FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆自分の心を理解する:事例

自分の心を理解する:事例 アイコン


 沢山の応援アクセス、ありがとうございます。

 当地は、2月前半まで、例年よりも雪は少なかったのですが……。
 平成3年以来、最低気温が初めてマイナス18.5℃を記録。
 2月後半からは、積雪が増し、17日は暴風雪になり……。
 その後、数日で、例年並みの積雪になってしまいました。

 しかも、除雪で忙しかったことを理由にして、肝心なことに関しては怠けていた……。
 そんな気もするが……、やっぱり、何かに気を取られるほど、他のことは忘れるようになった、これにも該当する。

 むしろ、肝心なこととはいえ、勘違いや思い込みに囚われていたり陥っていたりもする。
 その解明や改善をする都度、肝心なことが進展し理解が深まったわけだから。
 そんな勘違いや思い込みもありえる考えを、一時的とはいえ、止め、離れ、忘れて、除雪を行っていた。
 となると、新たな考えが容易になる。
 これは、重視しなければならない。

 思えば、想定外の転換期がおとずれそうな気もし、それに期待して、余計な考えは止めたりもしていた。
 だから、それ以外のことには集中できなかったのか……。

 ならいいのだが、近年は、単なる老化現象だったりもする……。





 当時……。

 自分が苦悩し困窮した理由が、想像や勘違いや思い込みなどだったことを解明しただけに、識別や思考や判断などの情報処理の健全性が重視なのだと思い始めた。
 そして、乳幼児や猫でも、知らなかったことを憶え、できなかったことを随意にできるようになり、上達もしたりするだけに、その法則的なことに関心を抱いた。いわゆる「学習」に、関心を抱いた。

 その学習の法則などを理解できるかもしれないという可能性にも期待して、ホームページ作りを憶えることにした。
 空き時間があって、気が向いた時にやるだけの、独学だったこともあって、ホームページ作りは迷走状態で始まった……。
 と思っていたのだが、実は違っていた。
 アイコンに関しては、ホームページ作りを始める以前のことだったことが分かった……。
 つまり、いつのまにか、ホームページ作りの時だと勘違いし思い込んでいたことは間違いない。
 じゃあ、なんのアイコンだったのだ……。
 かなり前のことで、しかも勘違いして、すっかり思い込んでいただけに、なんのアイコンだったのかは今となっては思い出せない。
 でも、また、自分の勘違いや思い込みを覆すことができた。
 しかも、重要なことは、ソフトウエアが何だったかではない。
 条件反射的な動作をしてしまうことが重要だったのだ。


 ある日、そのソフトを起動しようと、マウスポインタをデスクトップ画面の上のほうに移動した。
 が、そのアイコンが、いつも有る一番上の列に無い。
 探したら、一番下の列(タスクバーのすぐ上)に有った。
 なぜ?
 思い浮かんだのは、ほんの数日前に、不要なソフトを幾つかアンインストールしたことだった。
 そのアンインストールした内の、あるソフトのアイコンもデスクトップ上の方に有った。しかも、起動しようとしたソフトのアイコンの左隣にあった。
 それが、無くなっている。

 つまり、不要なソフトをアンインストールしたことによって、そのアイコンもデスクトップ上から無くなった。
 確認したら、アイコンは自動整列に設定されていた。
 よって、デスクトップ上から、アンインストールしたソフトのアイコンが一つ無くなったので、アイコンが自動的に整列された。
 その結果、起動しようとしたソフトのアイコンは画面の上の方に有ったのだが、左隣の列の下に移動したのだ。

 アイコンは、自動整列のチェックを外して、ドラッグすれば、元の位置に戻せる。
 でも、アイコンの位置が変わっただけだ。その理由も解かった。

 しかも、あのときのことを思い出した。
 室内照明用のスイッチを別の位置に付け替えたことで、すっかり慣れた状況が変わった。
 よって、具体的なことを未理解なまま行っていたことが浮上した。
 つまり、その未理解だったことを、理解することが容易になった。

 が、理解することが容易になったことまでは気づいたのだが、スイッチを付け替えた際には具体的な理由は理解できなかった。

 その後、あえて利き手ではない左手で文字を書く練習をはじめたときも、左手は極めで不器用で、つい右手で書きたくなった。
 にもかかわらず、右手で書きたくなった具体的な理由は、理解できなかった。

 更に、利き手ではない左手でマウスを使う練習をし始めた時も、左手は不器用で違和感だらけだった。なので、右手に持ち替えたくなる。
 それでも、右手に持ち替えたくなる具体的な理由を、理解することはできなかった。

 でも、状況が変わることによって、普段は気にもせずに行っていたことや未理解だったことが、浮上する。
 それは、その事実関係を具体的に理解する格好の機会であることは間違いない。

 そんなことわけで、アイコンを元の位置に戻すのは止めた。


 数日後。
 そのソフトを起動しようと、画面の上のほうにマウスポインタを移動した。
 ところが、起動しようとしたソフトのアイコンが、あるはずの位置に、見当たらない。
 でも、すぐに思い出した。元に有った位置に無くなった理由や、画面の下のほうに移動したことを。
 そして、画面の下の方に有るアイコンを見つけ、そこにマウスポインタを移動してクリックした。

 これこそ、その事実関係を理解する好機だ。
 元あった位置には、今はアイコンは無い。
 なのに、その元の位置にマウスポインタを移動してしまう。
 なぜだ?
 しかも、目の前のデスクトップ画面を見るだけで、元あった位置にはアイコンは無くなっていることは分かる。
 つまり、デスクトップ画面を見もせずに、マウスポインタを移動していたことになる。
 結局、マウスポインタを移動したが、肝心のアイコンが無いことに気づく。

 スイッチを違う位置に付け替えたときも、元にスイッチがあった位置に手を伸ばしてしまった。
 目の前の柱を見ただけで、今はスイッチが無いことが開かるのに、見もせずに、手を伸ばしていた。
 むしろ、元あった位置にはスイッチは無くなっていること見ながらでも、手が伸びそうになったりした。
 なので、自分の意思に因る動作ではないような気さえした。

 が、スイッチを付け替えたときは、未理解だったことが浮上し、その未理解だったことを理解する格好の機会だと思ったにもかかわらず、理解することはできなかった。

 というわけで、利き手ではない左手で文字を書く練習をし始めた。
 あのときも、左手の不器用さに我慢できないかのように、ボールペンを右手に持ち替えたくなり、右手で書きたくなった。
 が、その理由も理解できなかった。

 利き手ではない左手でマウスを使う練習をし始めた時も、左手で文字を書く練習を始めたときと同様だった。
 その理由も、また理解できなかった。

 でも、未理解だったことが浮上した時こそ、その具体的な理由を理解する格好の機会であることは間違いない。
 なのに、その具体的な理由を理解できない。
 そもそも、理由が分からないのに、そういう動作をしていた?
 否、理由が分からないから、無駄な動作をしてしまうのか?
 自分が行っている動作なのに、そうしてしまう理由が分からない。
 理由が分かれば、改善や解決も容易なはずだ。
 理由が分からないだけ、改善や解決が遅くなる。

 まるで、右手依存症だ。
 今は無い、元に有った位置に向かって、元にしていたような動作をしてしまう。
 が、無駄な動作だ。
 と言うより、意に反する動作だと言っても過言ではない。
 そんな動作をしてしまうのは、なぜなんだ?

 アイコンが元に有った位置は、記憶されているからなのか……。しかも、繰り返しクリックしているだけ、アイコンが元に有った位置に関する記憶は確かだ。
 アイコンの新たな位置は、まだほとんど記憶されていない。少なくとも、まだ記憶が不確かなのか……。
 つまり、アイコンが現在に有る新たな位置に関する記憶は無いに等しい。が、アイコンが今は無いが元に有った位置に関しては記憶はむしろ確かにある。

 しかも、マウスポインタを移動してから、デスクトップ画面やアイコンを目で見て確かめる。

 そうか。
 画面を見もしないのは、アイコンが元に有った位置は記憶にも残っていて、その記憶を基に、つまりアイコンが元に有った位置にマウスポインタを移動している、ということなのか。
 記憶を基に動作を行えるのなら、目で見て確かめる必要は無い。


 当時は、その程度しか理解できなかった。
 自分が、記憶に残っていることを参考に識別し思考し判断などを行い、それを基に相応の動作をしていたのに……。


 やがて、そのソフトを起動する際に、マウスポインタを移動しながら、元に有った画面の上に方には目的のマウスポインタは今は無いことや、下の方に移動したことなどを思い出して、画面の下の方にマウスポインタを移動するのが早くなった。


 更に、そのソフトを起動しようと思った段階で、目的のアイコンは画面の下の方に移動したことを思い出し、そうであることを事前に見て確認するようになった。
 よって、画面の上の方にマウスポインタを移動するという無駄な動作はしなくなった。


 繰り返すうちに、アイコンの新たな位置の記憶が優先し、アイコンの位置が変わったことも脳裏をよぎるが無意味になり、無駄な動作をしなくなるにつれて余計なことも考えなくなった。


 結局、アイコンの新たな位置に慣れてしまい、元に有った位置にマウスポインタを移動してしまうことは無くなりし、アイコンの位置が変わったことは思い出でしかなくなった。
 よって、アイコンが元に有った位置にマウスポインタを移動してしまう理由は、未理解なままになった。


 つまり、スイッチの時と同様に、アイコンも、元に有った位置にマウスポインタを移動してしまうことが不思議だった。
 見もせずに動作していたことも不思議だった。
 自分の動作なのに理由などを未理解だったことも不思議だった。
 むしろ、意に反する動作をしてしているとさえ思えた。そんな不思議さにばかり気を取られていた。
 しかも、新たなアイコンの位置も繰り返すほど確かに憶え、実用的になり、慣れてしまうと、それで十分に用が足りる。
 つまり、その理由まで理解する必要は感じなかった。
 結局、新たな方に慣れてゆき、不思議だったが理解できなかったことには構っていられなくなった。


 後に気づくのだが……。

 スイッチを付け替えたときと同様に、当時、新たな位置に慣れていったわけであり、その変化や事実関係や理由なら、理解も容易で、やがて慣れてしまう理由をも理解できたはずだった。

 つまり、繰り返し接したことほど、そのことに関する記憶が確かになってゆく。
 記憶が確かになると、当初のように探したり目で確かめるよりも早く情報処理ができるようになり、よって相応の動作も早くできるようになる。
 更に記憶が確かになると、その記憶を基に動作できるようになる。よって、目で確かめる動作の方が遅れるがちになる。

 ちなみに、日常会話は、記憶に有ることだけを参考にしてでも行われる。だからこそ、理解したり理解できなかったり、納得したり納得できなかったりする。

 けれども、記憶だけを参考に情報処理ができるようになってしまうと、その事実関係を理解することは難しく、そうなった事実関係を理解することも難しくなる。
 むしろ、そうなる段階的な変化や理由などに注目した方が、アルタイムで理解できるので、理解は容易だ。
 よって、最終的に記憶を基に条件反射的な動作をしてしまう理由をも、理解できたはずだった。

 が、当時、学習の法則的なことに関して関心を抱いていて、格好の経験もしていたにもかかわらず、不思議さにばかり気を取られたために、肝心な学習の基本的や法則などは理解しそびれてしまったのだった。
 もちろん、集中力の性質上、的外れなことに気を取られるほど、肝心なことが疎かになる。そういうものであることも、当時はまだ未理解だった。


 知らないことや曖昧なことほど、リスクも高い。詳しく知っていることほど、適切な識別や判断が可能だし、好結果に通じる。
 想像や勘違いや思い込みや、先入観や固定概念などに関しても、同様だ。
 もちろん、損をしたり痛い思いをしたりすることは避けたいし、可能な限り好結果にしたい。
 よって、必要に応じて、観察し確かめ試し、確かで詳しい情報を得ようとする。
 確かで詳しい情報を得たことは、相応の具体的なことを基に認否や可否や是非の判断も適切にできるようになる。だからこそ、好結果することもできる。
 日常でも、そうしている。

 会話上でも、良いことであれ悪ことであれ、根拠や理由が不十分だったり無理や矛盾があったりすると、理解できないし納得できない。
 だから、必要に応じて、尋ねたり確認したり調べたりさえする。
 そして、根拠や理由があって理に適っていると、理解でき納得もできる。
 つまり、具体的な理由を基に、可否や是非などの判断も可能になり、よって、悪しき結果は避けることができ、着実に好結果にすることができる。

 もちろん、必要なら、教習所にも行くし、学校にまで通う。

 そんな、日常的におこなっていることも、当時の自分はまだ理解できていなかったことになる。

 
カテゴリ : 未分類

また小休止


 沢山の応援アクセスに、感謝を申し上げます。

 今回も、予定外です。

 予定通りにいかないことや、思い通りにいかないことが、着実に増えてゆく。
 そんな歳なんでしょう……。





 2月5日、午後。
 スーパーに行ったのだが、隣がドラッグストアなので、「目薬も買っていこう」と思い、寄った。
「見えずらくなり、目がショボショボします。冬なので湿度が36%まで下がったりするのに、石油温風ヒーターを使っているので、かなり乾燥気味な部屋で生活しています」
 頷きながら聞いていた、そのコーナーの担当らしき店員が、
「こちらは、いかがでしょうか」
 と言って、棚の上に並んでいるある商品を勧めた。
「じゃそれをください」
 と言って、レジの前に立った。
「え? 1400円台?」
「そう…です…」
「600円前後の目薬しか買ったことがないんだけど……」
「……」
 と言ったが、今年になって、電動シェーバーを買ったことが思い浮かんだ。しかも、自分の勘違いや思い込みを覆すことができたのだった。
「ま、いいか」
「はい……」
「『これは高いから効くぞ』と自分に言い聞かせて、そう思い込んで使ってみる」
 店員には、そう冗談を言って、会計を済ませた。


 これまで、電動シェーバーは幾度か買ったが、いずれも使用後に皮膚がヒリヒリするので敬遠しがちだった。
 昨年は、加齢ゆえなのか、育つものは大事にしたいような気もし、髭には悪意があるわけでもないので、無精髭を良しとした。
 結局、一カ月に一度くらいしか髭剃りをしなかったが、かなり前から使っているT字型の二枚刃を使用していた。

 北国の貧乏暮らしの冬場の風呂場は、とても寒い。
 今年の正月過ぎに、久しぶりに電動シェーバーを使ってみた。使用後は、あいかわらずりヒリヒリする。
 ところが、電動シェーバーの広告を目にし、気になりだし、ふと思った。
 これまで買った電動シェーバーは、安価なものばかりだった。だから、使用後にヒリヒリするのか……。
 高価な電動シェーバーなら、使用後もヒリヒリしないのか……。
 電動シェーバーが生き残れているのも、性能を向上させているからなのだろう……。
 いずれにしても、どの電動シェーバーも使用後はヒリヒリような気がしていたのは、自分の勝手な想像に過ぎなかったのだ。しかも、いつのまにか事実であるかのように勘違いし、確かめもせずに事実であるかのように思い込んでしまっていたのだ……。
 勘違いや思い込みなら、これを覆さなきゃ。

 でも、T字型の二枚刃は千円前後で買える。使用後も快適だ。ただし、シェービング剤や洗顔剤を使うだけに、使用場所は限られる。
 高価な電動シェーバーなのに、シェービング剤や洗顔剤を使った場合にだけ快適なのなら、使用場所は限られるわけだから、自分にとっては買う価値は無い。
 シェービング剤や洗顔剤を使わなくても、使用後が快適なのなら、どこでも使えるわけだから、相応の価値がある……。

 というわけで、検討を開始した。
 価格.com売れ筋ランキング第一位の電動シェーバーが、日本の一流メーカー品で2017年製で三枚刃で一万円以下だった。
 メーカー直販サイトでは一万円以上で売られている。
 この程度なら、ヒリヒリしないのかもしれない。
 それを、最も安く売っていたネットショップから購入した。

 久々に買った電動シェーバーが届いた。
 早速、シェービング剤や洗顔剤なしで使ってみた。使用中も、使用後も、ヒリヒリしない。
 が、使用後の感じは、千円前後のT字型の二枚刃よりは劣る。
 でも、シェービング剤や洗顔剤を使えば、更に快適なのだろう。しかも、水洗いもできるわけだし。電動シェーバーの性能も向上していたのだ。
 とりあえず、シェービング剤や洗顔剤なしで、この程度なら十分だ。なんといっても、どこでも使える。

 やはり、安価な電動シェーバーばかり買って、どれもこんなものなんだろうと勝手に想像し勘違いし思い込んでいたのだった。
 自分の勘違いや思い込みを覆せたことことが、自分にとっては電動シェーバーよりも価値がある。

 というわけで、無精髭は止めて、自室で、ほぼ毎日、電動シェーバーを使うようになったのだった。


 帰宅し、買ってきた目薬の【用法・用量】を確認した。
 1回1~2滴。1日5~6回点眼してください。と書かれていた。
 早速、2滴ずつ両目に点した。
 清涼感、ゼロ。だが、目が潤った感じがして楽になった。「これは効く」と実感した。
 清涼感ゼロの目薬も初めてだったが、直ぐに効果を実感できた目薬も初めてだった。

 これまで使った目薬は、清涼感はあったが、効果を実感したことは無かった。
 思えば、目薬も、安価なものばかり買って、気を紛らしていたようなものだったのだ。
 なのに、どの目薬もこんなものなんだと勝手に想像し、自分が勝手な想像をしているに過ぎないのに、やがて事実であるかのように勘違いし、いつのまにか事実であるかのように思い込んでしまっていたのだ。

 勘違いや思い込みも覆せただけに、その目薬を何度も点した。

 ところが、寝る頃には、瞼が痒くなってきた。

 翌朝、瞼が痒いどころか、赤くなっていて、明らかに腫れている。
 使い様で、毒も薬、薬も毒、と言われる。
 効果を実感できる目薬に初めて出会えたのだが、こんな結果になったのも初めてだ。
 瞼の痒みや腫れが治るまでは、目薬を点すのは休止するしかない。
 手遅れ気味だが、残り少なくなった洗眼液で幾度か目を洗い顔も洗った。

 2月9日。
 瞼の痒みも腫れも、ほとんど治った。
 が、上下の瞼の皮膚の表面がカサカサしている。皮膚が乾いているというより、微細な瘡蓋で覆われているような感触だ。
 が、これは、目薬の所為ではないのか……。たまたま、他のことと重なったことによって、理由を勘違いしたことは幾度もあった……。
 いずれにしても、これなら、あと数日もすれば治るだろう。
 というわけで、数日振りに、また目薬を点した。
 やっぱり効く。清涼感はゼロなのだが、目が潤って楽になった感じがする。
 でも、1日に1回……、否、午前中に1回、午後に1回だけ点すことにしよう。


 そして、最近。
 眼精疲労が、明らかに改善されつつある。
「蒸気でアイマスク」も、効果があったのかもしれない。
 むしろ、勘違いや思い込みが2件も覆されて、それだけ気が晴れたからかもしれない。


 根拠や理由が乏しくて、具体的な判断ができないから、想像する。
 しかも、事実確認もしないがゆえに、事実とは違うことにも気づかず、むしろ事実であるかのように勘違いする。
 そして、いつのまにか事実だと思い込んでいる。
 そんな想像や勘違いや思い込みにも、保身やリスク回避や価値観などが伴うからでもある。
 根拠や理由が乏しいがゆえに想像し、その際の価値観しだいでは、すでに事実だと勘違いしていたり思い込んでいる場合さえある。

 考えや判断にも、価値観などが伴う。
 根拠や理由しだいで考えや判断の内容が変わるが、根拠や理由しだいで思考や判断の対象に対する価値観なども変わるからだ。

 価値観などが変わることによって、勘違いや思い込みが覆ることもある。
 よって、気が晴れたりもする。
 が、行動も生活も一転したりさえする。


 思えば、自分は安価なものを買って試してみる傾向がある……。

 自分が尊ぶようになったものは、むしろタダだからでもある。
 自分が尊んでいるものは、そもそも売り買いできるものではない。
 自分が尊んでいるものは、目には見えない意味や理由や法則などを理解できる思考力や理解力もそうだが、相応の知能が備わっていることもそうだし、目には見えない法則などもそうだ。
 それらは、、目には見えないが、もともと誰でも経験し続けていたり発揮していることであり、よって誰でも理解可能なことだからこそ、タダなのだ。
 それらは、自分が理解する以前から存在するわけだが、物体として存在するわけでもなく、理解した本人の精神上で明らかになることだから、タダなのだ。
 タダなのだが、人工的には創れないどころか、むしろ絶妙にできていて、理解するほど尊さが分かる。
 よって、衣食住をさえ二の次にしがちになった。

 そもそも、生まれる機会に恵まれて、生命生理が自律して機能していることによって生きていることなどを、知能も備わっていることによって体験できる。
 だからこそ、猫も野生動物も子供を命懸けで守ろうとするのだろうから。
 そうすることによって、太古から世代交代を重ねて存続されてきた種族や進化が未来に継続されるわけだし。
 命懸けなのに、報酬を望んでいるわけでもないし、硝酸や名声を欲しているわけでもない。
 上辺だけの体裁を繕い、不都合なことを隠し偽ってまで見栄を張る、それとはスケール自体が違うことなんだから。

 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
90位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR