FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆自分の心を理解する:事例

自分の心を理解する:事例 左手で文字を


 沢山の応援アクセスに、感謝を申し上げます。


 せっかく気づいたことでも、思い出せなくなったり、忘れてしまったりもする。
 だから、メモをするようになり、文章化するようにもなった。
 文章化して繰り返し整理したことで、それだけ整理も進んだ。
 そんな経験上、文章化して整理することの有効性にも気づき、文章化することを活用するようにもなった。

 つまり、頭の中だけで思考したり整理したり理解したりするのには、限界があるからだったのだ。
 なのに、そうであることは理解しそびれていた。

 錯覚や勘違いや思い込みや先入観や固定概念などの精神面の弱点や欠点は、思い知らされ、解明できたのに……。
 思えば、頭の中で、識別や思考や理解や判断などを行う。
 つまり、記憶に有ることを参考に識別したり思考したり、記憶にあることを整理して理解したり解決したり、予想したりもする。
 そんな性質上、むしろ、頭の中だけで、十分なことができるような気さえしていた。
 これも、勘違いや思い込みでしかない。
 つまり、過信までしていたことになる。

 頭の中で行うことは、目には見えないからでもある。
 それゆえに、絵に描いたり、図にしたり、記号化したり、文章化したりするわけだが、これらは、目に見えるようにすることでもある。
 しかも、記憶よりも、記録の方が確かに残る。
 もちろん、精神面の欠点や弱点を補うことでもある。

 だからこそ、自分も、メモするようになり、文章化するようになり、再整理まで繰り返すようになったのに……。
 否、だからこそ、気づくことができたのか……。





 当時は……。
 自分の識別や思考に関することである想像や勘違いや思い込みや、その参考にしている記憶に関することである固定概念に関することなどを、未理解だったばっかりに、それゆえの無理や矛盾も把握できず、三年も苦悩したあげくに困窮した。
 ところが、精神的に困窮しただけに、思考には無理も矛盾もありえることに気づいた。
 よって、想像や勘違いや思い込みや固定概念の性質や特徴などを解明でき、苦悩は解消し解放された。
 結局、自分の識別や思考に関することを未理解であることがどういうことかを思い知らされ、直に経験し続けているはずの自分のことをいかに未理解だったかを思い知らされた。
 肝心な自分のことをほとんど知らなかったわけであり、いわば知っていたことは余計なことなかりだとさえ思えた。

 それらは、誕生後に、経験し、相応のことを学習した、その類であることも分かった。
 学習ゆえに、憶えたことは限られ、間違いもある。
 よって、識別や思考や判断の健全性を欲した。

 個人的なことで、根拠も理由も無い思い込みや固定概念などは、可能な限り確かめるようになり、覆すようにもなった。
 しかも、誕生当時は知らなかったことを、誕生後に経験し、相応のことを憶え、随意にできるようになったんだ、という概要は確信するようになった。
 すでに三十歳になっていたが、「学習」とはどういうことなのか、その法則的なことや具体的なことに、今更のように関心を抱いた。
 自分が、まだ言葉も話せなかった幼い頃に、知らなかったことを、どうして憶えたのか。できなかったことを、どうして随意にできるようになり、どうして上達したのか。そんなことを未理解だったことが明らかになっただけに、関心は深まった。
 また、学習したことに因って出来るようになったことなのか、否か。その判断の基準になるようなことも知りたかっただけに、学習とは本来はどうなのか、という関心でもあった。


 そして、猫が、戸を開けることができなかったのに、できるようになり、上達もした。
 猫も、知らなかったことを憶えるし、相応の識別もしていることが分かった。


 その後に、長年使い続けた照明用のスイッチを付け替えたことによって、それまでは気にもしなかったことが明らかになった。
 つまり、長年続いた状況が変わったことによって、長年行っていた動作が、実は具体的な事実関係や理由を未理解なまま行っていたことなどが明らかになった。
 普段は気にもしなかったことが、浮上した状態になった。もちろん、その事実関係や理由を理解する格好の機会だった。
 なのに、具体的なことは理解できなかった。

 格好の機会だとは思ったが、それを活かすだけの知識は自分にはまだ無かった。
 しかも、条件反射的に手が動いてしまう不思議さにばかり気を取られ、付け替えた新たなスイッチの位置に慣れてゆくことこそが学習であることに気づかず関心が向かなかった。

 当時は、直に経験し続けている自分自身のことだけに、(体的な根拠や理由が無いまま)十分に知っていると勘違いし思い込み、それが先入観や固定概念にもなり、自分の情報処理能力を過信していた。
 そうであることにも、まだ気づけなかった。
 つまり、自分のことを知らないことが、どういうことかを思い知らされたにもかかわらず、直に経験し続けている自分自身のことだけに(具体的な根拠や理由が無いまま)十分に知っていると勘違いし思い込んでいた。
 それが、むしろ自己理解の障害にさえなっていたことになる。

 相応のことに気づく都度、確かめ、それを繰り返すたびに確かになり詳しくなっていった。これ自体も、知らなかったことを憶えることだった。
 つまり、相応のことが、記憶にも残った。
 そうだったからこそ、再整理も容易になった。
 そういう経験済みのことも、当時は具体的には理解できていなかった。が、経験済みであり、相応のイメージは記憶にも残っていて、関連することを考えるたびに思い浮かんだ。

 状況が変わったことによって、事実関係を未理解だった動作が浮上した。
 これは、その動作をするようになった具体的な事実関係や理由を理解するには格好の機会だ。
 というイメージが記憶に残り、気になっていた。

 また、自分のことであり、経験上のことであり、自分の動作なのに、ほとんど未理解だった。
 それゆえに不思議だと思い、関心も深まっていった。


 状況が変わったことによって、気にもしなかったことや未理解だったことが浮上した。
 当然に、理解し易くなる。
 ならば、意図的に状況を替えて……。
 普段は気にもしなかった未理解なことを、浮上させ……。
 その事実関係や理由などを理解できないものだろうか……。

 とりあえず、いつもは右手で書く文字を、左手で書いてみようか。
 早速、やってみた。
 が、不器用な左手で書くのは嫌になり、ボールペンを右手に持ち替えて書きたくなる。
 つまり、右手で書いた方が少なくともすらすら書ける、ということを憶えているし、思い出しもする。

 このことから、子供の頃に、先に器用に使えるようになった手を優先的に使うようになったであろうと考えられた。
 つまり、片手でも出来ることは、先に少しでも器用に使えるようなった右手を優先的に使う。
 よって、不器用な左手は、ますます使わない。
 結局、右手はますます器用になって利き手となり、その右手の補助的な使い方をするようになった左手は器用にはならなかったのだ。

 弟は、左利きだ。
 でも、弟は、子供の頃に右手を使う練習をさせられたこともあって、右手もかなり器用に使う。

 もともと右利きの自分は、左手を使う練習はしなかった。
 つまり、左手は練習しないから、器用に使えないのだ……。


 その際に使用した紙は、捨てずに傍に置いてあった。

 その紙に書かれた字は、そもそも線が真っ直ぐでない。俗に「みみずが這った」と言われるような線だ。
 左手で字を書いたとき、真っ直ぐな線をなかなか書けなかったことも、記憶に残っていて思い出した。

 横画は、左側から右方向に向って引く。その性質上、右手で書く方が書きやすい。
 左手は慣れていないこともあるが、左手で左から右方向に線を引く場合は、筆記具の角度が突き刺さるような角度になる。
 右手は慣れているからだと思ったが、線を引く際の筆記具の角度の関係でもあった。
 むしろ、日本の文字は右手で書くことを前提に考案された文字だとさえ考えられる。
 となると、今回の目的には、不向きだ。


 結局、左手で文字を書く練習をするのは、諦めた。
 新たなことを、憶え、上達し、熟練する、その過程に学習の法則があるわけだが、そうであることには当時はまだ気づけなかった。
 よって、学習する具体的な理由も、理解しそびれた。


 が……。
 スイッチでも思ったが、先に学習していることが、新たな学習の障害になる場合もある……。
 右手ではスムーズに書けることが分かっているから、つい右手で書きそうになるわけであり、左手で練習する際には障害になる。
 つまり、右手で書けるような線を、左手では書けるようになるには、少なくとも右手で書けるようになった以上の努力と時間を要することになる。


 左手で書いた字を見て、小学校低学年の頃に同じ字を幾度も幾度も書いて練習したことを思い出し、当時と大差のない字だと思った。
 中学生になった頃には、大人の言いなりになることに危険を感じて、ほとんど勉強はしなくなり、字を上手に書こうとも思わなくなったわけだから。
 だから、字を書くときは、いつも思う。自分が書く字は中学生の頃のままなのだと……。
 子供の頃に、いろんなことを学習して随意にできるようになったことは間違いない。


 そもそも、両手とも器用には使えなかったのだ。
 そうだったことは、赤ん坊を見ると分かる。
 自分も、赤ん坊だった頃はああだったことになる。


 結局、望みだった細部の具体的なことは一向に理解できなかったが、意外にも概要の把握の方は着実に進んでいたのだった。

 
カテゴリ : 未分類

小休止


 沢山の応援アクセスに、感謝を申し上げます。

 すっかり遅くなりましたが、2018年も、よろしくお願いします。




 雪に活動が制限される冬場は、パソコンに向かう時間も多くなる。
 それを、好しとしていた自分だが……。
 今年は、初冬から、老化に伴う眼精疲労が顕著になった。

 当地は、昨年は例外の多雪だったが、今年は現在のところは例外の少雪。
 つい、パソコンに向かう。
 せっかくの冬場なんだから……。

 石油ファンヒーターの影響もあるのだろう。
 部屋の湿度は、36%だったりする。
 ドライアイでもあるのだろう……。

 パソコンの前から移動すると、明らかに目は楽になる。
 が、パソコンから離れるだけに、予定していた記事からも離れがちになる。
 予定していた記事から離れがちになるからなのか、新たな創作の構想まで模索していた。
 でも、頭の中だけでの模索に過ぎない。パソコンから離れているだけに、具体的なことは何もしていない。

 パソコンの前に、胡坐をかいて座っているのだが、時々、立ち上がるだけでも良いような気がした。
 というわけで、インターバルタイマー(アラーム)を購入し、三十分毎に繰り返しアラームが鳴るように設定して、アラームが鳴る度に立ち上がることにした。
 これが、思ったよりも効果があるような気がしている。

 でも、そんなことばかりしていたわけだから、眼精疲労を理由にして怠けていただけだ……。
 やる気を、すっかり失くしている。


 何かに気を取られると、他のことは忘れてしまうほど疎かになるようになったことも無視できない。

 あの日、目の前を走っている車が蛇行し始めたので、自分は車間距離を開けた。
 その車が、信号で止まったので、近づいて、前の車の運転手をよく見たら、まだ電話をしていた。
 若くても、ああなんだから……、と言っている場合ではない。

 テレビの前で気象情報になるのを待っていても、つい考え事をするだけに、気づくと気象情報は終わっている。

 だから、気象情報はパソコンで確認するようになったわけだから。
 他のことを忘れたとしても、必要なことに集中することは重要だ。
 つまり、必要な物事をしっかり確認することこそ重要なのだ。


 確認が大事だ、と思うようになってからでも大分経った……。
 かつて、三年間の苦悩や困窮が、自分の勘違いや思い込みの無理や矛盾だったことを解明でき解決できた。それが、確認や再確認を繰り返したからだできたんだということも分かったからだった。
 つまり、自分が識別し思考し判断していることなのに、その内容を確認しなかったから、自分が事実確認もせずに根拠も理由も無い想像をしているに過ぎないことにも、気づけなかった。
 自分が想像しているに過ぎないことに気づけなかったからこそ、想像の内容を基に心配していたわけだが、そうであることにも気づけなかった。
 心配するあまり、自分が想像しているに過ぎないことを自分で事実であるかのように勘違いし始めたことになるが、そうであることにも気づけなかった。
 そして、想像しているに過ぎないことを、事実であるかのように思い込んだからこそ困窮した。が、そうであることにも、気づくことすらできなかったがゆえの困窮だった。
 想像に過ぎなくても、その内容しだいでは不安にもなるし心配にもなり苦にもなり困窮もしパニックにさえなる。
 自分の実体験を、自分で確認した結果、そういうものだということも分かっただけに、確認や根拠や理由を重視するようになった。

 ちなみに、先日、従兄弟の娘がやって来て……。
 父親に、「病院に行って診てもらえ」と家族みんなが言うのだが、父親は「うるさい」と言い返して動じないのだと言う。
 でも、従兄弟の娘は、自分のことではなく、父親のことを心配しているわけなのであり、娘は医者でもないので、明らかに娘の想像だ。
 が、想像の内容が父親の病気に関するだとだけに、娘も家族も心配にもなるし苦にもなるのだろう。
 しかも、想像に過ぎないのに、心配し苦になる場合は、想像上の内容を事実だと勘違いし思い込んでいることになる。
 想像上の内容なのに事実だと思い込むほど、その想像上の内容にに基づいた振る舞いまでしてしまう。
 もし、父親が病気ではない場合は、娘や家族の想像や勘違いや思い込みを基に、父親だけではなく家族の心配まで煽っていることになり、まさに余計なことでしかなかったりする。
 むしろ、父親だけが、それに動じない。よって、パニックにならずに済んでいることになる。
 そんな事実関係を娘は理解できていないから、娘や家族は思い込みに基づいたことをしてしまうわけだから、俺を訪ねて来さえしたと考えられる。
 そこまで思い込んでいる娘に、その目には見えない事実関係理解させて勘違いや思い込みを覆すことは容易ではない。
 なので、「まず、お父さんを信用しろ。お父さんの心配を煽るようなことを家族みんなでするのは止めろ」などと言って、帰した。
 その数日後、雪が降り、従兄弟は除雪をしていた。
 従兄弟にも確認したが、自分の推察通りだった。

 自分の場合は、目には見えない自分の想像や勘違いや思い込みを捉えることができなかったがゆえに自分が困窮した、
 必然的に、自分で思考上で確認し始めた。
 よって、確認せず根拠や理由を必要としない想像はし放題だから、無理も矛盾もありえることに気づいた。
 そんな想像に過ぎないことでも、内容しだいでは心配にもなり苦にもなることによって、事実であるかのように勘違いし、更に事実だと思い込んだからこそ困窮した。
 思い込みに基づいて行動してしまう危険性も解明できた。
 それらは、確認しなかったから生じたことであり、確認したことによって解明でき解決できた。つまり、単に思考上で確認するだけなのだが、それがどんなに重要なことかを思い知らされた。
 確認するようになったことによって、自分の記憶に有る固定化した概念までも解明でき覆すこともできた。
 つまり、自分が識別し思考し判断していることや、自分の記憶に有ることなのに、確かめたことは無く考えたことすら無く整理したことすら無かったからこそ具体的なことは知らず、その無理や矛盾も解決できず、三年も苦悩し困窮したのだ。ということも分かった。
 結局、確認することの重要性も体験しただけに、確認や根拠や理由を重視するようになった。


 もちろん、見るだけで分かることも、見ないだけで分からない。
 そういう、極めて単純なことの類であることも、あれから気づき分かった。

 他のことに気を取られると、自己理解が疎かになる。
 自己理解が疎かになるほど、そうであること自体にすら気づけなくなる。

 人生上は重要ではないことに心まで奪われてしまうと、人生を見失ってしまい、そういう状態に陥っていることを理解し難くなる。

 まして、不都合なことを隠し、否認し、繕い、偽装などをするほど、そうしていることを認め難くさえなる。

 それらは、確認とは逆のことだからだ。
 そんな状態に陥っているのだろうか……。


 もちろん、重要なことは、目には見えない。
 目には見えないが、日常的に思考力や理解力を発揮して行動し生活しているわけであり、この思考力や理解力こそが重要なのだだが、そんなことも目には見えない。
 むしろ、生存上は重要ではないことを、尤もらしく見せかけ本当らしく工作し祭り上げてまで、勘違いさせ思い込ませてでも私利私欲を貪ろうとしがちだ。

 そうしているうちに、否応なく老化はするわけだから……。


 歳は、とりたくない……。
 が、自分が生後に知り得たこと以ては、肉体的な老化に対しては、なす術が無い。
 やがては、否応なく死ぬしかないわけだから。

 そもそも、太古からの進化や生命生理などは、人工的には創れないし、失ったら人知では取り戻せない。
 進化上では、世代交代をし、いわば個体を更新して、生存や進化を継続するようにできていて、古くなった個体は順次に死亡するようにできている。
 勘違いや思い込みの甚だしい人が蔓延ることは、進化の妨げにしかならない。つまり、進化の法則こそが、絶妙にできているわけだから。

 自分が生まれる以前から、そのよにできていることに対しては、自分が生後に知り得たこと以ては、なす術が無い。
 もちろん、死んだら、二度と生まれることはできない。そうであることを、多くの事実が物語っている。
 つまり、生まれる機会に恵まれることも、生き物というものを実体験できることも、今回限りだ。そうであることも多くの事実が物語っている。

 もちろん、太古からの進化や生命生理などは、生後に習得したり理解することに対しては絶対的な存在だ。
 計り知れないほどの世代交代を重ねて、計り知れないほど多くの祖先や先祖の遺伝子を受け継いで進化し、その末裔として現代の生物が生存していることになるわけだから。

 そんなことも、目には見えない。


 各世代の母親の排卵は数百あり、それぞれが兄弟姉妹に相当することになるが、実際に生まれる子供は数人に限られる。つまり、各世代で、個人が誕生する確率は数百分の一になる。

 しかも、それぞれに、両親(父母)がいる。両親それぞれにも、両親(祖父母は四人)がいる。
 自分の先祖や祖先の数は、両親二人+祖父母四人+祖祖父母八人+十六人+三十二人+六十四人+百二十八人+二百五十六人+五百十二人+自分の十世代前でも千二十四人いる。
 この内の誰が生まれず、他の兄弟姉妹が生まれていた場合は、自分も産まれなかったことになる。
 つまり、これらの人は全て、世代交代をして種族や進化を継続させたことによって、自分が生まれる機会に恵まれたことになる。

 十世代前から数えただけでも、これだけ多くの人の遺伝情報を継承して生まれていることになる。
 太古からだと、膨大な数になる。

 こういうことは、植物などにも共通する。

 でも、そういうことも、目には見えない。
 が、すでに存在する絶対的なことであり、すでに備わっている知能の思考力や理解力を発揮するだけで理解できることでもある。

 そんな絶対的な尊さを、もっと具体的に理解し、可能なら理解し合い尊重し合いたいものである。
 となると、理解し合うに値するようなことを、まず自分で理解する必要がある。

 こういうことをやりたいから、本来予定していたことに関しては、やる気が無くなったのだろうか……。


 個人的にも、人生上の根本的に大事なことは見失いたくない。
 生まれる機会に恵まれて、知能も備わっていて、生きることはどういうことかを実体験できた。
 少なくとも、この経験上のことに関して可能な限り理解しないと、人生を無駄にしたか否かを判断することすらできないわけだから。
 この誰もが直に経験し続けていることに関して、可能な限り理解することなら、まだまだ可能だ。
 確認どころか、これまでは再確認の繰り返しだった。
 大事なことは目には見えないので、再整理の繰り返しでもあった。
 大事なことは目には見えないだけに、より具体的に捉えようとしたからに他ならなかった。

 経験でき学習でき理解できるようになる性質上、知り得ること自体が限られるだけに、生活がままならなかったり、健康管理がままならなかったりするわけだが……。
 本来は、自身のことに関しては直に経験し続ける。相応の情報が、最も具体的かつ最も多く記憶に溜まることになる。
 しかも、日常生活では思考力や理解力が必然的に磨かれる。
 日常会話でも、根拠や理由が不十分な場合は、そもそも理解できないし肯定できないので納得もできない。根拠や理由が十分なら理解でき納得もできる。
 そんな経験上の自分のことだけでも、具体的に理解するほど、的確な識別や適切な対応対処が可能になるだけに、相応に精神は安定する。
 もちろん、想像や勘違いや思い込みなどの経験上、精神面の弱点や欠点も理解することは可能なだけに、それらを具体的にりかいするほど、的確な識別や適切な対応対処が可能になるだけに、自分の精神面を過信することは無くなり、物事を確かめるようになる。


 よーし、やる気が出てきたぞ。
 本来予定していたことに対するやる気とは違うが、やる気を引き出すことは重要だ。
 ということは、自分の識別や思考や判断や記憶に残った内容などに、やる気なども左右されているのだ。
 つまり、いまだに迷いがあるからにほかならない……。
 よって、自分の場合は、気持ちの再整理は欠かせないのだ。
 やっぱり、目には見えないことこそが、重要なのだ。


 生まれる機会に恵まれて、生きることを体験できた。
 が、このことに関する理解は、まだまだ不十分だ。
 つまり、このことに関して更に理解を深めることなら、老化も死も考慮したことができるようになったことでもあり、まだまだ可能だ。


 というわけで、2018年は、人知に対しては、絶対的な存在で共通することを、経験上で知り得る範囲で少しでも具体的に理解することに臨みます。
 もちろん、それを根拠や理由にした捉え方や判断ができるようになることを目指します。

 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR