FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

老化・若返り

 
 皮膚のシミや皺、禿や白髪、などは老化が分かりやすい。
 他に、老化って、どういう面が、どう衰えるのだろうか。これは、未経験だったことなので、経験的な知識は無い。
 こんなことを、加齢にともなって、否応なく経験するようになる。
 足腰の疲れ方や、飲食関係や排泄関係のいわば劣化や、各感覚器官や記憶関係や思考関係の衰退、等々。

 でも、衰退なのか劣化なのか老化なのかを明確に判断をするだけの具体的な知識は無い。
 つまり、根拠や理由などの具体的な知識が無いまま、これが老化なのだろうと思ったりする。
 ただ、結果的なことを指して、「それが老化なのだ」とか、「それが老化によるものなのだ」などと言ったりもする。
 会話上でも、根拠や理由などの知識が無いまま、想像上で、そう言っているに過ぎなかったりもする。
 根拠や理由をそっちのけで、「認知症だ」と決めつけたりもし、「ボケた」と思い込んだりさえし、それゆえに落ち込んだり、相応の振る舞いをするようにさえなったりもする。

 ところが、心配になったり苦悩するほど、むしろ相応の分別力や感情も平常どおりに機能していることを物語っている。
 なのに、平常通りに機能している点を無視するかのように、根拠や理由などの知識も無いことを、つまり想像上で「ああだこうだ」と言ったりする。
 これは、老化とは、言い難い。

 もちろん、事実が明らかになり、勘違いだったことや独断や思い込みに過ぎなかったことなどが判明したりもする。
 ところが、「勘違い」とはどういうことを指すのかを未理解だったことも判明したり、「独断」や「思い込み」とはどういうことを指すのかを未理解だったことなども判明したりする。
「理解」とはどういうことかを未理解だったり、「未理解」と「理解」の違いなども未理解だったりする。
 いずれも日常的に発揮していて、当然に経験済みだ。なのに、理解できていないことになる。
 そういうことも、把握能力がある人は、動揺したりもする。
 この場合は、むしろ老化ではない。

 経験済みで、日常的に学習力や思考力や理解力なども発揮している。が、経験済みなことに関する事実関係や理由など未理解なだけだ。
 つまり、日常的に学習力や思考力や理解力などを発揮しているのだが、唯一直に経験し続けている肝心な自分のことであり、かつ発揮し経験済みなことに関しては、学習力や思考力や理解力などを十分には発揮できていないということになる。
 いわば、精神面が本来の成熟に達していない、という捉え方をすることもできる。


 日常会話上でも、思考上で記憶にある情報を参考にして整理することができるから、五感では捉えることができない事実関係や因果関係や理由や法則などを理解することもできる。
 だから、根拠や理由が不十分だったり、無理や矛盾があると、理解できないし納得できないので、会話の展開も滞る。
 日常でも、未理解なことは、識別できないし自覚もできないので、相応の思考や予想などの展開も無い。
 こういう性質上、必要な場合は、不明な部分を尋ねもするし確かめもするし、勉強したり研究したりさえする。
 そして、根拠や理由が十分で理に適っていると、理解でき納得もできる。

 理解できた場合は、理解した内容である一連のことが記憶に残る。むしろ、理解する際に、記憶に残っている関連することを参考にするだけに、それらが関連付けられて整理されることによって、一連のことや理由などを理解でき納得するに至ると考えられる。
 よって、記憶に残っている理解した内容を参考に、相応の識別や自覚や思考や予想なども可能になり、相応の振る舞いも可能になり、相応の結果にもなる。
 つまり、未理解だった時点ではできなかったことが、理解したことによって可能になる。

 日常会話でも、話題を変えても、その話題を基に会話を展開したりする。
 会話上、記憶に残った約束を、相応の時間経過を経てから果たしたりもする。
 教えてもらい、記憶に残っている道順を頼りに、目的地に到達したりもする。
 ルールを知り、それを基にしたスポーツもできる。
 単純なことでは、見聞きして記憶に残ったことは、後で思い出したりすることができるだけに、記憶に残ったことを参考に相応のことを意識したり自覚したり識別や思考なども可能になる。
 猫や犬なども、人の身振りや手ぶりに相応の反応をするようになったりするように、人の発声にも相応の反応をするようになる。

 人の場合は、思考力や理解力を日常的に発揮するようになり、相応の情報が記憶にも残っているわけだから、思考力や理解力や理解自体の性質や特徴に関しても理解可能だ。
 ところが、そうであることを未理解だったりもする。
 この場合は、精神面が本来の成熟に達していないと考えることもできる。


 ちなみに、骨や筋肉なども、負荷をかけて鍛えれば強化される性質がある。
 つまり、生活上で適度に運動することによっても、日常レベルまで鍛えられていると考えられる。
 そういう性質上、寝てばかりいると衰弱し、巻き爪になったりもし、日常動作もままならなくなったりする。が、これは、骨や筋肉の本質上、最低限の運動をしなかったことによる衰弱である。だとすると、日常生活上最低限の運動を続けることによって再度強化されて解決する。この場合は、病気とは言い難い。
 見かけは大人に見えても、運動機能が本来の成熟に達していない場合だってありえる、とも考えられる。

 もちろん、精神面も、本来の成熟に達していない場合もありえる。
 唆し強いるばかりの大人には理解してもらえず、保護養育下では嫌でも「嫌だ」とは言えず、言いなりになった。そんな小学生の頃の自分自身の本当の気持ちも、大人になった自分なら無二の理解者になれる。
 そんな、小学生の頃の自分自身の気持ちを、大人になった自分が理解してあげた場合は、小学生の頃の純真さを取り戻せる。

 もちろん、子育て上の重要なことを、知ることにもなる。
 自分自身が知らなかったことを憶えた学習や上達した学習に関することを理解できている場合は、何も知らず何もできない状態で誕生する子供を保護養育する際に極めで重要な知識になるわけだから。
 逆に、自分自身が知らなかったことを憶えた学習や上達した学習に関する基本的なことなのに未理解だと、自分の子供を虐待しているに相当するようなことをしていても、そうなんだということを理解できない場合もありえる。
 だからこそ、そういうことをしてしまう。
 経験上の中枢でもある精神面に関することを理解することは、そのくらい重要なことだということにもなる。

 むしろ、何も知らず何もできない状態で誕生した子供の子育てをする際は、子供が、次々に知らなかったことを憶え、相応の識別をするようになり、学習し上達することを目の当たりにする。
 それを基に、相応の知能が備わっていることや、学習の法則や理解自体に関することを理解することも可能だ。
 つまり、子育てをすることによって、精神的に成熟に達する場合だってありえる。


 そもそも、自分が知る以前から、進化が存在し、その末裔として現代の生物たちは生まれたことになる。
 もちろん、自分が知らないうちに自身は形成され、自分は見たことも無いが自身の内臓なども存在するし、自分は未理解でも生命生理は自律して機能している。
 各感覚器官や意識や記憶力などで構成されている知能も備わっていて、経験でき、学習でき、上達もし、熟練して、五感では捉えることができない理由などを会話を介して理解できるようになる。つまり、相応の器官や機構や機能や能力や性質や条件や法則なども、知る以前から存在していて、生理面は自律して機能しているからこそである。

 学習力や思考力や理解力などは、日常的に発揮するようになるわけだから、経験済みでもある。
 でも、この事実関係や因果関係や理由や法則などを、単に未整理なばっかりに、未理解だったりする。
 未整理なことは、未理解な状態にある。整理できたことは、理解でき納得もできる。
 理解できたことは、相応の識別や自覚なども可能になり、相応の行動も可能になり、相応の結果にもなる。

 こんなことも未理解だった精神面の、未熟さに、気づき、理解し、自認したら、自覚できるほど精神面が若返った。
 そもそも学習力や思考力や理解力などを盛んに発揮するようになるのは、「なぜ?」「どうして?」などと根拠や理由を重視し始めた小学生の頃だったことも分かった。
 こういう点では、若返りと言うよりは、学習内容に相応する未熟で自然な精神状態に戻ったことになる。
 が、かなり若い頃の精神状態に戻れたことには変わりない。
 しかも、ここまで精神的に戻れたからこそ、ここからの本来の習熟を再開したり継続することも可能になった。
 一面とはいえ、未熟なことは、老化でもあろうはずもない。

 これを、異常扱いしたり病気扱いしたりアダルトチルドレンなどと言ったりもする。
 なので、適応し難くもなり、自認し難くもなり、苦悩もし、せっかく気づいた好機を台無しにしたりもする。
 よって、異常扱いしたり病気扱いしたりすることこそが、上辺だけ大人振っているに過ぎなかったり、偏見だったり、子供の心を歪める要因だったりするわけだから、その方こそが異常の類だ。


趣味の写真は、学習に関する理解を深めるためでもあった。
よって、未熟なことにトライしたわけだが……。

今年は、朝焼けや夕焼けには期待が薄れていった。
そんなわけで、雲海に期待するようになった。
ところが、雲海にはほとんどならない。
しかも、日が短くなり、野良仕事に追われるようになった。
が、今年一番の夕焼けになった。
でも、撮影ポイントまで行く時間が無い……。




20180925





20180929



 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
136位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR