FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 創作下書き 仮題「凉香と理於の本当の気持ち」

やっと創作のコツが分かってきた


 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。


 
 
 
 この人生、後悔することばかりだ……
 いい歳なのに、自己管理能力が乏しい……

 かつては、葛藤した。
 思考の無理や矛盾だと気づき、その無理や矛盾の元だった勘違いや思い込みや固定概念を解明し、解決できた。
 結局、目には見えない内面である精神面の充実を優先し、そんなことに人生を費やした。その結果、目に見える世界は、絵に描いたような貧乏暮らしだ。
 でも、目には見えない精神面は充実してゆく。だからこそ、それ以外のことは二の次になったわけだから、見た目や上辺は苦にならなくなった。
 ところが、経済優先社会は、見映えが優先でもあり、そんな環境で生きている。よって、見た目も、無視はできない……

 でも、最近は、夕方、まだ明るいうちに寝てしまう……
 思えば、老化を感じる目を、ほぼ無意識に大事にしている。

 かつて、健康を害するほど喫煙していた愚かさに気づいたから、絶煙出来た。
 健康を害するほど飲食していた愚かさの反省も兼ねて、近年ダイエットし、9キロ落とした。
 あと5キロは落としたいと思い続けているのだが、ついつい後回しになっている。

 30分毎に、立つ、伸びをする。そう書いた付箋を目につく位置に貼ったのは、数年前だった。
 が、いつのまにか実践しなくなった……
 でも、4時ごろには起床し、猫を見習って、起床時にだけだが簡単なストレッチをやるようになった。

 創作に集中できているときは、気づくと、二時間経っていたり、三時間経過していたりする。
 でも、その程度が、集中の限界になったのだ。
 かつて、農協の購買業務用のマクロプログラムを書いたころは幾度か徹夜したものだったが、今はむしろ十分に眠ることを重視している。

 創作は、虚構だけに、無理をして頑張ると、いつも収拾がつかなくなり、やり直しを要し、後悔する。
 その繰り返しだった。
 それは、過ぎると、挫折しかねない。

 雑念を排除して集中する、そんな時間は今は貴重になってきた。
 こうして書き出してみると、経験上、集中できる時間を、ほぼ無意識に大事にするようになっていたことに気づく。

 そもそも、現実を優先してしまう。
 創作も作業自体は現実だが、創作内容は虚構であり非現実だ。しかも、俺は慣れていない。結局は諦め挫折するのだろうか、などという懸念も頭の片隅に存在し続けている。
 
 
 先月になって、やっと、創作の作業上の段取りが決まった……
 そして、今月、創作の作業上のコツに気づいた。
 更に、各章毎に独立した作品にすることも可能ではないか、などと思えるようにもなった。
 創作は、非現実の構築であるだけではなく、未熟なことだった。が、実際に始めたことによって、否応なく必要なことを経験し、相応のことを徐々にではあるが学習しているし成長もしている。
 何も知らず何もできない状態で産まれても、知能も備わって産まれただけに、経験し相応の学習をし上達もしたわけだから。
 今回の創作の中心を貫いていることも、それだ。

 登場人物の凉香と理於は、どんな状況にあるのかも把握できていないし、何処に向かっているのかも知らない。
 でも、目には見えないことに、気づき、その事実確認をし、事実関係や因果関係を整理して理由なども解明して、思考の健全性を回復してゆく。
 その結果、明らかになってゆく目には見えないが紛れもなく存在する非人工的な世界(生命生理が自律していることや知能が備わっていることや進化など)こそが優れていて尊いことを理解し、その先を目指す。
 
 
 自分は理解済みのことを基に発想しただけに、大きな章立て(起承転結)は容易だった。
 道に例えるなら、出発点から、どんな交通手段で何処を通って、どこに到達するのかに似ている。
 初回の下書きは、未経験な作業だっただけに、下書きのための下書き状態で終わった。己の未熟さを自覚でき、好い経験だった。

 今回は下書きの整理だが、第一章(前回投稿分)の作業は、大きな章立て(起承転結)に基づいて、細部を書きながら、並行して各章内の各節や各項に相当すること(自分の場合は作業用目次)を整理しながら進めた。
 その結果、各章の整理(自分の場合は作業用目次)が事前にできているほど、細部が書きやすいことが分かった。
 当初から、目的地に到達することに似ていると何度も思ったが、まさにこのことだったのだ。
 道に例えるなら、まだ行ったことが無い目的地を目指す際も、事前に知り得た間接的な情報を参考にして行く。もちろん間接的な情報だからこそ、詳しく知っているほど迷わずに行ける。このことに似ている。

 創作を行っている自分が作業用目次を準備することは、まだ行ったことが無い目的地への道順などに相当する。
 そんなことが分かってきたので、第二章は、先を急ぎがちなことを自制し、細部を後回しにして、各章内の各節や各項に相当することだけを整理してみた。
 その結果、間違いないということで、二月の中頃までやっていた。
 ただ、各章内の各節や各項になると、具体的なことを要するだけではなく、その整理も要するだけに簡単ではなくなる。が、それなりに整理が進む。
 道に例えるなら、事前に知り得た間接的な情報を頼りに、まだ行ったことが無い目的地に向かって実際に行くのに近い。目的地に向かい実際に経験し見聞きしている道標に相当する物事が、目的地に通じている確かなものか否かの判断が重要になる。だからこそ、事前に詳しく知っているほど迷わずに行ける。それに、似ている。

 ところが、今ごろになって気づいているだけに、経験的確認は不十分だし、やり慣れてもいない。
 各章内の各節や各項になると、具体的なことを要するがゆえに、つい細部を書き込み、それに囚われる。
 結局、収拾がつかなくなり、やり直しを余儀なくされ、後悔する。
 集中できる時間が限られてきていることも、気になるからだが……

 今年は雪は少なめだが、降れば除雪を余儀なくされる。
 前日の気象情報では、高気圧が近づいているので、降雪は無いだろうと思っていた。ところが、2月26日朝、10センチあまりの降雪。今日は高気圧に覆われるので明日にかけては降らないだろうと思いながら、除雪。
 ところが、今朝(2月27日)約30センチの降雪。しかも、今朝になってから降ったのか、集落内の生活道路の除雪が行われていない。
 己の環境、己の状況、己の状態、そういうことの把握が自分の精神面の安定には欠かせないことも、創作をはじめたから分かってきた。
 
 
 第一章では、凉香と理於は、お互いに「気持ちに反して遠退く一方だった」ことに気づいただけに、すみやかに解明し解決する。ちなみに、こんなことは当たり前のことで、読む側が気づくであろうことなので、最終的な創作内容には直接は記載しない。
 そして、「本当の気持ちや考えを言えなくなってきている」ことに気づき、事実確認まで済ませる。
 第二章では、「本当の気持ちや考えを言えなくなってきている」ことの解明や解決に臨み模索をはじめるわけだが、第一章よりは難しい。
 第一章で解明し解決できた経験を参考にしようとして省みるので、創作上は第一章の繰り返し状態になってしまう。
 でも、第一章の解明経験と第二章での解明経験を、第三章で整理して「物事を解明でき解決できた法則自体」を解明する。つまり、再確認や整理を繰り返して、各章毎に浄化してゆくことによって、気持ちや考え以前から存在している非人工的な法則を解明するわけなので、第二章と第三章は繰り返しこそが重要になる。
 でも、繰り返しは、新鮮さや面白さが欠ける。むしろ、各章毎に独立させることも可能だし、そうした方が繰り返しのうるささからも解放される。
 でも、第三章までがあってこそ第四章では「知らなかったことを憶え上達した学習の法則や学習の独自性」を解明し、更に非人工的な知能自体を理解するわけだから、各章毎の独立は堕落に通じ、大きな章立て(起承転結)も変えることはできない。

 そんな、繰り返す細部に囚われただけに、自分が空転してしまい、収拾がつかなくなったのだった。
 初心者にとっては、荷が重すぎるのか……

 登場人物の精神的な成長レベルが中学一年生という設定なので、凉香の幼稚さや可愛いさも何とかして出したい、などとも思う。
 地方訛りも、ある程度は出したい。
 でも、煽てたり脅したりして子供を言いなりにならせようとする大人の気持ちを見抜いている、そんなしっかりした面も出したい。
 結局、俺が道に迷っている状態に陥る。
 マイペースも、維持できない。
 創作に臨むに相応しい自己管理が、できていない。
 だから、こうして気持ちの整理をすることが必要になる。
 もっと気持ちの整理が出来ると、もっと集中できるようにもなれるのだろうか……

 第二章では、自分の場合は作業用目次の整理が、いかに重要であるかを思い知らされた。
 今日からは、第三章の作業用目次の整理を始めなきゃ。
 もちろん、作業用目次の整理が優先だ。
 あ、俺にとっては、作業用目次こそが、下書きに値するのか……
 内容を整理し、その展開の要点だけでできているわけだから……
 ただ、作業用目次の整理を優先すると、本文の書き込みは進まないので、怠けていたような気がしたりした。が、先を急ぐあまり余計なことを気にしていたことになるのだろうか。違う。怠けていたかのような感じがするくらいの余裕があった方が、むしろ好いのかもしれない。
 そもそも、現実が優先だ。今冬は雪は少なめだが、降れば、除雪を余儀なくされる。創作は、あくまでも虚構を構築することなのだ。
 目には見えないことだが、重要な経験をし、貴重な学習をして、徐々にだが育ってきた。これは、確かだ。これこそ、大事にしなければならない。
 そのためには、自分の精神面が成長しやすく前進しやすい方法を選択することも重要なのだ。
 無理して後悔して諦めるよりは、むしろ一休みするくらいの方が好い。無様でもかまわない。
 未熟さは率直に認め自覚すべきでもある。
 何も知らず何もできない状態で産まれたが、知能も備わって産まれ、経験でき相応の学習もでき上達もできたんだから。
 言い訳尽くしのようなこんなことでも、気持ちや考えの整理には役立ち有意義だからこそ、欠かせない……
 もともとは随筆風の表現を目指した、だからでもある……
 
 
 あの世へは、もちろん先を急がない。
 人生の残りが少なくなる一方であることは、もう否めないわけだから、急ぐのは好くない。
 焦り、急ぎ過ぎると、そのまま逝ってしまったりさえする。それは、見習うべきことでもない。
 無知で、愚かだった。ということで片づけられかねないことでもあるからだ。

 そもそも、乳幼児期から知らなかったことを憶えることができ、詳しく憶えることもできるようになる。乳幼児期からできなかったことも出来るようになれるし、上達することもできる。
 つまり、具体的なことが詳しく分かっていることほど、具体的な識別や可否や是非などの判断も的確に行えるようになる。
 だからこそ、不明なことは、訪ねもし、確かめもし、調べたりもするし、取説だけでも売買されるようになったし、教習所に通いもするし、学校に行ったりさえする。
 けれども、そういう経験をしても、事実確認をしなかったり、整理しなかったりするので、経験していることを具体的に理解するとは限らない。
 経験上でも、具体的なことが分かっていないことほど、具体的な識別や判断ができない。だからこそ、迷ったりもするし、上辺だけだったり見せかけだけだったりもし、損をしたり、痛い思いをしたりさえする。軽率だ軽薄だなどと言われ、軽蔑されたりもする。
 事実確認もしないで、根拠も理由も無いことなのに見くびり見限り勝手に決めつけたり思い込んだりもする。それゆえに、パニックに陥ったり、絶望したりさえする。
 そんな経験をした上で、あの世に逝くことになる。

 あの世には、絶望的な逝き方はしたくない。
 嫌々死ぬ……、そんな逝き方もしたくない。
 少なくとも、自ずから到達した、そんな最期でありたい。
 理想的には、根拠も理由も明確で期待して臨んだ、ということでありたい。が、そのための最重要な条件を自分の場合は満たせていないし、それに準じる条件も満たせていない。そんなことが分かっているだけに、可能性は限られる。
 
 
 だからこそ、徐々にではあるが成長しているこれだけは、可能な限り育てなければならない。
 休んだり中断したりしたとしても、仮に挫折したとしても、ここまでは育てたのだから何時でも再開できるわけだし。
 どんなに未熟でも、不完全でみっともなくても、まず作業用目次は整理する。
 そして下書きを書き終える。
 その後で、下書きの、余計な部分を削り、細部を磨くようなことをして、完成度を限りなく上げてゆく。
 生きているうちに完成させることができなくても……、かまわない。本当の目的は、それではないんだから。
 そもそも、目指していることは、人工的なことでもないし、先に有るのでもない。既に在る過去を整理することによって明らかになることであり、その中に理解してもらえないまま埋もれているようなものだ。

 つまり、日常会話ができるようになり、相応の理解力を発揮するようになり、理解できたことは解決や改善も可能になる。
 なのに、そんなことも知らなかった。だからこそ、事実確認もしないで、根拠も理由も無いことを勝手に思い込んだ。思考の段階で、まさに軽薄だったからこそ、堕落していったのに、そうだということに気づけなかった。
 健康を害するほど飲食していたのに、愚かだと思いもしなかった。
 そんな、事実確認もしない、根拠も理由も無い、むしろ自分勝手な独断や偏見を、排除できてこそ、「生きていることはどういうことだったのか」「本来は自分はどんな生き物だったのか」が明らかになる。

 でも、反面教師としては役に立つ。
 見た目を気にしたり、欲望に負けたり、そんなこととは絶縁できるくらいにならないと。
 そうだ。自分のことも満足にできないわけだから、他人がやっていることを、気にしている場合じゃない。
 自分が必要としていることを、自分はやっているのだ。自分でが出来るようになることに、意義がある。自分が達成できたり到達できるようになることに、意義がある。
 七十年以上の人生経験上、いわば人生最期の独り歩きを見出したいと思うに至ったのは、俺自身なんだから。

「なんと言われても構わない」
 反省する気が無い。これではダメだという気持ちもみられない。もちろん、申し訳ないと詫びる気持ちも見られない。当然に、感謝の気持ちは見られない。
 俺の年金で暮らしていて、俺が炊事をしていて、俺が病院通いの送迎をしている。なのに、俺を巧く騙して利用しようとしている。そうだとしか考えられない。
 なのに、
「なんと言われても構わない」
 と言い返す。
「くそ婆。鬼婆。いつまで生きているんだ。早く死ね」
 と率直に叩きつける。
 それても、
「なんと言われても構わない」
 と言い返す。
 俺をバカ息子扱いし続けてきただけに、聞く耳を持たない。
 なぜそう言われるのか、そう言われないためにはどこを改善すればいいのか、そんなことは考えもしない。
 その頭を叩き割って中を見てみたいと思ったことは数えきれない。このままでは、七十歳を過ぎて刑務所で老後を終えかねない。バカな親は、そんなことも考えない。
 太鼓でも叩き鳴らしながら「早く死ね。早く死ね」と絶叫したいくらいだ。
 もちろん、俺は、そんな最期だけは、避けたい。どんなことをしてでも……
 ということは、俺の心の中にいる鬼をこそ退治すべきなのか……
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
26位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR