生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 把握できていること&用語集

完璧でも善人でもありえない



 そもそも、経験や学習上のことは、誕生当時は、未経験だし未学習だ。

 経験でき、学習でき、理解できるようにもなった。が、その性質上、個人的には、仕事として通用するほど詳しく知っていることは限られる。気づけない間違いもあるはずだ。何かを思い浮かべるだけで分かるが、記憶自体が曖昧なもので、その曖昧なことが圧倒的に多い。
 でも、それらは、悪意に因るものではないし、意図的なことですらない。知らなかったことを憶え、間違っていることは修正することによって詳しくなり、試行錯誤を重ねてこそ上手にもなる。

 大人になっても、個人的には、詳しいことは限られ、曖昧なことが圧倒的に多く、知らないことこそ宇宙規模で存在する。
 そもそも、自身がこういう形体になった理由を知らない。自身の内臓なのに、見たことも無い。各臓器は、自律して機能しているだけに、具体的なことは殆ど知らない。病気になってもなす術を知らず、老化は誰も止められないし、誰もが死を余儀なくされる。
 つまり、生きていること自体は、自律していて絶妙にできているし、知能まで備わっている。が、経験し学習し理解した内容は、生存上は的外れなことばかりだったとしても不思議ではない。


 でも、されれば嫌なことは、相手も望まないだろうし、好まれるはずがない。やれば、口論になり、更に暴力的にもなる。だから、行うとなると抵抗があり躊躇し慎むようになる。
 つまり、良くないことも悪いことも、具体的なことは知らない子供のうちに経験してこそ知り(記憶に残り)、それを基に、自分の考えや行動を管理できるようになる。

 口論を通じてでも、事実関係や理由などを具体的に理解し、説明でき説得できるようになればベストだ。が、喧嘩は両成敗で、相応のことは躾や教育には無いどころか、むしろ余計なことを強いられた。
 つまり、完璧であろうとすると、無理をしなければならない。というより、無理をしたところで、生存上は完璧ではありえない。ということは、もともとは歴然としていたのだのだが、そういうことが観えなかったのは自分勝手な妄想に陥りがちだったからだ。

 完璧とまではいかなくても、本来は、理解と協力なしには子供は産まれないし育ちもしない。15年前後もの保護養育が必要なことも事実だ。その間に経験し学習し理解したことを以って、精神的には自立することになるのだが……。
 それでも、家族も、企業も、個人的にはできないことを実現している。合理的なことをしたり、分業化し専業化して間接的にであっても力を合わせたことによって、それは実現している。
 その組織化も、不完全で、私利私欲もあって問題も多く、搾取階級の温床になったりもする。
 それでも、尊べることを具体的に理解し合えている人が多いほど、理想に近づくのだと考えられる。
 
キクザキイチリンソウ

 要は、自分が知っているか否かだが、このこと自体が完璧でありえないことを物語っている。
 経験し学習し理解できるようになり、相応のことを随意にできるようになる。その内容は、個人的にも年々変化する。
 個人毎に生存環境が異なり、経験に違いがあるだけに、好みや価値観なども個人毎に異なる。
 食べたいものだけを食べ、見たいものだけを見て、考えたいことだけを考え、憶えたいことだけは練習する。
 当然に、考えたくないことは考えないし、憶えたくないことは練習しない。
 結局、自分さえ良ければいいとか、お互いに良ければいい、そういう傾向が強くなる。
 相手を侵害すると、反撃されて当然だし、悪いことだと分かる。でも、お互い様だと相殺すると、悪いことは分かっていることをやってしまう。言うまでもないが、相殺されることを行っているのであり、良いことをしているわけではない。
 行為には責任が伴う。でも、巧みに騙し欺いてでも私利私欲を貪ったほうが勝ちだ。証拠を残さなければ、法律が無罪にしてくれる。不都合な場合は否認し通し、不利だと思ったら強情を張り通せばいい。
 優劣や勝敗に拘って競い争うのには、疑問を感じる。
 思考や行動から秩序が失くなると、人という動物は地球上で最悪の獣でしかなくなる。

 でも、知らないと、事前に慎むことはできない。
 後悔しているのに、相殺し、肯定してしまったりする。
 不都合なことや不利なことは否認し、つい強情まで張る。
 じゃあ公然と行うのかと思えば、できもしない。
 むしろ、そういう経験を経て、トラウマになったり、二度とできなくなったり、具体的に知るほど慎まざるをえなくなる。
 それでも慎めるようになれたのなら、それが最善なのだ。

 言うまでもないが、善人を装っている奴ほど背後が怪しい。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR