生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 趣味の写真「里山の晩秋」

今日は雨なので野良仕事も一休み


 沢山の応援アクセスに、感謝を申し上げます。

 野良仕事をさぼって紅葉を撮りに行っただけに、今回、予定の記事は間に合わず……。
 よって、この記事を、予定中だった記事と、いずれ入れ替える予定です。

 今日の雨で、今年の紅葉も、落葉してしまったであろう……。
 というわけで、紅葉の画像も、まとめて掲載しました。
 クリックすると、1622x1080の画像が表示されます。
 なお、ダウンロード時間を短くするために画像のファイルサイズなどは縮小してあります。




 農繁期中は、ブログもパラパラと拝見するだけなのですが……。
 多くの写真ブログも拝見していると、それぞれに一貫した傾向や特徴や個性がある。
 つまり、どういう物事を撮ろうとしているのかが、ブログ毎に違うことが分かる。
 なので、撮影者の気持ちや考えが、個人毎に異なるんだということも分かる。
 もちろん、それぞれの画像には、撮影者の気持ちや考えが反映されたり投影されたりしていることになる。
 むしろ、それぞれの画像には、撮影者の気持ちや考えも写っている。と言っても過言ではない。

 ちなみに、今はやりの自撮り。あれとは、ほとんど真逆だと考えられる。

 自分も、目には見えないものも撮りたいわけだが、まさにそれが、皆さんが撮った画像には写っていることになる。
 だから、説明文も要らないのでしょう。

 写っているであろう撮影者の気持ちや考えを、具体的に捉えることは、残念ながら自分にはできない。
 もちろん、自分も、目には見えないのだが明らかに存在するものを、なんとか明らかにしようとしている。
 が、その方法としては言葉の方が優っている、と自分は思っている。
 そんなことも思い考えもする、この精神機構(知能)の構成要素や本質も、目には見えない。
 だが、構成要素や本質は誰にも共通だ。誰もが直に経験し続けていることでもある。むしろ、意識し識別し思考している、それ自体に関することである。
 これを、理解し、浄化し、本来はどうなのかを理解することの方が、自分の場合はメインでもある。
 それらが反映されたり投影されていると思う場合などは、それらを理解するためにも格好の機会でもある。
 むしろ、それらを、文章化し、書き出し、引き出しもするわけだが、自分が撮った画像にも説明を添えずにはいられない。


ちなみに、自分好みの紅葉は……。



 人によって整えられ管理されているものは、その都合上、余計なものが育つと引き抜かれたりする。そんな場所は、自分は好まない。
 整えられ管理され見映えもいい庭園や公園などは、立ち入り禁止だったりする。そういう権利などで支配された場所も、自分は好まない。
 むしろ、長年、人が関与しなかった。かつて、下の方の沢に二頭の小熊がいた。そんな野性味のある世界が、自分の好みだ。
 本来の自分に戻りたい、という願望があるからなのだろう……。

 立ち入ることを拒みもしない。そういう世界だが、畏れながら立ち入る。
 それが許されている。
 そういう自然が存在する。それだけで、安らぎを感じる。
 もちろん、雑然としている。なのにである。
 なのに安らぎを感じるのは、自分の人生も、自分の記憶の世界も、雑然としているからなのだろう……。
 老化や死を余儀なくされることも、事実なんだから。

 もちろん、上辺を繕ってしまうと、大事なものを見失ってしまう。
 まして、上辺を繕っているに過ぎないのに、満足したり有頂天になったり慢心したりすると、これ以上は言うまでもないか……。

 里山の、雑然とした、いわば懐の中に入らせてもらう。
 雑然としているのだが、いろんなものが育つことも許されている。
 そんな懐の中で見れる世界を、撮らせてもらう。
 もちろん、自分の心の整理もしながら……。

 植物は、産まれる機会に恵まれ、虫などに食べられながらも、病気に侵されながらも、生きることを全うする。
 大きな樹が落葉すると、林の中にも陽が当たるようになる。
 主張することも無かった、誇示することも無かった、そんな美しさも輝きも見せてくれる。
 もちろん、自分の心の中でも育つものがある。



というわけで、紅葉も撮っておきたい。



 夏場は悪天候続きだった今年は、秋の訪れとともに早くから気温が下がった。
 なので、昨年よりは、鮮やかに紅葉することに期待した。

 台風21号の後の10月28日。晴天になった。
 早速でかけた。が、まだ葉が多過ぎて、林の中から撮る紅葉の撮影にも早過ぎた。
 林の中だけに、木々の葉が多いと、好天時でも暗過ぎる。
 紅葉の撮影のために手振れ補正機能付きレンズにしたのだが、樹木に寄りかかったり、カメラを持った腕を樹木に押さえつけたりしながら撮る。
 それでも、手振れしている。
 齢はとりたくないものだ。



20171028-紅葉-a




20171028-紅葉-b




 台風22号で、けっこう落葉したはずだ。
 10月31日。午後は晴れそうだったので、出向いた。
 三脚を使おうか、と思った。が、そんなことをしていたら、この季節は日が暮れてしまう。
 購入後、ほとんど使っていなかったモノポットを持って行こうか、とも思った。が、けっこうな急斜面を上り下りしたりするだけに、転倒したりもするわけだから、むしろ障害になりかねない。
 現地では、雲間から時々射し込む日差しを待つ状態だった。
 結果は、手振れ補正機能付きなのに、手振ればっかり。



20171031-紅葉-a




20171031-紅葉-b




 11月2日。朝霧。もしかして、今日は快晴か。今年、最後のチャンスかもしれない。
 野良仕事は、雨合羽を着てでもできる。が、自分が撮りたい紅葉は、好天であることが望ましい。

 理想は、例年なら、初雪が降って、かなり落葉してから、いわば晩秋に近い頃(11月に入ってから)の、残された紅葉を、林の中から撮りたい。
 好天であることが重要になるのだが、季節的に好天になることはかなり少なくなる。
 この季節的になると、太陽の明るさ自体が、かなり減少する。
 でも、樹高が高い樹が落葉すると、明るくなる。

 快晴だった。
 が、かなり落葉している……。



20171102-紅葉-a




20171102-紅葉-b




20171102-紅葉-c




20171102-紅葉-d




20171102-紅葉-e



 雨が降った後だけに、林の中で幾度も転倒した。
「おまえの運動能力の野性味が衰退している」と言われたような気さえした。
「でも、来年も来たい」
 10年以上も前、D200で撮った時よりも、更に好条件になる場合だってありえるはずだから。


 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
40位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR