生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

嵌ってしまうのか!

 
 すっかり筆不精気味だが……
 農繁期中の雨の所為で、野良仕事に必要以上に神経を使っていたからだろう……

 個人に、知能は一つしかない。同時に複数のことは考えられない。
 身体も、個人には一つしかない。高度なことほど同時に複数やることはできない。
 つまり、個人的には、高度なことほど、限られたことしか考えられないし限られた行動しかできない。

 思えば、今使っているブログの背景画などを撮影していた頃……
 前日から確認し準備をしておくのだが、朝、暗いうちにネットで気象情報を再確認し、多少は雲があるようでも、日の出の写真が撮れそうだと、暗いうちに地元の山の山頂に登った。
 暗いうちから早朝までの間にできることだった。繰り返し行くたびに、それまでは知らなかったことが次々に分かった。だから、嵌ったのだ。
 が、撮った画像の整理は欠かせない。寝不足も、他に影響する。
 身体は一つしかない。
 だから、写真は諦めた。
 気象情報などに詳しくなれば、着実にいい写真が増える、そうことが分かりかけた程度だったから諦めることもできた。未練も断ち切るために、カメラもレンズも処分した。
 結局、他のことに嵌ることにしたようなものだったのだ。

 仕事などで、成果を出すことを考えると、相応のことが分かってくるので、おのずからそういう方に向かってゆく。つまり、嵌るからだ。
 若い頃、初めて就職したときは、もともとは初めて経験する仕事でもあった。当然に、進歩や向上が目に見えた。だから、自分の技術を磨くことに嵌ったのだ。
 成果をあげられるようになり、尊重され信頼もされ優遇もされたからでもあった。

 が、肝心な個人的な面が疎かになっていた。
 そんな自分に、絶望した。

 仕事以外では、物事を確かめもせず、想像ばかりし、不都合なことを隠し、都合良く偽る。と、露呈しないように更に尤もらしく偽装するしかなくなったりもした。
 結局、上辺だけや見せ掛けだけで騙し欺く方へと向かってしまう。もちろん、破綻した。つまり、そういうことには、嵌れないのだ。というより、そもそも上辺や見せ掛けだけだったので、肝心なことが欠けていて成立していなかった。

 馬鹿なことを考えた場合も、そう思えてくるし、心配になり、苦になり、そういう方に向かってしまう。
 損した分は、取り戻したい。負けた悔しさは、仕返して思い知らせてやりたくもなる。
 そういうことは、自制が利かないと、まさに嵌ってしまう。依存症気味にさえなる。

 いずれにしても、集中力が限られたことに発揮されるからだ。
 つまり、限られた世界に嵌ってしまうのだ。
 だから、簡単には切り替えられなくなる。
 そうであることを知らないと、むしろ抜け出そうとも思わない。
 だからこそ、とんでもないことにさえ集中力が発揮されてしまう。
 想像の内容しだいでは、不安が心配になり、強がったところで実際には苦になり、自制が利かないがゆえに危機感を感じてパニックに陥る。集中力を発揮して嵌ってしまうんだということを知らず、自制できなかったからこそだった。

 経験上、そんなことも知ったが、自分に関することを、知っているか否か、より具体的に理解しているかは、極めて重要なのだ。この身体は、自分が造ったものでもないし、自分のアイデアを基に造られたものでもないのだから。知能はすでに備わっていて、生後に経験し学習し理解するしかないのだから。
 理解するためには、構成要素や事実関係などを確認し検証する必要があるが、むしろ、確かめ始めると、もともと見ただけで分かることだったり、少し考えただけで分かることも少なくなかった。
 そんなことをすら知らなかったのも、確認せずに安易な想像を頼ったからだった。

 つまり、考える内容を変えると、そっちに向かう。
 期待できるような目標があれば、他のことなんかどうでもよくなる。
 うん。
 そろそろ考える内容を変えなきゃ。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: mako さんへ


 不安は、情報が不足しているなどによる。

 葛藤は、情報処理に無理や矛盾があることによる。

 つまり、普遍的な、感覚器官や意識や記憶力などがある。
 それぞれ特有の性質や条件があるもので構成されているので、その本質や法則上で情報処理や学習が実現する。
 その経験や学習を経て、本質や法則に基づいた感性や知性や自尊心や理性と言われるものが形成され、それらが優先的に機能する。
 だから、根拠も理由も無い先入観を基に想像をしても葛藤が生じたり、行動したくても躊躇したり、できなかったりする。

 むしろ、普遍的な機能や、学習の法則や、感性や知性や自尊心や理性と言われるものが生存を守るように機能していることなどを理解すると、悟りが一層深まるかと……
 機構や法則は、変えようも無いし隠し偽りようが無く、いつでも理解でき、誰でも理解でき、しかも誰でも共通ですから……
 でも、興味を抱くか否かも、それぞれの自由なんですよね……
 

No title

ああ、生きてるって、なんか凄いですよね!
自分がどうやって生きてるのか全然わかんないけど(笑)
こうやって世界を感じる事ができるのは超感覚!って感じです。
こちらこそ、いつも私の意味わからん話に付き合ってもらって
ありがとうございます。

拍手コメもありがとうございました。
ちょっと前まで不安の解消に必死になってたんだけど
そこより、もっと深いトコロを深めて行こうと思いました。
その方が面白そうですしね。

Re: mako さんへ

> kisukeさんは、どんな幸せを考えるのかな?
幸せ、ですか。

数百の排卵は、それぞれが兄弟姉妹に相当するわけだが……
唯一私に相当する卵子が受精したことで、私が生まれる機会に恵まれたこと。
生きていることを直に体験できていること。
自分では作りようも無い、目や耳などがすでに備わっていること。
記憶力や意識や思考力や理解力など、どうして形成されるのかも理解できないが、すでに備わっていること。
無知でも、愚かなことを考えて行なっても、この身体は自律して機能し続けていてくれたこと。
つまり、自分では理解することもできないような「生存」と言われていることを直に体験させてもらえていることかな。
これって、どんな親だろうが、どんな環境に産まれようが、どんな姿で産まれようが、そういうことは関係ないことでもあるから。
産まれる機会に恵まれて生きていることを体験できていることは、備わっている知能では理解し尽せないことだし。

その次に、mako さんから格好のコメントをいただいたこと。
あっ、次って言うけど、そういう面ではトップとだからね。

いつも、ありがとう。
  

No title

kisukeさんは、どんな幸せを考えるのかな?
って想像すると、なんか楽しくなりました。
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR