。

猫だって学習する 1.猫との出会い


 たくさんの応援アクセスに、感謝を申し上げます。

 記事の後部に、趣味の写真「普遍に臨む」:朝焼け(日の出)・夕焼け(日の入り)の画像も掲載しました。




 気になった方をふと見た。
 そこにいたのは、真っ白い猫だった。
「おいで」
 言葉は通じない……。
『知らないおじさんについて行っちゃダメだよ』って言われた、っていうことも無いよな。
 そもそも、初対面だ……。
 家の裏の方から来たであろう猫は、立ち止まったまま、こっちを向こうともしない。
 俺のことは、知らない。だから警戒しているのだ。
 自分が、ゆっくり半歩進んで立ち止まり、また、ゆっくり半歩進んで立ち止まりしながら近づいた。
 白い猫の後方で一斉に逃げて隠れたのは子猫だった。
 真っ白な猫はめずらしかったので、それにばかり気を取られていたのだが、後方は家の陰になっていて見えなかった。
 子連れだということは、野良だ……。
 近づくのは止めて、しゃがんで黙って見ていた。
 すると、現れては引っ込み右往左往しながら子猫が現れた。また一匹。また一匹。
 母猫は真っ白だが、三匹の子猫たちは、白い部分が無い子が二匹、お腹だけが白い子が一匹だった。
 みんな痩せていて、毛並みが乱れていた。

 でも、逃げ隠れして警戒心丸出しの野良猫たちの気持ちの方が、自分には分かりやすい気がした。
 自分は、人間関係を断ち、自室にこもったからこそ、自分の思いや考えの無理や矛盾は解明できた。
 人は、尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作もし、優れたことであるかのように捏造さえする。
 世間体だ体裁だ礼儀だエチケットだなどと言うが、付和雷同だったり、上辺を繕っているだけだったり、強がりだったりさえする。
 建前や本音もある。本人が居ない所では陰口や噂話をする。外面と気持ちとは裏腹だったり、外面は騙し欺く類だったりさえする。
 そうとも知らず、目を奪われると自分を見失う。心まで奪われると人生を見失う。
 猫が言い訳や嘘を言わないのは言葉を使わないからだが、警戒心丸出しなのは、言い訳は言えず嘘をつけない証でもある。
 だから、分かりやすい。

 子育てまでしているんだから、野良とはいうが自立している。
 知らぬ間に失格していた俺よりも増しなのだ。
 見かける野生動物も自立しているわけだが、当地は積雪一.五メートル前後だけに、そんな中では自分は数日しか生きられないだろう。

 警戒心丸出しで正直な猫たちと、仲良くなるためにはどうすればいいんだ……。
 否、仲良くしていただくには、どうすればいいのだろう……。

 俺を警戒している。が、親を信頼しているから一緒に来ている。つまり、見分けている。少なくとも、知らない相手か、知っている相手か、それを見分けていることになる。
 猫を好きな人もいるが、猫を嫌いな人だっている。
 ということは、俺は警戒する必要は無い相手であることを憶えてもらう必要がある。
 仲良くしたいという気持ちを、分かってもらう必要がある。
 それを望む俺の努力次第なのだ。

 とりあえず、食べ物だ。
「ちょっと待ってろよ。まだ行くなよ。すぐ来るからな」
 そう言いながら家に入り、急いで猫が食べそうなものを探した。
 戸棚に、出汁用の鰯の煮干しがあった。それを5~6匹持って外に出た。
 猫たちは、その場にいた。
 猫たちが逃げない距離を保って、しゃがんで、出汁用の小魚を差し出した。
「ほら、魚。好きだろ。お腹、空いているんだろ。おいで。遠慮しなくてもいいよ」
 が、猫たちは警戒している。
 ゆっくり一歩だけ、自分の方で近づいた。
 が、猫は後ずさる。
 それは困る。なので、その場に小魚を置いて、一個だけ母猫の近くに放り投げて、その場から自分が去った。
 更に、去った。
 もっと、去った。
 やがて、白い母猫は匂いを嗅ぎながら近づいて、それを食べた。
 やった。まさに一歩前進だ。
 子猫たちは、隠れては現れ右往左往するばかりで、母猫だけで食べてしまった。
「また、おいで。明日も、おいで」
 約束は……、無理だよな……。

 短い夏は過ぎ去り、陽は短くなり、秋の農繁期に向けて気持ちが忙しくなる、そんな頃だった。
 猫たちがまた来てくれることに期待して、畑に行くしかなかった。


 警戒心丸出しの猫たちと、仲良くなる。仲良くなれるかどうかは、まだ分からない。相当の時間を要することは間違いない。
 相応のことを憶えてもらう必要があるわけだが、言葉は通じないわけだし。

 自分は、新たな勘違いをしていることに気づけず、むしろ困窮した。
 自身の生命生理は自律して機能していることに、やっと気き、経験上のことを確認しただけでも、空腹や喉の渇きや尿意や便意を我慢するにしても限度があることや、呼吸を止めることにも限度があることから、自律して機能しているんだということを初めて具体的に知った。
 もちろん、不適切な飲食をした場合は嘔吐や下痢もするし、怪我をしても止血して治癒するし、簡単には死なない機構まで備わっている。
 次に、知能肢体は平常どおりに機能していることに、気づき、自覚するだけで確認できることだっただけに各感覚器官や意識や記憶や思考や判断力などが平常どおりに機能しているか否かを確認した。むしろ、それらに異常が生じた場合は直ちに気づく性質上、普段は異常だとは思いもしないことにも分かった。そんなことも初めて具体的に知った。
 でも、その知能上では、実行できないことでも考えることはでき、言い訳もし、嘘も言う。そんな性質上、思いや考えには無理も矛盾もありえることも、初めて具体的に知った。
 よって、事実確認をしていない想像に過ぎず、つまり根拠や理由を必要としなかったがゆえに勘違いし思い込んだことを解明できた。
 更に、想像の基になっていた、子供の頃に抱いた固定概念や先入観も解明でき、覆すこともできた。
 しかも、子供の頃に目には見えないことを理解できるようになり、根拠や理由を重視するようになり、不明な場合は「なぜ? どうして?」と確かめるようになったことが分かった。ところが、大人の理解は得られず、むしろ反抗扱いされ、自分でも自分の気持ちや考えを理解しそびれた。だからこそ、やがて上辺だけ大人振るようになった。なのに、すっかり一人前になったと勘違いし思い込んでいたのだ。
 気づいたことによって確認し、三年間の困窮から這い上がるべく確認したことによって次々に知り、二度と陥るまいと繰り返し確認したことで解明でき解決したが、そんなことにでさえ三年も要した。
 しかも、すでに三十歳になっていた。

 生理面は、自律して機能している。
 知能自体は、平常どおりに機能している。
 知能上の思いや考えには無理も矛盾もありえる。
 思いや考えの無理も矛盾も解明し解決が進んだだけに、同じことに仮に陥ったとしても直ぐに這い上がれることも分かった。
 つまり、そんなことを知らなかったばっかりに困窮し、やっと解明できただけに、精神面の弱点も思い知らされた。が、気づき確認し解明できたことで、何時でも自分で確認できるようになっただけに、二度と陥ることは無いと確信した。

 けれども、本来の自分のことに関しては、未理解だ。
 小学生の頃には、根拠や理由を重視し、思考力も理解力も十分に発揮できるようになった。
 なのに、そうであることをすら理解しそびれ、肝心な自分のことは殆ど未理解なままになった。
 それこそが、困窮した真因でもった。
 すでに三十歳になっていたが、本来の自分としては精神年齢は小学生程度だったからだった。


 残念ながら、自分でもやっと解明できたことだけに、両親が自分で解明できないことを、説得することもできるはずがない。
 でも、自分で分かっていないのなら、間違いの類でもあり、悪意とは限らない。
 むしろ、自分も、自分の思いや考えの重大な無理や矛盾を解明し解決できただけで、精神管理も十分とは言えない。
 安易に、知られれば不都合なことだと思い込んで隠し偽ることは慎みたい。
 まして、尤もらしく見せかけたり、本当らしく工作したり、優れたことであるかのように捏造し、そんなことに満足し慢心し有頂天になることは厳禁だ。


 生理面は、自律して機能している。
 知能自体は、平常どおりに機能している。
 知能上の思いや考えには無理も矛盾もありえる。
 自分を見失いもするし、人生を見失いもし、そうであることに気づき難くもなる。
 でも、知能自体は平常どおりに機能している。だからこそ、解明も解決もできる。
 生理面は自律して機能している、ということは絶妙な秩序に基づいて成り立っていることになる。

 よって、まず自分の知能上の情報処理の健全性を重視するようになった。
 また、本来は自分はどういう存在なのかを念頭に置くようになり、その要でもある学習とはどういうことなのかに関心が向いた。

 その学習を理解すべく、油絵に臨むことにした。
 目には見えないことも存在する。それらを表現したくて、もともと油絵をやっていただけに、真剣になれた。

 盆栽にも興味を抱いた。
 口も利かないし行動もしない植物も、生きている。目には見えないが、生理的には自律して機能している。
 それらを最低限は理解しないと、鉢に植えて維持することはできない。つまり、植物の整理とはいえ、自分の理解力を超越していて、絶妙な秩序に基づいているからこそ生きている状態が成り立っている。
 やってみると、人の都合で鉢に植えた植物だけに、その健康管理は人が行うわけだが、それ自体が容易ではなかった。
 植物の生理を未理解なまま、死なせまいとするあまり、つまり勝手に水や肥料をやり過ぎ、根腐れになり枯れ死してしまう。死なせまいとしているのだが、無知ゆえに、勝手なことをし、わざわざ殺しているようなことをさえしていたりする。
 植物の場合は、悪い症状が表れたときでさえ、知識不足ゆえだと手遅れに等しい。
 が、生命生理が自律していることや、生きていることなどは、共通することでもあり、油絵よりも緊張感があって魅力を感じた。
 以前は、弁当持参で畑に行き、畑で弁当を食べて、昼寝するのだが、自分は盆栽の土の乾き具合や水管理を憶えるために、昼休みに帰宅するようになった。

 あの日も、そうだった。
 そして、そろそろ畑に向かおうとした時だった、
 気になった方をふと見たら、そこにいたのが真っ白い猫だった。


 猫たちとなら仲良くなれそうな気がし、久しぶりに嬉しさを味わいながら畑に向かった。
 畑に向かいながら、猫のことばかり考えていた。
 猫たちの警戒心と、自分が自室にこもったからこそ自分の思いや考えの無理や矛盾を解明できたことと、重なるような気もしていた。

 生理面は、自律して形成され、誕生後も自律して機能している。
 植物だって、猫だって、その生命生理は自律して機能している。
 それは、自分のことをさえ勘違いし思い込みもする俺の理解力を超えている。

 猫にも、各感覚器官や意識や記憶力なども備わっているわけだから、知能も備わっている。
 つまり、経験でき、学習もする。音がする方に向けて耳を動かすのは、音を聞き分けようとしているからだ。匂いを嗅ぎながら歩くのも、何かを嗅ぎ分けようとしているからだ。
 それも、たぶん俺の耳や鼻を超えている。

 さっきの猫たちは、初めて会った俺を警戒していたし、親を信頼しているから一緒に来ていたわけだから、そういうことも見分けていることになる。
 猫も、知らないことは不安なのだ。
 自分だって、知らなかったがゆえに想像し勘違いし思い込んだ。
 でも、良かれ悪しかれ具体的なことを知るほど、的確な判断ができるようになる。
 猫だって、そうなのだ。

 以前、毛の色がパンダのように白と黒がはっきりした猫と、柴犬型の真っ白い犬も飼っていたことがあった。
 あの猫は、冬は犬小屋で犬と一緒に寝ていた。
 あれも、学習だったのだ。


 こうして、猫を相手に、やがて自分が意思疎通に関する学習をすることになる。
 子供の頃には、大人の理解を得られなかったこともあって十分に学習できなかったことを、猫を相手に学習することになる。
 もちろん、もともと社会的適応上でも必要なことだけに、遅れ馳せながら半ば必然的に学習することになる。
 が、猫を相手に、自分がそういうことを学習するであろうとは当時は思いもしなかった。

 野良だから、自立している。
 野生動物の、大自然の中で自立している。
 そんなことを思い、自分も山野に出向くことも多くなり、春には山菜を採るようになり、秋の山でキノコ採りもするようにもなる。



 

 以下は、現在の趣味の写真「普遍に臨む」です。

 もちろん、素人の趣味の撮影です。
 サイズが小さいと、見るに堪えないです。
 というわけで、前回から、画像サイズは1622×1080にしました。
 記事内の画像をクリック(モニタサイズによっては表示された画像を更にクリック)していただくと1622×1080の画像が表示されます。
 なお、当ブログが重くならないよう考慮し、パソコン画面上で画質は落ちが気にならない程度までファイルサイズを圧縮してあります。

 もし気に入った方は、個人使用は自由です。
 好みのサイズの画像上で右クリックし、保存して、ご使用ください。


 実は、今日は駄目だろうという勝手な想像を頼ったばっかりに、めったに見れない格好の朝焼けをすでに撮り逃がしています。
 その後、格好の朝焼けや夕焼けには、まだ恵まれていません。

 ところが、夏至の頃は、名峰:八甲田山から日が昇り、名峰:岩木山に日が沈む。そんな位置関係に郷里があったことを知り、その撮影をしながら、朝焼けや夕焼けを待っています。



20170708-夕焼け 名峰:岩木山


 梅雨を実感したのは、7月末から8月にかけての5日程度だった。
 が、この短い雨天の間に、名峰:岩木山山頂への日の入りを撮るチャンスは逸していた。



20170708-日の入り 名峰:岩木山


 日の出、日の入りは、太陽が明るすぎ、自分は上手に撮れないので二の次しがちだったが……。
 夕陽は、熟した柿のような色になったり、朱泥のような色になったりして、直視も容易にり、撮ってもみる。
 それでも太陽は明るすぎて、撮影画像は暗くなる。
 ただし、靄や霞しだいでは、稀に念願の太陽の色をなんとか撮れたりする。



20170629-夕陽 名峰:岩木山


 入梅は夏至の頃だったが、好天が続いた。



20170629-朝 名峰:八甲田山



 撮影時、念頭に置くことは、空間(空中や中空などと言われる)を撮ること。
 空間は、普段は気にしないが、目の前に開けていて、間違いなく存在する。が、空間には、ピントを合わせることはできないし、それ自体を撮影することはできない。
 ならば、初心者でも撮影を楽しめる朝焼けや夕焼けを撮ることで、その画像に空間も撮り込みたい。
 しかも、朝焼けは、仕事の前に(夏至の頃は3時半頃から)撮れる。夕焼けは、仕事の後で(夏至の頃は19時頃から)撮れる。

 というわけで、野生動物の気配を感じる大自然の宙空の中に自身を置いて撮影に臨む。
 これ自体に、実は魅了されている。

 勝手な想像や邪念を捨てて、天気図と衛星画像で確認し、可能性があれば撮影ポイントに向かう。
 朝夕の特徴なのか、雲は、俄かに発生することもあるが、見ているうちに晴れてゆくこともある。
 また、今年は、意外なほど多くの野生動物を見かけている。撮影後、下山した際、右に折り返すカーブを過ぎたら車の直前を同方向に熊が走った。
 人間関係を離れ、野生動物の気配しか感じない大自然の宙空の中に自身を置いて、望む気象状態になることに期待して待ち続ける。
 一時的とはいえ、勘違いや思い込みもあり無理も矛盾もある思いや考えを捨てると、自分の思いや考えを超越している大自然を体験している状態になる。だから、これに魅了されているのだと考えられる。
 この、勝手な想像や邪念を止めて、大自然が望む気象状態になることに期待して待ち続けることが、心の整理の妙薬に匹敵するような気もしている。
 しかも、その場では思わない。
 その場を、離れてから思う。
 もちろん、望む気象状態にならない時にこそそうだ。だから、懲りずに出かける。

 つまり、望む気象状態になると、その撮影に夢中になる。よって、欲も邪念も発揮してしまうからなのだろう……。
 ま……、そんな時は、そこそこの写真は撮れているわけだが……。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
46位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR