生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

左手でマウス

 
 右手で使っていたマウスを、左手で使うことに決めた。
 二日目の昨日は……、ぎこちなかった。
 つい右手を出しそうになるが、右手だと違和感なく使えることが記憶にあるからだ。キーボードの左側にマウスを置いたのに、そこにまで右手を伸ばしそうになる。
 画面や各アイコンなどの、マウスポインタを移動する位置もほとんど記憶にある。が、左手によるマウス操作は不慣れなだけに、マウスパッドからマウスが飛び出している。
 マウス自体も、右手で使っていたときと同じ姿勢になりがちで、「八」の字の右側の角度と同じ角度になっていたりする。
 特に、右手でマウスを使っていたときとの違いは、左手だとマウスポインタを自分で動かしているという実感が薄いことだ。むしろ、マウスポインタを目的の位置まで動かす際に、いわゆる自信が無い。だから、ぎこちない。自信が無いときって、こういう感じだったのだ。つまり、右手で動かしていたときは、相応の自信もあったのだ。
 マウスを操作する左腕に、必要がない力も入っている。まだ初心者的左手を見ていられないから、ベテラン的な右手が出そうになる。が、それを我慢しつつ、未熟な左手で慣れようとする。だから、余計なところに余計な力が入るような気がし、脳みそにまで力が入っているような感じがする。

 でも、学習能力はある。それは、左手にだって有効だ。
 誰もが、産まれたときは逆境に等しい。でも、知能は備わっている。だからこそ、必然的に模索し、誰も教えようがない識別や思考などの中枢的な情報処理も独自に学習する。寝返りもできなかったのに、二足で全速で走れるようになる。片言を憶え、やがて、相手が話すことを自分の記憶にあることを基に識別し理解して応答するまでになる。つまり、赤ん坊とはいえ、大人でも教えようがないことを経験し、学習し、独自に天性の才能を発揮するようにできていることになる。
 脳に障害が生じて手足に麻痺が生じた人でも、新たな学習が可能だと聞いたことがある。
 要は、本人が、模索し、それ確かめ、可否や是非の判断をして取捨選択をし、それを繰り返して確かなことを憶え、更に修正や微調整をして微妙な違いなども憶えるからこそ、相応の記憶が残り、記憶相応の識別が可能になり、相応の随意なことができるようになる。
 左手による随意なマウス操作を学習するにしても、同じことだ。いわば、左手にも自立した自信や喜びを体験させたければ、右手はでしゃばることを我慢して見守るしかないのだ。
 私の親のように、自分が経験し学習したんだということ自体を未理解だと、自分が教えようが無いことを憶える子供に対して余計なことをし過ぎる。すると、子供は、おのずからするはずの経験をしないし、必然的にするはずの学習もせず、余計なことを学習し、肝心な経験し学習し理解できるようになったことは理解しそびれ、自律している生理面だけは成熟する。結局、上辺だけ大人振り、世代を超えた悪循環に陥ってしまう。
 もちろん、自分の歪んだ精神面は、自分で育て直すしかない。反抗するほどの意思があったわけだし、余計な学習とはいえ学習は自分が考え取捨選択したことに因るものだし、肝心なことを理解しそびれたのも自分の意思によるのだから。

 さて、インスタントコーヒーでも飲んで一息入れよう。と思ったら、マウスを手にしようとした右手が、元にマウスがあった位置に伸びた。が、そこにはマウスは無い。
 学習したことは実用的で、便利だから習慣にもなる。が、悪癖などを変えようと思ったときは大変だ。せっかく学習したことでも、後で違うことを学習するとなると、その障害にさえなる。
 でも、そうだからこそ、学習によって随意にできるようになる事実関係や理由を理解する際には好都合で、貴重な体験になる。

 そもそも、誕生当初は、両手がぎこちなかったはずだ。つまり、右手もぎこちなかった。
 先に少し使えるようになった右手を、優先的に使うようになったから右手が特に器用になり、いわゆる右利きになったはずだ。
 その要になっていることは、いわゆる学習だ。
 学習自体を理解することは、赤ん坊だった頃の心理を理解できるかもしれない格好の機会でもある。
 どうして知らなかったことを憶え、できなかったことがどうして随意にできるようになるのか、そんなことに興味を抱いたのは30歳を過ぎてからだったが、いわゆる学習が成り立つ理由や因果関係を体験的に確認できるようなことは久しぶりでもある。
 マウス操作は比較的単純なことなので、好都合だ。

 これが、昨夜から三日目の今朝までの実感だった。
 すでに期待していて、諦観はほとんど無い。


 以下は、今宵の追記だが……
 かつては、人目や世間体を気にし噂を恐れて、相応のことにばかり捕らわれていた。
 そうだったことに気づき、理由も根拠も無い先入観を理由や根拠を以って払拭し、自分なりの意識改革や軌道修正が一応でき、「心眼を開くとはこのことだろう」と思った。
 その後、要とも言える、どうして知らなかったことを憶え、できなかったことがどうして随意にできるようになるのか、それを不思議だと思うようになった。つまり、勘違いや思い込みも、学習の一部だ。その改革や軌道修正も、学習によるものだった。なのに、学習自体に関する具体的な理由や事実関係などは、自分は未理解だったから不思議だった。
 でも、その要となる内面的な識別や思考や取捨選択などの情報処理に関することも記憶に残っている内容に関しても、本人だけが直に知りえる。つまり、精神面や学習に関することを理解するには、自分自身こそが至上の生体実験動物に相当する。
 そんなことが分かって、学習とはどういうことなのか、理解とは……、などと、そのものに関する興味が深まった。
 具体的なことが分かってみると、記憶に残っていたことだったり、本人にとってはもともと経験していた歴然としていたにも関わらず未理解だったことだったり、未理解だったことこそが不思議なくらいで、こんなことも知らなかったのかと思うようなことばかりだった。


 文字は右手だけで書いていたが、学習に関することをリアルタイムで理解しようと、意図的に左手で文字を書くことにトライしたこともあった……
 子供の頃に、ノートに同じ文字を繰り返し書いて、修正し微調整して文字らしくなったことを思い出した。そのくらい、まだ左手はぎこちなく未熟だった。
 小学生以降、文字の書き方の修正や微調整は行っていないし、下手だと自認していた右手で書く文字でさえ、実は繊細な学習をしたからできるようになったことだったのだ。

 いつのまにかブラインドタッチが一応できるようになり、両手を使うようになっていたし、両手を使うことの有利さも体験済みだった。が、そうだったことは知らなかった。そんなことに気づいたことによって、不思議だと思い、記憶に残っていることを整理して事実関係を検証したことによって、熟練に関することを理解できた。
 つまり、知らなかったことを模索し確かめ取捨選択を繰り返した確かな学習をする。更に、記憶に残った情報が確かになると(模索や事実確認は不要になり)、その記憶に残っている情報を基に迅速な動作が可能になり、いわゆる熟練する。
 ということは、日常会話も、相手が話すことを、自分の記憶にあることを基に識別したり思考したり理解したりし、不明な部分があれば確認したりして、応答している。つまり、話せなかった言葉を、片言で話し始め、模倣し、「これはなに?」「あれは?」と尋ねて語彙を増やし、やがて記憶にあることだけを基に会話できるほど熟練したのだ。
 寝返りもできなかったのに、二足で立てるようになり、歩けるようになり、走れるようになったのも、熟練したからにほかならない。
 右手が利き手となって器用になったことだけではなく、補助的にしか使わない左手は一向に器用にならないことも、まさに学習とはどういうことかを物語ってくれている。


 右手でやっていたマウスの操作を、意図的に練習して、左手で随意にできるようになったとしても、むしろ不思議ですらない。
 先に学習し熟練していることほど、場合によっては後で学習する際の障害にさえなるが……
 結果的にだったが、意識改革や精神面の軌道修正も可能だった。その後に、自分に関することを理解できたのだから。
 その要である、学習が実現する経緯や理由や因果関係などを、久しぶりに体験的に確認できる。

 今夜は、左手にマウスが馴染んできたような気がする。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR