生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

勘違いだったのか?

 
 雨天続きの農繁期だっただけに、前例が無いくらい頑張ったような気がしていた……
 それを理由に、自分を甘やかし、怠けていただけだったのか……

 まさか…… あの頃の精神状態に戻ることは無いだろう……

 若い頃、想像は頭の中だけでできるだけに、その想像に捕らわれがちだった。
 いつのまにか、先入観まで抱いていた。その、確認したわけでもなく具体的な根拠も理由も無いイメージを基に想像するようにまでなった。
 しかも、自分が考えて判断しただけに、疑問を抱かなかった。
 だからこそ、そういう状態にあることを自覚することもできなくなっていた。
 識別力や理解力などは日常的に発揮していたのだが、そうであることをさえも自覚できなくなっていた。

 そうだったことも、その後に分かった。分かったからこそ、今は自覚できる。が、うっかりしていると、危ない……

 かつて、初めて就職したときは、見習いだった。もともと未知だったことであり、しかも真剣だっただけに、次々に憶えた。
 つまり、知らなかったことを次々に憶えたわけだが、それは具体的にどういうことなのかは未理解だった。できなかったことも次第に随意にできるようになったが、そういうことがどうして可能になるのか、どうして上達するのかも未理解だった。未理解だったことにも理由があったわけだが、それも、もちろん未理解だった。

 でも、学習も経験し、相応のことが記憶にもあり、識別力や理解力や予想力などは、日常的に発揮していた。ただ、それらのことを客観的に理解していないだけだった。
 そうだったことに気づいたときは新たな勘違いまでし、それゆえに彷徨った。が、彷徨ったからこそ、考えに無理や矛盾があることに気づき、確かめて事実関係を整理しただけで具体的なことを理解できることが分かり、理解したことは自覚できるようになることも分かり、いわば自分を取り戻すことができた。

 つまり、知能はもともと備わっていた。
 なので、誰でも赤ん坊の頃から、知らなかったことを憶え始める。つまり、未知だったことも、経験すると相応に印象が記憶に残る。いわゆる、憶える。
 憶えたことを基に、相応の識別や思考や予想が可能になり、相応の随意な言動や動作や行動が可能になり、相応の結果になる。いわゆる、知らなかったことを憶え、相応のことが随意にできるようにもなる。
 もちろん、記憶を基にした識別や思考や予想などの仕方は、大人でも教えようが無い。つまり、赤ん坊の頃に経験を基に独自に憶え始めたことになる。そもそも、記憶を基にした識別や思考や予想などの内面的な情報処理を独自にできるようにならないと、随意な動作などもできるようになれないわけだから。むしろ、赤ん坊の頃に憶えたことを、大人になって忘れ、誤解さえしていた。
 子供の頃は、好奇心も旺盛になり、自発的に憶えようともする。観察したり確かめたり試したりしたことほど、曖昧だったことや勘違いや誤りは修正され、詳しく憶えることができ、相応に細部の認否や可否や是非などの判断も可能になる。よって、ミスは減少し、着実に成果をあげられるようになる。
 その内面的な情報処理とともに二足歩行や会話などの基本的なことは、いちいち考えなくてもできるくらいまで誰もが熟練する。まさに、相手が話すことを、自分の記憶にあることを基に識別し解析し理解し、相応のことに自分の気持ちや考えを加味し文章化して応答し、会話するようになる。
 意識上のことは、記憶を基にした識別や解析や予想などの情報処理が中枢だけに、それに関することも事実関係を整理するだけで理解することもできる。

 そんなことが分かり、それを実践的に確認する気で、未経験だった仕事をあえて引き受け、社会復帰した。
 職場でも、使い慣れた作業台の位置を変えた際に、つい元に在った位置に行ってしまい、しばらくはまごついた。つまり、慣れるだけでも、事実確認をせずに記憶にある情報を基に行動するようになっていた。
 また、情報処理に窮し、首が痙攣しそうになり、同様の最悪だったときを思い出すだけに一層緊張してパニックに陥りそうになった。が、考えや行おうとしていることに無理や矛盾があるからだということは、すでに分かっていた。だから、直ぐに席をはずし、そのとき何を考えていたのか、どうしようとしていたのか、それを思い出す。しかも、そんなことを考え始めただけで落ち着く。つまり、危機感を感じるような想像に捕らわれると悪循環に陥ってしまうからでもあった。そんなことを実践的に確認でき、具体的な事実関係も把握でき、解消もした。
 つまり、仕事をしながら、個人的な精神面に関する理解を深めていた。
 もう二度と彷徨うことは無い、と確信した。

 むしろ、デスクワークの上司は想像だけで、外回りの私のミスだと勝手に決め付け、私にも確認せずに、私の失態として隠し上辺を繕うようなことまで済ませたことを私に告げたことがあった。
 結局、上司が確かめもせずに安易な想像を基に行動したことで、臨時の私が濡れ衣を着せられた。
 私は外回りだっただけに、実際に確認もした。結果、私はミスをしていなかったことが明らかになり、子供たちなどによる悪戯だと考えられた。
 もちろん、私は犯罪を犯したわけではない。上司は、そんなことでプライドを保っているようだ。が、そんなプライドは、私は要らない。
 むしろ、人の心を理解するうえでは、願っても得られない事例中の一人でありえたのだ。

 なのに…… 年数も経っているが、うっかり自分を甘やかし、上辺まで繕い、自分が考えて判断したことだけに疑問視もしなかった。
 要は、客観的に理解でき、理解したことは自覚できるようになり、相応の管理ができるようになる。よって、かつての癖や習慣は二の次にされるが、それに関する記憶が消えてしまうわけではない。が、その古い記憶も、やってはいけないこととして活用しなきゃ……
 反省、反省。

 あの仕事は、まもなく辞めた。
 が、自分は未経験なことで、必要なことをこれから憶えなければならないことを、頼まれても、躊躇い無く引き受けるようになっていた。内心、未経験で必要なことを憶えなければならないようなことを、半ば望んでいた。

 あの頃の気持ちを取り戻さなきゃ。
 人生上では、与えられたことをいまだに処理し切れずに、残業をしているようなものなのだから……
 大願成就こそ、生きているうちにしか実現できないのだ……
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 相互リンク

ご案内、ありがとうございます。

当方、勘違いが多いほうなので、ランキングには参加していません。

なお、気が向いた際にはリンクさせていただきます。

ということで、よろしく。
 

相互リンク

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://1-9.jp/0dw/
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR