生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : トラックバックテーマ

第1401回「よく訪れる場所は?」


こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当藤本です今日のテーマは「あなたのよく訪れる場所は?」です。
トラックバックテーマ 第1401回「あなたのよく訪れる場所は?」



 えっ!……。

 よく訪れる場所?
 思い出の場所とか?

 そう言えるようなところへは、殆ど行かないです。


 kisuke(喜助)は、昨夜、そこまで書いて終わったんだけどね……。
 ここだけの話よ。これは、kisuke(喜助)には内緒よ。絶対よ。
 kisuke(喜助)はね、自室でPCに向かっている時間が最も多いのよ。
 記憶にあるイメージや感情や考えなどを、どんな形式であれ、書き上げるか否かも関係なく、とにかく文章化しているのよ。
 そうすることによって、自分の気持ちを知ることができるし、知ることによって修正や整理もできるからなのよね。
 もちろん、自分の気持ちを知る努力をし整理をすることによって、それだけ具体的に理解することもできるわけでしょ。理解したことは、自覚できるようになるでしょ。自覚できるから、自分の気持ちを安定させることもできるわけでしょ。それだけ充実させることになるっていうことでしょ。

 そういうことを今は分かっているから、かつてのこともよく分かっているのよね。
 かつては、そういうことを怠っていたから、知らなかったの。だからね、葛藤が生じたり、パニックに陥りそうになったりしたときも、なぜそうなるのか知らなかったし自覚できなかったから改善もできなかったの。
 けど、自分の気持ちや考えに因ることだと気づいて、その事実関係を知ろうとしたのよ。そして、理解したことは自覚できるようになって、自覚できるようになったことは改善することもできて、もちろん気持ちが安定したわけでしょ。
 そういうことも、kisuke(喜助)は十分に経験済みだし分かってもいるからなのよ。

 kisuke(喜助)は、このあいだ独りでこんな独り言を言ってたわ。
 仮りに、楽園とか天国と言えるようなところに行けたとしても、本人の心が穏やかでなければつまらないはずだ。
 むしろその逆に、逆境だとか地獄と言われるところでも、本人が心を穏やかにすることができさえすれば慌てることも無いはずだ。
 ということは、楽園とか天国とかは、自分の心の中に形成されるものだと言える。

 そんなことまで考えているkisuke(喜助)にとっては、どこかへ出かけることは、そういうことから離れることでしかないのよ。だからなんでしょ、kisuke(喜助)は、遠くに行くことことほど好きではないみたいなの。

 どんなに遠くに行っても、心はいつも一緒。そう思うでしょ。
 けどね、記憶自体が曖昧なものだし、文章化したことのほうが確かでしょ。
 皆さん、大事なことは書類を作成したり、その書類にハンコを押したりまでするでしょ。
 kisuke(喜助)にとっては、記憶にある曖昧なことよりも、これまで文章化してきたものの方が確かなのよ。
 古い手紙を読んだりしても、当時のことを忘れかけていたのに、思い出したりするでしょっ?。
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR