生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 把握できていること&用語集

「悟り」とは・追記


「具体的なことは知らなかった。しかも、確かめずに、想像を頼っていた。つまり、具体的な判断ができないからこそ想像したに過ぎず、具体的な根拠も理由も無い想像に過ぎない。だからこそ、的外れな勘違いもしやすく、思い込みやすく、先入観として抱いてしまいやすい。」この部分がとても解り易かったです。


 それは、makoさんは、すでに悟っている証です。
 ご自身が経験していることを基に理解(悟り)を深め続ければ、やがては独自に悟りであることを納得することもできるでしょう。
 また、理解したことは記憶内にも知識として形成されるので、何時でも自覚できるようになり、理解を深めるほど説明も容易になり、理解した証にもなるはずです。

 もともと、日常会話でも、知らない部分があるだけでも滞り、その部分の確認ができると続けて展開できます。
 また、根拠も理由も無いとか辻褄が合わないと納得できませんが、根拠も理由もあって辻褄が合っていると納得でき、むしろ否定し難くなります。
 そういう識別力や理解力や予想力などの情報処理能力を日常で発揮していたからこそ、根拠も理由も無いことに気づくこともできたのでしょう。

 能力を発揮していたとなると、なぜもっと早く気づけなかったのか、どうして未理解だったのか、そんなことが惜しまれ悔やまれるでしょう。
 その理由も、記憶に残っているはずだし分かるようにもなるはずです。
 
 
 本来は

 生存上の基礎や基本的なことは、誕生後に経験し学習したことを以っては変えようが無いし、普遍的で、誰でも共通です。

 言葉を憶える以前から、誰もが生存上必要なことは直に経験し、相応の学習をして二足歩行ができるようになり、その後に言葉を憶えます。
 つまり、すでに物事は存在していて、経験も学習もし、相応の印象も記憶に残っている。でも、物事に相応する言葉を知っていることしか、言葉では伝えられない。だから、盛んに言葉を憶えようとします。

 二足歩行や会話などの基本的なことは熟練することも、相応の能力が備わっていることも、実際に発揮されることによって実証されます。
 ですが、すでに存在していることにしても実証されていることにしても、確認や検証をしないうちは具体的なことは未理解だし、確認し事実関係や理由や因果関係などを整理し検証した場合は具体的なことを理解できます。

 経験でき、相応の情報が記憶に残り、その記憶に残ったことを基に識別や思考や予想なども可能になり、相応の行動も可能で、相応の結果になります。
 そうなんだということも、相応の行程を経た場合は理解でき、理解すると相応の知識が記憶に残り、その知識を基にした識別や思考や予想なども可能になり、相応の行動も可能になり、相応の結果にすることも可能になります。

 ただし、必ずしも理解するとは限らないことになります。
 むしろ、実際に分かり合えることは限られていて、誰にも共通なことでも、誰もが理解しているとは限らないです。
 当然に、相応の知識は無いので、相応の識別や思考や予想もできないし、そういう行動もできないし、そういう結果にもできない。
 
 
 現に

 会話では、相手が話したことを、自分の記憶にあることを基に識別し理解し予想し、相応のことを文章化して応答しています。だからこそ、過去のことでも話せます。つまり、頭の中で行われる識別や解析や予想などの情報処理も熟練したからこそ、会話も二足歩行も熟練したことになります。
 しかも、その識別や解析や予想などは、まさに本人が考えたことそのものです。それが、正しいか否かは、実際にできるか、実際にそういう結果になるか、などで否応なく確認されます。
 そうであることも、当然に理解可能です。ですが、誰もが理解するとは限りません。

「想像に過ぎないだろ」とか「嘘だ」とか「わざとやっただろ」などと言うようになると、その意味に相当することも概要は分かっていることになります。
 つまり、その事実関係を確認し整理するだけで、大変な欠陥があることも理解でき、相応の知識も得られる状態にはあることになります。が、その事実関係を確認するとは限らず、誰もが理解するとも限りません。

 日常会話でも、知らない部分があるだけで滞ります。その部分の確認ができると、続けて展開できます。
 会話上でも、根拠も理由も無いとか辻褄が合わないと納得できませんが、根拠も理由もあって辻褄が合っていると納得でき、むしろ否定し難くなります。
 よって、その理由なども、確認し整理すれば具体的に理解できます。

 自分の思考が中枢になっている因果関係なども、事実関係や理由などを確認し整理すれば具体的に理解でき、相応の知識が記憶に残り、相応のことは自分で把握でき自分で管理できるようになります。よって、それが精神的な自立なんだと自覚できます。
 また、経験し学習し熟練し理解し精神的に自立するまでの具体的な知識を得ると、それを基に、そういうことを知らずに経験し学習する子供の保護養育ができ、相応の準備も整ったことになります。
 そうであることも、いつでも単独で確認でき、お金も学歴も資格も無くても理解できるわけですが、理解するとは限らない。(この普遍的で共通する本来のことを理解することが、私見「悟り」の本体です)
 
 
 未理解な理由は

 そもそも、経験し学習し理解することだけに、その内容には個人差が生じます。
 学習して実用できるようになると用が足りるので、それができるようになった理由をわざわざ理解する必要は感じなかったりします。
 しかも、盛んに学習し理由や因果関係も理解できるようになる時期に、学校に行き、他者が用意したことを半ば強いられ宿題までやらされます。つまり、本来は、生存上、必要なことは直に経験し、必然的に相応の学習をするのに、それとは関係のないことを憶えさせられ競争までさせられます。
 当然に、反抗的な要素も加わります。
 好きなものを食べ、嫌いなものは食べない。見たいものには集中するが、見たくないものからは視線を外す。聞きたいことは聞くが、聞きたくないことには集中できない。思い出したいことは思い出し、思い出したくないことは思い出すまいとする。考えたいことは考え、考えたくないことは考えない。憶えたいことは情報収集も練習もするが、無関心なものもある。
 当然に、自分の気持ちや考えていることは知られたくなかったりもします。となると、自分が考えていることである想像や情報処理に関することを理解しそびれたとしても不思議ではなくなります。
 テレビで放送されることも、個人的には事実か否かを確かめようがない。つまり、ニュースや報道番組なんだからという間接的な信頼性を基に、本当なのだと思う。
 ドラマや映画は、大金を投じて、NGを繰り返し、編集し、CGなども駆使して、いかにも本当らしく創ったものです。そういうことが分かっていても、見るとなるとストーリーなどを肯定しながら見るしかない。つまり、事実確認をしないで、想像し思い込む練習をしているようなものです。
 就職すると、経営上層部の考えに基づいたことをやるしかない。組織化は理想的なことだと考えられますが、精神的に自立していない場合は翻弄されているような状態になりかねません。
 経験や学習の内容に左右されるだけに好みや価値観は千差万別なり、友達は限られ、親友は更に限られます。それでも、人間関係を避けては生きられないので、妥協や折り合いは半ば必須です。つまり、肝心な自分の考えを曲げたり自分の脳力を抑圧したりしがちです。
 結局、小学生の頃には、想像の欠陥も具体的に理解することもできたはずなのに、理解しそびれると、いつのまにか想像を頼りがちになり、慣れてしまう。
 それどころか、他人がどう思うかまで想像し、相応のことをするようになる。
「皆、そうしている」と言い、事実を後付するようなことをしてまでも、そうだと思い込もうとする。
 しかも、そういうことに満足してしまったりもします。
 となると、本来の自分をすっかり見失い、想像どころか、現実離れした仮想や幻想を基に彷徨っているようなものです。
 一般動物たちにも個々に知能が備わっていて、言葉を話さないだけに、個々が独自に判断して行動していることになります。その頂点に位置するのが人であり高度な理解力があるわけですが、肝心な自分のことを未理解だと誰にも共通することも未理解なので、主体性や独自性は皆無に近い状態になると考えられます。
 特に、自分が考えて行っている情報処理に関することは、何よりも詳しくても不思議ではない。むしろ、それを未理解だと、とんでもないことになりかねない。が、そういう状態に至っている。しかも、気づけず、むしろ平気だったりします。(そういう状態が、私見「悟り」の前提になります)
 
 
 が、気づいた。

 ということは、本来の識別力や理解力や予想力などの情報処理能力が健在だったか復活したことを物語っています。曲げて抑圧気味で未使用に近かった脳力の最も優れた面を、発揮しはじめたともいえます。つまり、理解しそびれたがゆえに見失いかけていた自分に、気づいたことになります。
 でも、そういうことも、気づいた当初は未理解です。想像や思い込みに関する具体的な知識も無かったために迷っていたわけですから。
 つまり、高度な脳力を発揮できるようになったにもかかわらず、想像に関することも未理解だったとなると、肝心な自分に関する知識は、小学生レベルだったことに気づくはずです。「想像に過ぎないだろ」などと言うようになった頃には、想像に関する具体的なことを半ば分かっていたはずですから。いわゆる、アダルトチルドレンを体験するはずです。でも、純真に近い心を取り戻したことを意味します。しかも、識別力や理解力など自体はすでに成熟していて発揮できているからこそです。ですが、そうであることを未理解だった(相応の知識が無かった)ことに気づいたのだと言えます。

 もし気づくのが遅れた場合は
 つまり、想像を頼ることに熟練してしまっていて、そうであることも未理解な場合は、そうであることを把握できないし自覚できないし自制できないわけですから、それではとんでもないことになるんだということを体験することになります。
 そうなってからでも、その事実関係を捉えることができるなら、本来の自分を取り戻すことも可能だといえます。
 この場合も、アダルトチルドレン状態まで戻ることになります。

 更に気づくのが遅れて、情報処理能力が老化し始めている場合は、手遅れかもしれません。

 事実関係を認めること自体が到底できないほど間違った状態に至っている場合も、十分にありえることになります。

 いわば、せっかく備わっている知能の使い方を未理解なうちに、間違った使い方を学習してしまったと考えることもできます。
 もちろん、ほとんどの過ちは、具体的なことを知らないがゆえに、想像し勘違いしたことによる過失に該当します。もともとは悪意に因ることではない。
 となると、話しは最初に戻りますが、本来、理解すべき知識を得ることは、半ば必然的になります。
 すでに発揮できている能力に関することを今更のように理解することになるわけですが、自分が考えて行っている情報処理が中枢になっていることは理解も容易なはずです。すでに二足歩行や日常会話は熟練し能力を発揮できているが、その具体的なことを理解できていなかった(相応の知識が無かった)だけですから。
 遅れ馳せながら、小学生の頃から思春期までには理解できたであろうことを、今更のように理解することになります。
 でも、すでに発揮できている能力に関することを理解できれば、安易に自分の考えを曲げたり抑圧することは自制するようになり、未理解で未発揮だった最も優れた面が発揮されてゆきます。
 結局、大人の理解を得られなかった子供の頃の自分の気持ちを、大人になった自分が理解して救うような工程を経て、精神面の把握や管理が可能になるだけに、これが精神的な自立なのだと自覚できます。
 しかも、きわめて個人的なことを理解するわけですが、生存上の基礎的なことや基本的なことこそ普遍的で共通です。経験や学習などの精神面に関することを理解するほど、子育てにも有効だと自覚できるはずです。
 もちろん、普遍的なことに基づいた考え方や判断が可能になるだけに、根拠も理由も無いことには惑わされにくくなります。
 
 
 要するに、すでに存在することを具体的に理解していないばっかりに、想像をし的外れな勘違いをし思い込んでしまう。
 そういうことも、具体的に理解するだけで、識別できるようになり、相応のことも可能になる。
 言葉で言うと、「知らないのと知っている場合との違い」、「できないのと随意にできる場合との違い」、それだけのことです。
 ですが、実生活上では大差があります。まして、自分の精神面に関することだとなると…… これは経験者のみぞ知るでいいのかな……
 
 
 残念ながら
 せっかく理解しても、気づく前の自分がそうだったように、根拠も理由も無い想像をし勘違いし思い込み先入観(固定観念)を抱いてしまっている他者には通用しません。当然ですよね。
 でも、他人に分かってもらえなくても、自分で分かっているし、自分の考えに基づいたことができるようになります。
 むしろ、好みや価値観は千差万別になるのは、経験や学習上のことに更に想像が加わるからであり、当然なのだと思えるようになり、苦にならなくなります。

 むしろ、私も、こうして書くことで、更に整理がすすみ理解を深めることもできました。
 makoさん、ありがとう。
 
 
 私も、他のことでは迷いが多く、拙文も読み返すたびに書き直さざるをえない始末です。でも、こうして、文章を書く勉強するしかない。そんなわけで、当初の記事をあちこち書き直しました。
 元の文と追記が、本末転倒状態だった。そんなことに気づくのも、すっかり遅れてしまいました。
 ご容赦ください。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
16位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR