FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

期待と畏怖

 
 写真を撮っているのに……。
 目には見えないのだが、確かに存在し、しかも大事なことに、自分がまだ気づいていないような気がしている。
 かつて、自分が理解しそびれていた大事なことに、気づき、理解したことによって、あたかも見えているかのようになった。そんな、自分が未知なことに、心が勝手に期待している。

 自分にとって大事なことだと分かったことは、それ以前は自分が未知だったことばかりだった。
 しかも、誰もが直に経験し続けていることであり、知能も備わっていて思考力も理解力も発揮しているにもかかわらず、未理解だった。
 自分は知らなかったんだということに、気づき、確かめ、思考上で整理したことによって特徴や因果関係や理由や法則などの目には見えないことを理解できた。
 目には見えないことを理解できたことによって、目には見えないことなのだが存在しているし大事なことだったんだということも分かった。
 それゆえか、写真を撮っているのに、心は、何かに期待している。
 自分にとって未知な世界を心が勝手に徘徊している……。

 思えば、いつも畏怖が伴っている。
 目には見えないことに臨んでいるから、当然なのだろうか……。
 それとも、とんでもない思い込みや勘違いに、気づきく前兆なのだろうか……。
 そうだとしても、受け入れる。その解明や解決にも臨む。
 根拠も理由も無い勘違いや思い込みや固定概念の無理や矛盾を解明する都度、それまでは欠けていた根拠や理由や大事なことであることをも理解でききたんだから。

 が、本来の予定上では、言い訳にしかならない。













 
カテゴリ : 未分類

マイペースで行くことにするか……

 
 大事なことを、まだ未整理だったどころか、未整理であることを忘れかけていた。
 そうだったことに、気づいた。
 なのに、一向に始める気にならない。

 生きていることは、本来はどういうことなのか。
 自分は、本来はどういう存在なのか。

 これらは、現代人が誕生する以前に形成されたことであり、現代人には変えようが無い過去に形成されたことである。
 それゆえに誕生するわけであり、生存上絶対的なことでもある。
 唯一、直に経験し続けることであり、思考力や理解力があれば理解できることでもある。
 生存上は絶対的なことであり、植物や野生動物にも共通する普遍的なことでもあり、事実や事実関係や理由などを整理して理解すれば、生存に関する可否や是非などの判断をする際にも絶対的かつ普遍的な根拠や理由になる。

 むしろ、経験や学習や理解の性質上、経験や学習や理解の内容は、限られ、個人的にも変化し、個人毎に異なり、よって偏りもする。

 そもそも、進化に関する具体的なことは簡単には理解できないし、自身が形成されたことに関する具体的なことも知らない。
 自身の内臓なのに、見たことすら無い。
 自身の生命生理なのに、いまだに具体的なことは未理解だ。

 しかも、怪我をしても、血は止まり、やがて治癒する。
 不適切な飲食をした際などには、嘔吐や下痢をする。
 つまり、簡単には死なない機構まで備わっていて自律して機能していることは、経験済みだ。
 なのに、そうであることをすら、かつては未理解だった。

 それどころか、想像や勘違いや思い込みや固定概念もあり、思いや考えや判断などには無理や矛盾さえ伴い、そうであることも十分に経験していた。
 なのに、自分の思いや考えに関することである想像や勘違いや思い込みや固定概念の性質も欠陥などの具体的なことも、かつては未理解だった。

 自分の思いや考えに関することを未理解だったからこそ、自分の思いや考えや判断などの無理や矛盾を把握できず解決できなかったがゆえに苦悩し困窮した。
 が、自分の思いや考えや判断などの無理や矛盾だっただけに、事実関係などを整理して考えただけで解明でき解決できた。
 つまり、考えて整理するだけで理解できることだったのに、そうであることをすら未理解だったのは、自分の思いや考えに関することを考えなかったからだった。

 そんな経緯上、「じゃあ本来はどうなのか」ということで理解を深めてきたことだった……。
 自分が望んだわけでもなく、解明や解決を余儀なくされたことだっただけに、自分の人生に課された天命だとさえ思ったことだった……。
 経緯上でも、この総体的な整理と理解こそが大願だったと言っても過言ではない……。

 なのに、一向に始める気にならない。


 なぜだ?

 総体的なことであり、老化もしているので、億劫なのか……。
 総体的なことであり、そういう点では未整理だが、部分的には他の各記事に書き出し済みだ。それを、総体的に整理するだけなので、油断しているのか……。
 この相対的な整理を行うことは、かつてはいかに無知で愚かだったかを、自ら具体的に明らかにするようなものでもある。それゆえに、回避しがちなのか……。
 でも、それでは、経緯上、逆の結末になる。長年かけて理解したことである本来の優れた面を見なかったことにすることになるわけであり、まさに無知と愚かさを優先させることになる。
 が、それらは、この大事なことを忘れかけていた理由でもあったのだろうか……。


 今春からは、行動的かつ実践的なことをしがちだ。
 しかも、新たな展開に期待さえしている。
 欲張り過ぎるのか……。


 こんなときは、こうして文章化して気持ちの整理をしてみるが、これにさえ真摯に臨めない。
 結局、言い訳のような結果にしかならない……。


 いずれにしても、超冷静になることこそが必要だ。
 もちろん、焦るようなことではない。
 これは間違いない。

 生存上は絶対的なことや普遍的なことであり、そうであるにもかかわらず理解しそびれていた自分の問題でもある。
 誰もが直に経験し続けていることでもあり、これを基に理解する必要があることであり、極めて個人的なことでもある。
 でも、生存上は絶対的なことであり、普遍的なことであり、多くの生物にさえ共通することでもある。
 もちろん、絶対的なことや普遍的なことは、隠し偽ることも無いし、逃げ隠れもしない。

 マイペースで行くとするか……。
 思いや考えの無理や矛盾は、具体的に解明し解決済みなんだから。
 本来はどうなのかも、総体的には未整理だが、部分的には他の各記事に書き出し済みでもある。

 進化は、一世代では成立しない。
 図や象形文字で始まった文字の発達にしても、言葉の発達にしても、幾世代も経て形成されたものだ。
 文明文化も、多くの世代が受け継いで進展させ進歩させたものだ。

 が、思考力や理解力や納得を尊重せず、差別し脅かし制裁し唆し煽て褒賞して、想像させ勘違いさせ思い込ませ誤った方に進んでいるとしても、それでさえ世代を超えて成り立っている。
 焦ると、急ぎ、無理をすると、そういう方に向かいかねない。

 むしろ、冷静になり、誰でも直に経験していて相応の情報が記憶に溜まっていることを、整理して理解するだけなんだから。
 しかも、捉え方によっては、すでに余裕がある。

 今夏は、視野の狭くするとも言える予定は無しにして、視野をより広くするためにも、しばらくは随意に行こう。
 望んだわけでもなく、余儀なくされたとはいえ、自分の思いや考えの無理や矛盾も解明でき解決できたわけだし。
 そもそも自分の意思が形成される以前に、生まれたんだから。

 それにしても、こんなに大事なことを二の次にするほどのことって、なんなのだ……。
 単なる老化なんだろうか……。
 
 
 







 

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR