生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : トラックバックテーマ

第1389回「直そうとしている自分の欠点」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当藤本です。今日のテーマは「なおそうと意識している自分の欠点」です。みなさん自分自身で「これをなおしたい!」って意識している欠点ってありますか??...
トラックバックテーマ 第1389回「なおそうと意識している自分の欠点」


 
 私は、欠点は多数あった。でも、欠点として自覚できなかった頃は、もちろん直そうとも思わなかった。それこそが、最大の欠点だったのかもしれない。
 欠点として自覚できようになったことは、直そうとも思うようになった。それだけ意識することができるようになったから、直すこともできたわけだから。

 でも、欠点として自覚や意識できただけでは、直せるとも限らない。
 タバコ(喫煙)も、悪い癖だと思うようになり、もう止めようと禁煙まで試みはじめた。が、それまでよりも多くタバコを意識するようになったことは事実であり、それも理由だったと考えられ、喫煙本数は最低でも毎日40本までに増えた。
 つまり、欠点を直そうと、安易に意識し過ぎるようになったことも理由で、むしろタバコ依存症になったと考えられる。

 結局、タバコで喉がやられていることを自覚するようになった。
 必然的に、真剣に考えるようになった。
 ある日、自分が喫煙する理由や喫煙し始めた理由を考えた。その理由が、自分の場合は「まさに大人気ない象徴のようなことだ」と分かった。基本的に共通することで、以前に後悔までしていた。そんなことが分かっただけに、その時点で、タバコは止めるしかなかった。
 灰皿の吸殻も捨てられなかった私が、残っていたタバコも買い置きも父にあげた。
 居間には父が吸っているタバコがいつでもあり、それも止められなかった理由の一つだったのだが、手を出そうとも思わなくなっていた。
 止めたかったのに、あんなに止められなくて、むしろ本数が増えたのに、その変わりようは不思議なくらいだった。
 つまり、直したい欠点を単に意識するのではなく、欠点の理由を知ると、納得もできるし、それだけ固い決心もでき、直せる確率も高くなるのだと思う。

 省みても、禁煙が必要だと思い試みるようになった頃は、まだ本気ではなかった。禁煙したいのだが、こうすれば確実に止められるんだと納得できるような知識が無かった。つまり、禁煙したいが、すでに失敗を繰り返し、むしろ自信が無くなっていた。
 個人差がある内面を別に、表面的なことだけをみても、人前では、自分は禁煙が必要なのだという事実も意識すまいとし、むしろ「好きで買ってまで吸っているんだから」と偽装してまで吸い続けていた。
 つまり、偽装を更に尤もらしく見せかけることに捕らわれ、愛煙家を気取ったので本数が増えた。しかも、偽装自体が、本当のことを理解困難にすることにほかならない。その偽装を、更に尤もらしく見せかけていたのだから、実態や理由を把握することとは逆のことをしていたことになる。
 本気でなかったどころか、軽いタバコに変えたり、灰皿の吸殻も捨てず、吸い続けようとばかりしたいた。止めようとしていなかった。
 やっと、本気で禁煙を考えるようになったから、そういう喫煙の実態や理由も分かった。それだけ本気になったことも、一気に絶煙できた理由の一つだったと思う。
 もちろん、禁煙に成功する知識を得たから禁煙できたのではない。自分の喫煙の実態や理由が分かったら、特に自分が考えて行っていることの無理や矛盾に気づいたから、止めるしかなくなったのだ。

 私の場合は、考えや行っていることに無理や矛盾があることが欠点だ。
 性格的欠点とも言える根本的な欠点だけに、直せれば、それが元になっているいろんな欠点が改善されるはずだ。そう心がけてはきたが、長い年月を費やして培ってしまった悪癖だけに、直すのは容易ではない……。むしろ、何でも知っている人はいないし、何でもできる人だっていないわけだし、全てにおいて完璧な人はいないし、そうあろうとすること自体に無理がある。つい、そんな言い訳がましい逃げ口上を考えるが、このことなのだ。
 しかも、完璧云々ではない。まだ、普通ですらないのだから……。

 でも、把握できるようになってきただけでも、比較的早く対処できるようになったし、それだけ冷静になれるようにもなった。
 自分の不本意な欠点を、理解して直すことは、納得でき本意に適う本来の自分を理解することに通じていることも確かだ。
 自分の欠点を自覚すらできなかった頃は……、そんなことは言う必要がないか……。
 というより、こんなに頑張って書くような内容じゃないのに……。これも、欠点かな……。
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR