生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 把握できていること&用語集

・想像とは・思い込みとは・妄想とは


 心を整理する際に、意味を明確にしてきた言葉です。
 当ブログ内では一貫するように心がけている言葉でもあります。
 あくまでも個人的なことです。その点は、ご了解ください。
 把握できていることの概要もご参照ください。



 経験し観察し確かめ試すほど、事実に基づいたことが詳しく記憶に残ります。その記憶に残っていることだけを基に、目の前にいない人のことでも話せ、昨日のことでも何年も前のことでも話するようになります。

 でも、確かめられるないこともあり、試せないこともあり、とりあえず記憶にあることを基に類推したりします。
 事実か否かを確かめたわけではなく、記憶にあることを基に類推することが主である想像の性質上、的外れだったり、勘違いだったりもします。

 正直な話、私は、小学校を卒業する頃にはほとんど勉強しなくなっていました。中学校卒業し、肉体労働をして生活していました。
 が、いつのまにかすっかり大人になったのだと勘違いしていました。そんな自分に気づいたときは、すでに27歳だっただけに、絶望的ショックでした。
 勘違いや思い込みばかりだっただけに、妄想の世界をさ迷いました。
 でも、自分の想像や考えていることに伴って感情や葛藤が生じることに気づいた。しかも、自分が想像し考えていることだけに事実関係も把握でき、把握できたことは自覚もできるだけに解消できる。そのことに、やっと気づいたときは30歳になっていました。
 結局、遅れ馳せながら自分の記憶にあることを整理しはじめました。そして、自分が考えていることに関することは何よりも詳しくなれる条件が整っていることとも判かった。もともとそうであることをさえ、自分は知らなかったからこそ妄想の世界をさ迷ったんだということも判明しました。
 その後、では本来はどうなのか、ということを知ることになります。

 
 
 本来は

 基本的な識別や思考や理解や予想などの情報処理に関しては、別に記事を準備中ですが……。
 経験したことは、相応の印象が記憶に残り、相応の識別や思考や理解や予想なども可能になり、相応の言動や行動も可能になり、相応の結果になります。
 観察したり確かめたり試したりするほど、勘違いしていたことも修正され、確かで詳しい印象が記憶に残り、的確な判断や行動が可能になり、予想通りの結果にすることも可能になります。
 日常的にも、相手が話すことや自分が見聞きしていることを、自分の記憶にあることを基に識別したり思考したり理解したり予想したりして(情報処理をして)、相応の動作や言動や行動をし、相応の結果になります。
 走り回れるようになったり、日常会話ができるようになったことは、高度な理解力もあり客観視もできる能力が備わっていて、実際に熟練し発揮されていることを物語っています。
 でも、そうであることを未理解だったり、未理解ゆえにむしろ勘違いしたり、的外れなことを思い込んでいたりもし、せっかく備わっている知能を誤用さえしていたりします。


 
 
・想像とは

 未熟な頃は直接経験していることが重要ですが、成長とともに行動範囲も広がり、判断すべき対象も直接は確かめられないことも多くなります。
 尋ねることが可能な相手が限られ、尋ねることができる内容が限られ、事実か否かを直ぐには確かめられないことも多く、試せないことだってあります。
 でも、記憶に溜まる情報量は、年々、多くなります。
 その記憶にあることだけを基に、会話するようになります。
 とりあえず記憶にあることを基に類推や推理や想像や予想などをするようにもなります。


 行ったことが無い目的地への道順を教えてもらう場合
 経験があり記憶にもある範囲内は、その記憶を基に確認できる。その先の知らない部分に関しては、言葉で教えてもらっても、直ちに確かめられない。そこで、知っているところまでの記憶を基に、知らない部分は想像したり略図を描いたりして、それを頼りに行くことになる。
 その想像した部分は、実際に行くことによって、確認もされることになります。
 初めて行く場合はスムーズに行けなかったりし、想像していたことはそういうものだということも自覚します。
 でも、自分が行動し経験して実際に確認した物事の印象が記憶に残ります。
 その実際に経験し確認して記憶に残った情報を基に、事後報告もできます。もちろん、次回は、実際に経験し確認して記憶に残った情報を基に、行けるようになります。
 記憶は曖昧なものですが、想像したことと、実際に感覚的に確認して記憶に残ったことでは、格段の違いがあります。


 想像の類は、確かめたことではないので、的外れだったり、勘違いの元だったりします。
 事実か否かを確かめるまえの、想像の類なので、宝くじのようなものなのです。
 でも、否定的なことは結果も見ないことが多いだけに、的中していたと思い込んでいたりします。
 的を得ていることも、たしかにあります。でも、それゆえに想像を頼りがちになります。

 ギャンブルなども、勝ったときだけは自慢し、損した時には秘密にし、自分でも忘れるのか、止められなかったり依存症気味だったりさえします。

 確かめずに、勝手に想像して安いと思い、衝動買いをしたら、失敗だったりもします。

 簡単に使えそうだと思って買った家電製品も、簡単に使えなかったりもします。
「説明書だけでも売れる時代なんだ」という理由にも、納得できます。

 つまり、事実か否かを確かめたわけではなく、記憶にあることを基に想像した類のことに過ぎないから、実際には勘違いだったとか思い込んでいただけだったとか的外れだったことが明らかになったりします。
 そういう経験上、想像の類にはそう性質や特徴があることを、自覚したり理解したりもします。
 むしろ、失敗した場合は、繰り返すまいという思うし、事実を認めて、更に確かめて理由を具体的に知るほど、繰り返さずに済むようになります。つまり、想像を頼ることは慎むようになり、できるだけ確かめた事実を頼るようにもなります。
 自分が考えていることであり、事実か否かを確かめたわけではなく、記憶に溜まったことを基に類推したり想像したり予想したに過ぎず、的外れなことは少なくない、といった想像の類の特徴や事実関係を本人が自覚できる場合を当ブログでは「想像」と言っています。

 性質や特長の違いを基に細かく区別すると、類推・推理・憶測・想像・予想などと分類できますが、その総称としても「想像」という言葉を使います。


 
 
・思い込みとは

 結局、事実か否かなどを一々確かめたり試したりはしないで、記憶にあることを基にした想像だけで、判断したり決断したりもし、片付けてしまうこともあります。
 想像でも思い込みでも、的を得ていることもあります。
 でも、「思い込み」云々と問題になるのは、的外れだった場合です。それだけ、的外れなことが多く、的外れだった場合は大変なことになったりもします。


 大事なものを失くした。
 失くしたわけですから、具体的なことは分かっていないことが多い。
 分かってみると、勘違いだったり、的外れな想像に過ぎなかったりもします。

 でも、大事なものを失くしたとなると、心配になったり苦になったりします。
 それゆえに、大事なものを失くしてしまったんだと判断し、そうだと思い込むほど、そうではないかもしれないとは考えられなくなるだけに、心配や苦は顕著になります。

 注射の話をしただけで子供が泣きだし、他の話をすると泣き止む、それも同じことです。
 想像に過ぎなくても、相応の感情が伴い、その感情は事実だけに、想像に過ぎないことが実際に起きているような状態になります。

 気に入らなかったことは、後で思い出しただけでも腹が立ちます。
 でも、嬉しかったことを思い浮かべたり、もっと好転するようなことを考えたりすると、期待したりもします。

 つまり、記憶にあることを基に想像し、それに伴って生じた感情に過ぎません。
 でも、元は想像ですが、それに伴って生じる感情は事実です。それゆえに、元は想像であることを忘れがちになり、そうだと思い込むほど、そうではないかもしれないとは考えられなくなり、思い込みが増すのだと考えられます。
 つまり、元は想像に過ぎなくても、感情は事実だけに、想像に過ぎないことを忘れがちになり、事実であるかのように思い込み始める。しかも、そうであることを自覚できなくなった状態を、当ブログでは「思い込み」と言います。

 もちろん、本人の意思で行われている情報処理に関することだけに、事実関係を自覚するだけで、解消します。
 元になっているのは想像に過ぎないわけですから、違うことを考えただけでも解消します。
 本人が考えて行っていることだけに、具体的に理解することもでき、そうした場合は未然に防げるようにもなります。


 ちなみに……
 テレビドラマは、大金を投じ、大掛かりなセットも用意したりして、NGを繰り返し、更に編集して、いかにも本当らしく作ったものです。
 映画は、CGまで駆使して、実際にはありえないことまでも、本当であるかのように作ったものです。
 そういうことを分かった上で観ていても、観るとなると肯定的に捉えることになります。しかも、ストーリーや推理が重要だとなると、要点を肯定して記憶にとどめながら観てこそ観るに値します。
 しかも、テレビドラマや映画の内容を、事実確認することは一般的にはしません。
 そういう性質上、かなり真に受けてしまったとしても、不思議ではありません。
 そういうことを知らずに観ていると、想像や思い込みや妄想のほうを鍛えているようなものだとも考えられます。
 これは、私の勘違いだったほうが、むしろ幸いなのですが……。

 特に支障が気にならず判明しない思い込みは、そのイメージが記憶上で固定化し、先入観として心理や思考に支障を及ぼし、行動や結果を左右していたりもします。


 
 
・妄想とは

 想像は、自分で考えていることであり、経験もあり、事実関係や特徴も自覚できれば、深く迷い込むこともない。
 思い込みも、想像と同様で、自分で考えていることだけに、冷静に考えれば分かることであり、自覚できれば深みに陥ることもない。

 でも、想像に過ぎなくても、それに伴って生じる感情は事実です。それゆえに、元は想像に過ぎないんだということを忘れると、事実だと思い込みかねない。
 つまり、自分が考えていることが、想像に過ぎないことを自覚できなくなり、思い込みであることも自覚できなくなると、ほとんど根拠も理由も無い無理で矛盾することも考え、そうであることにも気づき難くなり、想像上のことを事実だと思い込んだ振る舞いまでするようになります。
 その、自分で考えていることが、想像に過ぎないことや想像上の思い込みに過ぎないんだということを自覚できない状態で想像が展開され続けることを、当ブログでは「妄想」と言います。

 もちろん、想像も思い込みも妄想も、意図的にそうしようとして行っていることではないです。
 むしろ、自分で考えていることそのものに関することなので、日常会話が出来る程度の識別力や思考力理解力を冷静に発揮できれば、事実関係や特徴は自覚できるようになり、解消します。
 つまり、特徴や性質などを具体的に知ると、知ったことは自覚できるので、想像上のことを本当だと思い込むことは減少する。そういう経験を経て更に詳しくなり、仮に陥ったとしても簡単に自覚できるようになり、更には陥らずに済むようになります。


 ちなみに、寝返りもできなかったのに、二本足で全速で走れるようになった。また、言葉は話せなかったのに、片言を憶え、相手が話すことを自分の記憶にあることを基に識別し思考し理解し予想しして日常会話をするようになった。これだけでも、とても高度な能力が備わっていて、実際に発揮できていることが実証されています。
 なのに、想像が逞し過ぎると、的外れなことを思い込み、妄想にまで陥ってしまうことも事実です。


 あくまでも、例えばですが……。
 精神的に不安定になった人が、自分には具体的な診断をする知識が無い。そこで、想像上、詳しく知っているであろうと思える精神科医を尋ねた。
 その精神科医から、何らかの病気ですと言われた。
 となると、当然に、動揺するはずです。

 本人は、具体的は診断をする知識が無いから、詳しく知っているであろうと想像して精神科医を尋ねた。ということは、精神科医は詳しく知っていると、すでに思い込んでいたり、先入観を抱いている可能性があります。
 その精神科医に、何らかの病気ですと言われたということは、精神面が正常ではないと言われたのと同じです。
 しかも、自分で判断できない患者は、その精神科医の言葉を自分で確かめることもできないし否定することもできません。むしろ、自分が頼った精神科医の言葉だと、真に受けて思い込むでしょう。
 もちろん、患者自身は、自分で事実か否かを確かめたわけではなく、あくまでも想像の域を出ていません。が、そういうことを自覚できなくなる可能性のほうが大きい。
 つまり、患者は、あくまでも想像上で、精神面が正常ではないと思い込んだり、異常なんだと思い込んだりする。
 そうなると、思考は妄想状態になります。

 興味がある方は、こちらもどうぞ。続編;病院からの帰り

 もちろん、脳力が基本的には機能しているからこそ、生じます。
 要は、自分が考えて行っている情報処理に関することを知らないと、基本的には機能していることも自覚できない。
 この道でいいのか分からない状態と似ています。
 なので、自分が考えて行っていることをさえ、むしろ勘違いしたり思い込んでしまったりするということです。
 分からないので、こっちの道を行ってみようかと思うのに似ています。
 もちろん、具体的な知識は無いが、脳力自体は基本的に機能しているからこそです。そういう経験を経て、具体的な知識を得るのが普通です。
 
 

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR