そもそも、生理面は自律して機能している。
 それは、直に経験し続けている自分自身の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 備わっている知能で、感じ意識し識別し思考し、経験し学習し理解できるようになり、相応の振る舞いをし、相応の結果になる。
 そこまでは誰でも共通だが、経験や学習や理解の内容しだいで人生の理由は変わる。
 知らないことは想像もし、それゆえに勘違いもし思い込みもし、他に目を奪われもするし心まで奪われもし、肝心な自分を見失いさえする。
 以上のうちの、誰でも直に経験し続けていて共通することや普遍的なことが、当ブログのテーマです。
はじめに 更新2013/01/21
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 把握できていること&用語集

・心を開くとは・心眼を開くとは


 心を整理する際に、意味を明確にしてきた言葉です。
 当ブログ内では一貫するように心がけている言葉でもあります。
 あくまでも個人的なことです。その点は、ご了解ください。
 把握できていることの概要もご参照ください。




 
 
 本来は

 本来は、心は開いています。
 子供の頃には、自分の気持ちや考えなどを、伝えることもできます。教えてもらおうと尋ねもするし、助けてもらおうともします。
 もちろん、知らなかったことを次々に憶え、できなかったことも次々に随意にできるようになります。


 
 
「心を閉ざす」とは

 信用だとか信頼だとか社会秩序だとか、その具体的なことを知らない子供の頃には、そういう説明や説得はできません。
 小さい、大きい。少ない、多い。損だ、得だ。知らない、知っている、嘘だ。といったことが分かるようになると、疑問や不信感も抱き警戒して関わりを拒む。もちろん、自分の意中(気持ちや考えなど)を、他者に知られまいとする。聞く耳を持たなくなったりもします。
 それを、「心を閉ざす」と言います。

 仲が悪くなる。説明や説得ができない。自分が勘違いしていたりする。だから、気まずかったりします。
 でも、不信感や反感や敵意の類を見せたとなると、反省し難かったりもします。言い訳を言い、明らかに嘘を言ったりもします。自分がそうしていることまでも、相手の所為にしたりもします。
 そうするほど、心は閉ざされてゆきます。
 もちろん、知能は本来の機能を果たさなくなってゆきます。


 
 
「心を開く」とは

 閉ざしていた心を、開くことです。自分の意中を他者に知られまいとしていたことを、解除することです。

 仲が悪いと、楽しくない。説明や説得ができないのも、自分が勘違いしていたとしても、悪意ではない。そうであるだけに、子供たちの場合は、比較的簡単に仲直りしたりします。
 つまり、心が開かれていた本来の状態に戻り、自分の意中(気持ちや考えなど)を他者に伝えることができるようになります。
 そういう経験上、知らなかったことを憶え、できなかったこともできるようになった、とも言えます。

 具体的なことを知らないまま、いわゆる強情を張っている状態になっていた場合は、それを改善することでもあります。
 もちろん、経験し学習し理解し随意にできるようになったことは、当然に限られていて、偏りもし、勘違いや思い込みまであります。そういうことを経験したり知ることでもあります。

 そういう性質上、閉ざした心を開いた際には、思慮深くなったり人柄が良くなったり心が広くなったりします。


 
 
「心眼」とは

 心を閉ざす・心を開く。この場合は、自分の意中を他者に知られまいとするか否かが要です。
 心眼の場合は、自分の心を自分で覗ける状態にあるか否か、それが要になります。
 例えば、相手が話すことなどを、自分の記憶のあることを基に識別し思考や理解や予想などもして、相応の動作や言動や行動をして、相応の結果になります。
 また、実際に行動しなくても、単に独りで想像したり考えたりしただけでも、相応の感情の変化が伴います。それは、あくまでも想像に伴ったことに過ぎません。
 そういうことは、自分が識別したり考えたりした内容しだいのことだけに、本来は、自覚したり把握したり事実関係を理解したり無理や矛盾を改善したりすることが可能な状態にあります。
 つまり、そうであるか否か、それが心眼が開いているか閉じているかを判断する要になります。

 ちなみに、そういうことを、すでに理解しているかは、また別です。
 通常、確かめたり試したりしたことは、相応に理解でき詳しく記憶にも残ります。が、理解できる状態ではあっても、それを確かめたり検証したりしないことは、未理解のままです。


 
 
「心眼を閉ざす」とは

 対他的に心を閉ざしたり心を開いたりすることは、子供の頃から行うようになります。当然に、友達も限られてゆきます。
 信用や信頼や秩序を重視するようになっているわけですが、信用や秩序に関することを具体的に理解していない場合は、信用や秩序に関することを指導することも説得することもできません。
 結局、口論になったりしますが、自分が間違っているかもしれない。
 でも、相手を信用できないとか疑い警戒しているといった状況で心を閉ざすだけに、自分が反省する必要も感じなかったりします。
 不仲になるだけに、気まずかったりする。でも、反省するのではなく、言い訳を言ったり、口実を考えたり、明らかに嘘を言ったりもします。
 もちろん、自分を守るためで、相手を侵害することが目的ではないし実害を及ぼすわけでもない。

 でも、自分の気持ちや考えを、隠したり偽ることには慣れます。

 明らかに自分に非があるとか後ろめたい場合でも、不利だとか不都合だと思うことは隠し偽ったり、相手は見抜けないだろうと侮ることも、尤もらしく本当らしく偽装することも可能です。

 もちろん、悩んだり抵抗を感じたりし、反省したり止めたりもします。

 でも、自分の意中は、他人には見えない。見知られなければ、かまわない。実際にやっても、証拠を残さなければ、法律が無罪にしてくれる。
 不都合なことは隠し偽り、上辺だけ優れているかのように工作したりもする。他を侵害するわけではないので、具体的なことを知らないうちに、慣れていたりする。
 綺麗事だけに、最も騙されやすい。私利私欲を貪るために、不都合なことは隠し偽り、尤もらしく工作した、となると詐欺です。綺麗事と暴力は、悪の両輪です。
 表向きは立派に見えますが、原子力発電のように、大変な被害を及ぼすどころか、安全管理自体が不能なことだったことが明らかになったりします。「トイレの無いマンション」と言われながらも、政治レベルで認可していたことが明らかになったりもします。それでも「国民のためだ」と言わんばかりです。

 周知の通り、考えていることや行うことは、信用や信頼を左右します。実際の行為には責任が伴います。

 でも、一流企業でさえ、粉飾決算をしたり、リコールしないで隠蔽したり偽装したりします。
 言うまでもなく、信用や信頼とは逆の、騙し欺き裏切る行為です。
 誰かが全責任を背負ったかのように自殺したりしますが、散々隠蔽や偽装した後だと、何もかもが隠蔽や偽装のように思えたりします。
 実害を及ぼしたのに、責任を取らない。となると、秩序を否定し、自ら人格を捨てたに等しい。法律上、縛ったり鉄格子の中に拘束したり処刑したりし、人より下等な動物と同様の扱いをされることになる。
 加害者が有利で、決して平等とは言い難い法律にも疑問はある。が、秩序の無い世界は不自由で、せっかく備わっている知能の使い方を誤ると自縄自縛以外のなにものでもない。

 その要は、自分の気持ちや考えを、知られまいとし、隠し偽り通そうとしていることです。
 だから、反省し難いし、自分が考えて行ったことを否認します。自分の考えや行おうとしていることを、否認するわけですから、こういう事実関係すら把握できないし改善は困難です。
 改善できないから、相手を攻撃したり、相手を騙し欺いたりします。ますます、認め難く改善し難くなる。
 ついには、自分以外の人を悪いことにし、明らかに犯罪になり、ニュースになる。自分が考えて行おうとしていることの無理や矛盾は棚に上げて、相手の所為にすることに固執したことになります。
 いずれにしても、自分の考えの無理や矛盾を、理解し難くし改善を困難にすることばかり考えて行っていたことになります。つまり、そういうことを自分で考えて行っているのだということ自体さえ、分からなくなる。
 それが、心眼が閉ざされた状態です。


 全く知らないわけではなく、明らかに自責を感じている。が、反省せずに、隠し偽り、否認し、騙し欺くことに徹している。
 相手を騙し欺くほどのことを、考えて行えるわけですから、日常的には、相手が話すことを、自分の記憶にあることを基に識別し思考し理解し予想しして、会話が出来ていることになります。つまり、自分の心を理解できるくらい理解力は成熟していることになります。
 にもかかわらず、隠し偽り騙し欺くことに捕らわれてしまい、自分の心を理解することが困難になった状態が、心眼が閉じている状態です。

 自分が考えて行おうとしていることを把握できないだけに、根拠も理由も無い妄想に陥ったり、無理や矛盾があることでも行おうとしたりします。
 巧く騙し欺けたことで、優越感を感じたり、慢心したり、有頂天になったりさえします。
 ますます認め難いことをしがちで、結局、不都合なことは隠蔽し、すべて相手が悪いことにし、口封じしてしまう。
 でも、実際には、自分が考えて行おうとしていることの無理や矛盾に振り回されるような状態になります。
 隠し偽り騙し欺くだけの世界ですから、秩序も無いし根拠や理由も無いし納得したり充実したりすることは皆無です。


 
 
「心眼を開く」とは

 対他的に心を閉ざした場合は、本人の気持ちや考えでそうしたわけですから、事実関係も分かりやすく、解決も困難ではないです。

 ちなみに、私は小心者で、スケールの大きいことはできなかったどころか、反省するほうに向かいました。
 つまり、私も、不利だとか不都合だと思うことを隠し偽り、都合よく有利に見せかけて騙し欺き、しかも相手の所為にしたりもしたものです。
 基本的なことは、そんな短い言葉で言い表せることでもあり、隠し偽ったり否認することが矛盾していることに気づければ、簡単に理解できます。

 自分の気持ちや考えで閉ざしたわけですから、その事実関係を把握して、閉じたときとは反対のことを考えるなどして開くことになります。
 隠し偽り、認め難くて否認し、騙し欺いた場合は、そだったことを認めて無理や矛盾を理解しないと心眼は開きません。
 心眼を開くことは、到底不可能な状態に陥っている人もいるはずです。
 でも、自分が考える根拠も理由も無い妄想や無理や矛盾に振り回されていた状態から、知能を開放することでもあります。
 心を閉じ心眼が閉ざされた経緯や事実関係を把握することによって心眼が開くわけですが、そうすること自体が、自分が識別し思考し理解することによって成り立っていることを把握し始めたことになり、むしろ、未理解だった自分の心を理解し始めることになるからです。
 そのことを、心眼が開く(開いた)と言います。


 本来の自由の始まりですが、心眼が開いた当初は、具体的なことを知らなかったがゆえに、自信が無く、想像し、勘違いしていたに過ぎなかったことが判明します。いわば、不自由だった理由が明らかになります。
 それは、知能自体は、やっと本来の機能を発揮し始めたことを物語っています。
 また、理解しそびれていたことが次々に明らかになります。そうであるだけに、新たな勘違いをしがちです。が、納得したり自信を得るためには、必要なことは理解する必要があるのだということです。
 心眼を開くことができた人は、それが可能になります。
 具体的なことを未理解だからこそ、自縄自縛の世界にも陥るわけであり、具体的に理解するほど抜け出せるし慎めるようにもなります。
 その先に、秩序がある自由もあります。
 要は、自分が向かう方向が定まっているか、相応の知識や考えが確立できているかです。他人がどうのこうのから、独立することでもあります。
 私の言葉足らずの点も、自分で補えるようになるはずです。
 心眼を開くことができた人は、恵まれています。
 ただし、心眼が閉ざされていた場合は、備わっている脳力は、すでに誤用されていたり、十分に発揮されていなかったり、未熟だったりし、そうだったことに気づくことになります。
 そうだったことに、気づくことによって心眼は開き、備わっている脳力の最も高度な部分が復活し発揮されることになります。
 くれぐれも、精神異常だとか、病気だとか、そういう勘違いをしませんように。

 それまでの無理や矛盾を解明できたこと自体が、自分が識別し思考し理解することによって成り立っていることを理解できるようになったということです。
 つまり、自分の心を理解し始めていることになります。
 理解しそびれていた自分の心を具体的に理解するほど、自分で把握できるようになるわけですから、当然に迷いは減少し、自信に満ちてきます。

 言うまでもなく、他人に惑わされることも減少してゆきます。

 それどころか、自分の基本的なことを把握すると、基本的なことは共通ですから、他人の気持ちも把握しやすくなります。
 むしろ、自分の心を理解できないのに、他人の心を理解できるはずがないです。そうであることを、納得できるようになるはずです。
 

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は千差万別ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
FC2アクセスランキングのみ参加中です。
拍手ボタン等は非表示中です。
よろしくお願いします。

こちらからのお礼の応援アクセスは、
冬期間は随時&随意に致します。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
48位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR