生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆自分を理解する。

猫だって学習する 6.そこまでやるの


 沢山の応援アクセスに、感謝を申し上げます。

 八月の中旬から、天候がなかなか好転しません。
 今年の秋の農繁期は、大変です。
 昨日も雨。今日も雨。なので……。



 チビが舐めてあげるたびに転倒しがちだった子猫たちの、毛がフワフワになった。
 物を見る目や足どりがしっかりするとともに、いろんなものにジャレるようになり、好奇心も旺盛になった。
 子猫たちの可愛いさは、日増しに増していった。

 そして、ご飯も食べるようになった。

「子猫を一匹、うちで欲しいんだけど……」
 と言われ、一匹、少なくなった。

「うちでは、二匹欲しい」
 と言われ、二匹、いなくなった。

 結局、子猫は一匹だけになった。
 残した子猫は、顔やお腹や手足が白く、背中や長い尻尾が茶色の濃淡の縞柄で、雄。
「タモ」と命名した。

 兄弟姉妹がいなくなったタモは、真っ白い母猫のチビとジャレ合うしかない。


 翌日。
 脱衣所を覗くと、チビが、見慣れない毛色の子猫二匹の面倒を見ている。
 え……、どういうこと……。
 二匹の子猫は、いずれも白い部分はまったくない。チビの子猫たちよりも、明らかに小さい。が、同じくらいの大きさだった頃のチビの子猫たちより、ぽっちゃりと太っている。

 そこに、チビと姉妹のクロがやって来た。
 すると、チビが面倒みている見慣れない毛色の子猫の首の後ろをクロが銜え、そのまま連れてゆく。
 クロの毛も、白い部分が全くない。
「クロの子猫を連れてきていたのか、チビ」

 そういえば、チビが出産後、チビと姉妹のクロのお腹も目だって大きくなった。
 やがて、クロは、ご飯を食べにだけ来るようになり、大きかったお腹も小さくなっていた。
 それらから察して、近くの他所の小屋あたりで、クロも子猫を産んだのだろうとは思っていた。
 そのクロの子猫を、チビが連れてきて面倒みていたのだった。
 猫は、自分以外の子供の面倒までみるんだ。
 そこまでやるのか。


 愛情の確かさが、太古から世代交代を重ねて継続されてきた種族や進化を、より着実に未来に継続させることは間違いない。
 太古から世代交代を重ねて継続されてきた種族や進化を未来に継続させる壮大なスケール中の、一世代を全うすることにもなる。
 それに比べると、名誉や権力は私利私欲の象徴でしかない。むしろ、論外だ。科学や医学などとも、関係ないんだから。
 継続され続けた種族は、進化も重ねたのだろう。
 むしろ、医学が無かったからこそ、相応の進化をしたのかもしれないし、そういう種族が存続されたのかもしれない。

 その結果、地球上で最も進化しているのは人だと考えられ、自分も人なのだが……。


 思えば、チビは五匹産んだ。
 が、一匹はイタチか何かに襲われ、チビは子猫を命懸けで守ろうとした。
 そのことをすら、俺は忘れていた。
 それどころか、欲されるままに、俺は勝手にチビの子供を一匹あげ二匹あげた。
 子猫は一匹だけになった。
 俺の愛情は、チビ以下だ。
「ごめんな、チビ」
 こういうことは、やっぱり俺は失格だ。

 チビのお腹を触ってみた。
 タモだけしか吸わなくなった、小さい乳首が並んだ乳房が、すっかり硬くなっている。
 大変だ。こういうことだったのか。
 四匹の子猫が一斉に小さい手でモミモミした乳房だった。
 みんなで、小音ながら喉をコロコロさせながら乳を飲んだのだった。
 幸福感というものを、俺に教えてくれた光景でもあったのに……。
 チビは、寂しかったどころではなかったのだ。


 クロが銜えて連れて帰った子猫を、また、チビが連れてきた。
 それを、また、クロが連れ戻しに来る。
 クロの二匹の子猫も、銜えて連れて歩くには、けっこう大きい。
 子猫の首の後ろを銜えたクロが精一杯持ち上げると、子猫は胎児のように足を縮めるのだが、それでも引きずりそうになる。
 しかも、子猫が大きく揺れるだけに、クロは歩くのも大変だが、子猫も大変だ。
 そんなことをしばらく繰り返した。
 チビとクロは姉妹だけに、仲がいい。
 それにも増して、子猫に対する母猫の愛情はすごい。


 当時、チビの出産や子育てを目の当たりにしたことによって、自分が理解しそびれていたことである、自分が生きている根本的なことに関して考えはじめた。
 つまり、チビによって、気づかされ、考えさせられたことによって、「生きていることはどういうことなのか」、「自分は本来はどういう存在なのか」を念頭に置くようになった。
 よって、気づく都度に確かめるように思考を巡らせ、そうして分かったことをも繰り返し整理するようになり、相応の具体的なことを捉えていったわけだが……。

 当時、不思議だったのは……。

 そもそも、人は、「愛」などと言う言葉まで使う。
 自分は、少なくとも、小学校に六年間通い、中学校に三年間も通い、帰宅してから宿題までやらされた。
 そんな自分が、知りもしなかったし、いつのまにか失格していたことを、猫や小鳥たちが実践していることだった。

 猫や小鳥たちが、そんなことを実践していることをすら、自分は知らなかった。
 むしろ、人は、生存上は重要でもないことだからこそ、尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作もするし、優れたことであるかのように祭り上げさえする。
 そんな大人に、子供の頃には抗議した。が、理解を得られず、信頼回復もままならず、むしろ反抗扱いされ、自分の気持ちや考えの重要さを自分でも理解しそびれた。
 結局、上辺だけだと知りつつも、目を奪われ、自分も上辺を気にし、上辺を比較しがちになり、上辺を基準に考えるようになり、心まで奪われて、上辺を繕うようになった。
 その上辺のために、騙し合いをしたり、裏では知られたくないことや認め難いことまでしたりし、認め難いがゆえに強情を張り、口封じまでし、自殺したほうが増しなことを人は行っていたりする。
 自分も、その類だった。
 それどころか、人は、多くの種族を絶滅させ、生存環境自体をさえ破壊し続け、兵器の開発までしているわけだから、人自体が絶滅危惧種になりかねないことを行っていることになる。
 つまり、小鳥や猫などが惜しみなく発揮している愛情や幸福感が、人には欠落しているとさえ思える。

 少なくとも、自分は、直に経験し続けていることである自身のことに関して無知で、自分が意識し識別し思考していることに関してすら無知だったがゆえに、自分で考えて行っていることが愚かなことであることにさえ気づけなかった。
 が、それゆえに困窮し、そうなった理由や固定概念も、ほぼ解明できた。
 解明でき解決できるわけだから、無知で愚かでいいはずがない。
 よって、「生きていることはどういうことなのか」、「自分は本来はどういう存在なのか」、その根本的なことに関心が向いた。
 そして、野良猫と出会った。

 猫や野生動物たちは、「愛」などと言う言葉は使わない。躾や教育は、見当たらない。上辺や見た目は気にしないし、報酬や名誉や地位や資産や権力などとは無関係だとさえ思える。彼らの世界には、科学者もいないし、医者もいない。
 にもかかわらず、小鳥は、子育てのために巣作りをし、餌を運んできて子育てをする。
 雉の仲間のヤマドリや鴨は自分に目を引くかのように、怪我でもしているような派手な振る舞いをしてまで、雛たちを守る。
 蜂の頭はあんなに小さいのに、巣の前で威嚇をすることで、争いになることを避ける。
 猫は、子供を守るためには命懸けで攻撃する。
 つまり、命を守り子供を守るために、命を惜しまずに愛情を発揮していることになる。
 そうすることによって、太古から世代交代を重ねて継続されてきた種族や進化が、未来に継続される。そんな壮大なスケール中の、一世代を命懸けで全うしていることになる。

 自分は知りもしなかったことを、猫や小鳥たちは実践している。
 そういうことができる具体的な理由を、自分がなかなか知り得なかっただけに、不思議でさえあった。
 猫や小鳥たちが、そんなことを実践していることをすら、自分は知らなかった。
 自分は知りもしなかったことを、猫や小鳥たちは実践している。なぜだ……。
 彼らは、愚かなこともしない。どうしてなんだ……。


 こうして、猫の子育てを目の当たりにしたことによって、「生きていることはどういうことなのか」、「自分は本来はどういう存在なのか」という捉え方が、自分の考え方の根幹として定着していった。

 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR