fc2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆爺になったが初心に帰ってみよう

無学な田舎爺の独り言


 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。
 誠に恐縮です。勝手に「応援アクセス」と解釈し、勝手に唯一の励みにしております。
 モッちゃんの死で、猫との暮らしは終わりにし、二人暮らしになった母とは会話自体が成立しない状態です。

 我が家の東側は、他家の杉林で、太い杉は胸の高さの直径が50センチ以上あります。
 朝、明るくなりはじめると共に、今年生まれた野鳥たちが歓喜しているのか、しきりに騒ぎます。その声で、目覚め、起床します。

 昨年まで四年連続で熊と出会い、いずれも車の前方十メートル足らず辺りを横断したことに昨年になって気づき、偶然ではない、熊は威嚇しているのだと思った。しかも、昨年は熊が横断した数十メートル上が山菜のタケノコ(ネマガリ竹)の自生地(撮影場所を探した際に発見し、採る人がいなくて伸び放題になっていた場所)。よって、昨年はタケノコ採りは諦めました。
 今年は、熊と会っていない。しかも、タケノコは重宝な山菜です。というわけで、5月末から6月初めにかけて数回(毎回午後に1時間~2時間)タケノコ採りをし、瓶詰40個以上になりました。

 6月8日朝。最低気温3℃。新緑の真っ盛りなのに、山では霜が降りたかも、新緑が痛んだかも……

 6月中旬。山菜のアザミはすっかり伸びたが、先端だけならまだ大丈夫。というわけで、初めて今年は塩漬け保存してみた。漬物タル内の水が真っ黒になります。
 6月20日。山菜のシドケ(モミジガサ)などを、家の東隣の他家の杉林に移植。
 当杉林は、増えるシラネアオイを捨てるのはもったいないので、了解を得て移植し、林床の下草刈りも俺がやることを約束した場所です。下草刈りを俺がやるのならというわけで、そこに、春に山菜のワサビも移植。そこには、山菜のシオデが自生していることや下草として刈られていたことも分かり、シオデも支柱を立てて育ててみることにした。支柱は、母が使わなくなったもの10本以上・購入したもの15本・更に追加15本・更に10本追加。そこには、なんとヤマカガシ(体長30センチ足らずの子蛇ですが毒蛇)もいました。
 6月下旬。山菜のミズ(ウワバミソウ)は、当地では最盛期です。癖が少なくて、塩昆布和えがシンプルなのに美味しいです。
 でも、自分の気持ちや考えの管理が最優先、独自の気持ちや考えや判断に基づいて生きている野生的自立希望。なので、貧乏暮らしで、食品ロスは皆無す。高級料理や高級食材、そういうものは二の次なのがむしろ幸いです。

 6月22日。最高気温33℃。

 だいぶ前に田植えは終わっている……、夜はカエルの合唱を聞きながら眠るの時期……、なのだがカエルの合唱がまだ無い……
 気になる……、近年の農薬の所為なのだろうか……
 近年増えた白鷺や青鷺に食べられてしまったのか……
 あ……俺が……ボケてきたということか……


 
 
 
 
 かつて、葛藤し四年も月日だけが過ぎ去り……
 身体や臓器や生命生理は、生きるために自律して機能している。自律して機能していることによって生きていること自体は成り立っている。しかも、もともと直に経験し続けていたことに、やっと気づき……
 知能は、生きていてこそ機能する。より高度な生存の維持管理ができるよう進化したのだと考えられる。相応の使い方をしてこそ進化上の真価が発揮されるのだ。と考えるようになり……
 知能を構成している各感覚器官(いわゆる五感)や覚醒時には自覚可能な意識や記憶力など自体は、平常通りに機能していることを自覚するだけで確認できることに気づき、思考や判断なども平常通りにできていることを自覚して確認し……
 自分が知らないことでも出来ないことでも考えることは可能であり、口先だけで出来る言い訳や嘘も可能なんだから、気持ちや考えには無理や矛盾も生じ、それが葛藤なのだ。と、ついに気づいた……
 省みると、自分のことや肝心な自分の記憶や気持ちや考え以外のことを気にし重視し、自分のことを疎かにし肝心な自分の記憶や気持ちや考えの把握や解決を疎かにしていた。つまり、気持ちや考えの無理や矛盾の解明や改善を疎かにしていた。これこそ矛盾だ。と気づき、心の中で天窓から射し込んだ明かりが見えたような気がし、葛藤も激減しはじめた。
 人間関係を次々に断ち、自室にこもり、生活は夜型になり、これが四面楚歌かと思っていたが、省みるためには好都合で理に適ったことをしていたことになる。
 よって、自分の記憶や気持ちや考えを重視し確認し整理し解明し把握し理解しはじめ、それには反することである人為的に目を奪い心まで奪うようなことや人工的なことは敬遠するようになった。
 自分の記憶や気持ちや考えを確認し整理するようになったことによって、自分が確認すらせずに想像していたに過ぎなかったことが分かり、そんな想像だったがゆえに的外れな勘違いをしていたことも分かり、しかも根拠も理由も無くて納得できないことを思い込もうとしていたことも分かり、自分の気持ちや考えの無理や矛盾が解明されるたびに葛藤は激減した。
 自分が未知で未理解な世界に二度と迷い込むまいと思い確認や整理を繰り返し、自分の経験を基に想像や勘違いや思い込みの特徴や因果関係を具体的に理解するほど、その理解できたことを基に独自に自分の記憶や気持ちや考えの無理や矛盾を確認し解明し解消できるようになってゆき、独自に記憶や気持ちや考えの把握や気持ちや考えの切り替えや管理が可能になり、自信を得ていった。しかも、もともと何時でも可能なことであり、何処にいても可能なことであり、寝転んででもできることだった。
 具体的に知ったことほど、可否や是非などの判断も的確に出来るようになり、相応の結果にもなるし、納得もできる。これも、日常的に経験済みだったのに、客観的理解はできていなかったのだった。
 だからこそ、人は勘違いしたり思い込んだりもする。
 勘違いしたり思い込んだりすることを悪用するかのように、人は、尤もらしく見せかけ、本当らしく工作し、優れたことであるかのように祭り上げ、目を奪い心まで奪い、もちろん私利私欲を貪る。そう思える人為的なことは、一層、敬遠するようになった。
 通常でさえ、勘違いや思い込みもある生後に知り得たことを以ては、生存の維持管理もままならなかったり、健康管理もままならなかったり、健康を害するようなことをするようになったり、老化は止められないし、為す術が無いからこそ誰でも死を余儀なくされるわけだから。
 そんな生後に知り得たことや人為的なことよりも、人工的なことではなく、人工的には創れないし、生理的に自律していることこそが、生きていること自体こそが、優れていて尊い。そうであることは、個人毎に直に経験し続けていることでもあり、人工的には創れない知能も備わっているからであり、歴然としていることでもある。
 人以外は、自然界で独自の考えや判断に基づいて生活していて自立している。積雪一メートル以上になる環境ででも生き抜く。
 というわけで、非人工的で生命生理が自律していることなどは共通である植物や野生動物にも関心が向いた。
 
 
 植物も、生命生理は自律している。人為的に鉢植えにすると、置き場所や水やりや肥料などを人為的な管理が必要になる。
 水や肥料をやり過ぎると、通常は見えない土の中で根腐れしはじめ、地上部の異変に気づいたときには復活は手遅れだったりする。管理者の人為的なことや知識しだいでは、枯れ死してしまう。
 そうならないようにするためには、相応の管理の人為的なことが必要になり、相応の知識が必要になる。
 水やり後、どのくらいで水切れになるのかを観察し、普段は上向き気味の葉先が下向き気味になったり巻き気味になった段階で水切れと判断して、十分に水をやるようにした。すると、むしろ元気よく育つようになった。
 種類によっては、日あたりだと葉焼けする種類もあり、日陰だと育てない種類もある。
 植物も生存自体は生理的に自律していることで成り立っていて、世代交代も重ねていて、進化してきたのだとも考えられる。相応の性質があり、相応の条件が満たされることによって成り立っている。それは、人為的には変えようが無い。もちろん、俺が生後に知り得たことを超越している。それを、人為的に管理する。その健康や生死は、管理者の知識や人為的なことに左右される。
 自身の生存の維持管理や健康管理にしても同様なのだ。よって、自分の気持ちや考えの把握や管理にしても同様だということになる。俺が生後に知り得たことは、頼りなく、たかが知れているどころか、かつては直に経験し続けている自分のことをさえ勘違いし思い込んでいたわけだから。
 
 
 言葉は話せず、警戒心丸出しだった猫でも、俺と仲良くなった。
 言葉は話せない猫の子育てを、目の当たりにすることもできた。生理的に自律して機能しているどころか、子供が産まれるようにできているわけであり、母乳を飲んで育つようにできているわけであり、実に良く出来ている。人工的には創れないし、健康管理もままならなかったりする。
 そんなことをすら知らなかった俺は、都会の異性関係は誰とも続かなかったし、子供もいない。
 言葉を話せない植物や猫に、俺は気づかされ考えさせられて「生きているということはどういうことなのか」を具体的に知り始めた。
 人工的には創れない知能も備わっていて言葉を話せるようになり意思疎通が可能になったのに、そうであることをすら俺は未理解だったし、間違いもする勘違いもし思い込みもし、健康を害するようなことさえし、生後に知り得たことを以っては生存の維持管理もままならず、記憶や気持ちや考えも未把握で管理もできていなかった。
 人と生活をし始めた猫も、人家の戸を独自に開けることを憶え、明らかに上達した。
 暖房が欠かせない冬でも、猫は戸を開けっ放しだ。それでは困るので、猫は開けられないように細工をしたら、戸を開けてほしいと意思表示をするようになった。
 返事をするようになった猫もいた。
 けれども、猫は、言葉を話せるようにはならない。言葉による具体的な意思疎通はできない。
 でも、猫にも、人工的には創れない知能も備わっている。記憶でき、感情があり、気持ちもあり、考えもし、相応の学習もし、俺が相応の対応をしたら猫も相応の学習もして意思表示をするようになった。
 だったら、もっと具体的な意思疎通ができるようになれないものだろうか、そのための何らかの方法もあるのではないか、などと俺は思ったものだった。
 母猫が育児放棄した子猫を、俺が保育してみた。子猫を産んで間もなく母猫が死に、その子猫の保育もしてみた。が、いずれも、俺は失敗した。俺の知識や考えは実に頼りない。むしろ、子供が育って生まれてきて母乳を飲んで更に育つようにできているわけだから、生きていること自体が絶妙に出来ているのだ。そうなのだと、死んでいった子猫が、俺に痛感させた。
 
 
 さまざまな猫に、四十年以上、共に暮らしてもらった。
 猫との暮らしが途絶えそうになった時、畑の小屋の屋根裏の物置で、三匹の子猫を育てている猫がいた。すべて三毛猫(雌)だった。
 俺がご飯を持って行くようになり、子猫もご飯を食べるようになり、その内の白い部分が最も多い子猫が最初に俺に近寄ってくるようになったが、好奇心が強くて警戒心が弱いからだったのか間もなく居なくなった。その後、人工的な毒エサを食べたネズミを食べたのか母猫が小屋の近くで死んでいた。
 俺と遊ぼうとしてじゃれる子猫二匹と、すっかり仲良くなった。
 冬は積雪一メートル以上になるので、秋になるまえに子猫二匹は軽トラの助手席に乗せて家に移動した。
 その一方の子猫が、翌春、子猫を三匹産み、一匹死に、また一匹死んで、生き残った子猫が当ブログの招き猫になってもらっているチーちゃん。チーちゃんの子供がマーちゃんで、子猫を二匹産んだが一匹はタヌキに襲われて死に、タヌキには逃げられたが、生き残った方がモッちゃん。
 猫は、言葉は話せないが、子育てを他人任せにしないどころか、子供をとても大事にする。かつて、子猫を襲ったイタチか何かから子猫を取り戻そうとした時の激闘は、雄同士の喧嘩の比ではなかった。
 猫も、子育てが出来てこそ、本来の大人へと成熟する。子猫が、親を子育てもできる本来の大人へと成熟くさせてくれる。障害があって産まれた子供なら、更に高度な大人へと成熟くさせてくれる。親よりも、後から産まれる子供の方が進化していることにもなるわけだから。生きていること自体の絶妙さが、大人の勘違いや思い込みなどを覆してくれるし、子育てもできる本来の大人へと成熟くさせてくれる。
 でも、タヌキくらいの大きさになると、マーちゃんも子猫を二匹とも守ることはできなかったのだろう。
 その夏、我が家の西隣の他家の畑の収穫にはまだ早いトウモロコシをタヌキが食い散らかした。その夜から、クマ避けように買って置いた爆竹で俺が勝手に追い払うようになった。タヌキは有害だ。
 ちなみに、ハンターが減少していることもあってか、猿・アナグマ・ツキノワ熊まで人家の周辺で見かけるようになった。一昨年(2020)、我が家の東側の他家の杉林の中にある廃屋の床下で、キツネが子育てをし、四匹はすっかり大ききなったことを確認した。夏が終わる頃に腐敗臭がし、その発生源を辿ったら、我が家の小屋の一角で死んでいたのは母キツネだった。
 その冬、タヌキがまた我が家に来たので、有害獣として俺が叩き殺した。そのタヌキを隣の杉林の雪上に放置し、カラスの餌にでもなるのだろうと思っていたら、それを食べていたのは、なんとタヌキだった。
 誰かに殺されるまでもなく、猫たちも、畑で産まれた猫(チーちゃんの親)が死に、次にチーちゃんが死に、そしてマーちゃんが死に、2019年3月から母(九十歳半ば)はデーサービスの世話になるようになり、その年の6月にはモッちゃんも死んでしまった。
 朝、モッちゃんは、立てなくなっていた。冬に母が一時寝たきりになり、その際に俺は居間でもパソコンを使えるようにしてあった、そのパソコンに向かう際に使っていた座布団を隣に移動し、その上に俺が使用しているバスタオルを二つ折りにして敷いて、その上にモッちゃんを寝かせた。そのまま、まだ生きているのか死んだのか分からず幾度も確認したくらい安らかに死んでいった。そうだったことで、気づかされ考えさせられ、安らかに死んで逝くためには家族との信頼関係も重要であることが分かった。
 母と二人暮らしになったが、母は自棄的で身勝手で訳が分からなくなり俺の足を引っ張るだけで、言葉を話せるのにいまだに会話自体が成立し難く、信頼関係とは無縁だ。
 俺は、他界に臨む際の心の準備の模索を再開し、俺にでも残されている可能性として小説にトライした。
 
 
 戸を開けた際の猫の爪痕や爪研ぎをした痕は家のそちこちにあるが、猫はいない、そんな生活になった。が、猫に気づかされ考えさせられて知り得た生存上重要なことが俺の頭の中には残っている。
 人の場合、経験して相応のことを知ってゆく性質上、知る内容は限られる。好みや価値観に左右されるので、知る内容は偏りもする。しかも、錯覚もあり間違いもするし、自分の考え方しだいで勘違いもするし思い込んだりもする。
 誰でも知らなかったことを憶え出来なかったことも出来るようになったわけだが、そうであることも理解し合えるとは限らない。
 誰でも子供の頃に言葉を話せるようになり、日常会話で思考力や理解力も発揮するようになり、目には見えない気持ちや考えを具体的に伝え合うことも可能になり、そうであることを理解し合うことも可能なはずなのに、そうであることを誰かと理解し合うとは限らないし、そうであることを個人的に理解するとも限らない。
 むしろ、言葉を話せるので、口先だけでできる言い訳もし嘘も吐き、尤もらしく見せかけもし本当らしく工作もするし、優れたことであるかのう用に祭り上げもし、騙しもする。
 つまり、知られたくないこともするし、認め難いこともするし、否認し、強情も張り、相手が悪いかのように憤慨し、逆上もするし、相手の口封じもするし、理解し合えないどころか、会話自体が成立しない。
 人も、誰でも、母胎内で育ち、誕生後十五年前後も保護養育が必要であることを経験し、相応の学習をする。学習をするだけに、生後に知り得た内容しだいでは、生存の維持管理をできるようになれていなかったり、健康を害することをするようにもなり、自殺もするし、犯罪者になったり、戦争指導者になったりさえする大人になったりもする。
 猫や野生動物は、やらない。人も幼い頃には、誰でもやらない。そういうことを、人は生後に知り得た内容しだいで、やるようにもなる。生存の維持管理とは逆のことに知能を使うようにもなる。
 一見、平和な日常でも、話し合える相手は限られ、話せる内容は限られる。個人毎に直に経験し続けていることであり誰にでも共通なことでも、理解するとは限らない。
 言葉の使い道も、知能の使い方も、学習内容も、人こそが間違っているのか……。間違っている人たちこそが偉そうにしているのか……。
 
 
 いずれにしても、生後に知り得たことを以ては老化は止められないし、生後に知り得たことでは為す術が無いからこそ誰でも死を余儀なくされる。
 現に、俺も自分のことだけでも大変なことになりそうな歳になった。他界に臨む際の心の準備は、可能な限り整えておきたい。
 具体的なことを知らないことほど、識別や思考や判断で迷う。観察したり確認したり試したり研究したことほど、具体的に知ることになる。具体的なことを知っていることほど、可否や是非などの判断も的確にでき、相応の到達や達成も着実にでき、納得もできる。ということは、繰り返し経験しているわけだから。
 準備は整っているか否か、それなりのことをしたか否か、そんなことは考えるまでもなく容易に分かる。それなりのことをしたことが無い、準備が出来ていないとなると、内容しだいでは不安になり苦にもなり動揺したりパニックに陥ったり絶望したりするわけだから。
 言葉を話せない猫と暮らしたことで、気づかされ考えさせられて俺はいろんなことを知ったのだが、猫との暮らしはモッちゃんで終わりにすることにした。

 でも、窓際に野鳥が来ると、仲良くなれないだろうかと思う。
 先日まで、夜毎にフクロウの鳴き声が聞こえていたので、洞のある枯れ木を使って巣箱を作ってあげようかと思っていた。が、つい先送りにし、自分の野性的自立やら生存維持やらで山菜採り優先の日々だった。そして気づいたら、フクロウの鳴き声は聞こえなくなっている。夏の間に、来年用の巣箱作りにもトライしてみよう。
 野鳥も、二羽で行動しているのを見かける。新緑のこの時期、草むらを飛び交う新しい家族と思われる群れも見かける。ほとんど複数で行動していて、とても仲がいい。
 言葉は話せないし、具体的な意思疎通はできないのに……。

 俺も、幼い頃に、片言で話し始め、修正や調整をしただけ上達できることも経験したことになる。言葉を話せるようになり、目には見えない気持ちや考えを具体的に伝え合う準備が整ったことになり、具体的に知ったことほど的確な可否や是非の判断なども出来るようになることを経験し、因果関係や理由やルールなどの目には見えないことを理解し合う準備も整い、理解した内容に基づいたことを行う準備も整ったことになる。それを、母は目の当たりにしたはずなのに……
 そうだったことは、俺も小説にトライしたことで具体的に理解できた。トライしたのは動機が重なッたからだったことも分かったが、トライした動機の一つがそれだったことも分かった。
 当然だが、子供の頃に準備が整ったことを、俺はまだ誰とも理解し合えていない。
 言葉は話せなくても、猫などは、人とでも仲良くなるのに……

 誰でも直に経験し続けていることであり共通なことでもあり自律していることでもある「生きているということはどういうことか」を理解し合い、人工的には創れない知能も備わっていて経験でき学習でき活用できることを信頼し合い、産まれる機会に恵まれて生きていることを体験できていること自体を尊重し合う。それができると、自ずと他界に臨む際の心の準備が整う。
 でも、この歳で理解できたのでは手遅れだ。安らかに死んで逝くための心の準備上、最重要と考えられる条件を、俺は満たせていない。が、条件や、それを満たせていないこと分かっているだけでも、相応の分別は可能なので、パニックに陥ることは免れることが出来る。
 
 
 こんなことでも、書いていると、寝かせているはずの小説も熟成されていることが分かる。
 文章自体に関する学習も必要な上に、丁寧に書くことが大事だと気づいただけに、長文になりがちなのは気になるが……。
 今回は作業用目次の設定もままならなかった。
 でも、一見、繋がらない内容でも、言葉による繋ぎ方しだいでは繋がる文章になることが分かってきた。
 しかも、まだ不十分なのだろう。書き込んでいると、何かを見出せるような気がする。
 短文で明確にまとめる学習に移行する気には、まだなれない。
 生理的にはすっかり爺だが、知的には未熟なのだ……。
 
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
22位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR